渋谷 小・中学校の学区

渋谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 14:22 UTC 版)

小・中学校の学区

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[36]

丁目 番地 小学校 中学校 調整区域による変更可能校
渋谷一丁目 全域 渋谷区立神南小学校 渋谷区立松濤中学校 渋谷区立神宮前小学校
渋谷区立常磐松小学校
渋谷二丁目 13~24番
その他 渋谷区立常磐松小学校 渋谷区立鉢山中学校 渋谷区立広尾中学校
渋谷三丁目 1~3番
12~15番
24~26番
その他 渋谷区立神南小学校 渋谷区立松濤中学校 渋谷区立神宮前小学校
渋谷区立常磐松小学校
渋谷区立鉢山中学校
渋谷四丁目 全域 渋谷区立常磐松小学校 渋谷区立鉢山中学校 渋谷区立広尾中学校

渋谷を特徴づけるもの

文化

渋谷・公園通り

PARCO劇場(2016年閉場、2019年再開業)、クラブ・クアトロ、シネクイント(2016年閉館、2018年移転再開業予定)、シネセゾン渋谷、スタジオパルコなど、ライブハウス劇場映画館が多く、映画祭や音楽祭も開催される。作家性にこだわった個性的な作品を上映するミニシアターも多く[37]、新宿や池袋と比べると大規模なシネマコンプレックス(シネコン)は比較的少ない。篠山紀信写真展など多くの企画展を開催してきたパルコミュージアム(2007年閉館、2019年復活)、新しい情報発信スペースのパルコファクトリー、ロゴスギャラリーなどでも、アートから社会性の高いテーマまでを扱った様々な企画展示をしている。「TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオ」などラジオ局のサテライトスタジオもある。東急は東急文化会館(現:渋谷ヒカリエ)跡地に都内最大規模のミュージカル劇場である東急シアターオーブを開場した。

ファッション

1970年代から、PARCOOIOI(マルイ)の進出やシブヤ109の誕生などで、若者のファッション文化の発信の地として原宿と並ぶ地位を確立していた。渋谷パルコはパルコの旗艦店であり、渋谷文化の代名詞的存在であった。1980年代後半から1990年代前半にかけてアメリカンカジュアル(アメカジ)スタイルをベースとした渋カジ(渋谷カジュアル)が一世風靡した[38]。日本で初めてのストリート生まれのファッショントレンド(ストリートファッション)であり、渋谷の若者が発信地となり全国的に流行が広まった[39]

1990年代にはギャルブームやメディアに盛んに取り上げられたことで、さらに情報発信源として注目されるようになった。またこの時代に109を中心に「カリスマ店員」と呼ばれる高い人気を誇るアパレルショップの店員も現れた。百貨店の主たる顧客層の20・30代のOLが大人のファッションをリードし、10代の女性は109やパルコ、路面店などで服を買い求めギャルファッションをリードした。特に109はギャル文化の聖地と言われた。ギャルファッションが男性に波及したギャル男ファッションや、お兄系と呼ばれるファッションも渋谷から広がり、全国区になった。ルーズソックス厚底ブーツも同様に渋谷発のトレンドである。ギャルファッションのイベントとして、渋谷コレクションが知られている。2010年代以降はギャル系のファッション雑誌が廃刊するなど、ギャル文化は下火となっている。

センター街を中心にZARA・Bershka・H&Mユニクロなどのファストファッションの店舗が集中している。また、駅からやや離れた神南エリアには大手セレクトショップや有名ブランドの路面店が密集している。百貨店ルミネパルコといったファッションビルが高い売上を持つ新宿池袋と比べて、原宿と同様に路面店が強いとされてきた。ギャル文化の衰退以降、渋谷発のファッショントレンドは生まれておらず、代名詞であった渋谷109は 2009年度の286.5億円をピークに売り上げは減少している[40]中目黒などの台頭もあり渋谷の「ファッションの街」としての相対的な地位はかつてと比べると低下している現状があり、ファッションにおける流行の発信基地の役割は原宿・表参道青山に譲っている。2019年・2020年には渋谷パルコ渋谷スクランブルスクエアミヤシタパークなどのハイブランドやデザイナーズブランドが入居する感度の高いファッションビル・複合商業施設が開業・リニューアルしており、盛り返しを図っている。

IT

IT関連のベンチャー企業が駅南の桜丘町を中心に集っており、国土交通省の調査によるとソフト系IT産業の事業所数は、千代田区港区に次いで3位であり、駅別では渋谷駅は、秋葉原駅に次いで2位であった。こうしたことなどにより1999年初、「渋」(bitter) と「谷」(valley) を1文字ずつ英語に訳した "bitter valley"と、情報量の単位の「ビット」から、アメリカ合衆国シリコンバレーになぞらえて「ビットバレー」と呼ばれるようになった[41][42]

2001年にはGoogle日本法人も渋谷(東急セルリアンタワー)に進出したが、手狭になったことなどから2010年に六本木へ移転。2012年にはAmazon.co.jpが本社を渋谷から目黒へ移した。渋谷地区を基盤とする東急グループは、再開発に合わせてIT産業の再集積を企図。2012年完成の渋谷ヒカリエにはディー・エヌ・エー (DeNA) が入居したほか、Google日本法人は渋谷ストリームへの2019年移転を決めた。2019年にはミクシィ渋谷スクランブルスクエアへのオフィス集約を予定している。東急はこうしたIT大手の誘致だけでなく、スタートアップ(ベンチャー企業)を支援する東急アクセラレートプログラム (TAP) を2015年に開始した[43]。このようにして東急グループは「ITの街渋谷」の復権を目指している。

主なイベント

施設

主な施設

渋谷駅東口周辺
渋谷駅西口周辺
渋谷センター街方面
井の頭通り方面
公園通り神南方面
ファイヤー通り方面
宮下公園キャットストリート周辺、明治通り原宿方面
文化村通り方面
道玄坂方面
円山町方面
桜丘町方面
宮益坂青山通り国道246号)方面
六本木通り方面
渋谷駅新南口・並木橋周辺、明治通り恵比寿方面

かつて存在した主な施設




  1. ^ a b 住民基本台帳・外国人登録による人口”. 渋谷区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 【東京おでかけ日和】個性的な店集まる「奥渋谷」通も評価「こだわり」楽しむ『産経新聞』朝刊2017年10月27日(東京面)
  5. ^ 渋谷の「歩行者天国」、ついに廃止へ” (2002年12月28日). 2002年12月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月31日閲覧。
  6. ^ 開業時の利用者は1日たった16人!迷宮と化した渋谷駅発展の歴史を紐解く” (日本語). 東京カレンダー. 2020年10月16日閲覧。
  7. ^ 荷風Vol.17、15頁、日本文芸社、2008年
  8. ^ “1968年”を知る Vol.2 若者の街、新宿 変わったこと、変わらないこと” (日本語). WWDJAPAN.com (2018年8月21日). 2021年4月29日閲覧。
  9. ^ 1960年代後半、長髪にラッパズボン、サングラスという格好の若者集団、いわゆるフーテン族が新宿駅前に現れるようになった。
  10. ^ 渋谷の「骨格」が消える ターミナルデパート「東急東横店」ヒストリー”. シブヤ経済新聞. 2020年10月11日閲覧。
  11. ^ 渋谷はなぜ「若者の街」となったのか? パルコとロフト、東急ハンズが作った文化の香りとその感覚 | アーバン ライフ メトロ - URBAN LIFE METRO - ULM” (日本語). アーバン ライフ メトロ. 2021年3月25日閲覧。
  12. ^ 渋谷にラブホテル街が生まれた理由、知っていますか? | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト” (日本語). www.leon.jp. 2021年3月25日閲覧。
  13. ^ 新たなランドマーク出現で変貌する 道玄坂坂上~円山町周辺事情”. シブヤ経済新聞. 2021年3月25日閲覧。
  14. ^ 渋谷駅周辺地域の安全で安心な環境の確保に関する条例” (日本語). 渋谷区公式サイト. 2021年2月22日閲覧。
  15. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年6月19日). “渋谷ハロウィーンで路上飲酒禁止条例が成立 20日に施行” (日本語). 産経ニュース. 2021年2月22日閲覧。
  16. ^ 新宿周辺の標高は35m - 40m程度、渋谷周辺は15m前後で、20m以上の標高差がある。
  17. ^ いずれも暗渠化された上で下水道(千駄ヶ谷幹線および宇田川幹線)として利用されてはいるが、渋谷駅周辺では流路も大きく改造され、渋谷川からは切り離されて、下流の下水道へと導かれている。
  18. ^ a b 吉川弘文館国史大辞典ジャパンナレッジ版、佐藤昇「渋谷」
  19. ^ a b c d e 金王八幡宮ホームページ”. 金王八幡宮. 2018年8月15日閲覧。
  20. ^ a b c 吉川弘文館『国史大辞典』ジャパンナレッジ版、三浦勝男「渋谷重国」
  21. ^ 『国史大辞典』三浦勝男「渋谷荘」
  22. ^ 区指定文化財・東福寺の梵鐘”. 渋谷区役所. 2018年8月16日閲覧。
  23. ^ 『新編武蔵風土記稿』巻ノ10豊島郡ノ2.上渋谷村。NDLJP:763976/80
  24. ^ 後述するように、渋谷が繁華街になったのは1970年代になってからである。
  25. ^ 『慶應義塾 その退潮も、時の流れか』三鬼陽之助光文社カッパ・ビジネス、1967年。
  26. ^ 東急電鉄 渋谷開発事業部、渋谷文化プロジェクト、「SPECIAL 旬の渋谷を感じるカルチャー特集」、2015年5月7日閲覧。
  27. ^ 渋谷ステーション、「渋メシPICK UP特集」、「のんべい横丁歴史」、2015年5月8日閲覧。[リンク切れ]
  28. ^ 1966年(昭和41年)5月27日自治省告示第93号「住居表示が実施された件」
  29. ^ “100年に一度”の大規模な再開発を原動力に、さらなる成熟を目指す都市・渋谷 ~ 渋谷再開発情報サイト” (日本語). 渋谷再開発情報サイト. 2020年1月30日閲覧。
  30. ^ 渋谷再開発情報サイト|東急株式会社” (日本語). 東急株式会社. 2020年10月9日閲覧。
  31. ^ 株式会社インプレス (2019年10月23日). “渋谷駅周辺の大規模再開発、いつ・どこが・どう変わるのか<1> 「ビットバレー」再来を目指す渋谷、駅前の大型ビル群建設でオフィスビル不足を解消” (日本語). INTERNET Watch. 2020年1月30日閲覧。
  32. ^ 【レポート】今でも本当に渋谷は”若者のまち”か?|渋谷文化プロジェクト
  33. ^ 閉店相次ぐ「渋谷」の凋落 コロナだけじゃない若者の街が抱える厳しい事情(3/3ページ) | ウチコミ!タイムズ | 仲介手数料無料ウチコミ!
  34. ^ <渋谷再開発>ショッピングとグルメが充実し、アクセスも向上 - 道玄坂・桜丘エリアが変貌” (日本語). www.fashion-press.net. 2020年10月9日閲覧。
  35. ^ 「渋谷駅周辺地区における都市計画の決定について」2013年6月17日。
  36. ^ 通学区域”. 渋谷区. 2017年12月22日閲覧。
  37. ^ FASHIONSNAP.COM (2014年7月8日). “【まとめ】渋谷のミニシアター8選” (日本語). FASHIONSNAP.COM [ファッションスナップ・ドットコム]. 2020年10月16日閲覧。
  38. ^ 「渋カジ」とは何だったのか 流行の変遷を深掘りした本” (日本語). WWD JAPAN.com (2017年4月2日). 2020年3月29日閲覧。
  39. ^ 【新年特別号】平成のキーワード 渋カジ | 繊研新聞”. senken.co.jp. 2020年3月29日閲覧。
  40. ^ 渋谷がいつの間にか「池袋化」している理由 | 街・住まい” (日本語). 東洋経済オンライン (2017年9月7日). 2021年3月1日閲覧。
  41. ^ 駒板一仁「膨張…そして縮小したBit Vallery PlayStation 2で爆発するか?」 Softbank『週刊ザ・プレイステーション』2000年4月28日号 Vol.196 5頁
  42. ^ 「ビットバレー」とは”. PC Online. 2014年7月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年4月19日閲覧。
  43. ^ 「渋谷 起業の巣箱林立/東急が再開発 にぎわい再び/グーグル帰還 親鳥役に期待」『日経産業新聞』2017年11月26日(1面)
  44. ^ 元は渋谷全線座があった。
  45. ^ 渋谷界隈では他に、ファイヤー通り店などもある。
  46. ^ 渋谷界隈では他に、宇田川町や道玄坂にある。
  47. ^ 舩坂弘により戦後に創業された。
  48. ^ 同渋谷1号店もセンター街にあったが閉店した。
  49. ^ 渋谷界隈では他に、ファイヤー通りにも渋谷店がある。
  50. ^ 渋谷界隈では他に、シブヤ西武向かい MAGNET by SHIBUYA 109並びにも渋谷店がある。また、センター街界隈にはバーガーキングの他、ウェンディーズファーストキッチン(両ブランドのコラボ店舗)などの同業他社店舗もある。
  51. ^ 渋谷界隈では他に、道玄坂や宮益坂にも店舗がある。
  52. ^ 渋谷界隈では他に、渋谷駅東口、センター街周辺や文化村通りにも店舗がある。
  53. ^ FOREVER21渋谷が2019年に閉店し、その跡に2020年開店。
  54. ^ 渋谷界隈では他に、シブヤ西武向かい井の頭通り入り口の公園通り店がある。
  55. ^ 1993年創業、裏原系ブランド A BATHING APEの店舗。ブランドは現在香港のI.T社所有。原宿本店の他、スペイン坂上の同渋谷店、若年向けのAAPE STORE SHIBUYA店などがある。その他南青山5丁目みゆき通り裏手などにあり、さらに2017年12月にはパリ4区でも開店した(BAPE STORE 渋谷店の情報・地図 Fashion Map Tokyo、BAPE STORE®がPARISにオープン! ファッションの都パリに「BAPE STORE® PARIS」オープン PRTIMES 2017年12月1日)。
  56. ^ 渋谷界隈では他に、下記渋谷モディ内にHMV&BOOKS SHIBUYAがある。
  57. ^ 渋谷界隈では他に、道玄坂や公園通りにある。
  58. ^ 渋谷界隈では他に、宮益坂上青山通りにある。
  59. ^ 向かい渋谷マルイならびにカラオケパセラ渋谷店がある。
  60. ^ それぞれプチ公園通り界隈に店舗がある。その他、渋谷ヒカリエや表参道界隈などにある、ファッションや雑貨等のセレクトショップ
  61. ^ 渋谷界隈では他に渋谷ヒカリエ店があり、表参道界隈では表参道ヒルズやキュープラザ原宿内に店舗がある、大阪発のファッションや雑貨等のセレクトショップ。
  62. ^ コム・デ・ギャルソンなどハイブランド中心の古着屋ないしアパレルリサイクルショップ。表参道のキャットストリートにも原宿店がある。
  63. ^ 2009年、ロウアー・マンハッタンイースト・ヴィレッジで創業、米国発のロブスターロール (en) の専門店カフェ。下記2018年9月開業の渋谷ストリーム内や、その他青山神宮前界隈、銀座などにある(About ルークス英語公式HP、ニューヨーク発「ルークス ロブスター」銀座店がオープン。 VOGUE 2018年7月4日、ルークスロブスターの表参道店は大行列だが渋谷店は超穴場だ! 東京ルッチ 2018年1月8日 )。
  64. ^ 2012年、日本のトゥモローランド合弁でアジア第一号店を南青山5丁目の"裏青山通り"で開店し、次いで同渋谷店を開店。
  65. ^ イギリスの革靴ブランド。なおクラークス・ジャパンは、リーガルと販売提携している。
  66. ^ 渋谷界隈では他に、スペイン坂店がある。
  67. ^ 渋谷界隈では他に、渋谷駅東口、センター街や井の頭通り沿いに店舗がある。
  68. ^ 1976年(昭和51年)、CREAM SODAの名で現在のキャットストリートで開店したロックなど原宿のアメリカンカジュアルを生み出した店。現店舗は、その名と場所を変えた店舗(旅グルメ【16位】ピンクドラゴン(昭和の原宿) アド街ック天国 2016年7月23日放送分 テレビ東京)。
  69. ^ 同2015年10月にはロサンゼルスの米国本社が破産手続きを申請し、翌2016年11月に日本から撤退した。キャットストリート西端界隈にあった。
  70. ^ 主に在日イギリス人英語圏関係者らを対象としたインターナショナル・スクールである。渋谷教育学園が運営。
  71. ^ 元の校名は渋谷女子高等学校。
  72. ^ それ以前にはブックファースト渋谷店があった。
  73. ^ 下記同渋谷ファーストと同様、住友不動産ビル内のイベントホールないし展示会場。道玄坂上の神泉町交差点にある。
  74. ^ 日本におけるライセンス会社の本社および店舗。1976年から青山通り沿い渋谷1丁目にある。
  75. ^ 上記同渋谷ガーデンと同様、住友不動産ビル内のイベントホールないし展示会場。元は、旧日本団体生命及びアクサニチダンホールディングス本社ビルであった。
  76. ^ 校地下を六本木通りの青山トンネルが通る。
  77. ^ 谷崎潤一郎の長編小説『細雪』に登場する洋食屋。
  78. ^ 1967年に現在の万葉会館になり、1977年に渋谷センター街に場所を変えて「白鳳」として再開店。


「渋谷」の続きの解説一覧

渋谷 (曖昧さ回避)

(渋谷 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 20:23 UTC 版)

渋谷澁谷(しぶや、しぶたに)




「渋谷 (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渋谷」の関連用語



3
70% |||||

4
58% |||||

5
58% |||||

6
58% |||||

7
58% |||||

8
58% |||||

9
58% |||||

10
58% |||||

渋谷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渋谷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渋谷 (改訂履歴)、渋谷 (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS