Snとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 航空 > Snの意味・解説 

エス‐エヌ【SN】

読み方:えすえぬ

supernova》⇒スーパーノバ


S/N

Sは「シグナル(信号)」のことを表し、Nは「ノイズ(雑音)」のことを表す。電気信号の中に含まれる必要な信号(S)レベルと、不要な雑音(N)レベルの比率を指し、dBで表示される。数値が大きい方が好ましい。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 佐久間輝夫)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


S/N比(S/N)

Sはシグナル、Nはノイズ。すなわち信号に対する雑音の割合をいう。アンプの雑音レベルはほぼ一定なので、入力信号レベルによってS/N比の数値は変る。相対的にノイズ最小となる定格出力時の値を示すのが普通。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 高津修)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


スズ(Sn)


すず(IV)


すず

分子式Sn
その他の名称C.I.ピグメントメタル5、C.I.77860、C.I.Pigment Metal 5、Sn、Tin
体系名:すず


スタンナンアニオン

分子式Sn
その他の名称Stannaneanion
体系名:スタンナンアニオン


すず(II)


ストレプトニグリン

分子式C25H22N4O8
その他の名称ストレプトニグリン、NSC 45383、Streptonigrin、5-Amino-6-(7-amino-5,8-dihydro-6-methoxy-5,8-dioxoquinolin-2-yl)-4-(2-hydroxy-3,4-dimethoxyphenyl)-3-methylpicolinic acid、ブルネオミシン、ルホクロモマイシン、ニグリン、ブルネオマイシン、ルホクロモミシン、SN、Rufocromomycin、Nigrin、5278RP、NSC-45383、Bruneomycin、5-Amino-6-(7-amino-5,8-dihydro-6-methoxy-5,8-dioxoquinolin-2-yl)-4-(2-hydroxy-3,4-dimethoxyphenyl)-3-methylpyridine-2-carboxylic acid、3-Methyl-4-(2-hydroxy-3,4-dimethoxyphenyl)-5-amino-6-[5,8-dioxo-6-methoxy-7-aminoquinoline-2-yl]pyridine-2-carboxylic acid
体系名:5-アミノ-6-(7-アミノ-5,8-ジヒドロ-6-メトキシ-5,8-ジオキソキノリン-2-イル)-4-(2-ヒドロキシ-3,4-ジメトキシフェニル)-3-メチルピリジン-2-カルボン酸、5-アミノ-6-(7-アミノ-5,8-ジヒドロ-6-メトキシ-5,8-ジオキソキノリン-2-イル)-4-(2-ヒドロキシ-3,4-ジメトキシフェニル)-3-メチルピコリン酸、3-メチル-4-(2-ヒドロキシ-3,4-ジメトキシフェニル)-5-アミノ-6-[5,8-ジオキソ-6-メトキシ-7-アミノキノリン-2-イル]ピリジン-2-カルボン酸


物質名
スズ
英語名
Tin
元素記号
Sn
原子番号
50
分子量
118.71
原子半径(Å)
1.41
融点(℃)
231.9681
沸点(℃)
2270
密度(g/cm3
7.28
比熱(cal/g ℃)
0.054
イオン化エネルギー(eV)
7.344
電子親和力(eV)
1.25


SN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/19 03:56 UTC 版)

SN, Sn, sn




「SN」の続きの解説一覧

.sn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 18:07 UTC 版)

.sn国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、セネガルに割り当てられている。






「.sn」の続きの解説一覧

S/N

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/05/05 06:32 UTC 版)

S/N



SN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/28 17:32 UTC 版)

二乗検波」の記事における「SN」の解説

以上は入力信号ノイズ含まない場合説明である。入力信号ノイズ含まれている場合、当然復調波のSN比悪化する考えノイズモデルにもよるが、2乗検波直線ダイオード検波同期検波を比較すると、2乗検波性能的に最も劣っている

※この「SN」の解説は、「二乗検波」の解説の一部です。
「SN」を含む「二乗検波」の記事については、「二乗検波」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Sn」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Sn」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



Snと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Sn」の関連用語

Snのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Snのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2023MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2023 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2023 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2023 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSN (改訂履歴)、.sn (改訂履歴)、S/N (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの二乗検波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS