小学館の学年別学習雑誌 小学館の学年別学習雑誌の概要

小学館の学年別学習雑誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 11:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
小学館の学習雑誌 > 小学館の学年別学習雑誌
小学館の学習雑誌(など)が並ぶ売場(2004年撮影)

概要

1922年(大正11年)に『小學五年生』と『小學六年生』が創刊し、翌1924年(大正13年)に『小學四年生』、1925年(大正14年)に『セウガク一年生』『セウガク二年生』『せうがく三年生』が創刊した。現在は『小学一年生』と1982年(昭和57年)に創刊した季刊(2006年度までは月刊)の『学習幼稚園』と増刊扱いの『入学準備 小学一年生』の3誌が刊行されており、一般に「学年誌」と言えばこれらの雑誌を指す。『学習幼稚園』・『入学準備 小学一年生』は小学校入学を控えた5 - 6歳の年長児向け、『小学一年生』、そして廃刊した『小学二年生』から『小学六年生』までは誌名の通り、それぞれ小学生の読者の学年に対応している。

編集部は各誌別に設けられ、年度が変わると読者は自動的に1つ上の学年の雑誌に移るが編集部自体は繰り上がらず、次年度も同じ学年向け雑誌を編集する。

事実上の競合誌には、通信教育の『進研ゼミ小学講座』・『こどもちゃれんじ』(ベネッセ)や、出版物扱いながらも一般書店では購入できない『ポピー』(全日本家庭教育研究会)・『科学と学習』(学習研究社、末期には店頭販売も行われたが2010年に廃刊)などが挙げられる。これらと比較して多くの書店で購入できること、娯楽の要素を重視していることが特徴である。そのため『オバケのQ太郎』、『ドラえもん』、『あさりちゃん』、『とっとこハム太郎』など本誌から数多くの人気漫画が生み出され、1980年代後半以降は任天堂の人気テレビゲームから派生したキャラクターである『スーパーマリオ』、『星のカービィ』、『ポケットモンスター』などの漫画版を積極的に載せている。ゲームソフトの記事も、任天堂製ハードのものを中心に取り上げて、公式攻略本の発行にまで至る任天堂との蜜月関係を築いた。1990年代後半以降は『週刊少年サンデー』で連載された『名探偵コナン』をテレビアニメ化をきっかけに本誌でも積極的に展開することで、『週刊少年サンデー』の主な読者である中高生に加えて小学生にも爆発的な人気を作り上げてきた。

しかし、現在では学習用を重視した『進研ゼミ小学講座』の一人勝ちである。1980年代から1990年代の学習雑誌には『進研ゼミ小学講座』の広告が掲載され、購読を斡旋していた時期もあったが(後述)、その『進研ゼミ小学講座』が本誌の売り上げを奪うという事態になり、『小学二年生』から『小学六年生』の5誌が休刊に追い込まれる最大の原因になっている。1995年からは小学館と小学館集英社プロダクションが共同で『ドラえもん』をキャラクターとして起用した、学年誌の増刊扱いの学習教材『習熟ゼミ』→『ドラゼミ』(2019年3月号まで・同年4月号以降は『まなびwith』にリブランディングし、東京都文京区に同名の学習塾を開塾。『まなびwith』では幼児向けではオリジナルキャラクターである『ぶんぐっず』が、小学生向けでは『名探偵コナン』が起用され、東京大学の謎解きイベント運営団体であるAnotherVisionとのコラボで産学連携している)で通信教育業界に参入し、ベネッセに対抗している。

小学校中学年ごろになると娯楽の方面でも、男子は『コロコロコミック』・『週刊少年サンデー』や『週刊少年ジャンプ』(集英社)、『週刊少年マガジン』(講談社)などの少年漫画専門誌やゲーム専門誌、女子は『ニコ☆プチ』・『ニコラ』(新潮社)や『ピチレモン』(学習研究社)などのファッション雑誌や『ちゃお』・『Sho-Comi』や『りぼん』(集英社)、『なかよし』(講談社)、『花とゆめ』・『LaLa』(白泉社)などの少女漫画専門誌に多くの読者が移行する。そのため学年誌を途中で読まなくなる読者もいる。対して、逆に途中から読み始める読者は限られる。発行部数は学年が上がるごとに漸減傾向にあり、こちらに関しても前述の5誌が廃刊に追い込まれる原因になっている。

2010年度発売号からは内容がリニューアルし、学習記事の強化が図られ、『小学一年生』では毎号学習ドリルが付録として付いてくるようになった[1]。しかし、1997年度から2009年度までは500円台だった価格が、2010年度以降は680円と大幅に値上げされ、結果的に部数は激減した。

読売新聞東京本社2011年(平成23年)3月に創刊した小学生高学年向け週刊新聞読売KODOMO新聞』の一部紙面に、小学館が制作協力を開始している。

2016年7月7日、『小学二年生』2016年8月号増刊として『小学8年生』(しょうがくはちねんせい)を試験的に発売[2][3]し、70%ほどの売れ行きだった[4]2017年2月15日より『小学二年生』増刊として新創刊した[5]。本格的な創刊号となった2017年第1号は約8万5000部を完売した[4]。誌名の『8』は7セグ数字で個々のセグメントをすべて点灯させた状態であり、「小学校の全学年対応」を意味するとしている[6]

休・廃刊誌

2017年度以降も引き続き刊行される『小学一年生』と、2016年度限りで廃刊した『小学二年生』についてはそれぞれの項目を参照。

小学三年生・四年生・五年生・六年生

(旧)小学三年生 小学四年生
小学五年生 小学六年生
愛称・略称 小三、小四、小五、小六
ジャンル 学習幼年漫画情報雑誌
読者対象 小学3年生、小学4年生、小学5年生、小学6年生の児童
刊行頻度 月刊(各誌とも毎月3日発売)
発売国 日本
言語 日本語
定価 各680円(休刊時、4誌とも)
出版社 小学館
編集部名 小学三年生、小学四年生、小学五年生、小学六年生、編集部
刊行期間 1922年 - 2010年(五年生・六年生)
1924年 - 2012年(小学四年生)
1925年 - 2012年(小学三年生)
発行部数 小学三年生:42,334部
小学四年生:26,667部
小学五年生:44,000部
小学六年生:41,334部(2011年7月1日 - 2011年9月30日(三年生・四年生)、2009年7月1日 - 2009年9月30日(五年生・六年生)日本雑誌協会調べ)
レーベル てんとう虫コミックス
ウェブサイト ネットくんプラス
特記事項 姉妹誌の『小学一年生』は刊行中。
テンプレートを表示

2010年(平成22年)2月まで高学年向けに『小学五年生』と『小学六年生』、2012年(平成24年)2月まで中学年向けに『小学三年生』と『小学四年生』が発行されていた。この内『小学五年生』は1922年の創刊当初「児童の成長を阻害する天井を取り払う」意味を込めて数字の「五」の上部の線を無くした独自の題号を使用していた[7]。また『小学六年生』では2005年(平成17年)以降、表紙において略称の「小六」を強調した題号を使用していた。

『五年生』と『六年生』は部数の低迷から、2009年度いっぱいで廃刊することが2009年(平成21年)10月26日に発表され[8]、『五年生』は2010年(平成22年)2月3日発行の3月号、『六年生』は2009年(平成21年)12月28日発行の2・3月合併号が最終号となった。小学館側は部数低迷の一因を「男女の嗜好の差」と「情報・趣味・嗜好の多様化」としている[9]

休刊した高学年2誌に代わり、2010年(平成22年)4月15日に小学校高学年と中学生を読者ターゲットとした学習マンガ誌『GAKUMANplus』を隔月刊で創刊したが、2011年(平成23年)10月発売の11/12月号で廃刊した。休刊前の2誌が網羅していた女子向けローティーンファッション関連の情報は『DiaDaisy』(増刊)が年齢層を中学生にまで引き上げる形で引き継いだが、2010年(平成22年)8月までに3号が発売されたのみに留まり、事実上廃刊した。

中学年向けの『小学三年生』と『小学四年生』も2012年(平成24年)2月3日発売の同年3月号を以て廃刊した。

『三年生』と『四年生』の発行に変わる企画として中・高学年向けの『小学館の学習ムック』の発刊が発表され[10]、2012年(平成24年)3月31日に第1号として『コナンをめざせ!謎解きチャレンジ 2012』が発行されたのを皮切りに、以後不定期に発行されている[11]

さらに、『小学二年生』も「「子どもの環境の大きな変化」と「趣味・嗜好の多様化」で読者のニーズと合致しない」という判断で2016年(平成28年)12月26日発売の17年2・3月合併号で廃刊する事となった[12]

一方で『ドラゼミ』の小学2年生 - 6年生コースは2019年3月号まで存続していた。

中高生向け

かつては中学生を対象とした学習雑誌である『中学生の友』(1949年(昭和24年) - 1963年(昭和38年))と、女子中学生・高校生を対象とした学習雑誌である『女学生の友』(1950年(昭和25年) - 1977年(昭和52年))、『プチセブン』の前身)も発刊された事があった。『中学生の友』は1957年(昭和32年)から1963年(昭和38年)の休刊まで『中学生の友1年』・『中学生の友2年』・『中学生の友3年』と学年別に分かれていた。




  1. ^ べんきょうを、あそぼう。2010年「小学館の学習雑誌」マニフェスト
  2. ^ 小学二年生 増刊号|小学8年生、小学館ファミリーネット。(2016/8/6閲覧)
  3. ^ 廃刊した「小学2年生」が「小学8年生」にパワーアップ 増刊号が2月15日発売、ねとらぼ、2017年01月12日 16時05分 公開。
  4. ^ a b 「学習誌救うか『小学8年生』 小学館 斎藤慎編集長」『日経MJ』2017年6月16日付、3頁。
  5. ^ 「小学○年生」の後継は全学年対応の『小学8年生』BIGLOBEニュース 2017年1月12日
  6. ^ 夏休みの小学生向け生活&学習増刊号 『小学二年生』8月号増刊 小学8年生(仮)(2016/8/6閲覧)
  7. ^ 『小学五年生』2010年3月号「小学五年生87年間の歴史 1922→2010」。
  8. ^ a b 「小学五年生」「小学六年生」が休刊 小学館 - MSN産経ニュース(2009年10月26日)
  9. ^ 【手帖】学習まんが誌、15日創刊 小学館 - MSN産経ニュース(2010年4月4日)
  10. ^ “学習雑誌『小学三年生』『小学四年生』の廃刊と、小学生向け新ムックシリーズの展開について” (PDF). 小学館. (2011年12月1日). http://www.shogakukan.co.jp/st/files/sho3_sho4.pdf 2012年6月29日閲覧。 
  11. ^ “『小学館の学習ムック』発刊のお知らせ” (PDF). 小学館. (2012年2月2日). http://www.shogakukan.co.jp/st/files/gakushumook.pdf 2012年6月29日閲覧。 
  12. ^ “『小学二年生』休刊、および今後の小学生向け出版事業について” (PDF). 小学館. (2016年10月4日). https://www.shogakukan.co.jp/sites/default/files/manual/20161004.pdf 2016年10月4日閲覧。 
  13. ^ 国民学校六年生以上中等学校一・二年生及青少年が対象
  14. ^ 国民学校六年生以上女学校一・二年生及勤労少女が対象
  15. ^ 「こくみん三年生」「國民四年生」「國民五年生」統合改題
  16. ^ 「コクミン一年生」「コクミン二年生」統合改題
  17. ^ 『小学一年生』90年のあゆみ 表紙コレクション
  18. ^ 2005年より表紙ロゴが『小六』に改称。
  19. ^ 安倍首相や難病を揶揄? 「小学8年生」が炎上、弁明ツイッターも大炎上 - J-CAST、2018年3月6日閲覧
  20. ^ 安倍首相の難病を揶揄と物議の漫画 編集部「あくまで事実として紹介」 - ライブドアニュース、2018年3月6日閲覧
  21. ^ 小学館ファミリーネット|ネットくんプラスの小学館学年誌杯争奪全国小学生将棋大会告知ページ
  22. ^ 学年誌が伝えた子ども文化史 昭和40〜49年編、小学館。 - 2018年2月15日閲覧。
  23. ^ 河野誠哉「〈学年誌の時代〉をめぐる社会史的考察 : 書店と戦後日本社会」、『山梨学院大学経営情報学論集』21巻、山梨学院大学経営情報学研究会、2015年、57-76頁。
  24. ^ 「小学一年生」90年のあゆみ 表紙コレクション、小学館。 - 2017年3月12日閲覧。
  25. ^ 小学館「小学二年生」が休刊へ 残るは「小学一年生」だけに、イザ!(産経新聞)、2016年10月4日 16:24。
  26. ^ a b 小学館が「小学三年生」「四年生」も休刊へ 学年誌、残るは2誌に、SankeiBiz、2011年12月1日 13:39。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  27. ^ a b 小学館、基幹の学年誌を大幅刷新へ、新文化、2009年10月26日。


「小学館の学年別学習雑誌」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小学館の学年別学習雑誌」の関連用語

小学館の学年別学習雑誌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小学館の学年別学習雑誌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小学館の学年別学習雑誌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS