名代富士そばとは?

名代富士そば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/06 06:14 UTC 版)

名代富士そば(なだいふじそば)は、ダイタングループが運営する立ち食いそば・うどんチェーン店の名称である。通称「富士そば」。


  1. ^ 名代富士そば 祝100店舗達成企画 〜記念扇子プレゼント〜 - 富士そば・2013年7月10日
  2. ^ https://www.facebook.com/photo.php?fbid=736304509718221&l=6b4668dd6d
  3. ^ 富士そばが台湾進出、3年で10店展開目指す[商業] - NNA ASIA・2014年9月26日
  4. ^ 台北で味わう富士そばは如何に?
  5. ^ 《日系進出》富士そば、フィリピンに出店へ[食品] - NNA ASIA・2014年9月29日
  6. ^ a b c 特集ワイド:丹道夫・「富士そば」社長、CDアルバム発売 人生のそばに演歌をインターネットアーカイブ) 毎日新聞東京 夕刊 2007年2月2日
  7. ^ a b c 【社長の私生活】ダイタンフード社長 丹道夫インターネットアーカイブ)- ゲンダイネット 2006年8月21日
  8. ^ a b 富士そばに外国人観光客殺到 人気の理由に意外な事実判明 - NEWSポストセブン 2011年9月28日
  9. ^ a b 立ち食いの「富士そば」 外国人観光客に大人気?の秘密 - J-CASTニュース 2011年9月29日
  10. ^ 大山店閉店のお知らせ。 - 富士そば・2016年1月27日
  11. ^ a b c 演歌に癒やされ、そばに真心参考資料)- 読売新聞ジョブサーチ 2007年3月28日
  12. ^ a b 「お店のご紹介」 興和物産公式サイト
  13. ^ a b 「味へのこだわり」 富士そば公式サイト
  14. ^ a b 富士そば全店舗で唯一!そば粉を2倍使う慶應三田店がアツい - Excite Bit コネタ・2017年6月24日
  15. ^ a b c d テーマ1「富士そば」シルシルミシル』(テレビ朝日) 2009年11月18日放送
  16. ^ a b c 【富士そばの秘密:第1回】お店によって麺が違うという噂は本当なのか、食べ比べてみた【東京ソバット団】 - メシ通・2016年9月1日
  17. ^ 『「富士そば」愛される理由−280円のかけそばに秘められた奇跡の物語』週刊ポスト 2007年4月20日号紙面
  18. ^ 『週刊ダイヤモンド』2011年11月26日号 57ページ
  19. ^ 富士そばが「カツカレー」よりも「カツ丼」をオススメする深い理由【東京ソバット団】 - メシ通・2016年10月31日
  20. ^ a b 立ち食い「富士そば」オドロキの「冷しつけトマトそば」の味は? - J-CAST 2010年7月20日
  21. ^ 「名代富士そば」も「ちょい呑み」参戦 回転率は後回しでお客を取り込む - J-CASTニュース・2015年9月27日
  22. ^ 「富士そば」でいつも演歌が流れているのはなぜ? - CDジャーナル 2006年12月15日
  23. ^ 新業態!「つけ蕎麦 たったん 渋谷並木橋本店」オープン! - 富士そば・2012年11月28日
  24. ^ https://www.facebook.com/tukesobatattan/posts/943974029001899
  25. ^ 富士そばの上階
  26. ^ https://www.facebook.com/fujisoba/posts/1185848441430490


「名代富士そば」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「名代富士そば」の関連用語

名代富士そばのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



名代富士そばのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名代富士そば (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS