ブルーリボン賞 (映画)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ブルーリボン賞 (映画)の意味・解説 

ブルーリボン賞 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/13 01:49 UTC 版)

ブルーリボン賞(ブルーリボンしょう)は、1950年(昭和25年)に創設された日本映画賞である。




  1. ^ a b c d e f g h i ブルーリボン賞とは
  2. ^ a b c 宮路美穂 (2014年9月14日). “【宮路美穂のミヤジ屋】思い出すと背筋伸びるピエール瀧の言葉”. スポーツ報知. オリジナル2014年9月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140915003617/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140914-OHT1T50102.html 2018年2月9日閲覧。 
  3. ^ a b c d “第56回ブルーリボン賞発表”. 日刊スポーツ (大阪: 日刊スポーツ新聞西日本): p. 20. (2014年1月23日) 
  4. ^ シネマ報知 ブルーリボン賞ヒストリー 淡島千景が第1回以来の主演女優 森繁久彌と“夫婦受賞””. 2012年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月12日閲覧。
  5. ^ シネマ報知 ブルーリボン賞ヒストリー 野村芳太郎監督が“一家”で4冠 - ウェイバックマシン(2012年2月19日アーカイブ分)
  6. ^ シネマ報知 ブルーリボン賞ヒストリー 桃井かおり 初の主演女優賞に「これが欲しかったのよね」 - ウェイバックマシン(2012年2月19日アーカイブ分)
  7. ^ シネマ報知 ブルーリボン賞ヒストリー 黒澤明監督3度目の作品賞 仲代達矢が隆大介と師弟受賞 - ウェイバックマシン(2013年1月15日アーカイブ分)
  8. ^ シネマ報知 ブルーリボン賞ヒストリー 佐藤浩市が父・三國連太郎に続く新人賞 - ウェイバックマシン(2009年2月7日アーカイブ分)
  9. ^ 入倉功一 (2015年1月23日). “第57回ブルーリボン賞が決定!佐々木蔵之介『超高速!参勤交代』が作品賞!”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0070022 2015年1月23日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h 有村架純、主演女優賞に輝く!第58回ブルーリボン賞受賞結果発表”. シネマトゥデイ (2016年1月27日). 2016年1月27日閲覧。
  11. ^ “『シン・ゴジラ』作品賞!『君の名は。』特別賞!第59回ブルーリボン賞決定”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年1月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089196 2017年1月26日閲覧。 
  12. ^ ブルーリボン賞「あゝ、荒野」が作品賞に、阿部サダヲ&新垣結衣も受賞映画ナタリー(2018年1月24日), 2018年1月24日閲覧。


「ブルーリボン賞 (映画)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブルーリボン賞 (映画)」の関連用語

ブルーリボン賞 (映画)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブルーリボン賞 (映画)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルーリボン賞 (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS