磁気浮上式鉄道とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 磁気浮上式鉄道の意味・解説 

磁気浮上式鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/20 05:54 UTC 版)

磁気浮上式鉄道(じきふじょうしきてつどう、: Maglev)とは、磁力による反発力または吸引力を利用して車体を軌道から浮上させて推進する鉄道のこと。英語では"Maglev"(マグレブ) と呼称し、「磁気浮上」を表す"Magnetic levitation"が語源である。磁気浮上式鉄道はその近未来性からリニアモーターカーの代表格でもある。1971年、西ドイツで Prinzipfahrzeug が初めての有人走行に成功した。




[ヘルプ]
  1. ^ 永久磁石を使用した吸引式磁気浮上は制御に電磁石が必要である。
  2. ^ 軌道若しくは車両側のどちらか一方を超伝導体にする。(この方法は現実的ではない)
  3. ^ 永久磁石による磁気吸引力の検討 (その1)-永久磁石の厚さと吸引力- 平成16年度電気関係学会九州支部連合大会(第57回連合大会)講演論文集 セッションID:01-1A-11, JOI:DN/JST.JSTAGE/jceeek.2004.0.11.0
  4. ^ 永久磁石による磁気吸引力の検討 (その2)-質量当たり吸引力-] 平成16年度電気関係学会九州支部連合大会(第57回連合大会)講演論文集 セッションID:01-1A-12, JOI:DN/JST.JSTAGE/jceeek.2004.0.12.0
  5. ^ 二次電池を用いた省エネルギー型分割鉄心複合電磁石の磁気浮上特性 平成21年度電気関係学会九州支部連合大会(第62回連合大会)講演論文集 セッションID:07-2A-07, JOI:DN/JST.JSTAGE/jceeek.2009.0.331.0
  6. ^ 省エネルギー型分割鉄心複合電磁石を用いた磁気浮上特性 平成20年度電気関係学会九州支部連合大会(第61回連合大会)講演論文集 セッションID:04-1P-12, JOI:DN/JST.JSTAGE/jceeek.2008.0.190.0
  7. ^ 電磁吸引式磁気浮上で永久磁石を使用する場合、脈流電流によって印加される電磁石の磁界によりヒステリシス特性によって永久磁石の保持力が下がる。
  8. ^ 但し、これはリニア同期モータ、リニア誘導モータの双方が地上一次式または車上一次式の場合での比較で、リニア誘導モータで一般的に使用される車上一次式リニア誘導モータとリニア同期モータで一般的な地上一次式リニア同期モータの推進効率を比較した場合には軌道上の界磁を励磁する必要が無いので同じ速度で走行時に地上一次式リニア同期モータよりも車上一次式リニア誘導モータの方が推進効率が高い。
  9. ^ 反発式磁気浮上では誘導コイル内に発生した磁場で浮上するので浮上時には常に減速力が働き、浮上用コイルとの相対速度が下がると浮上できなくなる。
  10. ^ アメリカ合衆国特許第3,736,880号, January 21, 1972. Page 10 Column 1 Line 15 to Page 10 Column 2 Line 25.
  11. ^ Zehdenはリニアモータを鋼鉄の桁の下に配置することで部分的な磁気浮上をもたらした。これらの特許は後にJean Candelasによる 滑走磁場を発生させる電磁装置アメリカ合衆国特許第4,131,813号)やHarry A. Mackieによる 空気浮上式全方向可動型移動磁界推進装置アメリカ合衆国特許第3,357,511号)やSchwarzler達による 特に浮上式車両のための両側リニア誘導モータアメリカ合衆国特許第3,820,472号)に引用される事になる。
  12. ^ アメリカ合衆国特許第859,018号, 1907-07-02.
  13. ^ The SciFi Story Robert H. Goddard Published 100 Years Ago
  14. ^ これらのドイツの特許はDE 643316 (1937), DE 644302 (1937), DE 707032 (1941)であると見られる。
  15. ^ The SciFi Story Robert H. Goddard Published 100 Years Ago
  16. ^ アメリカ合衆国特許第3,858,521号; 1973-03-26.
  17. ^ Radford, Tim (1999年10月11日). “Nasa takes up idea pioneered by Briton - Magnetic levitation technology was abandoned by government”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/uk/1999/oct/11/timradford 2009年9月8日閲覧。 
  18. ^ "Obituary for the late Professor Eric Laithwaite", Daily Telegraph, 1997-12-06.
  19. ^ a b c The first manned Maglev in the world
  20. ^ こちらは本格的な実験車による試験の段階には入らなかった
  21. ^ 当時は空港と都心部の連絡輸送を企図していた。
  22. ^ 磁気浮上車の鉄心分割形吸引電磁石の電磁力特性解析
  23. ^ 宇宙航空システム工学科棟ものづくりセンター
  24. ^ Stabilized Permanent Magnet Maglev promises the same cost as one lane of freeway with twenty times the carrying capacity
  25. ^ AGT 1975, p. 248.
  26. ^ Maglev Trains: Key Underlying Technologies. Springer. (2015). ISBN 9783662456736.  Google ブックス: https://books.google.co.jp/books?id=sAhJCAAAQBAJ&pg=PA6
  27. ^ この時の軌道は直線のみだった。
  28. ^ この時は曲線のある軌道を走行した。
  29. ^ [1][リンク切れ]
  30. ^ HML-03
  31. ^ 2007年5月10日放送。NHKのBSニュースから
  32. ^ Heller, Gernot (2008年3月27日). “Germany scraps Munich Transrapid as cost spirals”. Reuters. http://www.reuters.com/article/rbssIndustryMaterialsUtilitiesNews/idUSL2777056820080327?sp=true 
  33. ^ “Germany to build maglev railway”. BBC News. (2007年9月25日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7011932.stm 
  34. ^ Factbook”. 500kmh (2007年10月). 2012年12月13日閲覧。
  35. ^ “Shanghai-style Maglev train may fly on London line”. China View. (2005年6月7日). http://news.xinhuanet.com/english/2005-06/07/content_3053025.htm 
  36. ^ “Government's five-year plan”. Railway Magazine 153 (1277): 6–7. (September 2007). 
  37. ^ UK Ultraspeed”. 2008年5月23日閲覧。
  38. ^ Wainwright, Martin (2005年8月9日). “Hovertrain to cut London-Glasgow time to two hours”. The Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/transport/Story/0,2763,1545279,00.html 2008年5月23日閲覧。 
  39. ^ Blitz, James (2006年8月31日). “Japan inspires Tories' land of rising green tax”. Financial Times. http://www.ft.com/cms/s/65cc4456-388c-11db-ae2c-0000779e2340.html 2008年5月23日閲覧。 
  40. ^ McGrath, Dermot (2003年1月20日). “China Awaits High-Speed 'Maglev'”. Wired. http://www.wired.com/science/discoveries/news/2003/01/57163 2003年閲覧。... 
  41. ^ China maglev project suspended amid radiation concerns”. Xinhua (2007年5月26日). 2007年閲覧。...
  42. ^ “Hundreds protest Shanghai maglev rail extension”. Reuters. (2008年1月12日). http://www.reuters.com/article/worldNews/idUSPEK32757920080112 2008年閲覧。... 
  43. ^ Kurtenbach, Elaine (2008年1月14日). “Shanghai Residents Protest Maglev Train”. Fox News. http://www.foxnews.com/wires/2008Jan14/0,4670,ChinaShanghaiProtest,00.html 2008年閲覧。... [リンク切れ]
  44. ^ Maglev railway to link Hangzhou, Shanghai”. Xinhua (2006年4月6日). 2006年閲覧。...
  45. ^ Maglev finally given approval”. Shanghai Daily (2008年8月18日). 2008年閲覧。...
  46. ^ Green light for maglev factory”. Shanghai Daily (2007年11月22日). 2007年閲覧。...
  47. ^ “China claims train blue riband”. http://www.theguardian.com/world/2003/jan/01/china.johngittings 2014年12月27日閲覧。 
  48. ^ “Shanghai welcomes high speed train”. Cnn business. http://edition.cnn.com/2002/BUSINESS/asia/12/31/china.maglev.biz/ 2014年12月27日閲覧。 
  49. ^ “Changsha Maglev Line Completes Investment over 490 Million Yuan”. http://english.rednet.cn/c/2014/11/21/3528574.htm 2014年12月29日閲覧。 
  50. ^ Changsha to Construct Maglev Train, 2014-01-09
  51. ^ 国防科大自研磁浮列车_军事_环球网”. Mil.huanqiu.com (2011年3月2日). 2012年11月4日閲覧。
  52. ^ a b リニアモーターカーの計画推進で各地で誘致合戦 電子新聞 2007-02-07
  53. ^ いまだに開業できぬ「韓国リニア」の無残、完成2年…「純国産」にこだわりトラブル続きのお粗末 産経ニュース 2014年12月24日
  54. ^ 韓国独自技術で開発 仁川空港リニアが3日開通 聨合ニュース 2016年2月2日
  55. ^ 韓経:リニアモーターカー時代…韓日中、技術競争が熱い 中央日報 2016年2月29日
  56. ^ KOREA SUPER SPEED MAGLEV SUMA550-01
  57. ^ Canada's Magnovate will build third generation magnetic levitation high speed rail which could be cost competitive with China's high speed rail
  58. ^ Wakefield, Jane (2014年6月24日). “Sky cars to be built in Tel Aviv”. BBC News. http://www.bbc.com/news/technology-27995437 2015年1月8日閲覧。 
  59. ^ “NASA’s SkyTran personal maglev transport to trial in Israel”. Stuff. (2014年7月3日). http://www.stuff.tv/nasa-s-skytran-personal-maglev-transport-trial-israel/news 2015年1月8日閲覧。 
  60. ^ Baker, James. “They are building the first personal maglev transport system in Israel”. Spoid. http://sploid.gizmodo.com/this-futuristic-personal-transport-could-soon-be-part-o-1598425675 2015年1月8日閲覧。 
  61. ^ “SkyTran to Build Futuristic Maglev 'Hover Monorail' in Israel”. Inhabitat. (2014年6月27日). http://inhabitat.com/skytran-unveils-futuristic-maglev-hover-monorail-for-israel/ 2015年1月8日閲覧。 
  62. ^ “Hover cars have arrived! Self-driving sky pods set to soar above traffic on high-speed magnetic tracks”. MailOnline. (2014年6月27日). http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2672007/Hover-cars-arrived-Self-driving-sky-pods-soon-soar-traffic-high-speed-magnetic-tracks.html 2015年1月8日閲覧。 
  63. ^ Lausanne en 10 minutes” (French). GHI (2011年3月3日). 2011年5月20日閲覧。
  64. ^ In 20 Minuten von Zürich nach Bern” (German). Neue Zürcher Zeitung (2009年6月20日). 2011年5月20日閲覧。
  65. ^ Swissmetro.ch”. Swissmetro.ch. 2011年9月29日閲覧。
  66. ^ Hendy, Peter (2013年3月6日). “Canberra-Sydney very fast train key to regional development”. Sydney Morning Herald. 2013年閲覧。...
  67. ^ Hendy, Peter (2013年3月6日). “Canberra-Sydney very fast train key to regional development”. Sydney Morning Herald. 2013年閲覧。...
  68. ^ Christodoulou, Mario (2008年8月2日). “Maglev train reappears on agenda”. Illawara Mercury. 2009年9月7日閲覧。
  69. ^ Watters, Martin (2008年7月30日). “Plans to build Geelong-Melbourne-Frankston monorail”. Herald Sun (Australia). http://www.news.com.au/heraldsun/story/0,21985,24100590-2862,00.html 2008年閲覧。... 
  70. ^ Melbourne Concepts – Maglev's relevance”. Windana Research. 2009年9月7日閲覧。
  71. ^ L'EIR propone un "Maglev lombardo" per Milano Expo”. movisol.org. 2009年閲覧。...
  72. ^ Un Maglev toscano per avvicinare Pisa – Cronaca – il Tirreno
  73. ^ Un Maglev toscano per avvicinare Pisa
  74. ^ Per Peretola spunta una soluzione: il trena a levitazione magnetica
  75. ^ Prato chiede il Maglev per la Toscana
  76. ^ Regione Toscana: Aeroporti: Firenze; Oliva(Pd), Maglev Per Superare Stallo
  77. ^ Marietta Company Ready to Send Maglev Technology Abroad”. Globalatlanta.com. 2011年9月29日閲覧。
  78. ^ William Miranda Torres pide apoyo para financiar tren en Caguas”. Primerahora.com. 2011年9月29日閲覧。
  79. ^ casiano communications (2011年5月19日). “Inteco looks at 'maglev' train system”. caribbeanbusiness.pr. 2011年9月29日閲覧。
  80. ^ Mumbai to Delhi: 3 hours by train”. Express India (2005年6月14日). 2007年閲覧。...
  81. ^ “6 routes identified for MagLev”. Times of India (India). (2007年6月22日). http://timesofindia.indiatimes.com/Mumbai/6_routes_identified_for_MagLev/articleshow/2140367.cms 2007年閲覧。... 
  82. ^ Bullet train may connect Mysore-Bangalore in 1hr 30 mins Photos”. Yahoo! India Finance (2012年4月20日). 2012年11月4日閲覧。
  83. ^ At what cost high-speed rail”. thesundaily.my. 2014年閲覧。...
  84. ^ No Operation”. Presstv.ir. 2011年9月29日閲覧。
  85. ^ 大田国際博覧会でのHML-03の走行の様子
  86. ^ Maglev Trains: Key Underlying Technologies. Springer. (2015). ISBN 9783662456736.  Google ブックス: https://books.google.co.jp/books?id=sAhJCAAAQBAJ&pg=PA6
  87. ^ [2][リンク切れ]
  88. ^ Maglev Packet Switching
  89. ^ Canada's Magnovate will build third generation magnetic levitation high speed rail which could be cost competitive with China's high speed rail






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

磁気浮上式鉄道に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「磁気浮上式鉄道」の関連用語

磁気浮上式鉄道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

モッコク

焼香の作法

裏筋

鈴木輝彦

トゲツノヤドカリ

日野レインボー

絹扇

水平振動ローラ





磁気浮上式鉄道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁気浮上式鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS