二十日大根とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 二十日大根の意味・解説 

はつか‐だいこん【二日大根】

ダイコン一品種。生長早く、種をまいてから2030日収穫できる。根は小さく球形紡錘形などで、色も紅・黄・紫・白などがある。ヨーロッパ原産で、日本には明治時代渡来ラディッシュ

二十日大根の画像

はつかだいこん (二十日大根)

Raphanus sativus var. sativus

Raphanus sativus var. sativus

Raphanus sativus var. sativus

ヨーロッパから中央アジア原産です。わが国へは明治時代導入され、「ラディッシュ」とも呼ばれます。小型だいこん極早生種で、根の直径は2センチほどです。品種によって、根の形状や色はさまざまで、ふつう春・秋なら3040日、夏なら25日、冬でも5080日で収穫できます
アブラナ科ダイコン属一年草で、学名Raphanus sativus var. sativus
アブラナのほかの用語一覧
タネツケバナ:  花種漬花  蛇人参  路種漬花
ダイコン:  二十日大根  大根  浜大根
ナズナ:  

二十日大根

読み方:ハツカダイコン(hatsukadaikon)

園芸植物


ハツカダイコン

(二十日大根 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 00:40 UTC 版)

ハツカダイコン(廿日大根、二十日大根、学名: Raphanus sativus var. sativus)は、アブラナ科ダイコン属植物ラディッシュ[1]とも呼ばれる。原産はヨーロッパで、日本には明治時代に伝播した野菜である。




  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Raphanus sativus L. var. sativus”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年11月2日閲覧。
  2. ^ タコスの食べ方” (日本語). 2020年4月19日閲覧。


「ハツカダイコン」の続きの解説一覧



二十日大根と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二十日大根」の関連用語

二十日大根のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二十日大根のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハツカダイコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS