おいしんぼとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > おいしんぼの意味・解説 

美味しんぼ

読み方:おいしんぼ

雁屋哲(かりやてつ)原作マンガ作品作画花咲アキラ小学館漫画雑誌ビッグコミックスピリッツ」で1983年から連載している。幾度か休載を挟むものの、2013年時点連載30年迎えており、また単行本通算110刊を突破している。

美味しんぼは「食」をテーマとする、いわゆるグルメ漫画である。料理関連の他に社会問題について作中言及することがある

美味しんぼ

(おいしんぼ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 05:25 UTC 版)

美味しんぼ』(おいしんぼ)は、原作:雁屋哲、作画:花咲アキラによる日本漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、1983年20号より連載。1987年、第32回小学館漫画賞青年一般部門受賞。2014年より休載状態にある。




  1. ^ 雁屋哲 「美味しんぼ主義のすすめ」『美味しんぼ主義』 角川書店〈角川文庫〉、1992年5月。ISBN 4-04-178303-8
  2. ^ 乳児ボツリヌス症において約94%の症例は生後2週から6カ月、報告例での最高齢は11カ月である”. 2014年10月10日閲覧。
  3. ^ 蜂蜜にボツリヌス菌 男児死亡で改めて注意喚起「1歳未満の乳児に与えないように」”. 2018年10月16日閲覧。(産経新聞2017年4月18日付)
  4. ^ アレルギーのお話”. 2014年10月10日閲覧。
  5. ^ 第6巻 1話 江戸っ子雑煮”. 美味しんぼ塾ストーリーブログ. 2012年1月19日閲覧。
  6. ^ a b 第59巻 1話 マルチメディアと食文化”. 美味しんぼ塾ストーリーブログ. 2012年1月19日閲覧。
  7. ^ そのユーザーは「以前あったWindows機は前任の担当者が置いていったものであり、自分は以前からMacを愛用している。」と述べている。
  8. ^ 美味しんぼ学>3、MacとWindows - 2015年2月16日閲覧
  9. ^ http://kariyatetsu.com/blog/824.php
  10. ^ 「美味しんぼ」内容で原燃がHPで「補足」の見解(2009年12月23日閲覧)
  11. ^ 小学館発行誌ビッグコミックスピリッツに掲載された「美味しんぼ」における六ヶ所再処理工場に関する記載への当社見解について(2009年12月23日閲覧)
  12. ^ 「木造禁止」を含む日本建築学会の「建築防災に関する決議」(1959年)について
  13. ^ 第3巻 5話 醤油の神秘”. 美味しんぼ塾ストーリーブログ. 2012年1月19日閲覧。
  14. ^ 『週刊ビッグコミックスピリッツ』2010年8月2日号掲載のインタビュー
  15. ^ “しょうゆの豆知識”. 木村醤油店. http://www.shouyu.net/mame.htm 2010年8月28日閲覧。 
  16. ^ “醤油ゼミナール”. 加賀の醤油醸造元. http://www.soy-sauce.com/naoaji/zemi/zemi.html 2010年8月28日閲覧。 
  17. ^ “キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ”. キッコーマン株式会社. http://www.kikkoman.co.jp/products/product.php?appName=products&modName=shohinDetail&actionName=index&shouhin_id=K051005 2012年5月29日閲覧。 
  18. ^ “『美味しんぼ』“風評被害助長”を釈明 スピリッツ側「意図ない」「作者の表現尊重」”. ORICON NEWS. (2014年4月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2036929/full/ 2017年10月19日閲覧。 
  19. ^ “漫画「美味しんぼ」:原発取材後の鼻血の描写で物議”. 毎日jp (毎日新聞社). (2014年5月13日). オリジナルの2014年4月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140430033124/http://mainichi.jp/select/news/20140429k0000e040156000c.html 2014年5月13日閲覧。 
  20. ^ “原発取材後に原因不明の鼻血描写 人気漫画「美味しんぼ」に批判相次ぐ”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2014年4月29日). http://www.sankei.com/affairs/news/140429/afr1404290002-n1.html 2014年5月13日閲覧。 
  21. ^ スピリッツ22・23合併号の「美味しんぼ」の表現に関しまして”. 小学館 コミック -ビッグコミックスピリッツ〜SPINET-. 2014年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月29日閲覧。
  22. ^ 反論は、最後の回まで,お待ち下さい”. 雁屋哲の今日もまた. 2014年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月4日閲覧。
  23. ^ 取材などについて”. 雁屋哲の今日もまた. 2014年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月10日閲覧。
  24. ^ 第180回国会 憲法審査会 第4号
  25. ^ 小学館発行『スピリッツ』の『美味しんぼ』(第604話)に関する抗議について (PDF)”. 福島県双葉町 (2014年5月7日). 2014年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月13日閲覧。
  26. ^ a b “環境相「鼻血と事故、因果関係ない」 美味しんぼ表現で”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年5月9日). オリジナルの2014年5月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140509151952/http://www.asahi.com/articles/ASG5930ZXG59ULBJ001.html 2014年5月13日閲覧。 
  27. ^ 「週刊ビッグコミックスピリッツ」4月28日及び5月12日発売号における「美味しんぼ」について (PDF)”. 福島県 (2014年5月7日). 2014年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月13日閲覧。
  28. ^ “鼻血原因は「被ばく」…「美味しんぼ」最新号”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2014年5月11日). オリジナルの2014年5月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140512035446/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140511/dst14051118070008-n1.htm 2014年5月13日閲覧。 
  29. ^ 週刊ビッグコミックスピリッツ「美味しんぼ」に関する本県の対応について”. 福島県 (2014年5月12日). 2014年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月13日閲覧。
  30. ^ 夫彰子; 岡田英; 茶谷亮 (2014年5月12日). “<美味しんぼ>福島知事「風評被害助長、残念」と不快感”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2014年5月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140512224423/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140512-00000088-mai-soci 2014年5月13日閲覧。 
  31. ^ スピリッツ24号の「美味しんぼ」に関しまして”. 小学館 コミック -ビッグコミックスピリッツ〜SPINET-. 2014年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月12日閲覧。
  32. ^ “福島大、美味しんぼ描写は「個人の見解」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年5月12日). オリジナルの2014年5月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140512212019/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20140512-1299966.html 2014年5月16日閲覧。 
  33. ^ “『美味しんぼ』大阪被害説のナゾを追う…「近くに住民いるの?」「岩手の廃棄物だけど?」”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2014年5月12日). オリジナルの2014年5月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140512214731/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140512-00000074-dal-ent 2014年5月13日閲覧。 
  34. ^ 「美味しんぼ」福島の真実編へのコメント”. 日本放射線影響学会(ウェブサイト). 日本放射線影響学会 (2015年3月17日). 2017年3月30日閲覧。
  35. ^ 環境省環境保健部 (2014年5月8日). “放射性物質対策に関する不安の声について”. 環境省. 2014年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月13日閲覧。
  36. ^ “「美味しんぼ」一時休載へ 「表現のあり方を今一度見直す」と編集部見解”. 産経新聞. (2014年5月16日). http://www.sankei.com/affairs/news/140516/afr1405160003-n1.html 2014年5月17日閲覧。 
  37. ^ “「休載は去年から決まっていた」 「美味しんぼ」原作者・雁屋哲氏がブログで説明”. ITmediaニュース. (2014年5月23日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1405/23/news079.html 2015年1月8日閲覧。 
  38. ^ 「水俣学の視点からみた福島原発事故と津波による環境汚染」|url = http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/oz/661/661-01.pdf
  39. ^ 第180回国会 予算委員会 第8号
  40. ^ a b “「美味しんぼ」騒動 「鼻血急増」データなし 自民・片山氏、風評被害払拭へ”. 夕刊フジ. (2014年5月30日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140530/plt1405301532003-n1.htm 2014年5月31日閲覧。 
  41. ^ 「美味しんぼ」単行本はセリフ修正 原発めぐり鼻血描写(大西元博)(朝日新聞2014年12月11日 即日閲覧)
  42. ^ 鼻血の描写「伝えたのは真実」 美味しんぼ原作者反論本(朝日新聞デジタル、2015年2月2日)
  43. ^ 「また、ちょっと宣伝」(ブログ・雁屋哲の今日もまた(2009年2月27日))
  44. ^ 「美味しんぼ「鼻血問題」に答える」(ブログ・雁屋哲の今日もまた(2015年1月30日))
  45. ^ 単行本第65巻「オーストラリアの危機」第1話。
  46. ^ ビッグコミックスピリッツ増刊 1985年8月号
  47. ^ 朝日新聞社広告局 (2013年10月12日). “企画発表リリース 勝つのはどっち!? 朝日新聞VS読売新聞 「美味しんぼ」の「究極と至高の対決」が現実のものに!” (PDF). 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナルの2013年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131116114908/http://adv.asahi.com/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php?file=/RELEASE/uid000026_32303133313031365F4164746F706963735F41736168697368696D62756E2E706466 2013年11月16日閲覧。 
  48. ^ “美味しんぼ:朝日&読売で「究極と至高の対決」リアル再現”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2013年10月12日). https://mantan-web.jp/article/20131011dog00m200033000c.html 2013年11月16日閲覧。 
  49. ^ リアル美味しんぼ実行委員会. “リアル美味しんぼ 朝日新聞VS読売新聞 究極と至高の対決”. realoishinbo.com. 2013年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月16日閲覧。
  50. ^ 第27回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  51. ^ ただし、後者のインストを流すようになったのは第27話からで、それまでは前者のインストを流していた。
  52. ^ 放送局によっては欠番にならずに再放送する場合もある。例としてテレ朝チャンネルで2010年実施の再放送では第104話「二代目の腕」が放送された。
  53. ^ 『アニメディア 1990年4月号』 1990年、学研パブリッシング、テレビ局ネットワーク p.101。
  54. ^ 『アニメディア 1990年10月号』 1990年、学研パブリッシング、テレビ局ネットワーク pp.91 - 93。
  55. ^ 『アニメディア 1992年4月号』 1992年、学研パブリッシング、テレビ局ネットワーク pp.117 - 119。
  56. ^ アニメディア1989年4月号(学研パブリッシング)、テレビ局ネットワーク p.100等では、石川テレビで土曜19:30 - 20:00に放送と記載されているが、放送当時の北國新聞のテレビ欄(昭和63年10月22日付28ページ等)では該当時間には放送されていないため(名門!第三野球部を同時ネット)、全くの誤情報である。
  57. ^ 未放映分は後に1992年頃に長崎国際テレビにて月曜 - 金曜 17:30 - 18:00に放映。
  58. ^ 三国連太郎・佐藤浩市 確執の父子が映画「美味しんぼ」で共演”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2017年12月9日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おいしんぼ」の関連用語

おいしんぼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おいしんぼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美味しんぼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS