新幹線952形・953形電車とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 新幹線952形・953形電車の意味・解説 

新幹線952形・953形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/07 13:54 UTC 版)

952形および953形は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が騒音微気圧波、地盤振動等の低減などの環境対策をさらに進めるため、1992年平成4年)に製作した高速試験用新幹線電車である。通常構造の非連接車952形4両と連接構造の953形5両で1編成を構成していた。愛称STAR21(スター21)で、Superior Train for Advanced Railway toward the 21st century(日本語訳:「21世紀の素晴らしい電車」)の頭文字をとって名付けられたものである。




  1. ^ アルミニウム合金の一種であるジュラルミンの外板と車体の骨組みに穴を開け、そこにリベッドを打ち込んで外板を車体の骨組に固定して組立てる構造であり、航空機の機体で使用されているセミ・モノコック構造である。
  2. ^ 新製時の段階で搭載スペースは確保されていた


「新幹線952形・953形電車」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新幹線952形・953形電車」の関連用語

新幹線952形・953形電車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



新幹線952形・953形電車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新幹線952形・953形電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS