浜大根とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 浜大根の意味・解説 

はまだいこん (浜大根)

Raphanus sativus var. raphanistroides

Raphanus sativus var. raphanistroides

Raphanus sativus var. raphanistroides

Raphanus sativus var. raphanistroides

Raphanus sativus var. raphanistroides

わが国各地分布していますが、古い時代渡来した「ダイコン」が野生化したものといわれています。海岸砂地生え、高さは3070センチになります羽状深裂します。4月から6月ごろ、淡紅紫色の花を咲かせます。根はあまり太くならず、食用には向きません。
アブラナ科ダイコン属二年草で、学名Raphanus sativus var.raphanistroides。英名は Japanese wild radish
アブラナのほかの用語一覧
タネツケバナ:  路種漬花
ダイコン:  二十日大根  大根  浜大根
ナズナ:  
ニワナズナ:  スイートアリッサム
フグエニニア:  フグエニニア・タナケティフォリア

浜大根

読み方:ハマオオネ(hamaoone)

ボウフウ別称
セリ科多年草薬用植物

学名 Ledebouriella seseloides


浜大根

読み方:ハマダイコン(hamadaikon)

アブラナ科越年草

学名 Raphanus sativus var.hortensis


浜大根

読み方:ハマダイコ(hamadaiko)

アブラナ科二年草。普通の大根野生化したもの

季節

分類 植物


ダイコン

(浜大根 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 05:01 UTC 版)

ダイコン大根学名Raphanus sativus var. longipinnatus)は、アブラナ科ダイコン属越年草で、野菜として広く栽培される。主に肥大したを食用とするほか、も食材となり[1]種子から油を採ることもある。緑黄色野菜でもあり、淡色野菜でもある。名前の由来は、「大きな根」を意味する大根(おおね)からきた。




  1. ^ 活用しないともったいない!「大根の葉」を使ったお弁当レシピクックパッドニュース/毎日新聞(2019年11月10日配信)2020年1月21日閲覧
  2. ^ a b 西貞夫、野菜あれこれ(2)『調理科学』15巻 (1982) 1号 p.24-32 , doi:10.11402/cookeryscience1968.13.2_111
  3. ^ 伊沢凡人・会沢民雄『カラー版 薬草図鑑』(家の光協会 ISBN 4-259-53653-2)157ページ
  4. ^ 世界のダイコン500品種のゲノム情報を公開 東北大学プレスリリース(2020年3月27日)2020年4月15日閲覧
  5. ^ 植物の観察〜根”. 10min.ボックス. NHK. 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月4日閲覧。
  6. ^ a b c 新倉聡、松浦誠司「日本の栽培ダイコンにおける自家不和合性遺伝子と自家不和合性程度の遺伝的変異」『育種学研究』1(4), 211-220, 1999-12-01, NAID 110001812534
  7. ^ 辛味大根”. 味の素. 2008年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年12月15日閲覧。
  8. ^ 農林水産省 野菜試験場育種部 (1980)『野菜の地方品種』野菜試験場
  9. ^ 石田正彦、吉秋斎、畠山勝徳、永田茂穂、長友文彦 (2006年). “南九州におけるアブラナ科野菜在来種の調査と収集 (PDF)”. 2015年3月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年12月15日閲覧。NAID 40015430387
  10. ^ 故郷に残したい食材 農山漁村文化協会 2020年2月13日閲覧
  11. ^ 小林善道「ねずみ大根 個性守り続け◇長野・坂城の伝統野菜、形や強烈な辛さ特徴◇」日本経済新聞』朝刊2020年1月3日(文化面)2020年1月21日閲覧
  12. ^ 坂城町ねずみ大根振興協議会(2020年1月21日閲覧)
  13. ^ 庄大根えひめ食材ファイル 2020年2月13日閲覧
  14. ^ 広辞苑』第5版
  15. ^ 『旬の食材 秋・冬の野菜』講談社 ISBN 4-06-270136-7
  16. ^ 皆川守「大根むき花 水戸に咲く◇包丁1本で作る伝統民芸 7代続く保存会で後進導く◇」『日本経済新聞』朝刊2017年12月14日(文化面)2020年2月21日閲覧
  17. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  18. ^ だいこん”. 福岡教育大学保健管理センター. 2010年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月1日閲覧。
  19. ^ 報恩講-大根焚-について了徳寺ホームページ(2018年3月21日閲覧)
  20. ^ 大根まつり本龍院待乳山ホームページ(2018年1月14日閲覧)
  21. ^ a b c 澤田 千晴・安田 智子・下山 春香「青森県における行事食に関する調査研究〜津軽地域のお盆の行事食について〜」東北女子大学東北女子短期大学紀要』No.52 2019年6月13日閲覧
  22. ^ 大根役者 - 語源由来辞典(2020年1月21日閲覧)


「ダイコン」の続きの解説一覧



浜大根と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

浜大根のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浜大根のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS