ジャイアント・キリングとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ジャイアント・キリングの意味・解説 

ジャイアントキリング

別表記:ジャイキリ
英語:giant killing

ジャイアントキリングは、スポーツ試合などで明らかに格上相手から(大方の予想を覆して)勝利をもぎ取るいわゆる大番狂わせ」を意味する表現である。

ジャイアントキリング(giant killing)は英語由来表現で、「Jack the Giant Killer」と呼ばれる御伽話直接語源とされる。(強大な巨人打ち負かすというモチーフ自体旧約聖書に遡れる)。

Jack the Giant Killer」は「ジャックと豆の木」と通底する話で、「巨人殺しジャックもしくは巨人退治のジャック」と訳されることが多い。

ジャイアント‐キリング【giant killing】

スポーツなどで、下位の者が上位の者を負かすこと。番狂わせ


番狂わせ

(ジャイアント・キリング から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 23:05 UTC 版)

番狂わせ(ばんくるわせ)は、予期せぬ事態により物事が思わく通りに進まなくなること、またはスポーツ試合などにおいて戦力や過去の実績で上回る競技者や競技チームに対して格下と見なされる側が、事前の予想を覆して勝利することを指す言葉である[1]。時には「奇跡」とまで表現されることもある[2]


注釈

  1. ^ 高島が移籍した資生堂は7位に入り6年ぶりの入賞と初のシード権(クイーンズ8入り)を獲得した。

出典

  1. ^ ばんくるわせ【番狂わせ】の意味”. 国語辞書 - goo辞書. 2012年6月16日閲覧。
  2. ^ 国立国会図書館 平成25年企画展示 名勝負!!
  3. ^ a b c d e f g 前田勇『江戸語大辞典 新装版』講談社、2003年、829頁。ISBN 978-4062653336
  4. ^ a b 小松寿雄、鈴木英夫『新明解語源辞典』三省堂、2011年、764頁。ISBN 978-4385139906
  5. ^ a b c 生島淳『スポーツルールはなぜ不公平か』新潮社、2003年、66-73頁。ISBN 978-4106035289
  6. ^ おおものぐい【大物食い】の意味”. 国語辞書 - goo辞書. 2012年6月16日閲覧。
  7. ^ a b c Origin of the Word Upset”. Forbes.com (2012年9月19日). 2015年2月21日閲覧。
  8. ^ The New York Times - Breaking News, World News & Multimedia
  9. ^ Dave Wilton, "upset" - Wordorigins.org (Sun., Feb. 04, 2007)
  10. ^ Top Tens: Biggest FA Cup giant-killing shocks ... including Manchester United and Arsenal”. ESPN EMEA Ltd (2011年12月2日). 2012年6月16日閲覧。
  11. ^ FA Cup: Beating the big boys - how to cause an upset”. BBC Sport (2015年2月13日). 2015年2月16日閲覧。
  12. ^ アメリカ大統領選挙の番狂わせ(前編)- 標本調査における偏り (1)”. 統計学習の指導のために(先生向け). 2012年6月16日閲覧。
  13. ^ アメリカ大統領選挙の番狂わせ(後編)- 標本調査における偏り (2)”. 統計学習の指導のために(先生向け). 2012年6月16日閲覧。
  14. ^ a b c 米大統領選 トランプ氏が勝利 「驚くべき番狂わせ」”. NHK NEWS WEB (2016年11月9日). 2016年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月15日閲覧。
  15. ^ a b 【電子版】トランプ氏、クリントン氏に大番狂わせの勝利確実-市場かく乱も”. 日刊工業新聞 (2016年11月9日). 2016年11月15日閲覧。
  16. ^ トランプ氏、大番狂わせの勝利 米大統領選”. AFPBB News (2016年11月9日). 2016年11月15日閲覧。
  17. ^ 自公、過半数獲得の勢い 都民ファースト伸び悩み 東京都議選調査”. 毎日新聞 (2021年6月27日). 2021年7月6日閲覧。
  18. ^ 自公、過半数届かず 菅政権に打撃―自民、都民ファと僅差で第1党―立共は増・都議選”. 時事通信 (2021年7月5日). 2021年7月6日閲覧。
  19. ^ 大外れした「都民ファースト惨敗」予想で露呈したマス・メディア調査の限界 「告示直後の世論調査」は偏りだらけ”. PRESIDENT Online (2021年7月23日). 2021年7月23日閲覧。
  20. ^ アメリカがソ連を破る『氷上の奇跡』”. スポルティーバ 公式サイト web Sportiva. 2012年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月16日閲覧。
  21. ^ 菅原悦子『歴史ポケットスポーツ新聞 冬季オリンピック』大空出版、2009年、98頁。ISBN 978-4903175263
  22. ^ 次世代に伝えるスポーツ物語--スピードスケート・北沢欣浩”. 日本トップリーグ連携機構. 2016年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月16日閲覧。
  23. ^ 菅原悦子『歴史ポケットスポーツ新聞 オリンピック』大空出版、2008年、185頁。ISBN 978-4903175140
  24. ^ Five Memorable Faces from the 2002 Olympics
  25. ^ “韓国 番狂わせ ブラジルに完勝「毎回このようなゲームを」”. スポニチアネックス. (2012年8月2日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/02/kiji/K20120802003818021.html 2015年3月3日閲覧。 
  26. ^ “「沙保里は私のヒーロー」憧れの人、吉田沙保里の背中を追って、ついにつかんだ金メダル 減量も「吉田と戦うため」 美人レスラー、ヘレン・マルーリスの夢とは”. 産経新聞. (2016年8月20日). http://www.sankei.com/rio2016/news/160820/rio1608200023-n1.html 2016年8月26日閲覧。 
  27. ^ “スノーボーダーがアルペン女子スーパー大回転で金、冬季五輪最大級の衝撃”. AFP. (2018年2月17日). http://www.afpbb.com/articles/-/3162777 2018年2月25日閲覧。 
  28. ^ “五輪中継で米NBCが誤報 優勝者を間違える大失態”. スポーツニッポン. (2018年2月18日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/02/18/kiji/20180218s00072000200000c.html 2018年6月27日閲覧。 
  29. ^ “二刀流レデツカ2冠 史上初アルペンとW金メダル”. 日刊スポーツ. (2018年2月24日). https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/snowboard/news/201802240000400.html 2018年2月25日閲覧。 
  30. ^ “竹内智香 3季ぶり復帰で8位、スノーボードW杯パラレル大回転”. スポーツニッポン. (2020年12月14日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/12/14/kiji/20201214s00077000201000c.html?amp=1 2021年8月9日閲覧。 
  31. ^ “二刀流レデツカ、1週間でスキー・スノボW杯2冠”. AFP通信. (2020年12月21日). https://www.afpbb.com/articles/amp/3322444 2021年8月9日閲覧。 
  32. ^ “大番狂わせ 無名の研究者が金メダル 自転車女子ロード”. 毎日新聞. (2021年7月25日). https://mainichi.jp/articles/20210725/k00/00m/050/360000c 2021年7月27日閲覧。 
  33. ^ “オリンピック バドミントン 世界1位の桃田賢斗が1次リーグ敗退”. NHK NEWS. (2021年7月28日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210728/k10013166561000.html 2021年7月28日閲覧。 
  34. ^ “バド複、世界ランク1位の「フクヒロ」も準々決勝で敗退…男女ともメダルならず”. 読売新聞. (2021年7月29日). https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20210729-OYT1T50368/ 2021年7月31日閲覧。 
  35. ^ “男子100メートル決勝は大番狂わせ ヤコブスが9秒80で優勝 イタリア勢が初制覇”. スポーツニッポン. (2021年8月1日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/08/01/kiji/20210801s00048000567000c.html?amp=1 2021年8月7日閲覧。 
  36. ^ “カール・ルイスさん、男子400リレーの予選敗退に猛烈ダメ出し 「アマチュア運動連合の選手の方がよく見えるとは…」【東京五輪陸上】”. 中日スポーツ. (2021年8月5日). https://www.chunichi.co.jp/amp/article/305261 2021年8月7日閲覧。 
  37. ^ “7位に終わったスケボー世界1位、盛り上がり欠く環境嘆く 東京五輪”. AFPBB News. (2021年7月26日). https://www.afpbb.com/articles/-/3358483 2021年8月10日閲覧。 
  38. ^ 菅原悦子『歴史ポケットスポーツ新聞 相撲』大空出版、2008年、19頁。ISBN 978-4903175164
  39. ^ 大相撲コラム 番狂わせに至ったある伏線(昭和14年春場所4日目 双葉山VS安藝ノ海)
  40. ^ 『大相撲この一番~“通”が選ぶ思い出の名勝負集』同文書院総合企画室
  41. ^ 立浪部屋公式ページ2019年10月8日閲覧
  42. ^ 德勝龍の父・順次さんがパブリックビューイング会場で号泣「感無量。伊東監督にいい報告ができる」” (日本語). スポーツ報知. 2020年1月28日閲覧。
  43. ^ 「えらいことになったなあ」初優勝した德勝龍の母えみ子さんも夢心地…国技館で優勝見届ける” (日本語). 中日スポーツ. 2020年1月29日閲覧。
  44. ^ 德勝龍、まさかの幕尻Vに“内助の功”アイドル級美人妻の存在 審判部もノーマーク、慌てて大関と結びの一番” (日本語). 夕刊フジ. 2020年1月29日閲覧。
  45. ^ ジェフリー・ダグラス著、加賀山卓朗訳『ワールドカップ伝説 奇跡を起こした11人』朝日新聞社、1998年、15-16頁。ISBN 978-4022572615
  46. ^ a b c d 大住良之『ワールドカップの世界地図』PHP研究所、2002年、39-44頁。ISBN 978-4569620879
  47. ^ World Cup 2010: opening match brings back memories of the day USA humiliated England”. Telegraph (2010年6月5日). 2012年6月16日閲覧。
  48. ^ 後藤健生『ワールドカップ 1930-2002』中央公論新社、2001年、79頁。ISBN 4-12-203832-4
  49. ^ The miracle of Belo Horizonte-国際サッカー連盟公式HP、2010年2月3日
  50. ^ W杯「史上最大の番狂わせ」はどの試合? 米調査会社がデータで算出-フットボールチャンネル、2018年6月10日
  51. ^ a b c 『スポーツの20世紀 VOL.1 サッカー 英雄たちの世紀』ベースボール・マガジン社、150頁。ISBN 978-4583610849
  52. ^ まずイングランドが消えた…“まさか”のコスタリカ突破で「死の組」大混乱”. 講談社 (2014年6月21日). 2014年6月21日閲覧。
  53. ^ Costa Rica 0-0 England – Man of the Match”. FIFA.com. 2014年7月8日閲覧。(英語)
  54. ^ Costa Rica 1-1 Greece – Man of the Match”. FIFA.com. 2014年7月8日閲覧。(英語)
  55. ^ Netherlands 0-0 Costa Rica – Man of the Match”. FIFA.com. 2014年7月8日閲覧。(英語)
  56. ^ ついにレスターが優勝!!“世紀の番狂わせ”達成!!岡崎は日本人3人目のプレミア制覇”. ゲキサカ (2016年5月3日). 2016年11月16日閲覧。
  57. ^ サッカー 岡崎所属のレスターが“奇跡の初優勝””. NHK NEWS WEB. 2016年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月3日閲覧。
  58. ^ Is Leicester's 5,000-1 upset the greatest sporting shock?”. Reuters (2016年5月2日). 2016年11月16日閲覧。
  59. ^ “イングランド敗退の波乱…小国アイスランドが大番狂わせ! 逆転勝利で初の8強入り”. ゲキサカ. (2016年6月28日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?192809-192809-fl&cx_geki_related_num=4 2017年5月7日閲覧。 
  60. ^ “アイスランドがイングランドに逆転勝ちの番狂わせを起こす! ベスト8でフランスと激突へ”. サッカーダイジェストweb. (2016年6月28日). http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=17065 2017年5月7日閲覧。 
  61. ^ “アイスランド、イングランドに逆転勝利の番狂わせ! EURO初出場でベスト8進出”. フットボールチャンネル. (2016年6月28日). https://www.footballchannel.jp/2016/06/28/post160665/ 2017年5月7日閲覧。 
  62. ^ a b “ユーロ敗退のイングランドに非難殺到、EU離脱にかけたジョークも”. ロイター. (2016年6月28日). http://jp.reuters.com/article/england-out-of-euro-idJPKCN0ZE0GB 2017年5月7日閲覧。 
  63. ^ “快進撃に熱狂アイスランド、イングランド戦は驚異の視聴率99.8%”. ゲキサカ. (2016年6月29日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?192886-192886-fl&cx_geki_related_num=2 2017年5月7日閲覧。 
  64. ^ a b c 【今日は何の日?】モハメド・アリ〝キンシャサの奇跡〟”. web Sportiva. 2011年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月21日閲覧。
  65. ^ 1970's”. The Official Site of George Foreman. 2015年2月21日閲覧。
  66. ^ 1990 -- Buster Douglas knocks out Mike Tyson”. Business Insider. 2012年6月16日閲覧。
  67. ^ “小国以載が大金星王者!初挑戦で無敗チャンプ沈めた”. 日刊スポーツ. (2017年1月1日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1759677.html 
  68. ^ “小国が大番狂わせ、22KO無敗怪物グスマンに判定王座奪取!”. スポーツ報知. (2017年1月1日). http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20170101-OHT1T50016.html 
  69. ^ “ロマゴン、まさかの初黒星 殿堂入りレフェリー「これはジャッジのミス」”. スポーツニッポン. (2017年3月20日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2017/03/20/kiji/20170320s00021000268000c.html 2017年3月24日閲覧。 
  70. ^ “ロマゴン、まさかの初黒星で防衛失敗!井上尚弥も「言葉見つからない」”. スポーツニッポン. (2017年3月19日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2017/03/19/kiji/20170319s00021000219000c.html 2017年3月24日閲覧。 
  71. ^ “木村翔が大番狂わせの世界奪取!“中国の英雄”鄒市明に敵地で11回TKO勝ち”. デイリースポーツ. (2017年7月28日). https://www.daily.co.jp/ring/2017/07/28/0010414257.shtml 2017年9月9日閲覧。 
  72. ^ “ヘビー級で大番狂わせ ジョシュア初黒星で王座陥落”. 日刊スポーツ. (2019年6月2日). https://www.nikkansports.com/battle/news/201906020000332.html 2019年6月2日閲覧。 
  73. ^ “ルイス、無敗ジョシュアに衝撃TKO勝ち パッキャオも驚愕「BOX界史上最大の番狂わせ」”. THE ANSWER. (2019年6月2日). https://the-ans.jp/news/62522/ 2019年6月2日閲覧。 
  74. ^ 大西鐡之祐 むかし²ラグビーの神様は、知と理を縦糸に、情熱と愛を横糸に、真っ赤な桜のジャージを織り上げました。 - ミドルエッジ 2017年3月28日 更新
  75. ^ 【チャンストーライ】横井章氏、今こそ「展開、接近、連続」 - SANSPO.COM 2018.11.14 10:00
  76. ^ ◇サントリーが偉大な歴史を作った◇  - 大野晃のラグビー通信 第20号 2001年6月4日付
  77. ^ “Japan beat South Africa in greatest Rugby World Cup shock ever”. The Guardian. (2015年9月19日). http://www.theguardian.com/sport/2015/sep/19/south-africa-japan-rugby-world-cup-2015-match-report 
  78. ^ “Rugby World Cup 2015: greatest upsets of all time”. The Telegraph. (2015年9月19日). http://www.telegraph.co.uk/sport/rugbyunion/8800709/Rugby-World-Cup-2015-greatest-upsets-of-all-time.html 
  79. ^ 「W杯史上最大の衝撃」英メディア、日本の勝利を異例の扱い ― スポニチ Sponichi Annex ラグビー - スポーツニッポン 2015年9月20日 05:33
  80. ^ “南アの勝利「確定的」…日本勝利のオッズは「34倍」”. サンスポ. (2015年9月19日). https://www.sanspo.com/article/20150919-EC4MI6I655KWLOPPOAGZSGWLMY/ 
  81. ^ . (2015年9月23日). https://www.youtube.com/watch?v=JnaM7jD-S84+2019年9月22日閲覧。 
  82. ^ アイルランド紙も敗戦に衝撃「W杯の番狂わせに加わる」…フランスでも驚きの速報”. スポーツ報知 (2019年9月28日). 2019年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月16日閲覧。
  83. ^ 番狂わせ、ウルグアイがフィジーに勝利。ラグビーワールドカップ2019”. J SPORTS 編集部 (2019年9月25日). 2019年11月18日閲覧。
  84. ^ 強い国学院栃木 桐蔭学園3連覇の野望も打ち砕いた 栃木県勢初決勝 吉岡監督「本当に辛抱強く」”. スポーツニッポン. 2022年1月5日閲覧。
  85. ^ “オランダの奇跡!ドミニカに連勝/WBC”. 日刊スポーツ. (2009年3月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2009/news/p-bb-tp0-20090312-470129.html 
  86. ^ 杉村繁 (2012年11月22日). “ヤクルト・ユウイチが導いた! ブラジル、WBC本大会出場の快挙”. ZAKZAK. 2015年3月1日閲覧。
  87. ^ 開幕戦で番狂わせ! 韓国がイスラエルに1-2で敗れる サンケイスポーツ 2017年3月6日
  88. ^ 聖光学院が準々決勝で敗退 最多タイ14大会連続甲子園出場消える/福島 nikkansports.com(日刊スポーツ新聞社)2021年7月20日配信、同日閲覧
  89. ^ 世代最強の呼び声が高かった大阪桐蔭が2回戦敗退 攻守の課題、誤算を徹底総括 nikkansports.com(日刊スポーツ新聞社)2021年7月20日配信、同日閲覧
  90. ^ 【巨人記録室】シーズン負け越し決定…18年以来9度目 3割打者も打率10傑入りもゼロ hochi.news(スポーツ報知)2021年10月25日配信、2022年1月5日閲覧
  91. ^ “ギリシャが米に勝った/世界バスケ”. 日刊スポーツ. (2006年9月2日) 
  92. ^ “ベネズエラ “NBA軍団”カナダ撃破し6大会ぶり五輪切符”. スポーツニッポン. (2015年9月12日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/09/12/kiji/K20150912011117470.html 
  93. ^ a b French Open 2009: Rafael Nadal dumped out by Robin Soderling”. The Telegraph (2009年5月31日). 2016年11月15日閲覧。
  94. ^ “大波乱!ジョコビッチ2回戦敗退 世界117位に08年以来の屈辱”. スポーツニッポン. (2017年1月19日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/01/19/kiji/20170119s00028000183000c.html 2017年1月29日閲覧。 
  95. ^ “錦織も気をつけて。全豪でジョコビッチが117位に敗れる大波乱の背景”. Sportiva. (2017年1月20日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2017/01/20/_split_117/ 2017年1月29日閲覧。 
  96. ^ “大坂 前年覇者撃破、女子2度目の歴史的金星 集中途切れず”. スポーツニッポン. (2017年8月29日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/31/kiji/20170830s00028000197000c.html 2017年9月9日閲覧。 
  97. ^ TBS|世界陸上ヘルシンキ大会「選手紹介」”. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月2日閲覧。
  98. ^ [平成18年第82回大会優勝] 亜細亜大学「駒沢大学5連覇を阻んだ“雑草魂””. Number Web (2015年12月17日). 2016年11月27日閲覧。
  99. ^ びっくり市民ランナー!公務員の川内 3位で世界切符 - スポーツニッポン 2011年2月28日
  100. ^ クイーンズ駅伝2016~栄冠を手に入れたのは創部3年目のチーム~”. SPAIA (2016年12月6日). 2017年1月14日閲覧。
  101. ^ 【波乱の幕開け】出雲駅伝から見る今シーズンの大学駅伝 Nichieee! 2019年10月18日
  102. ^ [箱根駅伝・平均タイムランキング]本命・青学は5位、東海は19位。圧倒的な1位は…?<”. REALSPORTS (2020年12月31日). 2021年1月4日閲覧。
  103. ^ デーデー・ブルーノ 番狂わせの2位“次世代エース”名乗り サッカーから高2で転向 デイリースポーツ 2021年6月26日
  104. ^ デーデー・ブルーノ200mも2位!自己新連発20秒63 デイリースポーツ 2021年6月27日
  105. ^ “全日本選手権 谷川翔、美しく先輩超え”. 毎日新聞. (2018年4月30日). https://mainichi.jp/articles/20180430/ddm/035/050/105000c 2018年4月30日閲覧。 
  106. ^ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210324/k10012932661000.html


「番狂わせ」の続きの解説一覧

ジャイアントキリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/21 01:36 UTC 版)

ジャイアントキリング: giant-killing)は、「番狂わせ」を意味する英単語。




「ジャイアントキリング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャイアント・キリング」の関連用語

ジャイアント・キリングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャイアント・キリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの番狂わせ (改訂履歴)、ジャイアントキリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS