激レアさんを連れてきた。 激レアさんを連れてきた。の概要

激レアさんを連れてきた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 18:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
激レアさんを連れてきた。
ジャンル バラエティ番組
演出 舟橋政宏
出演者 弘中綾香テレビ朝日アナウンサー
若林正恭オードリー
ナレーター ルシファー吉岡
オープニング 中田ヤスタカ NANIMONO (feat. 米津玄師) -TeddyLoid remix-
製作
プロデューサー 荻野健太郎
藤本周二
奥田創史(GP)
制作 テレビ朝日
放送
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本
アップデート大学
日曜日未明(土曜日深夜)時代
放送期間 2016年10月9日 - 2017年1月15日
放送時間 日曜日 0:45 - 1:15(土曜日深夜)
放送分 30分
アップデート大学
木曜日未明(水曜日深夜)時代
放送期間 2017年1月19日 - 2017年9月28日
放送時間 木曜日 2:21 - 2:51(水曜日深夜)
放送分 30分
『アップデート大学』公式サイト
激レアさんを連れてきた。
(2017年10月から2018年9月まで)
放送期間 2017年10月2日 - 2018年9月24日
放送時間 月曜日 23:15 - 翌0:15
放送枠 ネオバラエティ
放送分 60分
回数 51
激レアさんを連れてきた。
(2018年10月から2019年3月まで)
放送期間 2018年10月1日 - 2019年3月25日
放送時間 月曜日 23:20 - 翌0:20
放送枠 ネオバラエティ
放送分 60分
回数 23
激レアさんを連れてきた。
(2019年4月から2020年9月まで)
放送期間 2019年4月13日 - 2020年9月19日
放送時間 土曜日 22:10 - 23:10
放送分 60分
激レアさんを連れてきた。
(2020年10月から)
放送期間 2020年10月 - (予定)
放送時間 月曜日 23:15 - 翌0:15
放送枠 ネオバラエティ
放送分 60分
公式サイト

特記事項:
旧タイトル名:アップデート大学
テンプレートを表示

番組テーマソングとして中田ヤスタカのNANIMONO(feat. 米津玄師)-TeddyLoid remix-の一部分が利用されている。

概要

激レアな体験をした人="激レアさん"をゲストとして迎え、衝撃的な実体験を聞く番組[1]。前身番組である『アップデート大学』は世の中のあらゆるものは常にアップデート(更新)し、進化を遂げてきた驚きと発見が詰まったアップデートの世界を研究し、世の中の進化を講義形式で紹介していくものであった。

番組開始から2017年1月15日(14日深夜)放送分までは日曜 0:45 - 1:15(土曜深夜)だったが[注 1]、2017年1月22日よりドラマ豆腐プロレス』が0:35 - 1:00に放送開始および『はくがぁる』が1:00 - 1:30に15分繰り上がるため、同年1月19日(18日深夜)より木曜 2:21 - 2:51(水曜深夜)に放送時間が変更された。2017年10月2日からはタイトルが『激レアさんを連れてきた。』(げきレアさんをつれてきた)に改題、放送時間も変更し月曜23:15 - 翌0:15(『ネオバラエティ』枠)で放送。2018年10月1日放送分より、『報道ステーション』がこの日から5分拡大するのを受けて、5分繰り下げの23:20 - 翌0:20に変更された[2]

2018年2月5日放送分がギャラクシー賞の月間賞を受賞した[3]

2019年4月からは土曜22:10 - 23:10[注 2]枠へ枠移動し、週末プライム帯に進出した[4][5]。この放送時間移動は2019年2月25日の放送分で発表された[注 3]

2019年6月3日には『激レアさんを連れてきた。月曜日に里帰りSP』と題して、約2か月ぶりに月曜ネオバラ枠での放送を行った。

2020年の10月からは放送時間を再び月曜 23:15 - 翌0:15(『ネオバラエティ』枠)に移動する予定である。空いた土曜22時枠には過去数回、不定期特番として放送してきた『あざとくて何が悪いの?』と『ノブナカなんなん?』が入ることになったが、弘中は本番組と並行して両番組のレギュラーでもあるため、結果的にこの枠に残ることとなった[6]

出演者

  • 弘中綾香テレビ朝日アナウンサー) - 『アップデート大学』時代の#27(2017年4月13日放送分)から#49(2017年9月28日放送分)までは研究員としてレギュラー出演(#18〈2017年2月9日放送分〉にも出題ゲストで出演)。『激レアさんを連れてきた。』時代の初回(2017年10月2日放送分)からは研究助手としてレギュラー出演。2017年4月13日から2018年9月17日まで『ミュージックステーション』と同時に起用されていた。
  • 若林正恭オードリー) - 『激レアさんを連れてきた。』時代の初回(2017年10月2日放送分)より研究員としてレギュラー出演。
  • ルシファー吉岡 - ナレーション担当
  • 照英 - 「特技いっぱい胸いっぱい」ロケ担当(2019年4月 - )

過去の出演者

  • Aマッソ(2016年10月 - 11月) - VTRナレーション
所属事務所のホームページからレギュラー番組の記載が削除された[7]



注釈

  1. ^ 2017年1月8日7日深夜)は日曜 0:50 - 1:30(土曜深夜、通常より5分繰り下げ・10分拡大)、2017年1月15日14日深夜)は日曜 0:35 - 1:00(土曜深夜、通常より10分繰り上げ・5分縮小)。
  2. ^ 22:10開始はテレビ朝日をはじめとする7局のみ。該当しない系列局は22:15飛び乗り。
  3. ^ 事実上、『陸海空 地球征服するなんて』との枠交換である(『陸海空~』は当番組と入れ替わる形で土曜22時台→月曜ネオバラエティ枠に移動し『陸海空 こんなところでヤバイバル』に改題)。
  4. ^ テレ朝チャンネル1での再放送におけるナンバリング
  5. ^ 19:00 - 20:17(第1部)・20:20 - 22:09(第2部)に『Qさま!!』3時間SPを放送のため。
  6. ^ a b 2018 FIFAワールドカップ Side Story』(23:10 - 23:15)を放送のため。
  7. ^ 23:10 - 23:40に『熱闘甲子園』(朝日放送テレビ・テレビ朝日共同制作)を放送のため。
  8. ^ 2016年12月25日までは日曜 0:45 - 1:45(土曜深夜)。
  9. ^ 初回のみ1:30 - 2:00。
  10. ^ a b c 定期放送開始以前にも不定期で放送されていた。
  11. ^ #21「ネクスト・ブレイク女優」の放送を以って打ち切り。
  12. ^ #1 2016年10月23日 15:50 - 16:20 #2 2016年11月12日 10:20 - 10:48 #3 2016年12月10日 10:20 - 10:48
  13. ^ 2018年9月24日までは月曜 23:15 - 翌0:15。
  14. ^ 2018年3月27日(テレビ朝日で同年3月26日放送分)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。
  15. ^ 自社制作番組『なるみ・岡村の過ぎるTV』を放送のため時差ネット。2018年9月25日までは火曜 0:30 - 1:32(月曜深夜)。
  16. ^ 2018年3月29日までは木曜1:00 - 2:00(水曜深夜)。
  17. ^ 2018年3月29日までは木曜1:00 - 2:00(水曜深夜)。

出典



「激レアさんを連れてきた。」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「激レアさんを連れてきた。」の関連用語

激レアさんを連れてきた。のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



激レアさんを連れてきた。のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの激レアさんを連れてきた。 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS