人体 人体の概要

人体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 14:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

人間(人体)

「人体」という表現は医学解剖学生理学生物学工学美術などの分野で広く用いられている。日常表現では、あえて人のそれと特定する必要もないので「からだ」「カラダ」などと呼ばれることのほうが多い。また「身体」と呼ばれることもあり、ほぼ同等の意味であることもあるが、多少用法が異なっていることもある。

人体の外観はおおまかに見ると、胴体、両、両に分けることが可能であり、それらを「五体」[注 1]と呼んでいる。生まれたばかり(新生児)の時点では平均身長は49cmほど(だが個人差が大きくて平均より10cm以上大きい状態や平均の半分しかない状態で生まれてくる子もいる)[1]、これが成人となると平均身長は1.6m程度。統計的に見れば人体の大きさは人種によって異なっている。人体のかたちは体型と呼ばれており、これは栄養の取り方やダイエットなどの後天的な要素によってひとりひとり異なっている。人体に脂肪が過剰についている状態は肥満と呼ばれている。また体型は男女の性の別によっても違いが見られ、男性に比べて女性のほうが統計的に見て体脂肪率が高いことが多い。各部位の長さやサイズの全身に対する比率をプロポーションという。身長に対する脚の長さの比率、腕の長さの比率なども地域・人種によって傾向が異なっている(比較してみると、「アフリカ人」や「黒人」と呼ばれている人々は脚や腕がすらりと長い傾向がある)。

肌(皮膚)の色も、人種によって傾向が異なっている[2]

自然科学的説明

機能

人体には生物としての必要な機能である「境界維持」、「免疫」「自己修復」(いわゆる自己治癒力)、「消化」「代謝」「排泄」、「生殖」、さらに「運動」「応答性」「成長」の機能も複合的に持つ。たとえば普段は体温の維持によって基本的な代謝量の維持をはかり、ウイルスが侵入し大量に増殖した時(いわゆる「風邪」をひいた時)などには数度程度 あえて体温を上昇させることによって免疫力の増進なども行っている。

人体は、(外部からの物質としては)空気(特に酸素)、、各種栄養素を必要としている。たとえば、タンパク質に関しては(成人で)1日あたり約70g を必要としており、それを各種酵素によってアミノ酸に分解し、人体内の各所で必要なタイプのタンパク質に再合成している[3]。各種ビタミンも必要である。(栄養素の適切な量等については「栄養」も参照のこと)

他にも24時間周期の(太陽光)も必要だとされている。

(人体の周囲の条件としては)適切な気温、適切な大気圧も必要である。

階層構造

人体を要素に分解しながら見てゆくことも可能である。以下のような階層構造も見出すことができる。

各レベル間では創発現象が起きおり、マクロからミクロレベルまで、縦方向・横方向に相互作用がある。その全体像は極めて複雑であることなどから「宇宙」に喩えられることもある[5]

人体の部分の役割、各臓器の役割

近代西洋医学においては「何の役にも立っていない」などと説明されてきた臓器がいくつもあるが、そういった臓器が、後の時代になって、実は非常に大切な役目を果たしていた、と判明するようなことはよくあることである[6]。例えば、昭和時代まで医学部では、松果体は体に影響があるものは特に何も作っていない、と教えていたという[6]。ところが平成以降に、松果体は重要な物質であるメラトニンを作っていることが判明した[6]

また、胸骨の裏側にある胸腺などもそうである。これも昭和時代までは、「子供のときにだけ役目を果たして、大人になると無用のもの」などと、医学部では教えていたが[6]、現在では、免疫機構で重要な役目をするT細胞[注 2]というリンパ球が胸腺の中で成熟していることが判っている。

本来、人体には、「いらないもの」などは無いのではないか、ただその作用が現在の科学のレベルでは検出できない、というだけのことではないか、と米山公啓は言う[6]。 「(ある臓器は)何の役にも立っていない」というような説明は根本的な誤謬を含んでいる可能性があるので、それを信じ込むのは危険である。


注釈

  1. ^ 「五体」には他の分類法もある。
  2. ^ 攻撃目標を見分けるレーダーの役割を果たす

出典

  1. ^ 赤ちゃんの身長と体重には、意外と個人差がある
  2. ^ 皮膚の色によって黄色人種白色人種などといった表現や分類もさかんに用いられた。現在では学術的にはDNA解析などを用いて分析・分類し、コーカソイドなどといった表現で定義する傾向がある。ただし慣用としては、○色人種といった類の表現は、あいかわらず世界各国で用いられている。
  3. ^ 放送大学『初歩からの生物学』第二回
  4. ^ Bianconi, Eva; Piovesan, Allison; Facchin, Federica; Beraudi, Alina; Casadei, Raffaella; Frabetti, Flavia; Vitale, Lorenza; Pelleri, Maria Chiara et al. (2013-11). “An estimation of the number of cells in the human body” (英語). Annals of Human Biology 40 (6): 463–471. doi:10.3109/03014460.2013.807878. ISSN 0301-4460. http://www.tandfonline.com/doi/full/10.3109/03014460.2013.807878. 
  5. ^ 人体を「ミクロコスモス」、宇宙を「マクロコスモス」などと呼んだりする。
  6. ^ a b c d e 米山公啓『自然治癒力のミステリー』pp.130-131
  7. ^ 桜井弘氏講演 生体元素と医薬品の開発(第一回) 講演録 「桜井 弘 : 化学と教育 48、459-463(2000)」[リンク切れ]


「人体」の続きの解説一覧




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人体」の関連用語

人体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS