荒川_(関東)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 荒川_(関東)の意味・解説 

荒川 (関東)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 04:53 UTC 版)

荒川(あらかわ)は、埼玉県および東京都を流れ東京湾に注ぐ河川である。一級水系である荒川水系の本流で一級河川に指定されている。水系として、流路延長173 km流域面積2,940 km2。川幅(両岸の堤防間の距離)は御成橋(埼玉県鴻巣市吉見町)付近で2,537 mになり、日本最大である[2][3]江戸時代に行われた河川改修である荒川西遷事業により流れを変えられた歴史を持つ。


  1. ^ a b 荒川 - 国土交通省 水管理・国土保全局
  2. ^ 【日本一】鴻巣‐吉見間を流れる荒川の川幅(2,537 m)”. 鴻巣市役所 (2016年3月1日). 2018年9月12日閲覧。
  3. ^ 御成橋 (PDF) - 国土交通省 関東地方整備局、2018年9月12日閲覧。
  4. ^ DATA荒川”. 国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所. 2009年1月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月23日閲覧。
  5. ^ 荒川源流点・起点”. 国土交通省関東地方整備局 荒川上流河川事務所. 2017年11月5日閲覧。
  6. ^ a b c d 荒川の終点、海との合流点”. 国土交通省関東地方整備局 荒川上流河川事務所. 2017年11月5日閲覧。
  7. ^ 荒川の概要 | 荒川上流河川事務所 | 国土交通省 関東地方整備局”. www.ktr.mlit.go.jp. 2019年9月5日閲覧。
  8. ^ 荒川水系隅田川流域河川整備計画”. 東京都. 2021年12月24日閲覧。
  9. ^ 先史時代の利根川水系とその変遷」菊地隆男、アーバンクボタ、1981年。
  10. ^ 流路変遷にまつわる荒川七ふしぎ (PDF)”. 国土交通省 関東地方整備局 (2008年11月12日). 2013年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月4日閲覧。
  11. ^ 河野天瑞「荒川鉄橋建築工事報告 第一」、『工学雑誌』48巻。
  12. ^ 『第19回特別展 戸田河岸と荒川の舟運』5頁 戸田市立郷土博物館発行 2003年10月11日
  13. ^ 『日本歴史災害事典』吉川弘文館、2012年、ISBN 978-4-642-01468-7、406頁
  14. ^ このうち東武伊勢崎線がわたる橋梁のトラス部分には「荒川放水路橋梁」と塗られており、荒川放水路時代の名残として見ることが出来る。
  15. ^ [https://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/arajo_index010.html 国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所 荒川の歴史 洪水の記録
  16. ^ 荒川で大規模洪水発生なら… 浸水恐れ、都心部でも 関東整備局が想定/中小にBCP策定促す日本経済新聞』朝刊2017年8月16日(首都圏経済面)
  17. ^ 『荒川の自然図鑑 荒川の動物』24-32頁。むろん、もっともよく見かける哺乳類はヒトである。
  18. ^ 『埼玉県動物誌』23-40頁。
  19. ^ 『埼玉県動物誌』41頁。『さいたま動物記』80頁。
  20. ^ 磯谷有紀、橋詰直道河川改修に伴う荒川中流域における堤外地集落の移転」『駒澤地理』第47巻、駒澤大学文学部地理学教室・駒澤大学総合教育研究部自然科学部門、2011年8月、 57-81頁、2016年11月20日閲覧。
  21. ^ 水源・水質 安定した水源の確保 東京都水道局.2020年7月18日閲覧。
  22. ^ さいたま橋物語 なんでもデータ (PDF) - 埼玉県ホームページ
  23. ^ a b c d e f g h i j 秩父市橋梁長寿命化修繕計画 (PDF) p4 - 秩父市
  24. ^ a b 秩父市橋梁長寿命化修繕計画 (PDF) p5 - 秩父市
  25. ^ 秩父多摩甲斐国立公園(埼玉県内)の登山道紹介 - 埼玉県、2015年3月20日閲覧。
  26. ^ 平成21年第8回長瀞町議会定例会会議録 (PDF) p. 69、長瀞町、2015年3月20日閲覧。
  27. ^ 河川の管轄 - 荒川知水資料館
  28. ^ 深谷市 長寿命化修繕計画 (PDF) - 深谷市 都市整備部道路管理課(2013年3月)
  29. ^ a b c d e 通行止め・通行規制橋梁リスト(H23.4月時点) (PDF) 9p - 国土交通省
  30. ^ 荒川下流防災施設活用計画〔第四版〕【運用マニュアル概要版】 (PDF)”. 国土交通省 荒川下流河川事務所(荒川下流防災施設運用協議会). p. 18 (2016-01). 2017年4月27日閲覧。
  31. ^ 『第19回特別展 戸田河岸と荒川の舟運』6-7頁 戸田市立郷土博物館発行 2003年10月11日
  32. ^ 埼玉県立さきたま資料館編集『歴史の道調査報告書第七集 荒川の水運』24頁-41頁・67-74頁、埼玉県政情報資料室発行、1987年(昭和62年)4月
  33. ^ 川越GCは小船でコースに向かう風情ある河川敷コース”. 日経BP社(日経トレンディネット) (2016年9月14日). 2018年8月7日閲覧。
  34. ^ 東京水辺ライン「水上バスで行こう!オフィシャルサイト
  35. ^ a b 川に流された息子…助けようとした母親、溺れ死亡 息子は無事 カヌー男性が助けるも母親の意識なく/寄居埼玉新聞』2018年8月6日
  36. ^ 荒川大模型173埼玉県立川の博物館
  37. ^ 荒川知水資料館アモア(2019年6月8日閲覧)。


「荒川 (関東)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荒川_(関東)」の関連用語

荒川_(関東)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荒川_(関東)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荒川 (関東) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS