海栗とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 海栗の意味・解説 

うに【海胆/海栗】

ウニ綱皮(きょくひ)動物総称。殻は半球形・円錐形円盤形などで、表面のいが状のとげに覆われ、とげの間から細い糸状管足出し運動する。口器下面中央にあり、「アリストテレスの提灯(ちょうちん)」とよばれ、肛門背面中央にある。すべて海産で、生殖巣食用にするものにアカウニ・バフンウニ・ムラサキウニなどがある。《 春》

(「雲丹」とも書く)ウニ生殖巣生で食べるほか、練りうになどにもする。


海栗


海栗

読み方:ウニuni

ウニ類総称


海栗

読み方:ウニuni

海産棘皮動物生食して美味

季節

分類 動物


ウニ

(海栗 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 14:21 UTC 版)

ウニ海胆海栗: Sea urchin)は、ウニ綱に属する棘皮動物の総称。別名にガゼなど。なお、「雲丹」の字をあてるときはウニを加工した食品について指す[1]日本俳句では春の季語[2]


  1. ^ フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.49 1988年 永岡書店
  2. ^ 『俳句歳時記 第4版』角川学芸出版、2008年、ISBN 978-4-04-621167-5
  3. ^ a b 大場秀章(編)『東大講座 すしネタの自然史』 日本放送出版協会 2003年 ISBN 4140808276 pp.233-234.
  4. ^ 本川 2001, p. 16.
  5. ^ 本川 2009, pp. 78-79.
  6. ^ 本川 2009, p. 80.
  7. ^ 本川 2009, pp. 81-83.
  8. ^ デジタル大辞泉世界大百科事典 第2版、日本大百科全書(ニッポニカ) 、精選版 日本国語大辞典ほか (2019年). “アリストテレスの提灯”. コトバンク. 朝日新聞社/VOYAGE MARKETING. 2019年10月22日閲覧。
  9. ^ 本川 2009, p. 86.
  10. ^ a b 本川 2009, p. 84.
  11. ^ 本川 2009, p. 54.
  12. ^ a b 本川 2009, p. 56.
  13. ^ Matt Kaplan (2010年2月8日). “ウニはトゲで“見る””. ナショナルジオグラフィック ニュース. http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/2291/ 2016年6月13日閲覧。 
  14. ^ 本川 2009, p. 57.
  15. ^ ウニの幼生飼育マニュアル 2015 年度版 - お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センター編
  16. ^ バフンウニの後期発生 - 広島大学大学院理学研究科分子遺伝学研究室
  17. ^ “水産資源確保へ藻場再生 宮崎県内、食害起こすウニ除去”. 宮崎日日新聞. (2014年7月21日). http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_7028.html 2014年7月22日閲覧。 
  18. ^ a b 臼井一茂,田村怜子,原日出夫 "野菜残渣を餌としたムラサキウニ養殖について" 神奈川県水産技術センター研究報告第9号, pp.9-15(2018年3月)
  19. ^ イギリスBBCテレビ 2003年11月25日報道
  20. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  21. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  22. ^ 農林水産省/消費者相談/日本三大珍味について
  23. ^ 【食のプロと一杯】極上ウニ 至福の食べ比べ/昆布の産地 最高の味わい育む『朝日新聞』朝刊2019年2月8日(第2東京面)。
  24. ^ 一発勝負のセリ「真剣が面白い」『朝日新聞』朝刊2019年2月8日(第2東京面)。
  25. ^ 『ウニ学』 ISBN 4486018109
  26. ^ 21世紀研究会編『食の世界地図』文藝春秋・P272
  27. ^ ウニ(8月の旬)- まるごと!やまぐち.net~やまぐちの農水産物~
  28. ^ http://unijin.com/concept
  29. ^ 「うにに化けた酒かす 色をつけてごまかす」『朝日新聞』昭和48年(1973年)2月8日、13版、3面
  30. ^ 納沙布岬:ラッコに食べられウニ壊滅 - 毎日jp(毎日新聞
  31. ^ 「キャベツで育ちますよウニ 青森・むつで養殖試験/廃棄予定の野菜を餌に 冬場の出荷を目指す」日本経済新聞』夕刊2019年2月21日(社会面)掲載の共同通信配信記事、2019年3月5日閲覧。
  32. ^ 干川裕,高橋和寛,杉本卓,辻浩二,信太茂春 "キタムラサキウニ養殖における生殖巣の質に及ぼす魚肉給餌の影響" 北海道立水産試験場研究報告第52号, pp.17-24 (1998年)
  33. ^ 農業部漁業局編、『2011 中国漁業年鑒』p186、2011年、北京・中国農業出版社、ISBN 978-7-109-16084-2
  34. ^ フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.49-50 1988年 永岡書店
  35. ^ フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.50 1988年 永岡書店
  36. ^ うにペーストがすし店お目見えも-大豆が原料、菜食志向で人気の予感”. Bloomberg (2019年8月19日). 2019年8月21日閲覧。



海栗

出典:『Wiktionary』 (2019/10/04 01:36 UTC 版)

和語の漢字表記

(うに)

  1. うに参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海栗」の関連用語

海栗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



海栗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの海栗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS