楽園追放 -Expelled from Paradise- 主題歌

楽園追放 -Expelled from Paradise-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 07:15 UTC 版)

主題歌

「EONIAN -イオニアン-」
作詞 - 六ツ見純代 / 作曲 - Mish-Mosh / 編曲 - 前口渉 / 歌 - ELISA

関連商品

BD / DVD

2014年11月15日にBD劇場限定版 (ANTX-11791) が、同年12月10日にBD完全生産限定版 (ANZX-11791/2) 、BD通常版 (ANZX-11791) 、DVD通常版 (ANSB-11791) がそれぞれ発売された。

書籍

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』
2014年10月17日発売 / ISBN 978-4-15-031171-1
著:八杉将司 / イラスト:齋藤将嗣 / ハヤカワ文庫刊。
『楽園追放 mission.0』
2014年10月17日発売 / ISBN 978-4-09-451518-3
著:手代木正太郎 / イラスト:齋藤将嗣 / ガガガ文庫刊。
『楽園追放 rewired サイバーパンクSF傑作選』
2014年10月17日発売 / ISBN 978-4-15-031172-8
編:虚淵玄・大森望 / ハヤカワ文庫刊。
『楽園追放 -Expelled from Paradise- 齋藤将嗣デザインワークス』
2014年11月15日発売 / ISBN 978-4-75-801411-3
監修:東映アニメーション / イラスト:齋藤将嗣 / 一迅社刊。
『楽園追放2.0 楽園残響 Godspeed You』
2015年8月14日イベント先行発売、同年9月11日一般販売
著:大樹連司 / イラスト:齋藤将嗣 / ニトロプラスブックス刊。
ハヤカワ文庫版 / ISBN 978-4-15-031215-2

ゲーム

スーパーロボット大戦T
2019年3月20日発売のPlayStation 4Nintendo Switch用ゲームソフト。本作のキャラクターとロボットが登場する[13]
スーパーロボット大戦X-Ω
iOS / Android用アプリゲーム。2020年5月に期間限定コラボイベントが開催され、本作のキャラクターとロボットが登場した。

評価

上映劇場数13かつ期間限定上映でありながら、公開の初日と2日目の動員は1万7274人、興行収入は2900万円を突破[14]。2014年11月15日から同30日までの動員は6万5854人、興行収入は1億772万5100円を記録し[14]、最終的な興行収入は1.8億円を超え、2015年2月時点でBD/DVDの累計販売枚数は、原作なしオリジナル劇場公開作品としては異例の7万2000枚を超えている[15]

アンジェラのマテリアルボディはTwitterで注目されており、特に尻が称賛されているという[16]。それに応える形で、2015年10月15日には尻を突き出したアンジェラが描かれた等尻大マウスパッドが、Softgarageから発売された[17]。尻部分の高さが9cm、総重量が約3kgもあるため、マウスパッドとして使うのはほぼ不可能と評されている[17]

2015年5月11日には第24回日本映画批評家大賞アニメ部門作品賞の受賞が発表された[18]

BD完全生産限定版は、Amazonランキング大賞2015の上半期アニメDVD・ブルーレイで第1位[19]、年間アニメDVD・ブルーレイで第2位[20]となった。




注釈

  1. ^ 電脳パーソナリティとしての存在ゆえに、水島精二からは実年齢がディンゴを上回る可能性もあることを示唆されている[5]
  2. ^ アンジェラからは特待市民権を取得できると確信されており、過去には実際にディーヴァ側から数度に渡りオファーを受けている。
  3. ^ バンド名のALISEは同作品の主題歌「EONIAN」を歌っているELISAをアナグラム化したもの。
  4. ^ 自己進化の積み重ねによってシステムが既にディーヴァを凌駕している事から、その気になればディーヴァを壊滅させる事もできるとアンジェラは評価している。
  5. ^ メモリの容量が少ないため、スリムな体型という設定になっている。
  6. ^ 小説版『楽園追放 -Expelled from Paradise-』ではアンジェラとは同期で旧知の仲でもあり、アンジェラがディーヴァを出奔した時は彼女の説得を試みた。
  7. ^ 小説版『楽園追放 mission.0』では、電脳パーソナリティの状態のエージェントによる機体の操縦に加え、人工施設を調査するために携行した人間大のアーハンへ「乗り換える」描写もあるが、それに用いた機体の新旧については本文中でも特に言及されていない。
  8. ^ マテリアルボディを使わずとも、エージェントがこのようなロボットの身体で現地調査に赴くことは可能ではあるが、現地住民に無用の警戒心を与えてしまう難点に加え、電脳パーソナリティも本来は人間の精神そのものである以上、人体の構造とかけ離れた身体による長時間の活動は精神面の負担が大きいとされる。小説版『楽園追放 -Expelled from Paradise-』参照。
  9. ^ L3はディーヴァのあるL1とは地球を挟んで正反対に位置するうえ、建造中の船体は光学迷彩などによって完全に隠蔽されていたため、ディーヴァですらその存在を確認できなかった。
  10. ^ 各分野の有能な人材が全てディーヴァに移り住んだため、文化レベルが衰退した。
  11. ^ ただし、悪意をもって放たれたウィルスプログラムへの「感染」や、直接的な攻撃による「殺人」は起こり得る[12]
  12. ^ 下級市民はメモリ不足から身体が粗末なポリゴンで構成されており、更に低層の者はドット絵のような姿に加えて思考能力も低下している[12]

出典

  1. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 79頁
  2. ^ 水島精二監督×脚本・虚淵玄『楽園追放』インタビュー前編 「なぜ楽園なのか?を考えて欲しい」”. アニメ!アニメ!. 2014年12月3日閲覧。
  3. ^ 「楽園追放 -Expelled from Paradise-」脚本・虚淵玄(ニトロプラス)インタビュー(その2)”. TOKYO ANIME NEWS. 2015年9月22日閲覧。
  4. ^ a b アニメ映画『楽園追放 -Expelled from Paradise-』ボイスキャスト発表! 釘宮理恵さん、三木眞一郎さんの出演が明らかに”. アニメイトTV. 2013年9月26日閲覧。
  5. ^ 水島精二監督×脚本・虚淵玄『楽園追放』インタビュー後編 「人の死なない話にしようね」”. アニメ!アニメ!. 2015年5月22日閲覧。
  6. ^ 神谷浩史「最低でも3回は見てください!」とPR『楽園追放―Expelled from Paradise―』”. テレビドガッチ. 2014年12月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 八杉将司『小説版「楽園追放-Expelled from Paradise-」』ハヤカワ文庫、2014年10月17日。ISBN 978-4-15-031171-1
  8. ^ 楽園残響ハヤカワ文庫版、100P。
  9. ^ 楽園残響ハヤカワ文庫版、267P。
  10. ^ 楽園残響ハヤカワ文庫版、243P。
  11. ^ ヴァリアブルアクション「ニューアーハン」彩色見本到着!”. 電撃ホビーウェブ. 2015年7月15日閲覧。
  12. ^ a b 手代木正太郎『楽園追放 mission.0』ガガガ文庫、2014年10月17日。ISBN 978-4-09-451518-3
  13. ^ 4Gamer.net (2019年11月19日). “スパロボ最新作「スーパーロボット大戦T」発表。レイアースやカウボーイビバップなど新規参戦。PS4/Nintendo Switch向けに2019年発売予定”. Aetas. 2018年11月19日閲覧。
  14. ^ a b 劇場アニメ『楽園追放』、オリジナル作品で1億円超え達成”. ORICON STYLE. 2015年3月8日閲覧。
  15. ^ 楽園追放の興収が1.8億円を突破してBD/DVD販売も7万2000枚超したようです!”. 2017年12月11日閲覧。
  16. ^ なぜケツばかりが話題なのか。大ヒットアニメ「楽園追放」の謎を追う”. エキレビ!. 2015年2月4日閲覧。
  17. ^ a b 等尻大マウスパッド アンジェラ・バルザック”. Softgarage. 2015年8月28日閲覧。
  18. ^ 第24回日本映画批評家大賞アニメ部門 作品賞に「楽園追放」、監督賞に米林宏昌,アニメ!アニメ!,2015年5月11日。
  19. ^ Amazon.co.jp: アニメ DVD・ブルーレイ ランキング大賞 2015 上半期: DVD
  20. ^ Amazonランキング大賞2015(年間) - DVD・ブルーレイ:アニメ|Amazon.co.jp




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「楽園追放 -Expelled from Paradise-」の関連用語

楽園追放 -Expelled from Paradise-のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



楽園追放 -Expelled from Paradise-のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの楽園追放 -Expelled from Paradise- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS