宇宙戦艦ヤマト2199 主題歌・挿入歌

宇宙戦艦ヤマト2199

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/29 14:34 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマト2199』(うちゅうせんかんヤマトにいいちきゅうきゅう)は、2012年劇場先行公開およびビデオソフト先行発売、2013年4月7日から同年9月29日までMBSTBS系列テレビ放送された[1][2]アニメ作品。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b c d e 第三章まで。テレビ放送時には、AICとその関係者は第1話からノンクレジットとなっており、「AIC」の社名は各話のアニメーション制作協力プロダクションとしてクレジットされている。
  2. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会への参加企業リストは、#スタッフを参照。
  3. ^ 詳細は、宇宙戦艦ヤマト#放映と影響を参照。
  4. ^ この公開形態は、アニメ版『機動戦士ガンダムUC』のそれとほぼ同様である。
  5. ^ キャラクターデザイン設定画に記載された年表記より。
  6. ^ 階級名は日本の海上自衛隊での呼称に準じている。
  7. ^ 旧作と異なり、航空隊の軽装航空服を除き簡易宇宙服として利用されることはなく、宇宙服としての機能があるのかどうかも不明。ただし、第20話では古代がコスモゼロで発艦する際、パイロットスーツを着用する時間がなかったため、艦内常装の上にヘルメットと手袋とブーツを着て発艦している。なお、女性の艦内常装もパイロットスーツとは若干形状が異なっているため、別物と思われる。
  8. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』P256によると、本作の艦内常装の形状や女性パイロットの玲の存在に関して、実写版の影響を受けていると言われるが、設定が作られたのは実写版の方が後であり、無関係であると述べられている。
  9. ^ 第一章BD・DVD付属のオープニング絵コンテ集の表紙における古代の場合、「TACTICS(戦術) / OFFICER(士官) / S.KODAI」、また、ヤマトクルーから発売されているクリアファイルに描かれた雪の場合、「OPERATIONS(船務) / OFFICER / Y.MORI」、メガハウス発売の「ヤマトガールズコレクション」原田真琴の場合、「MEDIC(衛生・医療) / UNCF CIV(国連宇宙軍 軍属) / M.HARADA」と入っている
  10. ^ 旧作では当初ガミラス人もペールオレンジであったが、途中で肌を青に変更し、以後は全て青色である。当初の登場人物がペールオレンジなのは照明の関係でそう見えたという設定である。
  11. ^ 『YRAラジオヤマト』第2回(2012年4月9日配信)でチョーが明言。
  12. ^ 旧作の第6話でもガミラス人のヤレタラがガミラス語を喋っているが、放送に字幕はなく、アナライザーが通訳している。
  13. ^ 『YRAラジオヤマト』第3回(2012年4月23日配信)で、「ガミラス語講座」としてチョーが惑星間弾道弾発射のカウントダウンで用いられた数字を披露した。これらは、ヤマトクループレミアム会員会報誌『宇宙戦艦ヤマト航海日誌』の創刊号 (Vol.0) や、第二章パンフレットにも掲載されている。
  14. ^ ガミラス語の発音例としては、0:ゼオ、1:アル、2:ベオ、3:ネル、4:ジー、5:ガル、6:ギグ、7:ゼク、8:パク、9:ピア、10:ケスの数字が挙げられる
  15. ^ デスラーの手によって殺されたとうかがえる描写がある。
  16. ^ 漢字表記はオリジナルサウンドトラックPart.3より。なお、第24話日本語字幕では「翠水晶」と表記されているが、「翠」は「あお」とは読まない。
  17. ^ ただし、第六章パンフレットP18、19の宇宙コラムによると、艦内に人工重力を発生させることができないだけで、慣性制御システムそのものは備わっていることが示唆されており、劇中において磯風型などがスラスターをほとんど吹かさずに地表から垂直浮上する等の描写は、艦体に慣性制御をはたらかせていることによるものであるらしい。また、『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』P157にも、旧型艦の慣性制御に関しての記述がある(ただし、文末に「(要検討)」とも記述されている)。
  18. ^ 他にも「テロン人の艦(ふね)」、「テロン艦」など。
  19. ^ 「グレートメカニックDX23」のP20にある、宣伝協力(メカ設定)担当の小泉聰によるとカ2号作戦にはキリシマの他に同型艦「コンゴウ」と「ハルナ」も参加したが撃沈され、キリシマだけが残ったとの話である。
  20. ^ 通常配備状態32機、分解保存状態4機。
  21. ^ ビーメラ4の探索の際は、ベイには兵装ではなくライトが装備されていた。
  22. ^ 第15話に登場した親衛隊所属のメランカのみ、通常の緑色の迷彩塗装となっている。
  23. ^ シャングリ・ラーや親衛航宙艦隊所属艦艇などは、巡航時にピンク色、戦闘時に黄色からピンク色へグラデーションがかかった色に変色する。
  24. ^ 同型艦のゼルグートII世とデウスーラI世も分離可能。
  25. ^ 特殊削岩弾を含む。
  26. ^ 作中では「同じ将棋を指せる」相手であると表現されている。
  27. ^ 旧作においてヤレタラが発した「ツバクカンサルマ」という言葉で、ガミラス語を作る際に意図して同じになるように設定された(発音は、『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』P260によると「ツバック・カン・サルマー」、『「ヤマト計画」記録集』P20によると「ルマックグラックカンサルマー」)。なお、日本語訳は「みんな向こうの戦車に乗れ」から「戦車に連れて行け」に変わっている。
  28. ^ 地球側の呼称を分析し、ガミラス人なりに命名したもの(『ハイパーホビー』2012年9月号P103より)。
  29. ^ ただし、第3話ではシュルツが「太陽系」と呼称しているシーンも存在する。
  30. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』P261に記載されている表では、「地球」は「テローア」で、「地球人」が「テロン」となっている。
  31. ^ 一例としては、旧日本海軍由来の海上自衛隊用語で、聞き間違いへの配慮を目的とした「0:マル、1:ヒト、2:フタ、3:サン、4:ヨン、5:ゴ-、6:ロク、7:ナナ、8:ハチ、9:キュウ」や「右舷(ミギゲン)」や「左舷(ヒダリゲン)」という発音がある。
  32. ^ 真田は、予定ルート上に未知の障害物を感知し、回避したためと推測している。コミック版でも推測はほぼ同じで、オートキャンセラーが作動した形跡があり、ルート上に地球の観測技術では感知できない物体が存在したためとされている。また、コミック版では回避判断の中枢は波動コアに内包されていることになっている。
  33. ^ 近年の観測で、タイタンは旧作のような氷に覆われた星ではないと判明したため。
  34. ^ 旧作の放送当時は太陽系第9惑星。
  35. ^ 第11話では、島が「バラン星系」と呼んでいるが、バランは単独の惑星であり、星系を構成していない。
  36. ^ a b 資料(特に初期のもの)では「力号作戦」と「力2号作戦」の表記が混同されており、例えば第一章の劇場パンフレットでは第二次火星沖海戦が「力号作戦」と表記されているなどがある。
  37. ^ しかし、『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』P153、154によると、2190年代後半にキリシマと同様の改修を受けた金剛型戦艦「コンゴウ」「ハルナ」の2隻が、力号作戦で戦没したとされており、矛盾が生じている。
  38. ^ 第26話の徳川のセリフでは、キリシマの艦長とされている。
  39. ^ 「力号作戦で戦死」(第一章パンフレットP10より)、「力2号作戦で戦死」(『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』P191より)等の記述がある資料があり、第26話でも第二次火星沖海戦で戦死したことをうかがわせる描写があるが、第10話では息子の写真を手に持つ沖田に対し徳川が「もう1年になりますか」と言っており、矛盾が生じている。
  40. ^ 第10話の玲が明生にペンダントを手渡し、加藤から返却されるシーンから考えると矛盾がある。2193年では玲は12歳で、劇中の外見年齢と一致しない。また、全記録集第1巻P312に第2話で玲の部屋に貼られていた写真が掲載されているが、そこでも玲の宇宙軍入隊後に撮影された加藤と山本兄妹の3人での写真であり、このことからも2193年カ2号作戦での戦死には矛盾がある。
  41. ^ 関連書籍などの表現。
  42. ^ 小説版では、一日も早い秩序回復を為そうとするヒスの政略により、デスラーが諸悪の根源として喧伝され、手のひらを返した民衆により肖像や銅像の破壊が行われたことが語られている。
  43. ^ 「バム」はガミラス語で「砲」を意味する。
  44. ^ 「ミゴ」「ヴェザー」はガミラス語でそれぞれ「反射」「ビーム」を意味する。
  45. ^ 「タキオン通信」という単語が劇中に明確に出たのはゲーム版からである。
  46. ^ 第13話や第25話の亜空間魚雷が260エスノット前後の速度を出している。
  47. ^ ただし、現実の赤道祭においても近代では仮装をすることがあり、あながち冗談というわけでもない。
  48. ^ 旧作の全記録集下巻にも、ファンクラブ代表として名前が掲載されている。
  49. ^ 詳細は、宇宙戦艦ヤマトシリーズ#知的財産権に関する特記や、宇宙戦艦ヤマト 復活篇#概要を参照。
  50. ^ 庵野は後に時間を割き、本作のオープニングアニメーションの絵コンテを担当している。
  51. ^ 現実の戦艦大和は前後が分断された状態で海底に横たわっている。
  52. ^ この件に関して、『宇宙戦艦ヤマトDVDメモリアルボックス保完ファイル』P10第1話、P11第3話各「ポイント解説」によると、旧作第18話での真田の回想シーンから逆算すると冥王星海戦(第1話)は2199年4月末〜5月頭と推測され、ヤマト完成・出発(10月9日・第3話)までは5か月の期間があり、改造期間が数日ではない。
  53. ^ 但し、准尉の扱いが自衛隊とは異なる。本作では士官候補生の階級とされているが、実際の自衛隊ではベテラン曹長が任用される幹部補佐職である。
  54. ^ 旧作第2話では、一部市民がヤマト乗組員に「地球を見捨てて逃げるのではないか」と野次を浴びせているが、政府関係者の中にはヤマトがイスカンダルへ行くことを反対する人物は登場していない。
  55. ^ a b 第2巻のBD・DVDに映像特典としてディレクターズカット版を収録。
  56. ^ a b c d e テレビ版のみ。
  57. ^ テレビ版後期オープニングアニメーションの編集も担当。
  58. ^ 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』用に宮川泰が作曲・編曲したBGMで、『ヤマトよ永遠に』や『宇宙戦艦ヤマトIII』、さらに『宇宙戦艦ヤマト2』の総集編でも使用された。
  59. ^ 第5話のコスモファルコン出撃シーンでもワンダバ入りの曲が流れている。
  60. ^ 西崎義展がプロデュースした『宇宙戦艦ヤマト』と『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』の企画アルバム用に宮川秦が編曲したBGMの一つで、『宇宙戦艦ヤマト2』劇中でも使用された。
  61. ^ 初回放送時の第18話ではEDがなく、本編終了後第19話のOPが流れた。
  62. ^ Yuccaは実写版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』のBGMにもスキャット(厳密にはヴォカリーズ)で参加した。
  63. ^ ビデオソフト版とは曲の編集が異なっており、「『宇宙戦艦ヤマト2199』主題歌集」にも「TOKYO MX / BS11版」と表記されている。
  64. ^ 第三章の予告編でも使用されている。
  65. ^ このヴァージョンは、バックコーラスなし。
  66. ^ 『YRAラジオヤマト』第4回(2012年5月7日配信)で作詞・作曲の詳細が発表され、チョーが出渕から渡されていた歌詞で歌った。軍歌ではなく、宇宙の船乗りに歌い継がれてきた歌という設定である。なお、歌詞の「瞬き」の部分は、第1話の劇中では「まばたき」、チョーによる歌唱では「またたき」と歌われている。「YAMATO CREW」限定BD・DVD付属アフレコ台本の中に正式な歌詞が掲載されており、「宇宙(そら)」の表記はあるが、「瞬き」の部分は漢字表記のみで読みが表されていない。CDでは劇中通りに「まばたき」と歌われていた。
  67. ^ 第1話のオーディオコメンタリーにおける出渕によると、録音では1番の歌詞の後も続けて歌われたが、放送用では削除されて歌詞なしのBGMへ変更された。また、旧作では古代守だけが決戦に臨んだ描写しかなく、他の乗組員はその決意に流された感があるため、本作ではユキカゼの艦橋乗組員達の姿を映し、決戦へ同意したその決意を表すために歌わせたとのことである。
  68. ^ 前話ラストの次回予告における沖田の台詞より。テレビ放送版では、第3話からアバンが入り、その分次回予告が削られているため、放送中に日数を知ることはできなくなっている。なお、次回予告自体はMBSのサイトで視聴することができる。
  69. ^ 日5での放送日。
  70. ^ アナライザーの物語として旧作第16話に替わるストーリーである。
  71. ^ 旧作シリーズに相当するエピソードはないが、『宇宙戦艦ヤマト 永遠のジュラ編』(作画 - 松本零士 / 企画協力 - 西崎義展)がモチーフと思われる。
  72. ^ 古代の家族の死の経緯が語られる点では、旧作第13話にも相当する。
  73. ^ 8月11日は世界陸上モスクワの放送のために、先行して4日に1時間SPという形で第18話・第19話の2話が連続放送され、翌々週の18日に第20話が放送された。
  74. ^ テレビ放送版では表記なし。
  75. ^ ソフト等、ほぼ全てに「最終話」とあり、「第26話」とは表記されていない。唯一、公式サイトのみ、「第26話(最終話)」と表記されている。
  76. ^ 地球との通信が回復し、相原が老父が亡くなったことを知って嘆いているシーンは、旧作第19話を反映している。
  77. ^ 第七章については先行上映された短縮版ではなく全長版を放送。
  78. ^ a b c オープニングと本編はMBS放送時と同内容だが、MBSの局名や関係者はクレジットから外されており、第3話以降に付いたエンディングは麻宮騎亜描き下ろしのイラストを表示しながら先行上映版の曲が流れる。
  79. ^ 第3巻のBD・DVDに映像特典としてディレクターズカット版を収録。
  80. ^ 章立て及び章題は劇場での先行上映用の題名であり、ビデオソフトには記載されない。
  81. ^ 第二章および第七章は制作側の都合から劇場での販売が行われず、先着で購入案内用紙が配布されたうえでネット注文する形となった[108][109]
  82. ^ a b テレビ放送版ではMBSの公式サイトで配信された予告で聞ける。
  83. ^ 大食堂のメニューの「おすすすめ」や、メルダへ銃を構えた玲の右手(指が6本)など。
  84. ^ ヤマトの初ワープ時に透けて見える雪の乳首をはじめ、その後の各話でもレイアウトの都合上アップになった際の股間など。また、ボディーラインに沿ったコスチュームデザインがもたらす扇情的な形状を鑑み、それを顕著に表現する描線を消去する修正が加えられている。
  85. ^ ほぼ毎回登場人物とその役職のテロップが表示され、その他の要素の固有名詞なども大幅な追加(例:「反射衛星砲」、「グリーゼ581星系」)や、説明を詳細にする変更(例:「第一艦隊」→「国連宇宙軍 第一艦隊」、「バラン星」→「自由浮遊惑星バラン」)。
  86. ^ 第五章までは3か月間隔での上映だったが、4月からテレビ放送が開始されたこともあり第六章からは2か月間隔での上映になったため、制作スケジュールが逼迫した。
  87. ^ 普通では動画ではなく絵コンテを切り貼りするのが正しいやり方であるが、動画の方が早いと思って編集したと本人は述べている。
  88. ^ BD本体は一般流通用初回特典仕様と同一。品番のみ「BCXB-」となる
  89. ^ 第7巻ではヤマトクルーオリジナル収納Box(BD&DVD用Box単独発売もあり)とEDテーマ「愛の星」が収録されている第七章ミュージックDVD(12月11日発売の「NANA CLIPS 6」にボーナスクリップとして再録)も付属する[128]
  90. ^ 当初上映開始日である6月30日に予定されていたが、収録されている映像特典の一部に不備が見つかったために劇場での販売を中止し、鑑賞者先着限定でネット注文による通信販売に変更され、7月10日より順次発送された[108]。また、お詫びとして第一章・第二章のパンフレットに描かれた加藤直之画の非売品ポストカードが2枚付属された。
  91. ^ 前日に開催された「前夜祭」で、更に先行してチケット半券と引き換えられた。
  92. ^ a b c 前日に開催された「プレミアムナイト」で、プレミアム鑑賞券保持者にのみ劇場限定版BDが最先行販売された。
  93. ^ 劇場先行販売が8月24日に予定されていたが、内容のクオリティアップのため、鑑賞者先着限定でネット注文による通信販売に変更され、10月10日より順次発送された[109]。また、お詫びとして後藤隆幸画の「晴れ着姿の山本玲」、「晴れ着姿の岬百合亜」の非売品ポストカードが2枚付属された。
  94. ^ 2013年9月25日に発売予定だったが、先行販売時と同様の理由により10月25日に延期・発売された。
  95. ^ むらかわはゲーム版を基にした漫画「宇宙戦艦ヤマト 遥かなるイスカンダル コミックアンソロジー」(ISBN 4-921066-43-4 c0979)の冥王会戦のシーンも手がけている(タイトル「会戦」)。
  96. ^ 第4巻の太陽系赤道祭での交信シーンに旧作の交信シーンが再現されている。例として佐渡がミーくんに話しかけるシーンや島次郎がヤマトの模型を作っているシーン、徳川の交信シーンに見える。
  97. ^ 連載時に区切りとなる話数の最後にスタッフ名等とともに表記されている。単行本掲載時には表記なし。
  98. ^ ヤマトクルーより[ヤマトクルー限定特典付き]第2巻 ISBN 978-4-04-120559-4-C0979 を発売。特典内容はコミック第2巻用ヤマトクルーオリジナルカバー(ユキカゼ表紙) & ICカード用ステッカー。
  99. ^ 第8話の冒頭部分も含まれている。
  100. ^ 第17話の真田の回想シーンも含まれる。
  101. ^ 第6巻分には『角川ニコニコエース』、『ComicWalker』にて第○部表示がなくなっている。
  102. ^ ピンナップそれぞれに題名は付いていないので、カギ括弧内の題名は仮称である。
  103. ^ 第1回に関して「宇宙戦艦ヤマト2199」公式サイトによると、7月上旬より作者が体調を崩し、中旬には原稿を執筆できなくなったために、一部ページが完成せず、第1話はページを減らし未完成版で掲載され(原田真琴登場シーンが削られている)、完成版は単行本化の際に披露される。また第2回の連載も第2話[前編]とあるように、ページ数を減らして連載されている。
  104. ^ 『YRAラジオヤマト』第4回(2012年5月7日配信)で、「ニコニコ超会議2012」にて行われた『YRAラジオヤマト』出張版での出渕による発表が放送された。
  105. ^ これ以外のメニューに関してはヤマトクループレミアムファンクラブ会報誌『宇宙戦艦ヤマト航海日誌』Vol.1のP18に掲載されている。
  106. ^ アニメイラストジャケット/デジパック仕様
  107. ^ a b この水着は、後に本編でも第24話の海水浴時に登場した。ただし、雪の水着姿はない。

出典

  1. ^ a b c d e 「宇宙戦艦ヤマト」33年ぶりTV新シリーズ放映 激戦日曜日で勝負-スポニチ Sponichi Annex 芸能、2013年1月11日
  2. ^ a b c d e 『宇宙戦艦ヤマト2199』2013年4月よりMBS・TBS系全国ネットにてTV放送決定!!、YAMATO CREW、2013年1月11日
  3. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』 2012年4月7日より全国10館でイベント上映バンダイビジュアル、2011年11月14日
  4. ^ a b 「ヤマト2199」 上映、配信、BD/DVD同時展開 TV放送は2013年以降に、アニメ! アニメ! ビズ、2012年2月28日
  5. ^ 「ビジネスサイドから見た『宇宙戦艦ヤマト2199』」(『宇宙戦艦ヤマト2199ぴあ』P51の画像参照)より。
  6. ^ 「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」12月6日全国公開決定 「追憶の航海」上映も明らかに、アニメ!アニメ!、2014年4月21日
  7. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』ヤマト×ガミラス×ガトランティス、三大勢力が激突、マイナビニュース、2014年10月10日
  8. ^ a b c d 小野大輔ら声優陣も出席「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式」レポ - ニュース - アニメイトTV、2012年2月22日
  9. ^ a b c d e f g ヤマトとアホ毛と青い顔 - 小原篤のアニマゲ丼 - 映画・音楽・芸能、朝日新聞デジタル、2012年2月27日
  10. ^ a b c 『宇宙戦艦ヤマト2199』出渕裕・西井正典インタビュー - 『月刊ホビージャパン』2012年5月号
  11. ^ ハイパーホビー』2012年6月号P68より。
  12. ^ 38年の時を経て、『宇宙戦艦ヤマト2199』発進! 主題歌はささきいさおが担当、マイナビニュース、2012年2月22日
  13. ^ Twitter / dadasiko: 実は沖田と徳川が語る「防衛艦36番」というのには...
  14. ^ 『グレートメカニックDX21』P72、及び『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]」P249。
  15. ^ 第3話の撃沈時や、第13話の停泊時などより。
  16. ^ BD・DVD第4巻ブックレットより。
  17. ^ 「モデルグラフィックス2014年3月号」P30の出渕インタビュー。
  18. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 『ヤマト計画』記録集』P115。
  19. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-Vol.1』P116。
  20. ^ 『テレビブロス』2012年5月26日号P6。
  21. ^ 第三章パンフレットP16より。
  22. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 「ヤマト計画」記録集』P110。
  23. ^ 「モデルグラフィックス2014年3月号」P9。
  24. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』P153。
  25. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』BD・DVD映像特典「地球組織解説」。
  26. ^ 『「ヤマト計画」記録集』P110。
  27. ^ 第三章パンフレットP18。
  28. ^ 第8話でのシリウス星系を航行中の太田の台詞より。
  29. ^ a b c 「2199"ヤマト魂"対談 監督・出渕裕×メカニカルディレクター・西井正典インタビュー」『グレートメカニックDX20』 双葉社、2012年、69 - 70頁。
  30. ^ 【インタビュー】出渕裕監督が語る新たなるヤマトの魅力 - 『宇宙戦艦ヤマト2199』、4月7日上映開始 (1) リメイクに至った経緯、マイナビニュース、2012年4月4日
  31. ^ “愛するがゆえヤマト再び TV版リメーク「旧作磨いた」”. asahi.com (朝日新聞社). (2012年4月11日). オリジナル2012年4月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120411172632/http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201204100204.html 
  32. ^ 第一章・劇場限定版BD付属の第1話絵コンテより。
  33. ^ a b c d 【インタビュー】出渕裕監督が語る新たなるヤマトの魅力 - 『宇宙戦艦ヤマト2199』、4月7日上映開始 (2) ストーリーを再構成するにあたって、マイナビニュース、2012年4月4日
  34. ^ キャラクター|宇宙戦艦ヤマト2199、2012年2月13日
  35. ^ キャラクター|宇宙戦艦ヤマト2199、2012年4月12日
  36. ^ 2011年11月12日午前8時、ヤマトクルーに集え!、YAMATO CREW、2011年11月11日
  37. ^ スペシャル|宇宙戦艦ヤマト2199、公式サイト、2012年4月5日
  38. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 この作品は偉大である。[出渕裕]、YAMATO CREW、2011年11月12日
  39. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 イントロダクション[氷川竜介]、YAMATO CREW、2011年11月12日
  40. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 作品概要、YAMATO CREW、2011年11月12日
  41. ^ 松竹、「宇宙戦艦ヤマト2199」特報動画を公開、RBB TODAY、2011年12月2日
  42. ^ 2012年2月18日「宇宙戦艦ヤマト2199」イベント開催決定!!、YAMATO CREW、2011年12月9日
  43. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199オープニング絵コンテは庵野秀明氏!、YAMATO CREW、2012年1月25日
  44. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜レポート、YAMATO CREW、2012年2月21日
  45. ^ 商品紹介|宇宙戦艦ヤマト2199、公式サイト、2012年2月22日
  46. ^ a b 宇宙戦艦ヤマト2199OP主題歌は ささきいさおに決定!!、YAMATO CREW、2012年2月18日
  47. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199PV第二弾公開!、YAMATO CREW、2012年2月21日
  48. ^ 本日24:15 NHK総合”MAG・ネット”で2199発進式レポート放送予定!、YAMATO CREW、2012年3月2日
  49. ^ 本日20:30 東京MX”アニメTV”で2199発進式放送予定!、YAMATO CREW、2012年3月8日
  50. ^ 2199発進式 特別上映会in名古屋・大阪開催決定!、YAMATO CREW、2012年3月16日
  51. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章 バンダイチャンネルでも 冒頭10分 無料配信!、YAMATO CREW、2012年3月30日
  52. ^ a b c 宇宙戦艦ヤマト2199特集、バンダイチャンネル、2012年3月30日
  53. ^ MAG・ネットマンガ・アニメ・ゲームのゲンバ 【4月号】の番組概要ページ - TVトピック検索
  54. ^ ささきいさおミニライブ開催決定!、YAMATO CREW、2012年4月20日
  55. ^ ささきいさお「好敵手」間違えちゃった - 音楽ニュース、nikkansports.com、2012年4月27日
  56. ^ ささきいさお「宇宙戦艦ヤマト/真赤なスカーフ」発売記念ミニライブレポート、YAMATO CREW、2012年5月1日
  57. ^ “ニコニコ超会議”『宇宙戦艦ヤマト2199』スタッフ&キャスト トークショー開催!!、YAMATO CREW、2012年4月26日
  58. ^ 「バンダイチャンネル」にて『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章配信開始!、YAMATO CREW、2012年5月7日
  59. ^ Twitter / 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会: ツイッター上でも話に出ていますが、本日上映開始の「ガ ...
  60. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』Blu-ray&DVD 第1巻 発売記念! 購入者対象抽選会開催!!、YAMATO CREW、2012年5月24日
  61. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』Blu-ray&DVD第1巻発売記念!購入者対象抽選会レポート、公式サイト、2012年5月28日
  62. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199第二章PV公開、YAMATO CREW、2012年5月25日
  63. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第二章「太陽圏の死闘」冒頭9分無料配信決定!、YAMATO CREW、2012年6月19日
  64. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 × ひかりTV 劇場同時&先行配信!自宅のテレビでいち早く宇宙戦艦ヤマト2199が見られる!!|特集|ひかりTV、ひかりTV、2012年6月23日
  65. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』7月12日「めざましテレビ」に!、YAMATO CREW、2012年7月10日
  66. ^ ワンフェス2012 『宇宙戦艦ヤマト2199』ブースレポート、YAMATO CREW、2012年7月30日
  67. ^ 2012年7月30日より「バンダイチャンネル」にて『宇宙戦艦ヤマト2199』第二章配信開始!、YAMATO CREW、2012年7月26日
  68. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章PV公開!、YAMATO CREW、2012年8月24日
  69. ^ キャラホビ2012『宇宙戦艦ヤマト2199』ブースレポート、YAMATO CREW、2012年8月28日
  70. ^ スペシャル|宇宙戦艦ヤマト2199、2012年9月14日
  71. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章「果てしなき航海」 冒頭10分 無料配信!、YAMATO CREW、2012年10月1日
  72. ^ ニュースインフォメーション|宇宙戦艦ヤマト21992014年8月14日閲覧
  73. ^ 2012年11月13日より「バンダイチャンネル」にて『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章配信開始!、YAMATO CREW、2012年11月22日
  74. ^ テレビ朝日「題名のない音楽会」で『宇宙戦艦ヤマト』が取り上げられます!、YAMATO CREW、2012年11月15日
  75. ^ 2013年ヤマト発進?ささきいさおが語る、nikkansports.com、2013年1月1日
  76. ^ イベント一覧|春満開!MBSキャラまつり|MBS公式2014年8月14日閲覧
  77. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』完全新作劇場映画 2014年全国公開決定!!
  78. ^ 新作劇場映画タイトル解禁!映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』さらに特別総集編との2作連続公開が決定!、YAMATO CREW、2014年4月21日
  79. ^ a b c d e f g ワンダバ「ヤマト」 - 小原篤のアニマゲ丼 - 映画・音楽・芸能、朝日新聞デジタル、2012年3月5日
  80. ^ a b 第四章劇場パンフレットP26、27のインタビューより。
  81. ^ a b c 祝!「宇宙戦艦ヤマト」復活!宮川彬良先生インタビュー!、EnterJam、2012年4月6日
  82. ^ 先行上映記念特別番組『「宇宙戦艦ヤマト2199」上映直前!〜俺たちのヤマトSP〜』でのインタビューより。
  83. ^ a b 中川翔子も歌う「宇宙戦艦ヤマト」主題歌 現代版で帰ってくる!、スポニチアネックス、2013年2月9日
  84. ^ Project Yamato 2199|TV放送 宇宙戦艦ヤマト2199、2013年4月7日
  85. ^ ニュース|宇宙戦艦ヤマト2199、2013年3月15日
  86. ^ W中島が初タッグ!みゆき作詞作曲、美嘉歌う、スポーツ報知、2013年3月19日
  87. ^ [キャラクター&ホビー通販] | CD アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」EDテーマ「Best of my Love」 期間生産限定アニメ盤 / 安田レイ、あみあみ、2013年5月30日
  88. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』TV放送の新エンディング曲がJUJUの新曲「Distance」に決定!!、YAMATO CREW、2013年7月29日
  89. ^ バックコーラスのクレジットはシングルCD (LACM-4921) の付属ブックレットによる。
  90. ^ ささきいさお オフィシャルウェブサイト 2012年4月16日付Newsより。
  91. ^ a b 商品紹介 - CD|宇宙戦艦ヤマト2199、2012年4月17日
  92. ^ 結城アイラが歌う『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章EDテーマが発売決定!、CDJournal.com、2012年4月16日
  93. ^ a b c 「ヤマトに新しい風を!」新作ヤマトのエンディングを歌う結城アイラに直撃!”. News-gate (2012年6月25日). 2013年9月7日閲覧。
  94. ^ a b c 『宇宙戦艦ヤマト2199』ED・結城アイラさんにインタビュー アニメイトTV 2012年6月26日付
  95. ^ a b c 『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章ED「星が永遠を照らしてる」発売記念! 結城アイラスペシャルインタビュー じゃぽかる 2012年6月26日付
  96. ^ 第三章EDテーマが、ささきいさおが歌うヤマトの名曲、「真赤なスカーフ」に決定!! YAMATO CREW、2012年8月24日
  97. ^ EDテーマはささきいさお「真赤なスカーフ」 『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章 アニメ! アニメ!、2012年8月25日
  98. ^ a b c d 夢の共演!「Project Yamato 2199」本格始動! 、アニメイトTV、2013年3月15日
  99. ^ a b 「宇宙戦艦ヤマト2199」TV放送主題歌に 影山ヒロノブ、JAM Project、中川翔子、ささきいさお、アニメ!アニメ!、2013年2月9日
  100. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』最終章のフィナーレを水樹奈々さんが熱唱! YAMATO CREW、2013年4月8日
  101. ^ ヤマトクループレミアムファンクラブ会報誌『宇宙戦艦ヤマト航海日誌』の創刊号 (Vol.0) P14より。
  102. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』特番オンエア決定!、YAMATO CREW、2012年3月27日
  103. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 公開記念特別番組〜新生ヤマト発進宣言〜、ファミリー劇場、2012年4月6日
  104. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 [#1]、ファミリー劇場、2012年4月6日
  105. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第二章上映記念!!特別番組オンエア決定!!、YAMATO CREW、2012年6月15日
  106. ^ 10月6日(土)『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章上映直前!特別番組放送決定!!、YAMATO CREW、2012年10月1日
  107. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199第1巻劇場限定BD販売について、YAMATO CREW、2012年3月23日
  108. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト2199』第2巻劇場限定版Blu-ray Disc商品販売方法変更のお知らせとお詫び、YAMATO CREW、2012年06月28日
  109. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト2199』第7巻 劇場限定版Blu-ray Disc及び 一般発売Blu-ray Disc&DVD 発売スケジュール変更のお知らせとお詫び、YAMATO CREW、2013年07月05日
  110. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章「ひかりTV」で先行提供中!、YAMATO CREW、2012年4月13日
  111. ^ 無料)宇宙戦艦ヤマト2199 第一章(冒頭10分)のビデオ詳細、ひかりTV、2012年3月26日
  112. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章 上映版上映時間に関してのお詫び公式サイト 2013年8月12日
  113. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章初日舞台挨拶レポート、YAMATO CREW、2012年4月10日
  114. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第二章初日舞台挨拶レポート、YAMATO CREW、2012年7月3日
  115. ^ スペシャル|宇宙戦艦ヤマト2199、2012年10月15日
  116. ^ 「たっぷりヤマトークナイト・第一章」ツイッター生実況!、YAMATO CREW、2012年4月13日
  117. ^ 「たっぷりヤマトークナイト・第一章」レポート、YAMATO CREW、2012年4月20日
  118. ^ ニュース|宇宙戦艦ヤマト2199、2013年3月10日
  119. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』がテレ玉にて、10月1日(水)より放送決定!!、YAMATO CREW、2014年9月18日
  120. ^ 『宇宙戦艦ヤマト』40周年プロジェクト発進!新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』と特別総集編との、2作連続公開が決定!、リスアニ!WEB、2014年4月23日
  121. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海
  122. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』BD&DVD11月21日発売、劇場限定版は絵コンテ集、マイナビニュース、2014年5月19日
  123. ^ Twitter / new_yamato_2199: 特別総集編「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」は ...
  124. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』劇場パンフレットP18、19。
  125. ^ スペシャル|宇宙戦艦ヤマト2199、公式サイト、2014年8月29日
  126. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』新作カット25点公開、小野大輔のメッセージも、マイナビニュース、2014年9月13日
  127. ^ a b c d 『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』劇場パンフレットP04、05。
  128. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第7巻Blu-ray&DVD エンディングテーマ「愛の星」収録 第七章ミュージックビデオ付き「ヤマトクルー限定版」発売決定!!、YAMATO CREW、2013年08月01日
  129. ^ 夏のおわり:楽只堂(むらかわみちおのブログ)、2013年9月5日。
  130. ^ 東まゆみ×「宇宙戦艦ヤマト2199」、山本玲の物語を執筆、コミックナタリー、2013年6月30日
  131. ^ コミック『宇宙戦艦ヤマト2199』緋眼のエース 7月30日より月刊コミックブレイドにて連載開始!、YAMATO CREW、2013年07月05日
  132. ^ 週刊アスキー 秋葉原限定版 4月号(3月30日配布)、週刊アスキー、2012年3月30日
  133. ^ 週刊アスキー 秋葉原限定版6月号(5月25日配布)、週刊アスキー、2012年05月29日
  134. ^ 「メガミマガジン5月号」に「ヤマト2199」美少女クルー掲載。さらに森雪ピンナップも。、宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会、2012年3月31日
  135. ^ 美少女キャラクター情報誌メガミマガジンのメルマガVol.125、まぐまぐ、2012年7月30日
  136. ^ GoodsPress 5月号、本日発売です!、GoodsPress Online Editors Blog、2012年4月6日
  137. ^ 「週刊ヤマト」創刊?! 「週刊ポスト」にヤマトの大特集が出現、アニメ!アニメ!、2012年4月9日
  138. ^ 週刊ポスト2013年7月5日号、Weekly POST.com、2013年6月26日
  139. ^ ブロスで☆Taku風営法問題を熱弁、小野D×鈴はヤマト対談、ナタリー、2012年5月23日
  140. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』×東放学園“アニメーション制作”公開授業、学校法人東放学園、2012年3月19日
  141. ^ 〜ロッテリアと「宇宙戦艦ヤマト2199」のタイアップキャンペーン〜『「宇宙戦艦ヤマト2199」ロッテリアオリジナルクリアファイルセット』2012年3月29日(木)より数量限定販売開始!、ロッテリア、2012年3月28日
  142. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 × 前田建設ファンタジー営業部、2012年4月13日
  143. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』×「前田建設ファンタジー営業部」の概要が明らかに!、YAMATO CREW、2012年4月13日
  144. ^ ラッピング車両、北近畿タンゴ鉄道、2013年4月10日
  145. ^ 「宇宙戦艦ヤマト2199」ラッピング列車の運行について、北近畿タンゴ鉄道、2012年9月29日
  146. ^ 『翠星のガルガンティア』チェインバーくんがヤマトラッピング列車に乗車!?、YAMATO CREW、2013年6月21日
  147. ^ チェインバーくん日記~北丹後の旅~、翠星のガルガンティア公式ブログ、2013年6月20日
  148. ^ スーパーフォーミュラの大物新人・平川亮を「宇宙戦艦ヤマト」が支援、レスポンス、2013年3月4日
  149. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199×パセラ コラボレーションメニュースタート!!、YAMATO CREW、2013年8月23日
  150. ^ 宇宙戦艦ヤマトキャンペーン、ポッカサッポロ、2013年10月9日






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

宇宙戦艦ヤマト2199に関連した本

宇宙戦艦ヤマト2199に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宇宙戦艦ヤマト2199」の関連用語

宇宙戦艦ヤマト2199のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大潟菜の花ロード

萩原中央用水

ブローチ

向井 千瑛

インドアンタエウス

W61PT

ED311

岳の棚田





宇宙戦艦ヤマト2199のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙戦艦ヤマト2199 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS