自由主義 自由主義の概要

自由主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/15 06:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

用語

自由主義(リベラリズム)の語源はラテン語liberで、「社会的・政治的に制約されていない」「負債を負っていない」という意味があり、英語liberal(自由な)やliberty(自由)などの語源となった。自由主義のliberalismはこれによる。また、liberate(解放する)、liberator(解放者)、liberation(解放)も同じ語源による。一方でラテン語には母音に長短の区別があり、母音が短く「書籍」を意味するliber(記述は同じ)とは別系統であり、libr-の形で英語に入ったlibrary(図書館)、librarian(図書館員)がある[11]

なお「リベラリズムリベラル)」という用語は、時代と地域によって意味する内容が分かれた。アメリカ合衆国では1930年代に民主党フランクリン・ルーズベルトによるニューディール政策の際に、福祉国家的諸政策が自由主義(リベラリズム)と関連付けられた影響で、従来の個人主義的で自由放任主義的な古典的自由主義は「リバタリアニズム」と呼ばれるようになり[12][13]、以後、北米などでは「リベラリズム(リベラル)」との用語がヨーロッパや中南米とは異なり、社会自由主義に近い意味で使用されている。アメリカ合衆国の民主党やカナダ自由党は、通常「リベラル」と呼ばれている[14][15][16]

概要

啓蒙思想から生まれた近代思想の一つであり、人間は理性を持ち従来の権威から自由であり自己決定権を持つとの立場から、政治的には「政府からの自由」である自由権個人主義、「政府への自由」である国民主権などの民主主義、経済的には私的所有権自由市場による資本主義などの思想や体制の基礎となり、またそれらの総称ともなった[17]。自由主義は政治や経済における多元主義でもある[18]。自由主義の対比語は、政治学的には権威主義全体主義、経済的には社会主義計画経済などの集産主義である。必ずしも保守主義との対立概念とはいえない。

自由主義(リベラリズム)は、時代や地域や立場などにより変化している。初期の古典的自由主義Classical Liberalism)はレッセフェール(自由放任)を重視して小さな政府を主張した。20世紀には社会的公正を重視し社会福祉など政府の介入も必要とするソーシャルリベラリズムsocial liberalism社会自由主義)が普及した。これを批判し古典的自由主義の復権を主張する思想は新自由主義Neoliberalism)とも呼ばれている。 自由主義は、西洋の哲学者や経済学者の間で人気が高まった啓蒙時代にはっきりとした動きとなった。自由主義は、遺伝的特権、国教絶対君主制王権神授説、そして伝統的な保守主義の規範を議会制民主主義法の支配に置き換えることを目指していた。自由主義者はまた、重商主義的政策、王室独占およびその他の貿易障壁を撤廃し、自由市場を促進させた[19]。哲学者ジョン・ロックはしばしば自由主義を確かな流派として創設したと信じられており、各人は生命、自由および財産に対する自然の権利を有し、政府は社会契約に基づいてこれらの権利を侵害してはならないと付け加えた[20]。イギリスの自由主義の伝統は民主主義の拡大を強調してきたが、フランスの自由主義は権威主義の拒否を強調しており、建国と結びついている[21]

1688年の名誉革命[22]、1776年のアメリカ独立、1789年のフランス革命の指導者たちは、王位の専制政治の武力による打倒を正当化するために自由主義哲学を用いた。特にフランス革命後、自由主義は急速に広がり始めた。 19世紀はヨーロッパと南アメリカの国々で自由主義政府が設立されたが、アメリカでは共和主義と並んで確立された[23]ビクトリア朝のイギリスでは、自由主義は人々を代表して科学と理性に訴えて、政治的エスタブリッシュメントを批判するために使われた[24]。19世紀から20世紀初頭にかけて、オスマン帝国と中東の自由主義は、タンジマートやアルナダなどの改革時代、ならびに世俗主義、立憲主義、ナショナリズムの台頭に影響を与えた。これらの変化は、他の要因と共に、イスラム教内に危機感を生み出すことに繋がり、それは今日に至るまで続き、イスラム復興につながった。 1920年以前、古典的自由主義の主なイデオロギー的反対派は保守主義であったが、自由主義は新しい反対派からの大きなイデオロギー的挑戦、すなわちファシズム共産主義に直面した。しかし、20世紀の間、自由主義的な民主主義が二度の世界大戦で勝利を収めるなど、自由主義的思想も特に西ヨーロッパでさらにいっそう広がった[25]

ヨーロッパと北アメリカでは、社会自由主義(米国では単に「自由主義」と呼ばれることが多い)の確立が、福祉国家の拡大における重要な要素となった[26]。今日、自由主義政党は世界中で権力と影響力を行使し続けている。しかし、自由主義には、アフリカとアジアで克服すべき課題がまだある。現代社会の基本的な要素は自由主義のルーツを持っている。自由主義の初期の波は憲法上の政府と議会の権限を拡大しながら経済的個人主義を広めた[19]。自由主義者は、言論の自由や結社の自由、陪審員による独立した司法裁判および公判、貴族の特権の廃止など、重要な個人の自由を尊重する憲法上の秩序を求め、確立した[19]。最近の自由主義思想と闘争の後の波は、市民権を拡大する必要性によって強く影響された[27]。自由主義者たちは、公民権を推進するためにジェンダーと人種的平等を提唱し、20世紀の世界的な公民権運動は両方の目的に向けていくつかの目的を達成した。ヨーロッパ大陸の自由主義は、穏健派と進歩派に分けられ、穏健派はエリート主義になる傾向がある一方、進歩派は普遍的な参政権、普遍的な教育、財産権の拡大などの基本的制度の普遍化を支持している。時を経て、穏健派はヨーロッパ大陸の自由主義の主要な後見人として進歩派と取って代わった[21]




注釈

  1. ^ アダム・スミスは、見えざる手は著書において1度しか使用しておらず特に重要視もしていなかったという主張がある一方で、個人の経済的自由の追求は社会の福利厚生に貢献するとの記述は何度も展開されるとの反論が存在する。
  2. ^ ロールズの第1原理では、各個人は、他者の自由と両立しうる限り、基本的な自由を平等に享受するとしている。
  3. ^ なお、政府ではなくローカル共同体などの中間集団による再分配と相互扶助を主張する思想としてアナキズムがある。
  4. ^ この労働の果実としてのロック的な所有権は実際の歴史では特に不動産の場合においては稀であった。
  5. ^ 価値多元論をきわめて強く解釈したジョン・グレイは、固定化できない「自由」という論争的概念の追求は、多様な自我や差異の存在と真っ向から対立するものであるとして、自由主義はイデオロギー化できないという考え方を示している。ことにロールズの自由主義契約論は「社会的基本財」、すなわち自由の追求を前提に据えた議論であり、それゆえにロールズが示す「無知のヴェール」を纏った「閉じた社会」に対して、自由を是とする「開かれた社会」の優位性を前提とするこの議論の進化論的性格を、グレイは論理的に破綻していると結論している(ジョン・グレイ,2001,『自由主義論』,ミネルヴァ書房)。

出典

  1. ^ "liberalism In general, the belief that it is the aim of politics to preserve individual rights and to maximize freedom of choice." Concise Oxford Dictionary of Politics, Iain McLean and Alistair McMillan, Third edition 2009, 978-0-19-920516-5.
  2. ^ "political rationalism, hostility to autocracy, cultural distaste for conservatism and for tradition in general, tolerance, and [...] individualism". John Dunn. Western Political Theory in the Face of the Future (1993). Cambridge University Press. 978-0-521-43755-4.
  3. ^ "With a nod to Robert Trivers' definition of altruistic behaviour" (Trivers 1971, p. 35), Satoshi Kanazawa defines liberalism (as opposed to conservatism) as "the genuine concern for the welfare of genetically unrelated others and the willingness to contribute larger proportions of private resources for the welfare of such others" (Kanazawa 2010, p. 38).
  4. ^ The Liberal Agenda for the 21st Century”. 2011年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月20日閲覧。
  5. ^ Nader Hashemi (2009). Islam, Secularism, and Liberal Democracy: Toward a Democratic Theory for Muslim Societies. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-971751-4. https://books.google.com/?id=UkVIYjezrF0C&dq=liberalism+secularism. "Liberal democracy requires a form of secularism to sustain itself" 
  6. ^ Kathleen G. Donohue (19 December 2003). Freedom from Want: American Liberalism and the Idea of the Consumer (New Studies in American Intellectual and Cultural History). Johns Hopkins University Press. ISBN 978-0-8018-7426-0. https://books.google.com/?id=htuTnexZAo8C&pg=PA1&dq=liberalism+freedom+of+religion#v=onepage&q=liberalism%20freedom%20of%20religion 2007年12月31日閲覧. "Three of them – freedom from fear, freedom of speech, and freedom of religion – have long been fundamental to liberalism." 
  7. ^ “The Economist, Volume 341, Issues 7995–7997”. The Economist. (1996). https://books.google.com/?id=KBzHAAAAIAAJ&q=liberalism+freedom+of+religion&dq=liberalism+freedom+of+religion 2007年12月31日閲覧. "For all three share a belief in the liberal society as defined above: a society that provides constitutional government (rule by law, not by men) and freedom of religion, thought, expression and economic interaction; a society in which [...]" 
  8. ^ Sehldon S. Wolin (2004). Politics and Vision: Continuity and Innovation in Western Political Thought. Princeton University Press. ISBN 978-0-691-11977-9. https://books.google.com/?id=ndAdGl8ScfcC&pg=PA525&dq=liberalism+freedom+of+religion#v=onepage&q=liberalism%20freedom%20of%20religion 2007年12月31日閲覧. "The most frequently cited rights included freedom of speech, press, assembly, religion, property, and procedural rights" 
  9. ^ Edwin Brown Firmage; Bernard G. Weiss; John Woodland Welch (1990). Religion and Law: Biblical-Judaic and Islamic Perspectives. Eisenbrauns. ISBN 978-0-931464-39-3. https://books.google.com/?id=mQJgnEITPRIC&pg=PA366&dq=liberalism+freedom+of+religion#v=onepage&q=liberalism%20freedom%20of%20religion 2007年12月31日閲覧. "There is no need to expound the foundations and principles of modern liberalism, which emphasises the values of freedom of conscience and freedom of religion" 
  10. ^ John Joseph Lalor (1883). Cyclopædia of Political Science, Political Economy, and of the Political History of the United States. Nabu Press. https://books.google.com/?id=Xsk6AAAAIAAJ&pg=PA760&dq=liberalism+freedom+of+religion#v=onepage&q=liberalism%20freedom%20of%20religion 2007年12月31日閲覧. "Democracy attaches itself to a form of government: liberalism, to liberty and guarantees of liberty. The two may agree; they are not contradictory, but they are neither identical, nor necessarily connected. In the moral order, liberalism is the liberty to think, recognised and practiced. This is primordial liberalism, as the liberty to think is itself the first and noblest of liberties. Man would not be free in any degree or in any sphere of action, if he were not a thinking being endowed with consciousness. The freedom of worship, the freedom of education, and the freedom of the press are derived the most directly from the freedom to think." 
  11. ^ 神田外語大学「語源のたのしみ」第38回2004年1月 石井米雄[1]
  12. ^ Liberarism - ブリタニカ百科事典
  13. ^ Rothbard, The Libertarian Heritage: The American Revolution and Classical Liberalism.
  14. ^ Puddington, p. 142. "After a dozen years of centre-left Liberal Party rule, the Conservative Party emerged from the 2006 parliamentary elections with a plurality and established a fragile minority government."
  15. ^ Grigsby, pp. 106–07. [Talking about the Democratic Party] "Its liberalism is for the most part the later version of liberalism – modern liberalism."
  16. ^ Arnold, p. 3. "Modern liberalism occupies the left-of-center in the traditional political spectrum and is represented by the Democratic Party in the United States."
  17. ^ ブリタニカ百科事典「個人主義の権利や自由を強調し、政府の権力の制限を求める政治的・経済的な主義 (Political and economic doctrine that emphasizes the rights and freedoms of the individual and the need to limit the powers of government.)」
  18. ^ リベラリズムの多義性 川崎修「思想」 2004年 第9号
  19. ^ a b c Gould, p. 3.
  20. ^ "All mankind [...] being all equal and independent, no one ought to harm another in his life, health, liberty, or possessions", John Locke, Second Treatise of Government
  21. ^ a b Kirchner, p. 3.
  22. ^ Steven Pincus (2009). 1688: The First Modern Revolution. Yale University Press. ISBN 978-0-300-15605-8. https://books.google.com/books?id=Oc-uXxPXfmwC 2013年2月7日閲覧。 
  23. ^ Milan Zafirovski (2007). Liberal Modernity and Its Adversaries: Freedom, Liberalism and Anti-Liberalism in the 21st Century. Brill. p. 237. ISBN 978-9004160521. https://books.google.com/books?id=GNlT9Qho0tAC&pg=PA237 
  24. ^ Eddy, Matthew Daniel (2017). “The Politics of Cognition: Liberalism and the Evolutionary Origins of Victorian Education”. British Journal for the History of Science 50 (4): 677–699. doi:10.1017/S0007087417000863. PMID 29019300. https://www.academia.edu/31947844. 
  25. ^ Martin Conway. "The Limits of an Anti-liberal Europe". In Dieter Gosewinkel, ed. (2014). Anti-liberal Europe: A Neglected Story of Europeanization. Berghahn Books. p. 184. ISBN 9781782384267. https://books.google.com/books?id=ECIfAwAAQBAJ&pg=PA184. "Liberalism, liberal values and liberal institutions formed an integral part of that process of European consolidation. Fifteen years after the end of the Second World War, the liberal and democratic identity of Western Europe had been reinforced on almost all sides by the definition of the West as a place of freedom. Set against the oppression in the Communist East, by the slow development of a greater understanding of the moral horror of Nazism, and by the engagement of intellectuals and others with the new states (and social and political systems) emerging in the non-European world to the South" 
  26. ^ "Liberalism in America: A Note for Europeans" by Arthur M. Schlesinger Jr. (1956) from: The Politics of Hope (Boston: Riverside Press, 1962). "Liberalism in the U.S. usage has little in common with the word as used in the politics of any other country, save possibly Britain."
  27. ^ Worell, p. 470.
  28. ^ 「15テーマを「政治哲学」で徹底解明--民主党の主要政策/日本の問題/世界の問題 (混迷する現代社会を生きるビジネスパーソンのための 実践的「哲学」入門)」『週刊東洋経済』第6278号、東洋経済新報社、2010年8月14日、 41-49頁、 NAID 40017218756
  29. ^ リベラリズムの多義性 「思想」 2004年 第9号
  30. ^ 平野仁彦ほか (2002)「法哲学」有斐閣
  31. ^ Keynes, John M. (1926) The End of Laissez-Faire.





自由主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自由主義」の関連用語

自由主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自由主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自由主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS