ジャイキリとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ジャイキリの意味・解説 

ジャイアントキリング

別表記:ジャイキリ
英語:giant killing

ジャイアントキリングは、スポーツ試合などで明らかに格上相手から(大方の予想覆して勝利をもぎ取るいわゆる大番狂わせ」を意味する表現である。

ジャイアントキリング(giant killing)は英語由来表現で、「Jack the Giant Killer」と呼ばれる御伽話直接の語源とされる。(強大な巨人打ち負かすというモチーフ自体旧約聖書に遡れる)。

Jack the Giant Killer」は「ジャックと豆の木」と通底する話で、「巨人殺しジャックもしくは巨人退治のジャック」と訳されることが多い。

GIANT KILLING

(ジャイキリ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 16:49 UTC 版)

GIANT KILLING』(ジャイアントキリング)は、ツジトモによる日本サッカー漫画(作中では「サッカー」ではなく「フットボール」の語が使用されている)。原案・取材協力は綱本将也[注 1]。『モーニング』(講談社)にて、2007年6号から連載されている。略称は「ジャイキリ」[1]。2010年にテレビアニメが放送された。


注釈

  1. ^ a b c 単行本9巻までは「原作・綱本、作画・ツジ」表記、以降は著者としてツジの表記が大書され、綱本が「原作・原案」表記。
  2. ^ 例外として、作中で北海道に存在するクラブ、FC札幌だけは、名前の元となるクラブが実在しない。ただし、北海道札幌市に実在するプロサッカークラブとしては、北海道コンサドーレ札幌がある。北海道コンサドーレ札幌のホーム用ユニフォームはETU同様、赤と黒の縦縞。
  3. ^ 初出はアニメ公式サイト。後述のトレカにも記載されている。
  4. ^ このチームのモチーフは、JFL所属の東京武蔵野シティFCと言われている。
  5. ^ ただし、名前の読みは上述の通り「あかき」。
  6. ^ 2010年3月21日には柏レイソルのホームスタジアムの日立柏サッカー場に登場し、Jリーグデビューを飾った。
  7. ^ フランスのクラブからオファーもあった際も、そういう側面があったため、達海に伝わる前に独断で断っている。
  8. ^ その際に、「達海はETUの裏切り者」という旨の発言をしたため、後にスカルズが達海を裏切り者扱いする原因を作った。また駒田監督の後任監督に不破監督を招聘したのも津川である。結果的と公に知られていないとはいえ、ETU暗黒期を招いた張本人でもある。
  9. ^ この放送がなされた当時はJ1・J2のクラブが本拠とはしておらず、当時JFL松本山雅FC(2012年にJ2昇格)が本拠地として使用
  10. ^ 以前はNHK専属だったが、現在解説者としては主にテレビ朝日系列で出演。NHKにもサッカー解説以外の番組でのタレント扱いで出演している

出典

  1. ^ 連載再開の『ジャイキリ』、3号連続でカラーページを掲載ITMedia 2013年4月30日
  2. ^ モーニング公式サイト - 『GIANT KILLING』作品情報
  3. ^ 単行本4巻扉絵裏に、本作品に登場するクラブの名称と本拠地が記載されている。
  4. ^ 第2回とらのあなコミック&ノベル大賞
  5. ^ 『BIGスイカバー×GIANT KILLING』コラボパッケージ”. LOTTE (2017年4月10日). 2020年9月24日閲覧。
  6. ^ a b c d 吉原伸一郎編集者 × 足立悠馬 〜WonderNotes Inspire〜刺激人
  7. ^ スポーツゴジラ第18号「描くのが怖かった」特定非営利活動法人スポーツネットワークジャパン
  8. ^ ▼【独占!】ツジトモ先生インタビュー#4
  9. ^ a b ▼【独占!】ツジトモ先生インタビュー#3
  10. ^ ▼【独占!】ツジトモ先生インタビュー#5
  11. ^ a b 大久保が世界をジャイキリ!作者がエール「結果を出してほしい」
  12. ^ a b 人気絶好調の『GIANT KILLING』だが...今なお憶測を呼ぶ“お騒がせ“原案者の名義変更
  13. ^ ムック本『GIANT KILLING extra』Vol.07〜10の4号連続購入者を対象とした期間限定の全員プレゼント《達海トレーディングカード》裏面記載の公式プロフィールより。
  14. ^ 単行本14巻P20では平泉との会話から、移籍する前から慢性的な足の故障を抱えていた旨の発言を平泉がしている他、過去編でも両足の膝や足首に故障を抱えていると思われる描写がある。
  15. ^ 単行本3巻にてブランに「フットボールの神様にデカい貸しがある」と語るシーンがあり、このことを指していると思われる。この言葉は達海の代理人・リチャード(後述)の助言。
  16. ^ 単行本30巻より
  17. ^ 単行本16巻より
  18. ^ a b c d e f g h i j k ルイジ吉田による呼称。
  19. ^ 単行本28巻参照。
  20. ^ 単行本6巻P208。新潟戦のハーフタイム中に、試合中のプレーのことで、石浜と清川と口論になっている場面がある。
  21. ^ 単行本15巻。10年前とあることから、小学校高学年時にはETUの下部組織に所属していたと思われる。
  22. ^ 単行本5巻 名古屋の板垣の台詞より。
  23. ^ 夏木による呼称。
  24. ^ 単行本24巻。自らをそういう境遇に置いた両親に対し、不信感を抱いている描写あり。
  25. ^ 単行本25巻。グループが乱立していた状況の中で、生徒会長時代に培ったリーダーシップを発揮してグループ統一に一役買っている。また、「選手を後押しするための応援をする」というドクロ団の理念は、そのままスカルズのポリシーとして引き継がれることとなる。
  26. ^ 単行本23巻#219より。
  27. ^ 単行本27巻#261より
  28. ^ 第213話にて、読みは「オッコ」であること、チーム名は「大人(O)顔負け(K)子供の(K)応援(O)」の意味であることが語られている。
  29. ^ 単行本4巻P88。リーグカップの清水戦でPKを与えた亀井に対して心ない野次を飛ばしたことが原因。
  30. ^ それでも夏木の働きがあって残留は果たしたものの、フェルナンド獲得に多額な資金を使ってしまったため、翌年のETUはキャンプを近場の夢の島競技場で行わなければならないなど、さらに資金不足に悩まされることになった。
  31. ^ 単行本5巻P93〜94。ただし黒田からは「(ドミンゴの)劣化版」と酷評されている。
  32. ^ 単行本5巻P92〜93。すでに退団しており、黒田の回想シーンのみの登場。
  33. ^ 単行本25巻で、山井は「規律というよりも校則」や「校則が厳しすぎて、ヨーロッパのクラブならできる戦術を、日本の中堅クラブの選手に授けようというのは無理がある」などとも評価している。
  34. ^ 単行本26巻描き下ろし。自らの戦術を浸透させるべく選手に歩み寄ろうとしている姿勢はあり、会話の種にすべくサブカルチャー(漫画、アイドルなど)を学ぼうとする一面も。
  35. ^ 単行本40巻#397より
  36. ^ 『GIANT KILLING(1)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  37. ^ 『GIANT KILLING(2)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  38. ^ 『GIANT KILLING(3)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  39. ^ 『GIANT KILLING(4)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  40. ^ 『GIANT KILLING(5)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  41. ^ 『GIANT KILLING(6)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  42. ^ 『GIANT KILLING(7)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  43. ^ 『GIANT KILLING(8)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  44. ^ 『GIANT KILLING(9)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  45. ^ 『GIANT KILLING(10)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  46. ^ 『GIANT KILLING(11)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  47. ^ 『GIANT KILLING(12)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  48. ^ 『GIANT KILLING(13)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  49. ^ 『GIANT KILLING(14)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  50. ^ 『GIANT KILLING(15)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  51. ^ 『GIANT KILLING(16)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  52. ^ 『GIANT KILLING(17)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  53. ^ 『GIANT KILLING(18)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  54. ^ 『GIANT KILLING(19)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  55. ^ 『GIANT KILLING(20)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  56. ^ 『GIANT KILLING(21)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  57. ^ 『GIANT KILLING(22)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  58. ^ 『GIANT KILLING(23)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  59. ^ 『GIANT KILLING(24)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  60. ^ 『GIANT KILLING(25)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  61. ^ 『GIANT KILLING(26)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  62. ^ 『GIANT KILLING(27)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  63. ^ 『GIANT KILLING(28)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  64. ^ 『GIANT KILLING(29)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  65. ^ 『GIANT KILLING(30)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  66. ^ 『GIANT KILLING(31)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  67. ^ 『GIANT KILLING(32)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  68. ^ 『GIANT KILLING(33)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  69. ^ 『GIANT KILLING(34)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  70. ^ 『GIANT KILLING(35)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  71. ^ 『GIANT KILLING(36)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  72. ^ 『GIANT KILLING(37)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  73. ^ 『GIANT KILLING(38)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  74. ^ 『GIANT KILLING(39)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  75. ^ 『GIANT KILLING(40)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  76. ^ 『GIANT KILLING(41)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  77. ^ 『GIANT KILLING(42)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  78. ^ 『GIANT KILLING(43)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  79. ^ 『GIANT KILLING(44)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  80. ^ 『GIANT KILLING(45)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  81. ^ 『GIANT KILLING(46)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  82. ^ 『GIANT KILLING(47)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  83. ^ 『GIANT KILLING(48)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  84. ^ 『GIANT KILLING(49)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  85. ^ 『GIANT KILLING(50)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  86. ^ 『GIANT KILLING(51)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  87. ^ 『GIANT KILLING(52)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  88. ^ 『GIANT KILLING(53)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  89. ^ 『GIANT KILLING(54)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  90. ^ 『GIANT KILLING(55)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  91. ^ 『GIANT KILLING(56)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  92. ^ 『GIANT KILLING(57)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  93. ^ 『GIANT KILLING(58)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  94. ^ 『GIANT KILLING(59)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  95. ^ 『GIANT KILLING(60)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  96. ^ 『GIANT KILLING(61)』(ツジトモ、綱本 将也)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年7月22日閲覧。
  97. ^ 毎日更新!柏レイソル広報日記: ジャイキリカレーパーティー
  98. ^ 「MAG・NET 第7回サッカーマンガ特集」 2010年5月16日放送より抜粋
  99. ^ 川崎フロンターレ 2008年8月29日付プレスリリース
  100. ^ 川崎フロンターレ 2009年4月24日付プレスリリース
  101. ^ 出典・山岸のオフィシャルブログ この模様は4月3日の『Jリーグタイム』でも紹介され、パッカもスタジオを来訪した。
  102. ^ 川崎フロンターレ 2010年7月09日付プレスリリース
  103. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 メインビジュアルに、「GIANT KILLING」の達海猛監督を起用” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2015年7月24日), http://www.jfa.jp/news/00006871/ 2015年8月29日閲覧。 
  104. ^ “第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会メインビジュアルに「GIANT KILLING」の椿大介選手を起用” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2016年7月22日), http://www.jfa.jp/news/00010490/ 2016年7月24日閲覧。 
  105. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会メインビジュアルに「GIANT KILLING」のジーノ選手を起用” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年3月29日), http://www.jfa.jp/news/00013119/ 2017年3月30日閲覧。 
  106. ^ モーニング『町でうわさの天狗の子』の岩本ナオ、ジャイキリ読んでスタジアムへ行く!? ムック“extra”から生まれたサッカー観戦記『ジャイキリ読んで〇〇してきました』が発売中!




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャイキリ」の関連用語

ジャイキリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャイキリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGIANT KILLING (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS