ベラルーシ ベラルーシの概要

ベラルーシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/26 09:29 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ベラルーシ共和国
Рэспу́бліка Белару́сь(ベラルーシ語)
Республика Беларусь(ロシア語)
ベラルーシの国旗 ベラルーシの国章
国旗 (国章)
国の標語:なし
国歌我等、ベラルーシ人
ベラルーシの位置
公用語 ベラルーシ語ロシア語
首都 ミンスク
最大の都市 ミンスク
政府
大統領 アレクサンドル・ルカシェンコ
首相 セルゲイ・ルマス英語版
面積
総計 207,560km283位
水面積率 極僅か
人口
総計(2013年 9,410,000人(78位
人口密度 50人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2013年 636兆7,842億[1]ベラルーシ・ルーブル
GDP (MER)
合計(2013年 717億[1]ドル(67位
GDP (PPP)
合計(2013年1,668億[1]ドル(64位
1人あたり 17,623[1]ドル
独立
 - 宣言
 - 承認
ソビエト連邦より
1990年7月27日
1991年8月25日
通貨 ベラルーシ・ルーブル (BYN)
時間帯 UTC +3(DST:なし)
ISO 3166-1 BY / BLR
ccTLD .by
国際電話番号 375

国名

正式名称はベラルーシ語で、Рэспубліка Беларусьラテン文字表記Respublika Belarus)。

公式の英語表記は、Republic of Belarus。通称、Belarus

日本語の表記は、ベラルーシ共和国。通称、ベラルーシ

17世紀ロシア帝国の支配下に入るとベロルシアロシア語Белоруссия ビラルースィヤ)と名付けられ、日本語でもこれを訳した白ロシアの名で長らく定着していた(この場合の「ロシア」は「ロシア」のことではなく「ルーシ」の意味)。ソ連崩壊直後の1991年9月15日に正式な国号をベラルーシ語を尊重した「ベラルーシ」に定め、各言語でもこの語を用いるように要請している。ロシア語でもБеларусьビラルースィ)の名称が使用されるようになっている。

国名の由来

「ベラルーシ」の国名の由来は明らかではないが、ルーシの人々は13世紀から16世紀にかけてモンゴルの支配を受け(タタールのくびき)、ベラルーシの国名の由来である白ルーシ英語版の名前の由来をモンゴルに関連付ける説がいくつか挙げられている [2]。その際、モンゴル人が中国から学んだ文化である「方角を色で呼ぶ方法(五行思想)」をルーシに持ち込んだため、「赤ルーシ」(南部ルーシすなわち現在のウクライナ西部)、「白ルーシ」(西部ルーシすなわち現在のベラルーシ)、「黒ルーシ」(北部ルーシすなわち現在のモスクワ周辺)という名称が生まれ、そのうちの白ルーシ(ベラルーシ)が国名として残ったと言われている[2][3]。モンゴル系の国家で用いられたテュルク系の言語の影響を受けて生まれた、「自由な、支配から解放された」白ルーシと「隷属した」黒ルーシの呼称を起源とする説も存在する[2]

地理

ベラルーシの地図

ベラルーシは内陸国で、国土の大部分が低地であり、最高点のジャルジンスカヤ丘陵でも海抜345mである。最低点はネマン川の海抜90mである。国土の20%を占めるなど湿原が豊富で、南部に最大の湿原であるポレーシエ湿地がある。約1万1000もの湖があり、それを突き通すように、北部を通るダウガバ川、西部を通るネマン川、東部を通るドニエプル川とその支流であるプリピャチ川ベレジナ川ソジ川などの主要河川がある。気候はおおむね温暖で湿度が高いが、東部は冷涼で、大陸性気候の特徴が見られる。

ベラルーシの主な天然資源は森林で、国土の45.3%もの面積を占めている。その他に泥炭花崗岩泥灰岩チョークが採れる。少量の石油天然ガスも産出されるが、国内需要を満たす規模ではなく、エネルギー資源の大半をロシアからの輸入に依存しているのである。




  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2014年10月18日閲覧。
  2. ^ a b c 服部倫卓、越野剛編著 『ベラルーシを知るための50章』 明石書店〈エリア・スタディーズ〉、2017年、58-59頁。ISBN 978-4-7503-4549-9
  3. ^ 伊東孝之、井内敏夫、中井和夫 編『世界各国史20 ポーランド・ウクライナ・バルト史』(山川出版社、1998年)p110
  4. ^ a b c d 服部倫卓、越野剛編著 『ベラルーシを知るための50章』 明石書店〈エリア・スタディーズ〉、2017年、122-127頁。ISBN 978-4-7503-4549-9
  5. ^ a b Population classified by knowledge of the Belarusian and Russian languages by region and Minsk City”. Belstat.gov.by. 2017年8月3日閲覧。
  6. ^ Gordon, Raymond G., Jr. (ed.), 2005. Ethnologue: Languages of the World, Fifteenth edition. Dallas, TX: SIL International. Online version: Ethnologue.com.
  7. ^ *J. P. Mallory, "Zarubintsy Culture", Encyclopedia of Indo-European Culture, Fitzroy Dearborn, 1997.
  8. ^ Kazakov V.S., Demidchik E.P., Astakhova L.N. et.al., Thyroid Cancer after Chernobyl, Nature 359, 21-22, 1992
  9. ^ 「統合迫るロシア ベラルーシ反発/プーチン氏 資源輸出で揺さぶり/両首脳、作業部会設置は合意」東京新聞』朝刊2019年1月13日(国際面)2019年1月28日閲覧。
  10. ^ 2011年2月3日の『朝日新聞』朝刊9面
  11. ^ “Belarus Police Stifle Protests On Independence Day”. Radio Free Europe Radio Liberty. (2011年7月3日). http://www.rferl.org/content/belarus_marks_independence_amid_crackdown_on_dissent/24254152.html 2011年7月9日閲覧。 
  12. ^ “ロシアなど3ヵ国がユーラシア経済連合条約に署名−2015年1月1日に発効、域内の経済統合が加速− (ロシア、ベラルーシ、カザフスタン)”. JETRO. (2014年6月2日). http://www.jetro.go.jp/biznews/538be118a7f80?ref=rss 2014年8月1日閲覧。 
  13. ^ 半年無職だと「罰金3万円」を科せられる「ニート罰金法」 もし日本で制定されたら?
  14. ^ ベラルーシで「社会的寄生虫税」撤回求め抗議、大統領辞任要求も
  15. ^ 「社会寄生虫駆除法」成立 働かない者は罰金、拘束も
  16. ^ ベラルーシ大統領に「おもちゃ」で抗議、男性に有罪判決
  17. ^ ベラルーシの「拍手デモ」を警官隊が鎮圧、「蜂起を夢想するな」と大統領
  18. ^ http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/13/ig-nobel-prize_n_3919177.html
  19. ^ “「欧州最後の独裁者」ルカシェンコ大統領窮地 ベラルーシ経済危機 露、統合路線を加速”. 産経新聞. (2011年5月31日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110531/erp11053100570002-n1.htm 2011年5月31日閲覧。 
  20. ^ “中国に急接近の独裁国家ベラルーシ 「スラブの兄弟」露はいらだち”. 産経新聞. (2013年7月3日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130730/erp13073023220007-n1.htm 2013年8月3日閲覧。 
  21. ^ Independence Day parade in Minsk” (2018年7月3日). 2018年7月4日閲覧。
  22. ^ 中国のパレードカー、ベラルーシの閲兵式に登場” (2015年7月5日). 2016年8月21日閲覧。
  23. ^ ベラルーシ、中国製ロケット砲を公開” (2016年7月1日). 2018年5月7日閲覧。
  24. ^ The Belarusian Army Is Using A Lot Of Chinese Hardware” (2017年7月9日). 2018年5月7日閲覧。
  25. ^ Belarus Tests Secretive Rocket Launcher System in China” (2015年6月16日). 2017年6月22日閲覧。
  26. ^ Belarusian defence industries: doubling exports and launching ballistic missile production” (2018年4月30日). 2018年5月7日閲覧。
  27. ^ Belarusian traditional clothing”. Belarusguide.com. 2013年4月29日閲覧。
  28. ^ Belarus – Ornament, Flags of the World”. Fotw.fivestarflags.com. 2013年4月29日閲覧。
  29. ^ Canadian Citizenship and Immigration – Cultures Profile Project – Eating the Belarusian Way Archived 20 March 2007 at the Wayback Machine. (1998); retrieved 21 March 2007.


「ベラルーシ」の続きの解説一覧



ベラルーシと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ベラルーシ」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベラルーシ」の関連用語

ベラルーシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベラルーシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベラルーシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS