渋滞 渋滞の概要

渋滞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/17 17:33 UTC 版)

基幹道路における交通渋滞の一例
(2010年 ブラジリア)。

定義

交通工学における渋滞の定義は、「ボトルネックにその区間の交通容量を上回る交通流率の交通需要が到着した時に、当該区間の上流に生じる低速の待ち車両列によって形成される交通状態」を指す[1][2]。特に、交通信号機や合流部はボトルネックとなりやすい典型的な道路上の区間である[3]。なお、「交通容量」とは特定の道路空間に単位時間当たりで通すことのできる車両数をいう[4]。また、「交通流率」とは特定の道路空間に単位時間あたりに到着する車両数をいう[5]

一般的には、自動車が停止あるいは、一定速度以下のノロノロ運転で走行する自動車の列が数珠つなぎになった状態を渋滞と呼んでいる[6][7]。渋滞長がいくら長くても、1回の青信号で信号待ち車列が全て捌ける場合は、一般には渋滞とは呼ばない。また、人の長蛇の列に対しても渋滞とは言わない[8][注釈 1]。渋滞の内容は様々で、例えば20 km/h(キロメートル毎時)以下で走行している状態でも、停止して車列が動かない状態であっても渋滞である[6][注釈 2]。車列の長さについても、正確な距離が定められているわけではないが、連なる自動車の列の長さが1キロメートルを越えた状態を渋滞と言っている[6]

日本の高度経済成長期に起こったモータリゼーションで一般大衆に自動車が普及する以前の自動車があまり走行していなかった時代では、「渋滞」という用語自体が一般に使われていなかった[8]。日本における初めての大規模かつ本格的な渋滞は、1960年昭和35年)10月6日に大阪市内で発生した10時間にわたる交通マヒによる大渋滞である[注釈 3]。また、日本で初めて渋滞という用語が使われたのは、1961年(昭和36年)に警視庁がラジオの文化放送で、世界初となる交通情報を放送したときだといわれている[8]

なお、「渋滞」は自動車交通に関していうことが多いが、運河で船舶の通航量が増加するなどの理由で通航が滞っている場合も「渋滞」と表現されている[9][10]

渋滞の悪影響

渋滞は人流・物流の所要時間を増加させるため、到着時間を遅延させ、時間的損失からくる生活や産業活動・経済活動に負の影響をもたらしている[11][12]

また、渋滞は交通事故増加の原因となっている[13]。例えば、生活道路抜け道を目的とした車両が流入することでコミュニティ空間の安全性・快適性を損なう事例もみられる[13]

さらに、渋滞による車両の速度低下による無駄な燃料消費により、二酸化炭素窒素酸化物などの物質が排気ガスとなって多く排出され、騒音などの環境悪化につながる原因となる[14][12]。そして、渋滞によるストレスから些細なことでトラブルに発展し、犯罪を引き起こしている原因となることも珍しくなくなっている[12]

都市問題ではモータリゼーションと渋滞の悪化は相互に関連しており、渋滞によりバスやパラトランジット等の所要時間が長くなり公共交通の利便性が悪化すると人々はますます自動車やオートバイを利用するようになり渋滞を悪化させる悪循環を生じる[15]。渋滞の発生は都市などの美観の問題として取り上げられることも多い[16]。郊外部ではスプロール現象(自動車利用を前提とした無秩序で散発的な開発)が発生すると公共交通の導入が難しい都市構造となる[15]。渋滞の深刻化が渋滞対策への費用の増加につながり財政負担の増大につながることもある[16]

年齢が若く、良心的ではなく、運転にあまり熱心でない人々は、ドライバーの退屈に苦しむ可能性が高いという実験結果が出ている[17]。運転に熱心な人々は、運転することに集中しているため、ドライバーの退屈に苦しむ可能性が低いという実験結果が出ている[17]。ドライバーが運転に集中すれば、他事に気を取られず、退屈に苦しむということがなくなるからである[18]


注釈

  1. ^ この「人の長蛇の列」のことは、「渋滞」ではなく、「行列」と呼ぶ。
  2. ^ そもそも、「停止して車列が動かない状態」は、「20 km/h以下」に含まれる。なぜならば、「停止して車列が動かない状態」=0 km/hであり、0 km/h < 20 km/hであるからである。
  3. ^ それは大阪市電全廃(1969年)の引き金となり、さらに1960年代から1970年代にかけて全国各都市で相次いだ路面電車廃止の遠因ともなった。
  4. ^ かつての旧日本道路公団や旧本州四国連絡橋公団でも、走行速度40 km/h以下になった場合を渋滞と定義した[6]

出典

  1. ^ 岩崎征人 2015, p. 8.
  2. ^ 交通工学研究会 2005, p. 9.
  3. ^ 交通工学研究会 2018, p. 151.
  4. ^ 交通工学研究会 2005, p. 3.
  5. ^ 交通工学研究会 2005, p. 5.
  6. ^ a b c d 浅井建爾 2001, p. 184.
  7. ^ a b 浅井建爾 2015, p. 205.
  8. ^ a b c 浅井建爾 2001, p. 180.
  9. ^ 東北港湾におけるパナマ運河拡張による影響について”. 東北地方整備局港湾空港部. 2017年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月12日閲覧。
  10. ^ 高 欣佳, 牧野秀成, 古莊雅生「AISデータを用いた沖待ち船舶の航行実態解析に関する研究」『土木学会論文集B3(海洋開発)』第70巻第2号、土木学会、2014年、I_948-I_953、doi:10.2208/jscejoe.70.I_948NAID 130004697411 
  11. ^ 国土交通省 2003, p. 6.
  12. ^ a b c d e 浅井建爾 2015, p. 196.
  13. ^ a b 国土交通省 2003, p. 11.
  14. ^ 国土交通省 2003, p. 12.
  15. ^ a b c d e 海外の交通渋滞の状況とわが国の取り組み”. 建設コンサルタンツ協会. 2018年8月1日閲覧。
  16. ^ a b c d e リチャード・フロリダ『クリエイティブ資本論』ダイヤモンド社刊(2007年)
  17. ^ a b Hiroshi Makishita and Katsuya Matsunaga (2008-03-01). “Differences of drivers’ reaction times according to age and mental workload” (英語). Accident Analysis & Prevention 40 (2): 567–575. doi:10.1016/j.aap.2007.08.012. ISSN 0001-4575. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0001457507001418. 
  18. ^ a b c d Simon Heslop (2014-01-01). “Driver boredom: Its individual difference predictors and behavioural effects” (英語). Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour 22: 159–169. doi:10.1016/j.trf.2013.12.004. ISSN 1369-8478. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1369847813001332. 
  19. ^ a b c 交通工学研究会 2005, p. 141.
  20. ^ a b 交通工学研究会 2005, p. 142.
  21. ^ “史上最大の交通渋滞!北京-ラサ間高速道で、100キロが9日連続”. レコード・チャイナ. (2010年8月25日). オリジナルの2016年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160305012741/http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20100825/Recordchina_20100825023.html 
  22. ^ NHK BS1キャッチ!世界の視点」でもジャカルタを取り上げた。解消せよ!ジャカルタの渋滞問題”. NHK報道番組 「特集まるごと」 (2014年8月18日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月28日閲覧。
  23. ^ 森山たつを「世界三大渋滞のひとつメキシコシティその交通機関を考える」『ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行 メキシコお気楽編』学研プラス、2017年。ISBN 9784292001464 
  24. ^ 『緑の読本』 第33巻、公害対策技術同友会、1997年、78頁。 
  25. ^ 渋滞最悪はメキシコシティ、バンコク2位 蘭カーナビメーカー調査”. ニュースクリップ (2017年2月23日). 2018年8月28日閲覧。
  26. ^ 渋滞最悪はLA、バンコク12位 米社調査”. ニュースクリップ (2017年2月21日). 2018年8月28日閲覧。
  27. ^ 交通工学研究会 2005, pp. 142–143.
  28. ^ 国土交通省道路局 2015, p. 2.
  29. ^ a b 国土交通省 2003, p. 10.
  30. ^ 平成23年中の都内の交通渋滞統計(一般道路、首都高速道路) 警視庁ホームページ
  31. ^ a b 交通工学研究会 2005, p. 17.
  32. ^ 交通工学研究会 2005, p. 18.
  33. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 67.
  34. ^ 渋滞ワーストランキング”. 国土交通省. 2021年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月28日閲覧。
  35. ^ 浅田薫永・川口裕久 2015, p. 20.
  36. ^ a b c 浅田薫永・川口裕久 2015, p. 21.
  37. ^ 浅田薫永・川口裕久 2015, pp. 21–22.
  38. ^ a b c d e 越正毅 1989, p. 112.
  39. ^ a b 交通工学研究会 2018, p. 152.
  40. ^ a b c d e 浅井建爾 2015, p. 198.
  41. ^ 浅井建爾 2015, p. 199.
  42. ^ a b c 交通工学研究会 2018, p. 153.
  43. ^ 越正毅 1989, pp. 112–113.
  44. ^ a b 峯岸邦夫 2018, pp. 28–29.
  45. ^ a b c d e 浅井建爾 2015, p. 203.
  46. ^ a b c 末吉陽子 (2018年2月22日). “たった1台の割り込みが渋滞40kmに…「渋滞学」最前線”. p. 1. 2018年8月28日閲覧。
  47. ^ a b c d e f g h 浅井建爾 2015, p. 200.
  48. ^ a b c 峯岸邦夫 2018, p. 30.
  49. ^ 交通工学研究会 2005, p. 15.
  50. ^ “グリッドロック:「超」渋滞現象、震災で初確認”. 毎日jp (毎日新聞). (2012年10月3日). オリジナルの2012年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121007222042/http://mainichi.jp/select/news/20121003k0000m040151000c.html 
  51. ^ 中村新之介, 植村匠, 上瀧剛, 内村圭一「確率的最適化による深層学習とマルチエレメントGAを用いた道路交通信号パラメータの最適化」『研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)』2016-ITS-64第4号、2016年2月。 
  52. ^ 国土交通省都市・地域整備局街路交通施設課 著、街路交通事業研究会 編『平成22年版 街路交通事業事務必携』日本交通計画協会、2010年12月20日。 
  53. ^ 峯岸邦夫 2018, pp. 80–81.
  54. ^ 峯岸邦夫 2018, pp. 30–31.
  55. ^ 永福ランプ(清水草一) (2018年9月19日). “高速道路脇の壁にある「緑や青の流れるライト」は何のためにある?”. WEB CARTOP. 2021年1月20日閲覧。
  56. ^ 交通工学研究会 2005, p. 22.
  57. ^ 浅井建爾 2015, pp. 203–204.
  58. ^ サグ部などで起きる「渋滞」の原因とその対策について NEXCO東日本ホームページ
  59. ^ a b 浅井建爾 2015, p. 204.
  60. ^ a b c 交通工学研究会 2005, p. 23.
  61. ^ 友枝明保 2015, pp. 26–27.
  62. ^ “中国道“名物”「宝塚トンネル常時渋滞」の本当の理由…2年後には劇的解消“秘策”が”. 産経新聞. (2014年4月21日). オリジナルの2016年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160309135500/http://www.sankei.com/west/news/140421/wst1404210003-n3.html 2014年4月26日閲覧。 
  63. ^ 友枝明保 2015, p. 25.
  64. ^ 椎名啓雄・浪川和大 2015, p. 12.
  65. ^ 交通工学研究会 2005, p. 123.
  66. ^ 椎名啓雄・浪川和大 2015, p. 13.
  67. ^ 交通工学研究会 2018, p. 160.
  68. ^ a b 浅井建爾 2001, pp. 188–189.
  69. ^ 交通工学研究会 2005, p. 129.
  70. ^ a b c 浅井建爾 2001, pp. 190–191.
  71. ^ a b c d e 浅井建爾 2015, p. 202.
  72. ^ 平成14年度 全建賞 秋田南ワイパス整備事業 (PDF)
  73. ^ 国道7号秋田南バイパス4車線化により通勤時間帯の渋滞解消、旅行速度向上、市街地の交通環境向上 秋田河川国道事務所 (PDF)
  74. ^ a b c 浅井建爾 2015, p. 201.
  75. ^ 中国・吉林市において、ビッグデータを活用した「渋滞予測・信号制御シミュレーション」の実証実験で渋滞緩和効果を確認 2015年1月23日 株式会社NTTデータ
  76. ^ a b 交通工学研究会 2018, p. 156.
  77. ^ 交通工学研究会 2018, pp. 160–162.
  78. ^ 日本大百科全書「平面交差」より
  79. ^ 世界大百科事典「インターチェンジ」より
  80. ^ 全国連続立体交差事業促進協議会 事業の効果
  81. ^ a b 交通工学研究会 2018, p. 162.
  82. ^ 交通工学研究会 2018, p. 163.
  83. ^ 交通工学研究会 2005, pp. 98–99.
  84. ^ a b c d 東日本高速道路 本社管理事業本部交通部交通課ほか『LED発光パネル(ペースメーカー)を活用した渋滞緩和対策を活用した渋滞緩和対策』(PDF)(レポート)一般財団法人道路新産業開発機構〈道路行政セミナー〉、2013年11月http://www.hido.or.jp/14gyousei_backnumber/2013data/1311/1311Pacemaker_e-nexco.pdf 
  85. ^ 首都高に設置されたドライバーを引き寄せる光 その効果は? 2015年2月18日 乗りものニュース
  86. ^ NEXCO中日本 快適走行
  87. ^ ロンドンの交通事情と渋滞税 北海道道路管理技術センター - ウェイバックマシン(2016年3月4日アーカイブ分)
  88. ^ Gilles DURANTON (2014年3月27日). “車の増加に追いつかない道路事情:世界中の都市が抱える問題”. rieti. 2020年4月14日閲覧。
  89. ^ ポイントは車間距離 "渋滞学"権威が明かす「渋滞吸収運転」とは BOOKSTAND
  90. ^ athomeこだわりアカデミー 2011年11月号掲載
  91. ^ a b c なぜ渋滞予報士は1人だけなのか その意外な存在意義 2015年8月9日 乗りものニュース






固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渋滞」の関連用語

渋滞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渋滞のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渋滞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS