柳宗悦 交流、著述活動

柳宗悦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/21 21:30 UTC 版)

交流、著述活動

  • 仏教学者禅者鈴木大拙は、柳の学習院高等科時代の英語教師であり、終生師事・交流した[注 5]。柳への弔辞「柳君を憶ふ」がある[43][注 6]
  • バーナード・リーチとの交友は終生続き、各・柳の編著で『バーナード・リーチ日本絵日記』(毎日新聞社、1955年/講談社学術文庫、2002年、補訂解説水尾比呂志)、リーチ・河井寛次郎濱田庄司述『焼物の本』(共同通信社、1985年、解説水尾比呂志。日本民藝館創立50周年記念で復刻)が刊行。
    2010年代日本民藝館学芸部編・刊で、リーチ英訳版『美の法門 The Dharma Gate of Beauty』(岡村美穂子監修、2016年)、『バーナード・リーチ作品集』(水尾比呂志、鈴木禎宏解説、筑摩書房、2012年)、英文『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡』(岡村美穂子・鈴木禎宏監修、2014年)が刊行された。
  • 沖縄文化を生涯にわたり紹介し、1938年〜1940年にかけ沖縄県に4度滞在調査した[注 7][44]
    『沖縄の人文』(グーテンベルク21電子書籍、現行かな表記)で再刊。元版「選集 第5巻」春秋社)、集大成『全集 15 沖縄の傳統』に詳しい。
    1995年に榕樹社「沖縄学古典叢書」で、復刻版『琉球の文化』[注 8]式場隆三郎と共編、平良邦夫 解題 ISBN 4947667281)、柳の編著『琉球の陶器』(松井健 解題 ISBN 494766729X)が刊行。
    新版オリジナルで『芭蕉布物語』(榕樹書林[45]、松井健 解題、2016年)が、(復帰50年目の)2022年に『琉球の富』(ちくま学芸文庫、松井健 解説)、共編著『沖縄文化論集』(角川ソフィア文庫石井正己 解説)が刊行した。
  • 江戸時代に全国各地を廻国し造仏活動を行い、独特の「微笑仏」を残した木喰行道や妙好人の研究を行った。特に木喰研究は柳宗悦の木食仏発見が契機となったことで知られる。『木喰上人 選集 第9巻』、『木喰五行上人 全集 7』、新版で『木喰上人』(講談社文芸文庫)がある。円空論考も数編あり『全集』に収録。
  • 筑摩書房版『全集』は、1980年(昭和55年)に刊行開始し、完結に全12年を費やした。著作篇は1982年(昭和57年)に第20巻刊行で結び、1989年(平成元年)に第21巻「書簡集」(上・中・下)が、1992年(平成4年)には第22巻「資料 その他」(上・下)を、分冊刊行(各・1万5千円前後)した。
    大量の書簡収集に加え、新たに発見された未発表の原稿作品の発掘収録、資料や年譜の編集に10年以上費やしたためである。故に全巻揃いは古書値も高価である。
  • 機関誌『月刊民藝・民藝』は、1939年(昭和14年)4月号から1946年(昭和21年)7月号まで、戦局悪化による休刊を挟み発行された。1955年(昭和30年)1月より『民藝』が日本民藝協会で再び創刊した。
    2008年(平成20年)に『復刻版 月刊民藝・民藝』(不二出版)が出版。
  • 和装本による機関誌「工藝」は、全120号が1931年(昭和6年)から1943年(昭和18年)にかけ(114号目まで)、休刊を挟み1946年(昭和21年)から1951年(昭和26年)まで発行された。
    工藝 目次一覧」も参照。なお昭和後期の出版で熊倉功夫『民芸の発見』(角川書店)巻末に「目次総目録」を収録している。

注釈

  1. ^ 「宗悦」の読みは「むねよし」が正しいが、「そうえつ」と音読みされることが多く、本人自身、英文の解説ではYanagi Soetsuとクレジットしていた。公式サイトの英文表記も Soetsu となっている[2]
  2. ^ 柳の誕生当時、父楢悦は海軍少将で退役、元老院議官であった[5]
  3. ^ 逝去後に勤行が行われ、一旦病理解剖のために飯田橋警察病院に運ばれ、その日のうちに日本民藝館に戻った[37]
  4. ^ 1919年5月11日に執筆され読売新聞に掲載された「朝鮮人を想ふ」が最初の朝鮮に関する言及(『柳宗悦全集』第六巻収録)
  5. ^ 柳宗悦から鈴木大拙へ
    先生は、絶えず希望を持ち計画を立て、いつも何か新しい仕事を企てられているが、九十歳の老齢で、この旺盛な意欲を持たれ前進して行かれるのは驚くほかはない。恐らくこれがまた、先生をして長寿を保たせているその秘訣かと思われるが、嘗てブライスが私に言ったように全くirreplacable-man(かけがえのない人)という評が大いに当たっていよう。 — 柳宗悦、「かけがえのない人」<コレクション1>ちくま学芸文庫、2010年12月 ISBN 9784480093318
  6. ^ 鈴木大拙から柳宗悦へ(弔辞)
    君は天才の人であった。独創の見に富んでいた。それはこの民藝館の形の上でのみ見るべきでない。日本は大なる東洋的「美の法門」の開拓者を失った。これは日本だけの損失でない、実に世界的なものがある。まだまだ生きていて、大成されることを期待したのであったが、世の中は、そう思うようには行かぬ。大きな思想家、大きな愛で包まれている人、このような人格は、普通に死んだといっても、実は死んでいないと、自分はいつも今日のような場合に感ずるのである。不生不死ということは、寞寞寂寂ということではない。無限の創造力がそこに潜在し、現成しつつあるとの義である。これを忘れてはならぬ。これは逝けるものを弔うの言葉でなくて、実は参会の方々と共に自分を励ます言葉である。 — 鈴木大拙、「柳君を憶ふ」『民藝』1961年6月号。2013年10月号で再掲
  7. ^ p367「1938年12月27日~1939年 1月13日」p369「1939(昭和 14)年3月~4月、同年12月~1940(昭和15)年1月、同年7月~8月」並松信久2016『柳宗悦と沖縄文化』京都産業大学論集人文科学系列第49号
  8. ^ 初刊は、昭和書房〈民藝叢書〉全6巻(1941-43年・52年)、芹沢銈介装幀。刊行書目は、第1篇 柳の「民藝とは何か」、第2篇「琉球の文化」、第3篇「現在の日本民窯」(式場と共編)、第4篇「琉球の陶器」、第5篇 本山桂川「満洲の民藝」、第6篇 外村吉之介「岡山県の民藝」(戦後刊)
  9. ^ 単行判表記は「南無阿彌陀佛」。特製版(限定千部)も刊行。

出典

  1. ^ "柳宗悦". ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンクより2022年1月21日閲覧
  2. ^ About the Museum”. 日本民藝館. 2019年6月11日閲覧。
  3. ^ 水尾 2004, p. 13.
  4. ^ a b c 思想家紹介 柳宗悦”. 京都大学大学院文学研究科・文学部. 2019年6月11日閲覧。
  5. ^ a b 中見 2013, p. 16-17.
  6. ^ a b 中見 2013, p. 17.
  7. ^ a b 中見 2013, p. 19.
  8. ^ 中見 2013, pp. 19–20.
  9. ^ a b c 中見 2013, p. 20.
  10. ^ 官報. 1910年04月05日 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2022年1月21日閲覧。
  11. ^ 中見 2013, pp. 21–22.
  12. ^ 東京国立近代美術館編 2021, p. 246.
  13. ^ a b c d e 中見 2013, p. 21.
  14. ^ a b c d 増田穂 (2017年2月10日). “「直観」で見る「美」――『柳宗悦と民藝運動の作家たち』展、日本民藝館学芸員・月森俊文氏インタビューの”. シノドス. 2017年2月10日閲覧。
  15. ^ a b 水尾 2004, p. 54.
  16. ^ a b 水尾 2004, p. 55.
  17. ^ 水尾 2004, p. 55-56.
  18. ^ 水尾 2004, p. 56.
  19. ^ 『官報』第286号、大正2年7月12日、p.312
  20. ^ a b c d 中見 2013, p. 23.
  21. ^ a b c d e f 民藝運動の父、柳宗悦”. 日本民藝協会. 2017年2月10日閲覧。
  22. ^ a b 水尾 2004, p. 76.
  23. ^ 水尾 2004, p. 85.
  24. ^ 白樺文学館の沿革、我孫子市白樺文学館”. 我孫子市ホームページ. 2017年2月10日閲覧。
  25. ^ a b c d 柳宗悦と日本民藝館”. 日本民藝館. 2017年2月10日閲覧。
  26. ^ 水尾 2004, p. 87.
  27. ^ a b 水尾 2004, p. 88.
  28. ^ 中見 2013, p. 25.
  29. ^ 中見 2013, pp. 25–26.
  30. ^ 中見 2013, p. 26.
  31. ^ a b c 柳宗悦 - 東文研アーカイブデータベース
  32. ^ 同志社人物誌 94 柳宗悦
  33. ^ 沿革”. 日本民藝館. 2017年2月10日閲覧。
  34. ^ 民藝協会のあゆみ 昭和20年〜昭和39年(1945年~1964年)”. 日本民藝協会サイト. 2023年9月30日閲覧。
  35. ^ a b 中見 2013, p. 40.
  36. ^ 水尾 2004, pp. 462–465.
  37. ^ 水尾 2004, p. 465.
  38. ^ 東京国立近代美術館編 2021, p. 250.
  39. ^ 日本植民地下、光化門撤去を止めた日本人の直筆原稿を発見 朝日新聞(東亜日報)2020.06.13
  40. ^ 他の電子出版は「工芸の道」「手仕事の日本」「工芸文化」「沖縄の人文」。
  41. ^ 故柳宗悦に韓国文化勲章 - 東京文化財研究所、2021年1月30日閲覧。
  42. ^ 日本人民藝運動家の『柳宗悦』展が韓国で…工芸運動の観点から再解釈 中央日報日本語版 2013.06.06
  43. ^ 『民藝』第102号(1961年6月)「柳君を憶ふ / 鈴木大拙」 p4
  44. ^ 『季刊 新沖縄文学 80号 特集 沖縄と柳宗悦』(沖縄タイムス社、1989年)に詳しい[要文献特定詳細情報]
  45. ^ 1997年に榕樹社から榕樹書林に社名変更。
  46. ^ 没後半世紀経て版権が切れ、大半の刊行著作がAmazon Kindle版(全16作品、新字新かな表記)で電子出版。
  47. ^ 英文版「JAPANESE FOLK CRAFTS 柳宗悦コレクション」(マイケル・ブレーズ英訳、出版文化産業振興財団、2020年)が出版






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「柳宗悦」の関連用語

柳宗悦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



柳宗悦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柳宗悦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS