楽器分類学とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 楽器分類学の意味・解説 

楽器分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/04 21:55 UTC 版)

楽器分類学(がっきぶんるいがく)は、楽器を体系的に分類するための学問である。比較音楽学の一部である比較楽器学を基礎とする。現在は、ザックス=ホルンボステル分類をもとに、体鳴楽器膜鳴楽器弦鳴楽器気鳴楽器電鳴楽器の5つに分類するのが一般的である。同じような意味で「楽器分類法」ということばが用いられることもあるが、こちらは学問的考察によらず、歴史的な経緯で用いられている分類を意味する場合が多い。


  1. ^ クルト・ザックス(著) 柿木吾郎(訳)『楽器の歴史[上/下]』全音楽譜出版社 1966年
  2. ^ 下中直也 編『音楽大事典』全6巻 平凡社 1981年:「管楽器」の項目など。管楽器のうち、リップ・リード式のものを金管楽器と呼び、それ以外のエアリード式とリード式の管楽器は木管楽器に分類される。
  3. ^ ザックスも『楽器の歴史』の中で、brass instrument という言葉は避けるべきであると述べている。
  4. ^ 表記はザックスとホルンボステルによる論文の英訳版 (Von Hornbostel, Erich M.; Curt Sachs (March 1961). “Classification of Musical Instruments: Translated from the Original German by Anthony Baines and Klaus P. Wachsmann”. The Galpin Society Journal (Galpin Society) 14: 3–29. doi:10.2307/842168. JSTOR 842168. ) に準ずる。
  5. ^ 下中直也 編『音楽大事典』など
  6. ^ 下中直也 編『音楽大事典』の「楽器学」の項目


「楽器分類学」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「楽器分類学」の関連用語

楽器分類学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

デュロック

オオクワガタ

明烏図鐔

慶野松原海水浴場

VU45L/17AW

太田川

デオ700系

ホーセズ・ネック





楽器分類学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの楽器分類学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS