武蔵国分寺跡とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 文化財選集 > 武蔵国分寺跡の意味・解説 

武蔵国分寺跡 (東京都)

名称
武蔵国分寺跡
区分
史跡
所在地
東京都国分寺市西元町東元町

資料一覧
解説
天平13年741)の国分寺尼寺創建の詔に基づき鎮護国家祈念して設置された国分寺一つで,近年発掘調査結果寺域東西8町・南北5町でその中央北寄り僧寺南西隅に尼寺配置していることが確認された。僧寺は,東西165メートル南北139メートル一本塀で区画した中に金堂講堂東西僧坊鐘楼経蔵所在し,また区画外に塔を配置している。尼寺は,金堂尼坊一本塀等が確認されている。なお,僧寺尼寺の間に幅12メートル推定東山道確認されている。

武蔵国分寺跡

名称: 武蔵国分寺跡
ふりがな むさしこくぶんじあと
種別 史跡
種別2:
都道府県 東京都
市区町村 国分寺市西元町東元町府中市栄町
管理団体 国分寺市(大12・1213)
指定年月日 1922.10.12(大正11.10.12)
指定基準 史3
特別指定年月日
追加指定年月日 平成18.07.28
解説文: 聖武天皇ノ朝ニ置カレタル國分寺國分尼寺ニ次キテ曩ニ指定セラレタルモノノ外當時土壇礎石土壘等ノ殘存シテ其ノ舊規ノ多ク觀ルニ足ルモノヲ擇ビタリ
S54-6-049武蔵国分寺跡.txt: 武蔵国分寺跡は、大正11年10月12日に塔跡・金堂跡・講堂跡・北院跡・西院跡等が、昭和51年12月22日には東僧房跡が一部追加指定された。昭和54年は、その後発掘調査によって明らかになってきた西院跡(国分尼寺推定地)の一部追加して指定し、保存を図るものである
H10-12-041[[武蔵国分寺跡]むさしこくぶんじあと].txt: 武蔵国分寺跡は、国分寺市東南部位置し、天平13年741)の国分寺尼寺創建の詔に基づいて諸国設置されたもののひとつである。その変遷は、創建期(8世紀代)・整備拡充期(9世紀代、七重塔再建)・衰退期10世紀代から11世紀代)の3期に分けられる。また、遺跡調査昭和31年以降実施され、その結果東西8町、南北5町の寺地とその中央北寄り僧寺地域(約4町四方)および南西隅の尼寺地域(約1町半四方)の配置と、僧寺西辺を通過する東山道等が確認されている。
 今まで僧寺地区尼寺地区中心部分保存してきたが、寺地全体保存は十分ではない。今回僧寺寺域画する築地部分尼寺伽藍一部追加して指定し、その保存を図ろうとするものである

武蔵国分寺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/17 13:43 UTC 版)

武蔵国分寺跡(むさしこくぶんじあと)は、東京都国分寺市西元町東元町にある古代寺院跡。武蔵国分尼寺跡を含んで国の史跡に指定されている。




  1. ^ a b 武蔵国分寺跡【国指定史跡】|国分寺市
  2. ^ 国分寺市教育委員会ふるさと文化財課「」『見学ガイド 武蔵国分寺のはなし』国分寺市教育委員会、(1989年)、52頁。
  3. ^ 国分寺・名水と歴史景観を守る訴訟


「武蔵国分寺跡」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「武蔵国分寺跡」の関連用語

武蔵国分寺跡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



武蔵国分寺跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright © 2020 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武蔵国分寺跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS