顔文字 日本とアメリカの顔文字の違いについて

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 顔文字の解説 > 日本とアメリカの顔文字の違いについて 

顔文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/02 05:17 UTC 版)

顔文字(かおもじ)は、文などの文字の中で表情などを持った顔のように見える文字を使用することで表情の意味を絵文字のように表す表現である。文字や記号を組み合わせて表情を表現したものと、単独の表情の表現された絵文字がある。文字や記号を組み合わせて複数の行で表現されたものはアスキーアートと区別して扱われる。




[ヘルプ]
  1. ^ たとえば、『\(^o^)/』の顔文字は、前者では「万歳」という成功を表す目的で使用する(顔マークの歴史について)が、後者では「オワタ」という失敗を表す目的で使用する。このため、この顔文字を見た場合に間違った意味でとり判断を誤る例がある。日本テレビ第45回衆議院議員総選挙の開票速報番組のデータ放送で行われた選挙メッセンジャーなどの例がある。(【トレビアン】どうしてこうなった! 日テレの総選挙放送が2ちゃんねる化!
  2. ^ Joan Gajadhar and John Green (17 July 2003). An Analysis of Nonverbal Communication in an Online Chat Group (PDF). The Open Polytechnic of New Zealand. 
  3. ^ Joan Gajadhar and John Green (2005). "The Importance of Nonverbal Elements in Online Chat". EDUCAUSE Quarterly 24 (4). 
  4. ^ “Is That an Emoticon in 1862?”. The New York Times. (2009年1月19日). http://cityroom.blogs.nytimes.com/2009/01/19/hfo-emoticon/ 
  5. ^ An Emoticon in Typewriter Era
  6. ^ Ambrose Bierce (1909–1912). "For Brevity and Clarity". Collected Works (N.Y. and Washington). 
  7. ^ Gregory Benford, A Scientist's Notebook: net@fandom.com, The Magazine of Fantasy & Science Fiction, Vol. 90, No. 6 (June 1996), p. 90
  8. ^ Nabokov (March 1990). Strong Opinions. Vintage Books. ISBN 0-679-72609-8. http://lib.ru/NABOKOW/Inter11.txt 2009年3月24日閲覧。. 
  9. ^ PLATO emoticons
  10. ^ Scottのメッセージ
  11. ^ 顔文字の起源vector 作者:若林 泰志
  12. ^ 米国特許商標庁
  13. ^ CULTURE AND RECOGNIZING EMOTIONS(PDF)
  14. ^ 世界の顔文字&ネットスラング事情







顔文字と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

顔文字に関連した本

顔文字に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「顔文字」の関連用語

顔文字のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

GALAXY J SC-02F

Kindle

NetWalker

BlackBerry Z10

Xbox One

iPhone 3GS

SDHC

無停止型サーバー





顔文字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの顔文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS