国鉄スハ43系客車とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > 列車 > 国鉄・JRの車両形式 > 国鉄スハ43系客車の意味・解説 

国鉄スハ43系客車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 17:24 UTC 版)

国鉄スハ43系客車(こくてつスハ43けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が1951年から製造した客車の形式群である。




注釈

  1. ^ 本形式に限らず、10系以前の客車は三等車(普通車)に関してはデッキを有するクロスシートで製造され、独立した便所と洗面所も備える。戦災復旧車とオハニ63形(後のオハニ36形)以外の鋼体化改造車を除いて長距離優等列車への投入が優先されていた。
  2. ^ 買い出し列車ラッシュアワーのすし詰め状態となる通勤電車(TR23系台車は電車の付随車にも使用された)を除けば、平常ではあり得ない過大荷重である。
  3. ^ 社内呼称FS-1、後のDT14。
  4. ^ 旧形客車改造の軽量寝台車オハネ17形制作時には、乗り心地改善のために大量に捻出転用され(この結果、新形式のオハ47形・オハフ46形が出現した)、さらに、はるか後年のオリエント急行日本運行(1988年)に際しては、搭載車の自重が「マ」級以上となることからばね定数の変更を実施し、オリエント急行用客車の日本国内運行用台車に流用された。
  5. ^ 1960年代以降、近代化改造工事に併せてサークライン型の蛍光灯に交換されている。
  6. ^ 現代の車両では乳白色のものが採用されている。
  7. ^ 4両すべてが保存・再利用されている。
  8. ^ 但しスハフ42の初期ロットであるスハフ42 18をスハ42→オハ36と同等のメニューで改造したオハフ33 630は存在する。
  9. ^ スロ51~54などの優等車形式は台枠の井桁構造(特に中梁部分)が戦前型に近い高さ250mm形鋼で構成されるのに対し、スハ43など三等車グループでは車端衝撃に対する強度引き上げのため高さ200mm形鋼の中梁の上に100mm高の横梁を載せる形に変わっている。結果台枠の全体高さは50mm増の300mmとなるが、客車の床面高さは同じため、心皿面を50mm引き下げている
  10. ^ 当時の特急列車では、終端駅で編成単位での方向転換を実施し、展望車が最後尾となるようにするのが常識であり、本系列の一方向固定クロスシートの採用も、その常識が前提であった。
  11. ^ これは本来の用途である特急でも問題となった。京都駅 - 博多駅間運行であった特急「かもめ」では、京都方では梅小路付近のデルタ線使用で比較的短時間での方向転換が可能であったものの、博多方での編成の方向転換では博多駅界隈にデルタ線がなかったことから博多駅→吉塚駅志免駅酒殿駅香椎駅→吉塚駅→博多駅と福岡近郊の路線群を引き回す必要があった。その作業には実に1時間43分もの時間が浪費され、費用面でも深刻な問題であったため、早期に10系客車への置き換えが実施されている。
  12. ^ この時廃止されずに残った山陽線の夜行急行については、スハ44系の後継車というべき14系座席車に置き換えられた。
  13. ^ 当初はスハ44形の面影を留めるスハフ43 11 - スハフ43 24の譲受を希望していたが、交渉の段階で既に最後の1両が飲食店に払い下げられており、やむなくこれら2両の譲受となったという。
  14. ^ サンタ・マチルジ工業製の一部車両は木造客車の鋼体化により誕生している。このほかにもブラジルにおいては木造客車の鋼体化が多く行われ、意図したものではないものの、その多くは日本国鉄の43系や60系客車と類似した外観となった。

出典

  1. ^ 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.718 p.4
  2. ^ 日本交通公社出版事業局 『国鉄車両一覧』p.206。同書によれば「形式40番代は戦後に製造された特急・急行用の客車」と説明している。
  3. ^ JTBパブリッシング 寺本光照『キャンブックス さよなら急行列車』p.88
  4. ^ グランプリ出版 塚本雅啓『戦後日本の鉄道車両』p.88
  5. ^ イカロス出版『J-train』vol25 p.41
  6. ^ 交友社『鉄道ファン』No.413 p.50
  7. ^ ネコ・パブリッシング『Rail Magazine』No.336 p.9
  8. ^ ネコ・パブリッシング『Rail Magazine』No.412 p.73
  9. ^ JTBパブリッシング 岡田誠一『国鉄鋼製客車Ⅰ』 p.239
  10. ^ イカロス出版『J-train』vol.25 p.27
  11. ^ グランプリ出版 塚本雅啓『戦後日本の鉄道車両』p.90
  12. ^ 板ばね同士が重なる箇所の摩擦(板間摩擦)を減らすことで、微小荷重域からばねがよく動くようになり、乗り心地が改善する。
  13. ^ 鉄道ピクトリアルNo.718特集スハ43系(Ⅰ). 電気車研究会. (2002) 
  14. ^ Uma nova plataforma de embarque acaba de entrar em funcionamento na Estação Utinga. - ブラジル都市鉄道公社マセイオ局 - 2021年2月20日作成・2021年5月7日閲覧
  15. ^ 詳細
  16. ^ 田中雅章 (2015年10月4日). “レトロ客車、差し上げます 50年代の2両、北海道・由仁で放置” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(社会) (北海道新聞社). オリジナルの2015年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151004204727/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0186697.html 2015年10月4日閲覧。 
  17. ^ 真岡駅「SLキューロク館」がオープン - 鉄道ファン・railf.jp(2013年4月29日)2013年9月10日閲覧。
  18. ^ スハフ44 25が真岡駅構内に到着 鉄道ファン・railf.jp 2012年7月11日
  19. ^ 『鉄道ファン』2012年7月号 交友社


「国鉄スハ43系客車」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国鉄スハ43系客車」の関連用語

国鉄スハ43系客車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国鉄スハ43系客車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国鉄スハ43系客車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS