実咲凜音 宝塚歌劇団時代の主な舞台

実咲凜音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/03 18:54 UTC 版)

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台

花組時代

  • 2009年9 - 11月、『外伝 ベルサイユのばら-アンドレ編-』 - 新人公演:イザベラ(本役:白華れみ)『EXCITER!![5][4]
  • 2010年1月、『BUND/NEON 上海』(バウホール) - 申麗秋
  • 2010年3 - 5月、『虞美人-新たなる伝説-』 - 新人公演:桃娘(本役:望海風斗
  • 2010年7 - 10月、『麗しのサブリナ』 - ジュリー、新人公演:サブリナ・フェアチャイルド(本役:蘭乃はな)『EXCITER!!』 新人公演初ヒロイン[5][4][2]
  • 2010年11 - 12月、『CODE HERO/コード・ヒーロー』(バウホール・日本青年館) - ヴァネッサ・ネイビル バウ・東上初ヒロイン[5][4][2]
  • 2011年2 - 4月、『愛のプレリュード』 - 新人公演:パメラ・クレメール(本役:天咲千華)『Le Paradis!!(ル パラディ)-聖なる時間(とき)-』
  • 2011年6 - 9月、『ファントム』 - 幼いエリック、新人公演:クリスティーヌ・ダーエ(本役:蘭乃はな) 新人公演ヒロイン[5][2]
  • 2011年10 - 11月、『カナリア』(ドラマシティ・日本青年館) - アジャーニ 東上ヒロイン[4][2]
  • 2012年1 - 3月、『復活-恋が終わり、愛が残った-』 - ミッシィ、新人公演:エカテリーナ・マースロワ(カチューシャ)(本役:蘭乃はな)『カノン-Our Melody-』 新人公演ヒロイン[2]
  • 2012年5月、『近松・恋の道行』(バウホール・日本青年館) - 柏屋さが 東上ヒロイン[4][7]

宙組トップ娘役時代

出演イベント

  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年5月、『王家に捧ぐ歌』前夜祭
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年3月、実咲凜音ミュージック・サロン『Million Carat!』 主演



出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 実咲凜音公式プロフィール ホリプロ・ブッキング・エージェンシー。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 体当たりで輝き/実咲凜音 日刊スポーツ。
  3. ^ a b c 元宝塚トップ娘役・実咲凜音がドラマ初出演『遠山の金四郎』で花魁役「貴重な経験」 オリコンニュース。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 【実咲凛音】ついにマリー・アントワネット役「本当にうれしいです」 ZAKZAK。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 第8回 娘役としての完成形―実咲凜音に寄せて WEB青い弓。
  6. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、121頁。ISBN 978-4-484-14601-0
  7. ^ a b 花組バウホール公演「近松・恋の道行」初日 神戸新聞NEXT。
  8. ^ ☆ご報告☆ 実咲凜音オフィシャルブログ。
  9. ^ a b c 元娘役トップ実咲凜音、初仕事で神田沙也加と姉妹役 日刊スポーツ。
  10. ^ a b c d e f g 「波瀾爆笑!?我が人生 実咲凜音」『宝塚GRAPH』2014年6月号、阪急コミュニケーションズ、2014年、78-80頁。
  11. ^ 宝塚版「エリザベート」25周年記念コンサートの出演者発表、歴代出演メンバーがずらり ステージナタリー。
  12. ^ ミュージカル「ジェイミー」森崎ウィン&高橋颯がドラァグクイーン夢見る高校生に ステージナタリー。

注釈

  1. ^ 4/7〜10のみ凰稀かなめと特別出演。
  2. ^ 出演は1シーンのみ。


「実咲凜音」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実咲凜音」の関連用語

実咲凜音のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実咲凜音のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実咲凜音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS