三種の神器とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 三種の神器の意味・解説 

さん しゅのじんぎ [5] 【三種の神器】

皇位のしるしとして伝えられている三つの宝物。八咫(やた)鏡・草くさなぎの剣(天叢雲(あまのむらくもの剣)・八尺瓊やさかに勾玉まがたま。みくさのかんだから。みくさのたからもの

三種の神器

読み方:サンシュノジンギ(sanshunojingi)

八咫鏡草薙剣天叢雲剣)・八坂瓊曲玉


さんしゅのじんぎ 【三種の神器】

日本皇位標識として歴代の天皇が受け継いできたという三つの宝物で、八咫鏡天叢雲剣草薙剣)・八尺瓊曲玉など。天照大神から瓊瓊杵尊に授けられたものと伝える。鏡は伊勢神宮に、剣は熱田神宮に、玉は宮中奉安され、また宮中には鏡と剣の模造品がある。総称して「あまつしるし」「神璽」とも。

三種の神器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/10 16:08 UTC 版)

三種の神器(みくさのかむだから、さんしゅのしんき(じんぎ、しんぎ))は、日本神話において、天孫降臨の時に、瓊瓊杵尊天照大神から授けられたというのこと。また、神話に登場した神器と同一とされる、あるいはそれになぞらえられる、日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物のこと。




  1. ^ 現在では考古学的な観点(すでに4、5世紀の豪族の古墳の副葬品には、鏡、剣、玉の3点セットが頻繁にみられること)と、比較神話学の観点(海外にも日本の三種の神器に類似した品々からなる3点セットを王位のレガリアとする神話があり、世界中に分布していること)と、漢文の修辞法の観点(鏡剣または剣鏡と書いて玉を略すのは漢文の修辞上の問題で実際の品数を意味するものではないこと)から、もともと3品からなっていたと考えられている。従って、景行天皇が筑紫に行幸の際、県主がかしこ木の上枝に白銅鏡、中枝に十握剣、下枝に八尺瓊の玉を掛けて出迎え、他の県主の時も上枝に八尺瓊の玉、中枝に鏡、下枝に十握剣を掛けて出迎えたとの伝承も後世の造作ではなく古い祭祀の形が認められる。また近江令までは3種であったのをなぜか飛鳥浄御原令で2種としその後また3種に戻されたとする説もある。詳細は八尺瓊勾玉を参照。
  2. ^ 伊勢の八咫鏡は式年遷宮と同時に壊され代替わりするという説がかつてwikipediaに書かれたことがあるが論拠不明でそのような事実はない。これは明らかに神宝(伊勢神宮での用語では天照大神の日常の宝具)の中の一つである鏡と混同した説である。
  3. ^ 大村拓生 「一〇〜一三世紀における火災と公家社会」 (『日本史研究』第412号. 1996年. 3頁以下)
  4. ^ 熱田神宮の天叢雲剣は、1945年8月21日から同年9月19日までの間、アメリカ軍占領に備えるとして、飛騨一宮水無神社に仮遷座された。


「三種の神器」の続きの解説一覧





三種の神器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「三種の神器」の関連用語

三種の神器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




三種の神器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
グロービス・マネジメント・スクールグロービス・マネジメント・スクール
© 2014 GLOBIS CORPORATION All Rights Reserved.
グロービス・マネジメント・スクールMBA用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2014 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三種の神器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS