高木敏子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 高木敏子の意味・解説 

高木敏子

高木敏子の俳句

人影をよぎり行く鯉秋深む
利根川の大きうねりや冬霞
松影のゆれおる湖面冬ざるる
衣擦れを残し行く僧春近し
霜月や目覚時計三つ一度
 

高木敏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/26 05:21 UTC 版)

高木 敏子(たかぎ としこ、1932年(昭和7年)6月19日 - )は童話作家。




「高木敏子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高木敏子」の関連用語

高木敏子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高木敏子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高木敏子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS