アセスメントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 評価 > アセスメントの意味・解説 

アセスメント

英語:assessment

アセスメントとは、アセスメントの意味

アセスメントとは、対象客観的に調査評価すること。「人材アセスメント」ならば、個人能力性格に合った役割与えるために前もって人材を評価するという意味使われる人材のほかには、「環境」や「リスク」などの単語組み合わせる場合もある。環境に与える影響ダメージ起こり得る事故事前に洗い出し被害最小限抑えることが目的となる。

介護や福祉におけるアセスメント

介護福祉保育現場にはアセスメントシートというものがある介護福祉では利用者その家族がどのような支援サービスを必要としているのかを、ケアマネージャーがアセスメントする。その内容まとめたアセスメントシートは、介護施設適切なサービス提供することを目的使われる血圧体温などのデータによる客観的な情報だけでは解決できない利用者抱え不安や痛みなどの主観的な問題を解決するために用いられている。

保育現場のアセスメントシートは、虐待ネグレクトから子どもを守るため使われている。子どもと接している保育士気付いた事や虐待可能性がある状態を記録し、子どもの命と心を守るために用いられる2004年作成された子どもを虐待から守るのためのチェックリスクを見直し2018年に「子どもを守るアセスメントシート」が完成した



アセスメント

英語:assessment

アセスメント(英: assessment)とは、調査もとづい評価を行うことである。特に、開発環境に与える影響を評価すること、あるいは社会福祉人事評価においてその対象となる個人について調査することを指すことが多い。「アセス」と略称するサ変動詞化して「アセスメントする」の形になる特定の分野用いられる専門的な用語である。

用例:「アセスメントを行う」「子どもを適切にアセスメントする」「環境アセスメント」「防災アセスメント」「発達アセスメント」

環境分野では、開発の影響を評価することのみならず事業決定およびその後監視情報公開などを含めた一連の手続き含めて「アセスメント」ということもある。

「アセスメント」は英語assessment由来する語である。assessmentは、評価することを意味する動詞assessの名詞形で、金額査定さまざまの評価など意味する国立国語研究所の「『外来語言い換え提案」では、「アセスメント」をわかりやすく言い換える場合は、その意味するところに応じて影響評価」「事前評価」「再評価」「評価」「査定」などとすることが提案されている。

「アセスメント」の言い換え用いられる評価」は、ものの善し悪し判断すること全般に用いることができる日常的な語で、判断による価値そのものを指すことができる。一方、「アセスメント」は主に環境福祉人事分野でのみ用い専門的な用語である。また、「アセスメント」が価値そのものを指すことはできないしたがって、「評価が高い」「評価定まるとは言えるが、「アセスメントが高い」「アセスメントが定まるとは言えない。

評価」と同じく「アセスメント」の言い換え用いられる査定」は、合否金額等級などあらかじめ決められた基準存在するものを決定することを意味するが、「アセスメント」は環境に与える影響のような絶対的な基準存在しないものについて調べて評価するという意味合いが強い。したがって、「金額査定」「成績査定とは言えるが、「金額のアセスメント」「成績のアセスメント」とは言いにくい

執筆稲川智樹

アセスメント【assessment】


アセスメント


アセスメント


アセスメント assessment

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

影響評価

地元環境配慮した空港づくりを求め陸上ルート実機テストや,アセスメント影響評価慎重にやった。

意味説明

事業周囲に与える影響査定し評価すること

事前評価 再評価 評価 査定


アセスメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 07:10 UTC 版)

アセスメント: assessment


  1. ^ 『介護職員初任者研修テキスト 第3巻 こころとからだのしくみ』介護職員関係養成研修テキスト作成委員会、一般財団法人 長寿社会開発センター、2014年3月、初版第4刷、357頁。


「アセスメント」の続きの解説一覧

アセスメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 18:06 UTC 版)

企業内実施する人材評価のためのアセスメントツール提供している

※この「アセスメント」の解説は、「日本能率協会マネジメントセンター」の解説の一部です。» 「日本能率協会マネジメントセンター」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アセスメント

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:09 UTC 版)

名詞

アセスメント

  1. 事前影響評価
  2. 評価

語源

関連語


「アセスメント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アセスメントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アセスメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アセスメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2022 kaigo-service.all rights reserved
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアセスメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本能率協会マネジメントセンター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアセスメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS