B-29 (航空機) 第二次世界大戦におけるB-29の損失

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > B-29 (航空機)の解説 > 第二次世界大戦におけるB-29の損失 

B-29 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 10:10 UTC 版)

第二次世界大戦におけるB-29の損失

B-29損失数の各種統計

日本軍の高射砲が直撃し墜落するB-29

B-29の損失数は資料によって異なり、日本の戦後の統計では損失合計714機[262](延べ数での出撃した全数は33,000機)で、延べ出撃数に対する損失率は2.2%程度という読売の資料がある。

アメリカ軍による第二次世界大戦でのB-29損失の統計も資料によって異なるので列挙する。

米国戦略爆撃調査団(USSBS)による統計[263][240][264]

日本本土を爆撃したB-29
延べ出撃機数 33,401機
作戦中の総損失機数 485機
延べ出撃機数に対する損失率 1.45%
作戦中の破損機数 2,707機
投下爆弾 147,576トン
搭乗員戦死 3,044名

B-29所属部隊の戦績と損失(アメリカ空軍 第9爆撃航空団統計)[265]

第20空軍
1944年6月5日以降
作戦数 380
戦闘出撃機数 31,387
その他出撃数 1,617
出撃機数合計 33,004
投下爆弾・機雷トン 171,060
戦闘損失数[266] 494
アメリカ本土での訓練損失 260
損失合計 754
搭乗員戦死 576
搭乗員行方不明 2,406
搭乗員戦傷 433
搭乗員死傷者合計 3,415

第20空軍の航空機種類、損失原因別の戦闘任務での損失(アメリカ陸軍航空軍統計管理室による統計-Table 165)[267][268]

損失機数合計 敵戦闘機による損失 対空火器による損失 戦闘機と対空火器共同 その他・損失原因未確認を含む
第20爆撃機集団 80 21 7 51
第21爆撃機集団 334 53 47 19 216
合計 414 74 54 19 267
B-29迎撃に活躍した三式戦闘機「飛燕」通常の攻撃のほか体当たりでもB-29撃墜を記録している。写真は1945年6月にアメリカ国内でテストされている鹵獲機

アメリカ陸軍航空軍統計管理室統計をもって日本軍に撃墜されたB-29の総数は147機とされることがある[269]。この統計の損失原因のその他(other causes)については故障や事故を含むが、もっとも多いのは未知(ないし未確認)の原因(lost to unknown reasonsもしくはcauses)であり[270][137]、その中にも相当数の日本軍による撃墜数も含まれている。例えば、東京大空襲と呼ばれる任務番号40号、1945年3月9日(爆撃は翌10日未明まで)の東京市街地に対する夜間無差別爆撃では、B-29が325機出撃し損失が14機、内訳は日本軍の対空火器での撃墜2機、事故1機、その他4機(3機が燃料切れ墜落、1機不明)、7機が原因未確認とされている。原因未確認の7機はすべて連絡のないまま行方不明となった機であるが[271]、この日に出撃して無事帰還したB-29搭乗員からは、東京上空で7機のB-29がおそらく撃墜されたという報告があり[272]、さらに行方不明の1機については銚子岬の上空で4本の探照灯に捉えられて、大小の対空火器の集中砲火で撃墜されたという詳細な報告があったのにも関わらず、原因未確認の損失とされ[271]、この日に日本軍により撃墜されたと判定されたのは、東京上空で対空火器で撃墜された1機と、対空火器による損傷で不時着水して搭乗員全員が救助された1機の合計2機のみに止まった。当時のアメリカ軍は日本軍の攻撃(Enemy Action)による損失と認定するにはよっぽどの確証が必要で、それ以外は未知(ないし未確認)の原因(lost to unknown reasonsもしくはcauses)とする慣習であったので、原因未確認の損失が増加する傾向にあった[83]

B-29が最大の損失を被った任務番号第183号、1945年5月25日(爆撃は翌26日の未明まで)の東京市街地に対する夜間無差別爆撃では、B-29が498機出撃に対して26機を失っているが、日本軍に撃墜されたと記録されているのは対空火器で撃墜された3機のみで、対空砲と戦闘機の攻撃で大破し硫黄島近辺で放棄された2機と原因未確認で損失した20機は、アメリカ軍の記録上は日本軍の攻撃(Enemy Action)による損失には含まれていない[273]。しかし、日本軍側によれば、第302海軍航空隊だけで、月光7機、彗星(斜銃装備の夜間戦闘機型)4機、雷電5機、零戦5機が迎撃して、B-29の16機撃墜を報告し[274][275]、陸軍の高射砲も5月25日の1日だけで、八八式7cm野戦高射砲7,316発、九九式8cm高射砲6,119発、三式12cm高射砲1,041発、合計14,476発の高射砲弾を消費するなど激しい対空砲火を浴びせて、海軍の戦果も合わせてB-29合計47機撃墜を記録しており[202]、日本軍側の戦果記録は過大とは言え、未知の原因未確認の損失の中に相当数の日本軍の撃墜によるものが含まれているものと推定される。この日に出撃した航空機関士チェスター・マーシャルによれば、今までの25回の出撃の中で対空砲火がもっとも激しく探照灯との連携も巧みであったとのことで、帰還後に26機が撃墜されたと聞かされたB-29の搭乗員らが恐れをなしたと著書に記述している[276]

原因未確認の損失が確実に日本軍側の攻撃による撃墜であったケースとしては、任務番号第43号、1945年3月16日の神戸市街地に対する夜間無差別爆撃(いわゆる神戸大空襲)では、B-29が331機出撃して3機が失われたがすべてが未知の原因とされている[175]。しかし、このうちの1機ボブ・フィッツジェラルド少佐が機長のB-29「Z-8」号は、神戸の北方3kmで緒方醇一大尉の三式戦闘機の体当たりにより撃墜されている[277]。体当たりの様子は多くの国民に目撃され、体当たりされた「Z-8」号はバラバラに砕けて落下し、そのうち山中で発見された胴体部分に、緒方の三式戦の主脚と発動機の冷却器が食い込んでいるのが発見され[278]、別の部分の残骸から緒方の飛行長靴が見つかり、その後遺体も機体付近で発見されたため、B-29撃墜は緒方の功績とされて2階級特進で中佐となっている[279]。「Z-8」号の墜落した場所には、戦後に緒方の戦友らが、緒方と戦死した11名[注 4]の「Z-8」号搭乗員の名前を刻銘した慰霊碑を建立し[280]、2015年には緒方の遺族と、「Z-8」号搭乗員のひとりロバート・クックソン2等軍曹の遺族が神戸で対面している[281]

アメリカ陸軍航空軍統計管理室の上記統計によれば、1945年3月は日本軍の戦闘機により(確実に)撃墜されたB-29は1機もなかったとされているが[20]、緒方が体当たりで撃墜した「Z-8」号に加えて、任務番号第42号、1945年3月13日の大阪市街地への夜間無差別爆撃(いわゆる第1回大阪大空襲)で、B-29が295機出撃して2機が失われているが[282]、そのうち、原因未確認の損失とされている機体番号42-24754(操縦士ジョン・k・エリントン少尉、機体愛称はなし)も、飛行第56戦隊鷲見忠夫曹長の三式戦闘機に撃墜されている。この戦闘の一部始終を見ていた第11飛行師団師団長北島熊男中将の推薦で、鷲見は第15方面軍司令部より個人感状が贈られている[283]。42-24754の残骸は、大阪の下町堺筋に落下し、写真撮影され[284]、残骸の一部は戦後にアメリカ軍に回収調査されて、Ki-61(三式戦のこと)による撃墜と認定されている[285][286]

アメリカ陸軍航空軍の統計によれば、B-29の太平洋戦争における延べ出撃数に対する損失率(Combat LossesとBomb Sorties比較)は1.32%程度とされているが[287]、東京に対する空襲においては損失率が跳ね上がり3.3%となった。しかし、ドイツの首都ベルリン空襲のアメリカ軍とイギリス軍爆撃機の損失率は6.6%と東京空襲の2倍の損失率であった[288]。B-29の太平洋戦争における戦闘行動中の損失485機は全生産機中(第二次世界大戦後の生産分も含む)の12%に上った。

アメリカ軍爆撃機の機種別損失率(アメリカ陸軍航空軍統計管理室による統計) [289]

爆撃機種 総出撃機数 投下爆弾トン数 戦闘損失機数 損失比率
B-25 63,177 31,856 380 0.60%
B-26 129,943 169,382 911 0.50%
B-17 291,508 640,036 4,688 1.61%
B-24 226,775 452,508 3,626 1.60%
B-29 31,387 159,862 414 1.32%

上表の通りアメリカ軍の他の爆撃機と比較してB-29の損失率は決して低くはなかった。B-17は18万ドル、B-24は21万ドル、B-25が12万ドルであったのに対し、B-29の調達価格は63万ドルと、高価な機体であった。このため損失数の増加に業を煮やした陸軍航空軍司令官アーノルドは、「私はB-29がいくらか墜落することは仕方ないと思っている。しかし空襲のたびに3機か4機失われている。この調子で損失が続けば、その数は極めて大きなものとなるだろう。B-29を戦闘機や中型爆撃機やB-17フライング・フォートレスと同じようにあつかってはならない。B-29は軍艦と同じように考えるべきである。原因を完全に分析もせずに軍艦をいっぺんに3隻、4隻と損失するわけにはいかない。」という手紙を出し司令官のハンセルを叱咤している[290]

日本軍によるB-29迎撃

早期警戒レーダー

ドイツより日本に技術供与されたウルツブルグレーダーD型
昭和天皇の観閲を受ける陸軍の九〇式大聴音機、B-29の探知にも使用された

日本軍のレーダー開発は、第二次世界大戦初期はアメリカやイギリスなどの連合国のみならず、枢軸国のドイツと比較すると大きく出遅れていた。それでも陸軍が「超短波警戒機甲」と「超短波警戒機乙」の開発に成功すると、1942年から「超短波警戒機甲」、1943年には「超短波警戒機乙」が優先的に日本本土の主に海岸線や離島に設置されて早期警戒網を構築した。一方で海軍のレーダー「電波探信儀」の配置は前線のラバウルウェーク島が優先されて、日本本土への配備はその後にされたが、設置された箇所は海軍基地や軍港周辺に限られた[291]

レーダーの設置個所についても、陸海軍の連携はなく、隣接した箇所に陸海軍がレーダーを設置するなど無駄が多かった。それでも、B-29による日本本土空襲が開始される1944年後半には、関東、中京、阪神の太平洋側及び九州は全周囲に渡ってレーダー網を構築できた。日本海側にはほぼ設置されず、東北方面も手薄ではあったが、それでも大都市や工業地帯といった主要地域については十分カバーができていた[292]。中でも八丈島に設置された「超短波警戒機乙」はマリアナから出撃するB-29を真っ先に捉えることができたが、乙型レーダーの探知距離は最大で250kmであり、八丈島から東京までの距離が300kmで合計550kmの距離しかなく、巡航速度が約400km/hのB-29であれば一時間ほどで到達してしまう距離で、八丈島から報告を受けて日本軍が迎撃の準備を行う時間的余裕はあまりなかった[293]。日本軍の警戒用レーダーの周波数がドイツ軍のレーダーとは異なっていたので、ヨーロッパ戦線で使用していたチャフの効果がなく、アメリカ軍は幅2.5cm、長さ30mから100mといった長細いアルミフォイルでつくったチャフを新たに作成している。このチャフは形状から「ロープ」と呼ばれていた[294]

しかし日本軍のレーダーは、いずれも接近してくる航空機の高度や編隊の性格(直掩戦闘機の有無など)まで探知することはできず、また方向もおおまかにわかるといった原始的なものであった。そのため、レーダーを補うために哨戒艇や目視監視哨戒といった人の目のよる旧来の手段に頼らざるを得ず、しばしば、これら人の目による第一報がレーダーよりも正確な情報となった[293]

日本軍は探知だけではなく火器管制レーダーについても配備を進めていた。大戦初期にシンガポールで鹵獲したイギリス軍のGL Mk.IIレーダー()をデッドコピーしたり、ドイツからウルツブルグレーダーの技術供与を受けたりして、「タチ1号」・「タチ2号」・「タチ3号」・「タチ4号」などの電波標定機を開発して本土防空戦に投入している[295]。B-29が夜間爆撃を多用し始めると、日本軍は高射砲と探照灯の照準を射撃管制レーダーに頼るようになった。各高射砲陣地には「た号」(タチの略称)が設置されて、レーダーの誘導で射撃する訓練を徹底して行うようになり[296]、6基~12基で1群を編成する探照灯陣地にもレーダーもしくは聴音機が設置されて、レーダーや聴音機に制御された探照灯がB-29を照射すると、他の探照灯もそのB-29を照射した[297]

アメリカ軍は日本軍の射撃管制レーダーがイギリス製のものをもとに開発していることを掴むと、その対抗手段を講じることとし、B-29にジャミング装置を装備した。そしてB-29に搭乗してジャミング装置を操作する特別な訓練を受けた士官を「レイヴン」(ワタリガラス)と呼んだ。東京大空襲以降の作戦変更により、B-29が単縦陣で個別に爆弾を投下するようになると、爆弾を投下しようとするB-29は多数の日本軍火器管制レーダーの焦点となって、機体個別のジャミングでは対応できなくなった。そこで、アメリカ軍はB-29数機をECM機に改造して、専門的にジャミングを行わせることとした。そのB-29には18基にものぼる受信・分析・妨害装置が搭載されたが、機体のあらゆる方向にアンテナが突き出しており、その形状から「ヤマアラシ」と呼ばれることとなった[298]。ヤマアラシは、1回の作戦ごとに10機以上が真っ先に目標に到着して、熟練したレイヴンの操作により電波妨害をして探照灯や高射砲を撹乱、聴音機に対してはエンジンの回転数をずらしてエンジン特性を欺瞞するなど[299]、爆撃を援護し最後まで目標に留まった[300]

戦闘機と高射砲

B-29の出撃総数と第21爆撃集団のB-29出撃1回に対する日本軍戦闘機の攻撃回数推移[301]

年・月 B-29総出撃機数 日本軍戦闘機攻撃回数 日本軍本土防衛用戦闘機数
1944年11月 611 4.4 375機
1944年12月 920 5.4 370機
1945年1月 1,009 7.9 375機
1945年2月 1,331 2.2 385機
1945年3月 3,013 0.2 370機
1945年4月 3,487 0.8 450機
1945年5月 4,562 0.3 480機
1945年6月 5,581 0.3 485機
1945年7月 6,464 0.02 500機
1945年8月 3,331 0.01 535機

上表のとおり1945年1月までの日本軍戦闘機によるB-29への迎撃は執拗であり、特に京浜地区の防衛を担う立川陸軍飛行場調布陸軍飛行場に配備されていた二式戦「鍾馗」・三式戦「飛燕」、海軍厚木基地・横須賀基地に配備されていた雷電はB-29撃墜にとって有効な存在で、爆撃後背後から襲い、一度に十数機を被撃墜・不時着の憂き目に合わせたこともしばしばであった。日本軍戦闘機の装備の中で、B-29搭乗員に恐れられたのが三号爆弾であり、B-29搭乗員は炸裂後の爆煙の形状から白リン弾と誤認し、三号爆弾を「いやな白リン爆雷」と呼んで、空中で爆発すると凄まじい効果があったと回想している[302]第三三二海軍航空隊に所属し零戦52型でB-29を迎撃した中島又雄中尉によれば、三号爆弾は命中させるのは非常に困難であったが、なかには7機のB-29を撃墜した搭乗員もいたという[303]。撃墜できなくとも、B-29の編隊を乱して、損傷したり落伍したB-29を集中して攻撃できるという効果もあった[304]

しかし、空冷エンジンの機体が圧倒的に多く、高高度性能が劣る日本軍戦闘機は、当初高高度精密爆撃を主戦術としていたB-29の迎撃に大変苦労をしていた。本土防空戦で主力の一翼を担った二式戦闘機「鍾馗」は、武装や防弾鋼板から燃料タンクの防弾ゴムに至るまで不要な部品を取り除いても、B-29の通常の来襲高度と同水準の10,500mまでしか上昇できなかった[305]。一瞬のうちに接敵するため照準が困難で、一度攻撃に失敗すると上昇姿勢となるため急速に失速し、B-29の銃座から恰好の目標となってしまうこと、またうまく離脱できても、高高度でのB-29と鍾馗の速度差から再度の攻撃が困難であったという[306]。B-29を苦しめたジェット気流が迎撃側の日本軍戦闘機にも障害となり、東京に来襲するB-29を迎撃する場合、B-29は伊豆半島あたりから北上してそののちに東に針路を変えてジェット気流に乗って加速してきたが、迎え撃つ日本軍戦闘機は高度8,000mまで上昇するとジェット気流に逆行する形となり、フルスロットルでも気流に押し流されて対地速度が殆どゼロの凧のように浮いているだけの状態になった[307]。このような状況下ではいくら熟練搭乗員でも、八王子ぐらいでB-29を捕捉して1撃を加え、反復して東京上空で2撃目、そして爆撃を終えて帰投しているところを銚子上空で3撃目を加えるのがやっとであった[308]

九州が幾度も空襲され、マリアナ諸島がアメリカ軍に攻略されると、1944年11月1日、東京にB-29の偵察機型F-13が高度10,000mの高高度で初来襲したが、F-13を捉えることができた日本軍戦闘機は皆無であった[309]。九州では陸海軍の数機がB-29に体当たりを成功させており、高高度性能に劣る日本軍戦闘機では、確実にB-29を撃墜できるのは体当たり以外にはないと考えられて、陸軍の震天制空隊など空対空特攻部隊が編成され、通常の戦闘機による迎撃に併せてB-29の迎撃に投入された[310]。海軍では高高度迎撃のため局地戦闘機震電」の開発を進めていたが、空襲による工場の壊滅と技術的な問題により開発が遅延し、飛行試験の段階で終戦となった。

B-29の来襲機数が劇的に増加する1945年3月以降は、逆に日本軍は沖縄での航空作戦に戦力の過半を投入しており、本土防空戦への戦闘機投入数はB-29の増加数には見合わないものであった[311]。また、ルメイによる作戦変更で夜間の市街地無差別焼夷弾攻撃が開始されたのも1945年3月であるが、夜間は、センチメートル波小型機上レーダーはおろか、各機を管制する防空システムすら不十分な日本側は効果的な迎撃ができず、斜め銃・上向き砲装備、双発の月光、二式複戦「屠龍」の夜間戦闘機が爆撃火災に照らし出されるB-29を発見・攻撃する状態で、灯火管制の中止を要求する飛行隊もあったという。

ルメイは戦後に「日本軍の夜間戦闘機に撃墜されたB-29は1機も無い」と誤った認識を持っていたほど、徹底して日本軍の戦闘機による迎撃を過小評価していた[312]。1945年4月以降に攻略した硫黄島からP-51が日本本土に向けて飛来すると、本土決戦に向けて戦力温存をはかっていた日本軍は、損害に対して戦果が少ない小型機相手の迎撃は回避するようになって、さらに迎撃回数は減少していった[313]

戦闘任務におけるB-29の原因別損傷数[314][315]

日本軍の五式十五糎高射砲、最大射高が20,000mもありどんな高空飛行のB-29も捉えられたが、わずか2門しか生産されなかった。
年・月 損傷機数合計 敵戦闘機による損傷 対空火器による損傷 戦闘機と対空火器 事故による損傷
1944年11月 11 3 3 2 3
1944年12月 83 22 41 14 6
1945年1月 120 68 20 21 11
1945年2月 134 46 69 12 7
1945年3月 210 12 188 9 1
1945年4月 518 76 353 80 10
1945年5月 600 53 495 43 10
1945年6月 624 48 513 51 12
1945年7月 234 13 218 2 1
1945年8月 173 8 164 0 1
合計 2,707 348 2,063 234 62

戦闘機による迎撃回数の減少に伴い、1945年の5月頃から対B-29戦の主力は高射砲となった。主力高射砲であった八八式七糎野戦高射砲に加えて、新型の九九式八糎高射砲も1942年から量産が開始され、1943年に入ると、八八式7.5cm野戦高射砲が1942年度の総生産数600門から1943年度1,053門、九九式八糎高射砲は40門から400門へと増産が図られた[316]。さらに1943年5月には最大射高14,000mの三式十二糎高射砲も生産開始され、この3種の高射砲が主力となってB-29を迎え撃つことになった[317]。さらに、三式12cm高射砲でも10,000mを飛ぶB-29に対しては射高不足が懸念されたため、射高が20,000mもある五式十五糎高射砲が開発されることになった[318]

高射砲は日本劇場両国国技館の屋上などにも設置されたが、当初の高高度精密爆撃の際は、数的には日本の高射砲戦力の主力を担っていた最大射高9,100mの八八式7.5cm野戦高射砲と、10,000mの九九式八糎高射砲は射高不足であり、B-29をなかなか捉えることができず、日本国民から「当たらぬ高射砲」と悪口を言われた。

しかし、ルメイによる作戦変更によりB-29の爆撃高度が下がると、日本軍の高射砲はB-29を捉えることができてB-29の損害は増大した[314]。首都防空担当の高射第1師団にいた新井健之大尉(のちタムロン社長)は「いや実際は言われているほどではない。とくに高度の低いときはかなり当たった。本当は高射砲が落としたものなのに、防空戦闘機の戦果になっているものがかなりある。いまさら言っても仕方ないが3月10日の下町大空襲のときなど、火災に照らされながら低空を飛ぶ敵機を相当数撃墜した」と発言している。代々木公園にあった高射砲陣地から撃たれた高射砲はよく命中していたという市民の証言もある。高射砲弾が命中したB-29は赤々と燃えながら、その巨体が青山の上空ぐらいで爆発して四散していた。高射砲弾で墜落していくB-29を見ると拍手が起こったが、なかには「落としたって(敗戦時の)賠償金が増えるだけだ」と冷めた冗談を言うものもいたという[83]。日本軍の戦闘機による迎撃を過小評価していたルメイも高射砲に対してはかなり警戒していた[312]

日本軍の対B-29エースパイロット

陸軍航空隊のB-29撃墜王(26機撃墜)樫出勇中尉

対B-29の本土防空戦は陸軍航空隊が中心となって戦ったので、陸軍航空隊に多数の対B-29エース・パイロットが誕生した。特に九州にて双発戦闘機「屠龍」で戦った飛行第4戦隊と、首都圏にて「飛燕」(のちに五式戦闘機)で戦った飛行第244戦隊の所属搭乗員がトップを占めた。しかし、撃墜数の申告は、一般的に敵側の損害記録と突き合わせると過大であることが多く、B-29撃墜戦果報告の合計も実際の損失の合計よりは大きかった[319]

5機以上のB-29を撃墜した日本陸軍航空隊搭乗員[320][321][322]

氏名・階級 所属 B-29撃墜数 備考
樫出勇中尉 第4戦隊 26機 B-29撃墜数トップ、ノモンハン事件でも7機撃墜
木村定光少尉  第4戦隊 22機 1945年7月14日戦死
伊藤藤太郎大尉 第5戦隊 17機 B-29、20機撃破
白井長雄大尉 第244戦隊 11機 F6Fヘルキャット2機撃墜
市川忠一大尉 第244戦隊 9機 F6Fヘルキャット1機撃墜
河野涓水大尉  第70戦隊 9機 1945年2月16日戦死
小川誠少尉 第70戦隊 7機 P-51ムスタング2機撃墜
小原伝大尉 第244戦隊 6機 F6Fヘルキャット2機撃墜
吉田好雄大尉 第70戦隊 6機
根岸延次軍曹 第53戦隊 6機
佐々木勇准尉 航空審査部 6機 総撃墜数38機
鳥塚守良伍長 第53戦隊 6機
西尾半之進准尉 第4戦隊 5機
鷲見忠夫准尉 第56戦隊 5機 P-51ムスタング1機撃墜
川北明准尉  第9戦隊 5機 1944年戦死
海軍航空隊のB-29撃墜王(16機撃墜破)遠藤幸男大尉(前列左)

海軍航空隊についても、夜間戦闘機「月光」に搭乗した第三〇二海軍航空隊所属の遠藤幸男大尉がB-29撃墜破数16機[148][323]、うち撃墜は8機を記録して「B-29撃墜王」などと呼ばれた[324]横須賀航空隊所属の黒鳥四朗少尉も一晩で5機を撃墜するなど、合計で6機を撃墜している[325]

日本陸軍航空隊のB-29への体当たり成功機数[326]

地区 所属 体当たり機数
関東地区 第10飛行師団 33機
九州地区 第12飛行師団 8機
名古屋地区 第11飛行師団 8機
満州 第5航空軍 5機
合計 54機

この中には2回もB-29への体当たりを成功させて撃墜し生還した板垣政雄軍曹や中野松美伍長、三式戦闘機「飛燕」の主翼をB-29に尾翼に当てて破壊撃墜しながら、自らは片翼で生還した四宮徹中尉など、B-29を体当たり撃墜しながら生還したケースも含まれている[327]朝日新聞は1944年12月8日の朝刊でB-29に対する体当たり攻撃を紹介し、中野伍長のインタビューを掲載している[6]

日本海軍でも、震天制空隊の初出撃に先駆けること3日前の1944年11月21日、第三五二海軍空所属の坂本幹彦中尉が零戦で迎撃戦闘中、長崎県大村市上空でB-29「アシッド・テスト」に体当たりして撃墜、戦死している[328]。その後には組織的な対空特攻がおこなわれたが、日本陸軍と比べると小規模で、第二二一海軍航空隊が1944年12月にルソン島B-24爆撃機迎撃のために編成した「金鵄隊」と、訓練のみで終わった天雷特別攻撃隊にとどまった。

日本軍のB-29迎撃に対するアメリカ軍の評価

戦後に日本とドイツに対する戦略爆撃の効果を調査したUSSBSが出した結論は、日本本土空襲における第20空軍のB-29が日本軍戦闘機から被った損失は、第8空軍がドイツ本土爆撃でドイツ軍戦闘機から被った損失の1/3に過ぎず、警戒システムも迎撃地上管制システムもともに“poor”(貧弱)だったとしている[20]

日本の防空システムが“poor”だった要因としては下記を指摘している[329]

  1. 日本の戦争指導者たちが、連合軍による空襲の危険性を十分に認識せず、防空システムの整備を優先しなかった
  2. フィリピン作戦中は、日本軍航空部隊は連合軍の北上を止めるために使用され、それ以降は本土上陸に対する防衛が優先された
  3. 対上陸部隊として使用するため、航空機と搭乗員は温存されて、日本空軍は常に作戦可能な戦闘機の30%未満しか本土防空に使用しなかった

USSBSはさらに、日本に対する戦略爆撃はドイツに対する戦略爆撃よりもその期間や投下した爆弾の総量は少なかったが、その効果はほぼ同じであったと評価した。日本に対する高い戦略爆撃の効果の要因として下記を指摘している[330][331]

  1. 日本への爆撃は時間的、地域的に集約して行われた
  2. 目標の構造物などがドイツに比べて脆弱であり、疎開や分散能力にも劣っていた
  3. 被害地域の復旧に時間がかかった
  4. B-29の本格空襲が始まる前に、日本の航空戦力は既に大きな打撃を受けており、防空能力が小さかった
  5. 第20航空軍が努力を重ねて高性能超重爆撃機B-29を使いこなした

B-29搭乗員の取り扱い

新潟で高射砲により撃墜され捕虜となったB-29のクルー、住民にリンチされていたところを軍に助けられている
日本国内で捕らわれた連合軍搭乗員
総数 545名
うち遺体で発見[注 5] 29名
爆撃・事故による死亡 94名
軍事裁判などによる処刑 132名
終戦時に解放 290名

B-29の搭乗員に対しては、救出前に日本人に見つかったとしても「万一日本国内に不時着した場合でも、日本の市民の捕虜に対する扱いは至極人道的なものなので抵抗しないように」と説明して不安を和らげようとしていた[注 6]。しかし、ブリーフィングなどで非公式には「日本上空でパラシュート脱出する場合、軍隊に拾われるように祈るしかない。民間人では、殴り殺される可能性がある」とうわさされていた[332]。1945年3月10日の東京大空襲以後、非戦闘員への無差別爆撃が激化すると、B-29搭乗員は日本の一般市民の憎しみを一身に受けることとなり、まずは、発見した一般市民から私刑で暴虐な扱いを受けることが多かった[333]。なかには能崎事件のように、一般市民によるリンチの末にB-29搭乗員が死亡してしまうこともあった。このため憲兵隊や警察は第一にB-29搭乗員の身柄確保に努めた。しかし身柄確保されても暴行を受けることもあり、軍人や軍関係者が関与し殺されたB-29搭乗員もいた。

日本側はドーリットル空襲ののち、1942年7月28日に陸軍大臣補佐官名で、国際交戦規約に違反した者は戦争犯罪人として扱われるという通達を出している。実際にドーリットル空襲における軍事裁判では、捕虜となった8名全員に「人道に反する行為を犯した罪」で死刑判決が出ている(処刑されたのは3名、あと5名は減刑)。その後、B-29による日本本土空襲が始まった1944年9月8日には、無差別爆撃は戦争犯罪であるので死刑に処せられるべきとの通達が出ている[334]。無差別爆撃をおこなったB-29搭乗員は戦時国際法上の捕虜の扱いを受けず、人道に対する戦争犯罪者とされて略式裁判にかけられ戦時重要犯として処刑されたが、裁判を行うこともなく処刑されることも多かった。B-29搭乗員の取り扱いは、各軍管区に判断を委ねており、中部軍管区西部軍管区といった日本の中西部の軍管区のほうが、東部軍管区よりもB-29搭乗員に厳しく、多数の搭乗員が裁判内外で処刑されている[335]。処刑されずとも、戦争犯罪人として通常の捕虜とは異なる「特別な扱い」を受けていたB-29搭乗員は、日常的な尋問や暴行に加えて、食事も1日におにぎり3個とコップ1杯の水しか支給されないものもいた[336]。なかには1945年1月27日に東京上空で日本軍によって撃墜されて捕らわれたレイ・F・ハローラン少尉のように、上野動物園の猿の檻に裸で猿の代わりに入れられて見世物にされるといった屈辱的な扱いを受けた搭乗員もいた[337]。一方で、機雷散布任務中に対空砲火で撃墜され福岡県直方市遠賀川河川敷にパラシュート降下したが、殺気立った市民に囲まれたところを警官2名に救助されて、そののち民間の医師にケガの治療を受けて東京の捕虜収容所に送られ、そのまま終戦を迎えたフィスク・ハンレイのように日本側に手厚い対応をされたことを感謝している捕虜もいる[338]

1945年5月、福岡県太刀洗陸軍飛行場を爆撃するために飛来したB-29が第三四三海軍航空隊戦闘四〇七飛行隊の紫電改による攻撃によって撃墜された。その時の搭乗員11人中7人が捕らわれ、うち6人は死刑とされ、同年5月17日~6月2日にかけ九州帝国大学医学部において、彼らに対する生体解剖実験が行われた。(九州大学生体解剖事件(相川事件)

5月26日のB-29による東京への夜間無差別爆撃で収容されていた東京陸軍刑務所で焼死した62名や(東京陸軍刑務所飛行士焼死事件)、8月6日の広島への原爆投下により拘留されていた中国憲兵隊本部で死亡した11名など、B-29の空爆やアメリカ軍艦隊による艦砲射撃など友軍の攻撃で死亡した捕虜も多数にのぼった[339]

終戦後、B-29搭乗員を含む連合軍捕虜を殺害や虐待した関係者は、横浜に開廷された連合軍裁判所でB・C級戦犯として裁かれた。なかでも、第13方面軍司令官兼東海軍管区司令官であった岡田資中将は、1945年5月14日の名古屋大空襲とそれ以後の空襲をおこなったB-29搭乗員38人を処刑した責任を問われ、B級戦犯として裁かれた。岡田はB-29による無差別爆撃を「米軍による民間人を狙った無差別爆撃は国際法違反である」「搭乗員はハーグ条約違反の戦犯であり、捕虜ではない」と自分の判断の正当性を主張し、裁判を「法戦」と呼んで戦ったが、絞首刑の判決を受けて翌1949年9月17日に処刑された[340]


注釈

  1. ^ 照準器・銃塔・アナログ・コンピューター1台で1つのシステムとなっており、照準器からの目標への方位角や仰角、目標からの距離、目標の相対速度のデータをアナログ・コンピューターに入力された後に修正された方位角や仰角のデータが出力された後に銃塔に送られ、これらを基に目標への方位角や仰角に銃塔が動くシステムとなっている。
  2. ^ B-29の出撃を察知できなかった在中国の第5航空軍が、帰還するB-29に一矢を報いるために偵察を強化していたが、一〇〇式司令部偵察機河南省内郷に不時着したB-29を発見して、隼と九九式襲撃機を出撃させてそのB-29を地上で撃破している。
  3. ^ 20 mm機銃で武装した96式小型トラックをグライダーで沖縄のアメリカ軍飛行場に降下させて、飛行場のアメリカ軍機を攻撃するという作戦。
  4. ^ うちロバート・W・ネルソン中尉とアルギー・オーガスト曹長の2名は捕虜となったが、後日、大阪陸軍刑務所で取り調べ後に処刑されている。
  5. ^ 憲兵隊に引き渡される前に死亡したものも含む。
  6. ^ 搭乗員は不時着し日本人と遭遇した際に備え、日本円や土産用のアメリカ製腕時計なども携帯していた。
  7. ^ a b 搭載可能燃料は機体内燃料タンクに6,803gal (25,752ℓ)、爆弾槽に1,333gal (5,046ℓ)の合計9,363gal (35,443ℓ)
  8. ^ 搭載可能燃料は機体内燃料タンクに6,590gal (24,946ℓ)、爆弾槽に2,560gal (9,691ℓ)の合計9,150gal (34,637ℓ)

出典

  1. ^ Knaack, Marcelle Size (1988). Post-World War II bombers, 1945-1973. Office of Air Force History. ISBN 0-16-002260-6 
  2. ^ 敵機一覧(昭和19年版)コマ39(原本60-61頁)〔 B-29 制作會社名ボーイング」(61頁)「用途 爆撃(陸軍)/乗員 一二-一五名/型式 中翼單葉四發四翅プロペラ/翼長 四三米/最大速度 六〇〇粁/航續距離 七,〇〇〇粁(爆弾一瓲搭載) 五,五〇〇粁(爆弾四瓲搭載)/武装 機關銃一二.七粍-一六 機關砲二〇粍-八/實用上昇限度 一二,五〇〇米/搭載爆弾 正規四,〇〇〇瓲/發動機{名稱 R-二八〇〇 又ハ R-三三五〇 {型式 空冷二重星形一八汽筒/最大馬力 二,一三〇馬力四基 〕(60頁)
  3. ^ 敵機一覧(昭和19年版)コマ6(原本、目次)「米陸海軍機〔陸軍爆撃機〕B-29 ボーイング(スーパー・フォートレス)」
  4. ^ 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー 朝日新聞社編「超空の要塞の正體」昭和二十年一月十五日発行
  5. ^ 日本ニュース 第212号|NHK 戦争証言アーカイブス、00:51あたり
  6. ^ a b c d 朝日新聞の太平洋戦争記事 1994, pp. 228–229.
  7. ^ a b 図説アメリカ軍の日本焦土作戦 2003, p. 9.
  8. ^ a b カール・バーカー 1971, p. 42.
  9. ^ カール・バーカー 1971, p. 43.
  10. ^ デイビッド 1983, p. 82.
  11. ^ デイビッド 1983, p. 39.
  12. ^ a b デイビッド 1983, p. 22.
  13. ^ ルメイ 1991, p. 107.
  14. ^ デイビッド 1983, p. 74.
  15. ^ a b c デイビッド 1983, p. 253.
  16. ^ デイビッド 1983, p. 25.
  17. ^ カール・バーカー 1971, p. 49.
  18. ^ Loftin, LK, Jr. Quest for Performance: The Evolution of Modern Aircraft. NASA SP-468. 2019.4.7閲覧
  19. ^ デイビッド 1983, p. 31.
  20. ^ a b c 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 146.
  21. ^ デイビッド 1983, p. 26.
  22. ^ U.S. Radar Operational Characteristics of Radar Classified by Tactical Application. HyperWar Foundation. 2019.4.8閲覧
  23. ^ デイビッド 1983, p. 28.
  24. ^ デイビッド 1983, p. 36.
  25. ^ マーシャル 2001, p. 238.
  26. ^ デイビッド 1983, p. 44.
  27. ^ デイビッド 1983, p. 46.
  28. ^ a b c d e 戦史叢書4巻 一号作戦<1>河南の会戦 67頁
  29. ^ カール・バーカー 1971, p. 45.
  30. ^ カール・バーカー 1971, p. 51.
  31. ^ 渡辺 1982, p. 97.
  32. ^ 戦史叢書66 1973, pp. 296–301本土防空の現状とB-29対策の問題
  33. ^ a b マーシャル 2001, p. 13.
  34. ^ 柏木 1972, p. 40.
  35. ^ 戦史叢書66 1973, pp. 291–294本土空襲に対する判断
  36. ^ 戦史叢書66 1973, pp. 293–294.
  37. ^ 戦史叢書66 1973, pp. 300a-301B-29対応策
  38. ^ a b c 戦史叢書66 1973, p. 300b.
  39. ^ 戦史叢書66 1973, p. 301.
  40. ^ ルメイ 1991, p. 108.
  41. ^ a b ルメイ 1991, p. 109.
  42. ^ a b 柏木 1972, p. 42.
  43. ^ 戦史叢書4巻 一号作戦<1>河南の会戦 66頁
  44. ^ 戦史叢書4巻 一号作戦<1>河南の会戦 67-68頁
  45. ^ 柏木 1972, p. 43.
  46. ^ メイヤー 1971, p. 156
  47. ^ a b イアン・トール 2021, 電子版, 位置No.1486
  48. ^ ブュエル 2000, p. 376.
  49. ^ a b イアン・トール 2021, 電子版, 位置No.4370
  50. ^ ルメイ 1991, p. 111.
  51. ^ a b カール・バーカー 1971, p. 60.
  52. ^ ニミッツ 1962, p. 259
  53. ^ イアン・トール 2021, 電子版, 位置No.4441
  54. ^ ブュエル 2000, p. 377.
  55. ^ ブュエル 2000, p. 379.
  56. ^ 柏木 1972, p. 44.
  57. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 203.
  58. ^ a b 柏木 1972, p. 47.
  59. ^ カール・バーカー 1971, p. 71.
  60. ^ カール・バーカー 1971, p. 72.
  61. ^ ルメイ 1991, p. 115.
  62. ^ ルメイ 1991, p. 117.
  63. ^ カール・バーカー 1971, p. 77.
  64. ^ 柏木 1972, p. 48.
  65. ^ カール・バーカー 1971, p. 80.
  66. ^ 柏木 1972, p. 51.
  67. ^ カール・バーカー 1971, p. 83.
  68. ^ 戦史叢書19 1968, p. 227.
  69. ^ 柏木 1972, p. 52.
  70. ^ 梅本弘 『第二次大戦の隼のエース』 大日本絵画、2010年8月、p.73
  71. ^ ルメイ 1991, p. 121.
  72. ^ ルメイ 1991, p. 125.
  73. ^ カール・バーカー 1971, p. 95.
  74. ^ a b c カール・バーカー 1971, p. 96.
  75. ^ a b 柏木 1972, p. 54.
  76. ^ 渡辺 1982, p. 8.
  77. ^ 渡辺 1982, p. 12.
  78. ^ 戦史叢書19 1968, p. 289.
  79. ^ 渡辺 1982, p. 19.
  80. ^ 戦史叢書19 1968, p. 295.
  81. ^ 渡辺 1982, p. 24.
  82. ^ 渡辺 1982, p. 155.
  83. ^ a b c 奥住 & 早乙女 2017, p. 140.
  84. ^ 渡辺洋二『未知の剣』文春文庫195頁
  85. ^ 渡辺洋二『未知の剣』文春文庫30-32頁
  86. ^ ルメイ 1991, p. 130.
  87. ^ 2017年6月16日毎日新聞西部地区夕刊「八幡空襲 73年前、空襲翌日の八幡 北九州市が写真発見」
  88. ^ 渡辺 1982, p. 156.
  89. ^ 戦史叢書19 1968, p. 298.
  90. ^ カール・バーカー 1971, p. 97.
  91. ^ a b 柏木 1972, p. 56.
  92. ^ カール・バーカー 1971, p. 98.
  93. ^ カール・バーカー 1971, p. 99.
  94. ^ 渡辺 1982, p. 171.
  95. ^ 戦史叢書19 1968, p. 348.
  96. ^ a b 戦史叢書19 1968, p. 352.
  97. ^ 戦史叢書19 1968, p. 354.
  98. ^ 渡辺 1982, p. 174.
  99. ^ COMBAT CHRONOLOGY OF THE US ARMY AIR FORCES
  100. ^ 渡辺 1982, p. 175.
  101. ^ カール・バーカー 1971, p. 106.
  102. ^ ルメイ 1991, p. 147.
  103. ^ ルメイ 1991, p. 148.
  104. ^ カール・バーカー 1971, p. 111.
  105. ^ 『第二次大戦の隼のエース』 p.113
  106. ^ 柏木 1972, p. 80.
  107. ^ カール・バーカー 1971, p. 141.
  108. ^ 柏木 1972, p. 81.
  109. ^ カール・バーカー 1971, p. 143.
  110. ^ 戦史叢書19 1968, p. 402.
  111. ^ 戦史叢書19 1968, p. 403.
  112. ^ カール・バーカー 1971, p. 146.
  113. ^ 渡辺洋二 2007, p. 182
  114. ^ a b 渡辺 1982, p. 219.
  115. ^ マーシャル 2001, p. 100.
  116. ^ a b カール・バーカー 1971, p. 148.
  117. ^ a b 戦史叢書19 1968, p. 413.
  118. ^ a b 「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った“真相”」
  119. ^ 小山 2018, p. 19.
  120. ^ 柏木 1972, p. 101.
  121. ^ 戦史叢書19 1968, p. 414.
  122. ^ 渡辺 1982, p. 217.
  123. ^ 柏木 1972, p. 102.
  124. ^ マーシャル 2001, pp. 118–143.
  125. ^ 柏木 1972, p. 104.
  126. ^ 山岡荘八 2015, p. 556
  127. ^ 公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会『機関紙 特攻』平成9年5月 第31号 P.2
  128. ^ 公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会『機関紙 特攻』平成9年5月 第31号 P.9
  129. ^ Japanese Special Operations Suicide Attack on Yontan Airfield Okinawa
  130. ^ 公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会『機関紙 特攻』平成17年8月 第64号 P.36
  131. ^ オネール 1988, p. 285.
  132. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 158.
  133. ^ 八戸市における戦災の状況(青森県)
  134. ^ 戦争遺産を訪ねて (3)三沢基地・さびた引き込み線跡”. デーリー東北新聞社 (2009年10月27日). 2019年4月20日閲覧。
  135. ^ 小山 2018, p. 21.
  136. ^ カール・バーカー 1971, p. 150.
  137. ^ a b 小山 2018, p. 22.
  138. ^ a b カール・バーカー 1971, p. 153.
  139. ^ "The US Firebombing of Wuhan"
  140. ^ a b 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 218.
  141. ^ カール・バーカー 1971, p. 152.
  142. ^ 柏木 1972, p. 89.
  143. ^ a b カール・バーカー 1971, p. 154.
  144. ^ ルメイ 1991, p. 178.
  145. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 216.
  146. ^ ルメイ 1991, p. 179.
  147. ^ a b 小山 2018, p. 26.
  148. ^ a b 豊田穣 1979, 電子版, 位置No.203.
  149. ^ 日本ニュース 第248号「噫 遠藤撃墜王」” (日本語). NHK 戦争証言アーカイブス. 日本放送協会. 2019年4月29日閲覧。
  150. ^ 小山 2018, p. 28.
  151. ^ カール・バーカー 1971, p. 157.
  152. ^ a b 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 220.
  153. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書128-129頁
  154. ^ According to the USAAF Statistical Digest for WWII: p. 261 table165
  155. ^ 渡辺 1982, p. 268.
  156. ^ アレン & ボーマー 1995, p. 111.
  157. ^ ルメイ 1991, p. 199.
  158. ^ ルメイ 1991, p. 200.
  159. ^ ルメイ 1991, p. 201.
  160. ^ 「アメリカ陸軍機の全貌」1964年酣燈社刊・108頁
  161. ^ デイビッド 1983, p. 156.
  162. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書136-137頁
  163. ^ マーシャル 2001, p. 228.
  164. ^ ルメイ 1991, p. 203.
  165. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 221.
  166. ^ デイビッド 1983, p. 159.
  167. ^ a b 渡辺 1982, p. 282.
  168. ^ a b c d カール・バーカー 1971, p. 174.
  169. ^ ルメイ 1991, p. 207.
  170. ^ アレン & ボーマー 1995, p. 114.
  171. ^ アレン & ボーマー 1995, p. 110.
  172. ^ 1945年3月11日付読売報知新聞「一時の不幸に屈せず、断じて戦ひ抜け」
  173. ^ 小山 2018, pp. 41–44.
  174. ^ 第一二章 名古屋空襲 第三節 市街地空襲 1・3初の市街地空襲 - 名古屋市 p3
  175. ^ a b 小山 2018, p. 43.
  176. ^ 小山 2018, p. 44.
  177. ^ 第一二章 名古屋空襲 第三節 市街地空襲 1・3初の市街地空襲 - 名古屋市 p4
  178. ^ 柏木 1972, p. 125.
  179. ^ 柏木 1972, p. 126.
  180. ^ ルメイ 1991, p. 205.
  181. ^ 柳澤 2008, p. 101.
  182. ^ カール・バーカー 1971, p. 175.
  183. ^ 柏木 1972, p. 105.
  184. ^ 柏木 1972, p. 111.
  185. ^ a b ブュエル(1990年)、546頁。
  186. ^ a b ポッター(1972年)、515頁
  187. ^ ブュエル(1990年)、543頁。
  188. ^ "United States Strategic Bombing Survey Summary Report (Pacific War)", Washington, 1 July 1946
  189. ^ 渡辺 1982, p. 320.
  190. ^ 境田 & 高木 2004, p. 105
  191. ^ 渡辺 1982, p. 321.
  192. ^ 総務省 一般戦災死没者の追悼 国内各都市の戦災の状況 鹿児島市における戦災の状況(鹿児島県)2019年4月25日閲覧
  193. ^ ブュエル(1990年)、544頁。
  194. ^ ルメイ 1991, p. 215.
  195. ^ 柏木 1972, p. 132.
  196. ^ 小山 2018, pp. 130–131.
  197. ^ a b 渡辺 1982, p. 326.
  198. ^ 柏木 1972, p. 136.
  199. ^ 戦史叢書19 1968, p. 564.
  200. ^ 戦史叢書19 1968, p. 553.
  201. ^ クックス 1971, p. 36.
  202. ^ a b 戦史叢書19 1968, p. 554.
  203. ^ カール・バーカー 1971, p. 181.
  204. ^ a b カール・バーカー 1971, p. 182.
  205. ^ a b 戦史叢書19 1968, p. 付表2.
  206. ^ 小山 2018, p. 133.
  207. ^ 横浜市史資料室 横浜の空襲と戦災関連資料 5月29日の被害者数『横浜の空襲と戦災』(第3巻・公式記録編)
  208. ^ ルメイ 1991, p. 232.
  209. ^ 境田 & 高木 2004, p. 101.
  210. ^ 戦史叢書19 1968, p. 583.
  211. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 148.
  212. ^ 戦史叢書19 1968, p. 584.
  213. ^ カール・バーカー 1971, p. 183.
  214. ^ カール・バーカー 1971, p. 190.
  215. ^ ルメイ 1991, p. 235.
  216. ^ デイビッド 1983, p. 230.
  217. ^ カール・バーカー 1971, p. 196.
  218. ^ デイビッド 1983, p. 231.
  219. ^ カール・バーカー 1971, p. 197.
  220. ^ ルメイ 1991, p. 239.
  221. ^ ルメイ 1991, p. 246.
  222. ^ ルメイ 1991, p. 241.
  223. ^ 柏木 1972, p. 153.
  224. ^ カール・バーカー 1971, p. 201.
  225. ^ ルメイ 1991, p. 243.
  226. ^ アレン & ボーマー 1995, p. 117.
  227. ^ ルメイ 1991, p. 245.
  228. ^ カール・バーカー 1971, p. 204.
  229. ^ a b ルメイ 1991, p. 247.
  230. ^ a b カール・バーカー 1971, p. 206.
  231. ^ デイビッド 1983, p. 235.
  232. ^ 戦史叢書19 1968, p. 627.
  233. ^ ルメイ 1991, p. 251.
  234. ^ 柏木 1972, p. 169.
  235. ^ 柏木 1972, p. 170.
  236. ^ 戦史叢書19 1968, p. 647.
  237. ^ 2017年6月10日西日本新聞「投下9分前 幻の空襲警報 軍が「原爆搭載機」察知 退避命令はさく烈直後」
  238. ^ 2004年7月28日長崎新聞「60年目の検証 =原爆戦災誌改訂へ 退避勧告 本当に連絡あったの」
  239. ^ 戦史叢書19 1968, p. 649.
  240. ^ a b 柏木 1972, p. 174.
  241. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 228.
  242. ^ 2018年8月15日毎日新聞東京朝刊「余録 こちらは毎日 B29や艦上爆撃機 戦闘機などが縦横むじんに…」
  243. ^ クラーク 1988, p. 139.
  244. ^ デイビッド 1983, p. 240.
  245. ^ デイビッド 1983, p. 242.
  246. ^ クラーク 1988, p. 141.
  247. ^ カール・バーカー 1971, p. 210.
  248. ^ ベイリス 1988, p. 56.
  249. ^ 韓国中央日報日本語版2013年03月24日
  250. ^ デイビッド 1983, p. 260.
  251. ^ デイビッド 1983, p. 262.
  252. ^ デイビッド 1983, p. 263.
  253. ^ B-29 in Korean War 2016年6月2日閲覧
  254. ^ デイビッド 1983, p. 270.
  255. ^ ルメイ 1991, p. 272.
  256. ^ "B-50 Superfortress" 2019年4月15日閲覧
  257. ^ a b "Lucky Ladies I, II and III" 2019年4月17日閲覧
  258. ^ "KB-29M tanker, B-29MR receiver" 2019年4月16日閲覧
  259. ^ 加藤 2009, p. 487.
  260. ^ "Serial Number Search, B-50 48-065." rcn.com.2019年4月15日閲覧
  261. ^ 『幻の大戦機を探せ』(カール・ホフマン、文春文庫刊)
  262. ^ 別冊週刊読売・飛行機100年の記録」読売新聞社1970年刊
  263. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 222.
  264. ^ Zaloga 2010, p. 55.
  265. ^ History of the 9th bombbardment2016年6月4日閲覧
  266. ^ Losses due to Enemy Action on Combat MissionsとNon-Enemy Action on Combat MissionsでEnemy ActionはAir to Air、Ground Fire、Cause Unknown。Non-Enemy ActionはOther Losses、Missing or Unknown Causeである。
  267. ^ According to the USAAF Statistical Digest for WWII: p. 261
  268. ^ https://archive.org/details/ArmyAirForcesStatisticalDigestWorldWarII
  269. ^ カール・バーカー 1971, p. 76.
  270. ^ Summary of XXI Bomcom Missions/Resume 20th Air Force Missions
  271. ^ a b 奥住 & 早乙女 2017, p. 185.
  272. ^ 奥住 & 早乙女 2017, p. 200.
  273. ^ 小山 2018, p. 131.
  274. ^ 豊田穣 1979, 電子版, 位置No.4565
  275. ^ 「第302海軍航空隊戦時日誌 自昭和20年5月1日至昭和20年5月31日」5月25日
  276. ^ マーシャル 2001, p. 262.
  277. ^ 境田 & 高木 2004, p. 91.
  278. ^ 1945年3月23日付朝日新聞
  279. ^ 境田 & 高木 2004, p. 92.
  280. ^ 2007年3月17日付神戸新聞「神戸大空襲から62年 敵味方なく慰霊碑刻銘」
  281. ^ 2015年5月11日付読売新聞「B29と飛燕の遺族対面、神戸空襲で体当たり」
  282. ^ 小山 2018, p. 42.
  283. ^ 渡辺 1982, p. 288.
  284. ^ 境田 & 高木 2004, p. 90.
  285. ^ B-29-45-BW Superfortress Serial Number 42-247542019年3月27日閲覧
  286. ^ Aircraft Serial Number Search USAF (also USAAC, USAAS, USAAF)2019年3月27日閲覧
  287. ^ According to the USAAF Statistical Digest for WWII: p. 310, p. 261, p. 209
  288. ^ 柳澤 2008, p. 98.
  289. ^ 「Air Force Fifty」Air Force Association(編)Turner Pub Co P.10
  290. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 217.
  291. ^ 渡辺 1982, p. 70.
  292. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 150.
  293. ^ a b 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 152.
  294. ^ デイビッド 1983, p. 204.
  295. ^ 渡辺 1982, p. 71.
  296. ^ 奥住 & 早乙女 2017, p. 89.
  297. ^ 奥住 & 早乙女 2017, p. 118.
  298. ^ デイビッド 1983, p. 205.
  299. ^ 奥住 & 早乙女 2017, p. 117.
  300. ^ デイビッド 1983, p. 206.
  301. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, pp. 143–148
  302. ^ デイビッド 1983, p. 150.
  303. ^ 歴史群像135 2016, pp. 132–137.
  304. ^ 『坂本中尉機とボーイングB29』-諫早ロータリークラブ卓話(昭和60年7月26日)より-~ 犬尾博治さん(諫早市泉町)の戦争体験2019年4月20日
  305. ^ 特攻の記録 2011, p.315.
  306. ^ 特攻の記録 2011, p.319.
  307. ^ 神立 & 大島 2013, p. 325.
  308. ^ 神立 & 大島 2013, p. 326.
  309. ^ 木俣 2013, p. 343.
  310. ^ オネール 1988, p. 292.
  311. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 145.
  312. ^ a b ルメイ 1991, p. 229.
  313. ^ 図説アメリカ軍の日本焦土作戦 2003, p. 116.
  314. ^ a b 図説アメリカ軍の日本焦土作戦 2003, p. 120
  315. ^ Army Air Force Statistical Digest: World War II byUnited States. Army Air Forces. Office of Statistical Control2019年4月18日
  316. ^ 戦史叢書19 1968, p. 187.
  317. ^ 戦史叢書19 1968, p. 221.
  318. ^ 戦史叢書19 1968, p. 222.
  319. ^ 境田 & 高木 2004, p. 117.
  320. ^ 境田 & 高木 2004, pp. 117–118.
  321. ^ 樫出 2005, 電子版, 位置No.2044.
  322. ^ 244戦隊ホームページ 陸軍飛行第244戦隊概史2019年4月14日閲覧
  323. ^ 日本ニュース 第248号「噫 遠藤撃墜王」” (日本語). NHK 戦争証言アーカイブス. 日本放送協会. 2019年4月29日閲覧。
  324. ^ 土浦駐屯地内予科練平和祈念館「雄翔館」遠藤幸男略歴展示
  325. ^ 渡辺 1983, p. 198.
  326. ^ 木俣 2013, p. 348.
  327. ^ 井上和彦 (2018年8月6日). “B29に二度も体当たりして撃墜 米兵が恐れた板垣政雄軍曹”. NEWSポストセブン. 2019年4月27日閲覧。
  328. ^ 犬尾博治 (2014年4月1日). “坂本中尉機とボーイングB29”. 諫早市. 2017年10月31日閲覧。
  329. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 156.
  330. ^ "United States Strategic Bombing Survey Summary Report (Pacific War) Washington, 1 July 1946"2019年4月17日閲覧
  331. ^ 渡辺 1982, p. 360.
  332. ^ デイビッド 1983, p. 214.
  333. ^ マーシャル 2001, p. 282.
  334. ^ 境田 & 高木 2004, p. 115.
  335. ^ 境田 & 高木 2004, p. 116.
  336. ^ マーシャル 2001, p. 283.
  337. ^ マーシャル 2001, p. 301.
  338. ^ 2015年12月12日産経新聞「B-29元搭乗員、直方の墜落現場へ 救護の住民らと再会 福岡」
  339. ^ 境田 & 高木 2004, p. 114.
  340. ^ 2014年9月17日付産経新聞web版記事『「自分だけを死刑に処せ」とGHQに挑んだ岡田中将の“法戦”』
  341. ^ a b c Tu-4 BULL2019年4月11日閲覧
  342. ^ Duffy, Paul and A. I. Kandalov. Tupolev: The Man and his Aircraft. Warrendale, Pennsylvania: SAE, 1996. ISBN 1-56091-899-3. p.98
  343. ^ Gordon, Yefim and Vladimir Rigmant. Tupolev Tu-4: Soviet Superfortress. Hinckley, Leicestershire: Midland Counties Publications Ltd. 2002. ISBN 1-85780-142-3. pp.36-57
  344. ^ “A Writer’s Quest to Unearth the Roots of Tibet’s Unrest”. ニューヨーク・タイムズ. (2016年8月15日). https://www.nytimes.com/2016/08/15/world/asia/china-tibet-lhasa-jianglin-li.html 2019年7月30日閲覧。 
  345. ^ “西藏的秘密战争,究竟发生了什么?(下)”. ニューヨーク・タイムズ. (2016年6月22日). https://cn.nytimes.com/china/20160622/cc22lijianglin2/ 2019年7月30日閲覧。 
  346. ^ "Chinese Airborne Early Warning (AEW)." fas.org. Retrieved: 28 July 2019.
  347. ^ B-29 Superfortress Specifications STANDARD AIRCRAFT CHARACTERISTICS
  348. ^ a b c Propeller:HAMILTON STANDARD C.S.、Blade:No.6521A-6 (×4)、Diameter:16ft 7in (5.05m)、Area:20.07m2
  349. ^ B-29A Superfortress Specifications STANDARD AIRCRAFT CHARACTERISTICS
  350. ^ B-29B Superfortress Specifications STANDARD AIRCRAFT CHARACTERISTICS
  351. ^ デイビッド 1983, p. 130.
  352. ^ a b デイビッド 1983, p. 133.
  353. ^ 小長井港沖米軍機B29引き揚げ 諫早市(2021年8月14日閲覧)
  354. ^ 坂本中尉機とボーイングB29 諫早市(2021年8月14日閲覧)
  355. ^ 二度目の着地 東庄町(2021年8月14日閲覧)
  356. ^ 清瀬と戦争 清瀬市(2021年8月14日閲覧)
  357. ^ 鹿屋に残る 戦跡マップ 鹿屋市(2021年8月14日閲覧)
  358. ^ 静岡空襲犠牲者日米合同慰霊祭 総務省(2022年6月14日閲覧)
  359. ^ 在日米軍偵察爆撃機RB29プロペラブレード 別海町(2021年8月15日閲覧)
  360. ^ 日本記者クラブ 2016年03月15日 映像作家 アリ・ビーザー氏 「原爆機乗員の孫がヒバクシャを訪ねて」
  361. ^ 『川島雄三 サヨナラだけが人生だ』(藤本義一河出書房新社ISBN 4-309-26453-0
  362. ^ The 500th Bomb Group,B-29 Memorial2019年4月11日閲覧
  363. ^ 原爆関係の慰霊碑等の概要2019年4月11日閲覧
  364. ^ 「広島・長崎原爆放射線推定方式 DS02 の背景と総括」広島国際学院大学 葉佐井 博巳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

B-29 (航空機)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



B-29 (航空機)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのB-29 (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS