ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜 ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜の概要

ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 05:22 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラゴンボールZ
たったひとりの最終決戦
〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜
ジャンル テレビアニメ
原作 鳥山明
企画 森下孝三東映動画
清水賢治(フジテレビ)
脚本 小山高生隅沢克之
監督 西尾大介(シリーズディレクター)
演出 橋本光夫
出演者 野沢雅子
曽我部和恭
三田ゆう子
渡部猛
中尾隆聖
堀川亮
八奈見乗児ほか
オープニング 影山ヒロノブ
CHA-LA HEAD-CHA-LA
エンディング 影山ヒロノブ、KUKO
『光の旅』
製作
制作 フジテレビ東映
放送
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本
放送期間 1990年10月17日
放送時間 水曜日 19:00 - 19:58
放送枠 フジテレビ系列水曜夜7時台枠のアニメ
放送分 58分
テンプレートを表示

解説

孫悟空たちが活躍するよりも前の話を描いた、シリーズ初のスピンオフストーリー。『ドラゴンボールZ』本編の86話や『ドラゴンボール改』の第1話の導入と第42話、劇場版『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』冒頭では本作のクライマックスシーンが流用されている。

原作者である鳥山明は本作について、アニメで印象に残っているエピソードで[1]、劇場版・TVスペシャルの中で一番好きな作品と答えており、「僕だったら絶対描かない話。いい意味で違うドラゴンボールを見ている感じがする」と語っている[2]。主人公のバーダックは本作品のオリジナルキャラクターだったが、後に原作漫画におけるフリーザの回想シーンで登場した[3]。これは鳥山が本作を見て感動したというのが理由であり、アニメスタッフには事前に連絡はなかったため、キャラクターデザインを担当した中鶴勝祥は「かなり嬉しかった」と語っている[1]。ただし、後年の鳥山は、自分がバーダックを登場させたことを覚えていなかった[4]

本作は「悟空のルーツとは何か」「悟空にも父親がいたはず」という点から発想が広がり、放映される形になった[5]。企画当初は劇場用のエピソードとして「悟空対悟空のお父さん」が考えられていたが[5][6]、タイムトラベルでもしないと戦えないので悟空の父親を描く話になった[6]

また、本作で用いられているBGMの「ソリッドステート・スカウター」はアニメシリーズでは本作のみの使用で、戦闘シーンで2度使用された。この曲はイエロー・マジック・オーケストラのアルバム『SOLID STATE SURVIVOR』へのオマージュでもある(イントロ部分のみ『テクノポリス』)。

2011年には後日談的な外伝作品『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』が発表されている。

ストーリー

全宇宙一の戦闘民族サイヤ人の住む惑星ベジータで一人の男の子が産声をあげた。その名はカカロット、後に孫悟空となる男の子である。同じその頃、カカロットの父であるサイヤ人戦士バーダックの一味はカナッサ星を攻めていた。大猿と化したバーダックたち5人のサイヤ人によって、カナッサ星は一夜にして陥落した。

翌日、仲間から「息子の誕生祝い」などとからかわれながら休憩を取っていたバーダックに、カナッサ星人最後の生き残りであるトオロが襲い掛かる。トオロは油断していたバーダックに不意打ちを浴びせ、バーダックの仲間たちの攻撃を食らいながらも「お前に未来を予知できる幻の拳を放った。未来を見てせいぜい苦しむがいい」と嘲笑いながら絶命。その直後にバーダックは意識を失ってしまう。

カナッサ星の制圧の報は、それをサイヤ人に命じたフリーザの元へと入る。しかし、名もない下級戦士たちが予定より1ヶ月も早く惑星の制圧を完遂したことで、フリーザの側近ザーボンは、個人では大した強さを持たないが、徒党を組むことでとてつもない力を発揮するサイヤ人たちに対して危機感を抱き始め、フリーザと側近のドドリアの前でそのことを吐露した。

数日後、バーダックの傷はほとんど完治していたが、脳波に異常があると診断された。次の命令は惑星ミートの制圧に決まったが、トーマら仲間たちはバーダックの容態を気遣い、彼を残して出発する。フリーザによってサイヤ人が滅ぼされるという夢を見た後意識を取り戻したバーダックは、仲間に置いていかれたことを知って自分も惑星ミートに向かおうとするが、その途中で保育器の中で寝かされていた自分の息子、すなわちカカロットとの初めての対面を果たす。奇妙な夢との関わりが気になりつつも、息子の戦闘力がたったの2と知り、失望して「クズが」と言い残してその場を去ってしまう[注 1]

惑星ミートではドドリアとその部下たちがトーマたちを攻撃し、バーダックが到着した頃には仲間はほぼ全滅していた。虫の息であったトーマは、バーダックにフリーザの裏切りを伝えて絶命する。バーダックはドドリアの部下4人に立ち向かいこれを倒すが、直後に現れたドドリアの攻撃で重傷を負う。

傷つきながらも惑星ベジータへの帰路についたバーダックは、フリーザが惑星ベジータに向かっていることを確認する。今まで自分が見てきた奇妙な夢が、全て真実であったことを悟ったバーダックは、惑星ベジータに到着するとフリーザに立ち向かうために仲間のサイヤ人たちに呼びかけるが、彼らはバーダックの言葉をまるで信じようとはせず、逆に笑いものにされるだけだった。自分自身、惑星ベジータ、そしてカカロットの運命と未来を変えるため、フリーザに挑むことを決意したバーダックの、たったひとりの最終決戦が始まろうとしていた。




注釈

  1. ^ 後の『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』では、カカロットの隣の保育器に同日に生まれたブロリーがいたと明かされているが、ブロリーに関する描写はない。
  2. ^ 子供に会うことを勧めるセリパに「何の見所もねぇ最下級兵士の糞餓鬼にわざわざ会いに行く馬鹿がいるか」と返答し、スカウターで保育器の中にいた赤ん坊のカカロットの戦闘力の低さを見て「クズが」と悪態をついていた。
  3. ^ 戦闘力に関しては作中での衛生員の会話の内容やゲーム『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』公式サイトのキャラクター説明で“戦闘力10000近く”と出ていたが、アニメコミックス版の登場人物紹介の覧ではバーダックは“戦闘力10000以上”と表記されている。
  4. ^ 『ドラゴンボールZ』本編では、このときすでに惑星ベジータの王であるベジータ王とエリート部隊が反乱し、フリーザを襲撃した描写がある。フリーザがサイヤ人絶滅を決意する以前から不穏な動きを行っていたともされ、実際は「ベジータ王の反乱」→「フリーザの討伐決意」→「バーダックの反乱」という順序だった。このときフリーザが惑星ベジータの近くにいたのは、王子ベジータを部下として引き取るためで王もそれを理由に船に進入していた。
  5. ^ このとき彼が見た予知夢の中で、悟空はナメック星で第1形態のフリーザと対峙しているが、実際にナメック星で悟空と対面した時点でフリーザは既に最終形態に変身している。
  6. ^ a b この一部始終を映像でフリーザの兄・クウラが見ていたことが劇場版『とびっきりの最強対最強』で明かされている。その際クウラの部下が悟空を乗せた宇宙ポッドを発見したが、クウラはフリーザの不注意でポッドを見落とした以上、フリーザ自身が始末をつけるべきとして見逃した。
  7. ^ アニメではチルドの言葉と今の状況からフリーザの祖先であることに気付く描写があった。
  8. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』で、超サイヤ人1であると解説されている。
  9. ^ 後に公開された『ドラゴンボールZ 神と神』の劇中において、破壊神ビルスがフリーザに惑星ベジータ破壊を指示したような描写がある。
  10. ^ クレジット上では「〃○(アルファベット)」と記載。

出典

  1. ^ a b c 鈴木晴彦編「鳥山明×中鶴勝祥対談」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGON BALL Z」孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、ISBN 4-08-873546-3、97-98頁。
  2. ^ 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、216頁。
  3. ^ 鳥山明「其之三百七 超決戦の火ブタ切る!!」『DRAGON BALL 第26巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年6月15日、ISBN 4-08-851416-5、94-95頁。
  4. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、159頁。
  5. ^ a b 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。
  6. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「超アニメ人座談会」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャルII』集英社、1991年6月20日、100頁。
  7. ^ a b c d e f 鈴木晴彦編「ジョイントワークEX」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGON BALL Z」孫悟空伝説』102頁
  8. ^ 鳥山明『DRAGON BALL超画集』集英社、2013年、ISBN 978-4087825206、198頁。
  9. ^ a b c d 「鳥山明先生超一問一答!!」『最強ジャンプ』2014年3月号第1ふろく『ドラゴンボール エピソードオブバーダック』78-81頁、2014年2月4日、JANコード 4910040110347
  10. ^ a b 週刊少年ジャンプ編集部編「オールキャラクター/パーフェクト・ファイル」『ジャンプ・アニメ・コミックスドラゴンボールZテレビスペシャル たったひとりの最終決戦 アニメコミックス』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1993年1月12日、ISBN 4-8342-1183-5、14頁。


「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

1990年のテレビアニメ ガタピシ  アイドル天使ようこそようこ  ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜  ロビンフッドの大冒険  NG騎士ラムネ&40

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜」の関連用語

ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS