方向指示器とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > 方向指示器の意味・解説 

ほう こうしじき はうかう- [6] 【方向指示器】

自動車前後に付ける,どの方向に曲がるかを示す装置

方向指示器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/06 18:15 UTC 版)

方向指示器(ほうこうしじき)とは、自動車オートバイなどに付ける保安部品で、右左折や進路変更の際に、その方向を周囲に示すための装置である。




[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ ISO 4040 Road vehicles Location of hand controls, indicators and tell-tales in motor vehicles
  3. ^ UNECE(United Nations Economic Commission for Europe : 国連欧州経済委員会) Regulations (1958 Agreement and addenda) Addendum 47: Regulation No. 48 Section6.5.9 "Other requirements"
  4. ^ 道路運送車両の保安基準の細目を定める告示第249条第3項
  5. ^ 国土交通省 「装置型式指定規則」及び「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」等の一部改正について
  6. ^ a b c 道路交通法第53条第1項、道路交通法施行令第21条
  7. ^ 道路交通法第52条第1項、道路交通法施行令第18条第2項
  8. ^ 入口で左折合図を出すと、そのすぐ次の出口で左折する意思表示となるため、その出口側で待っている車両が徐行により進入を開始するおそれがある
  9. ^ a b c d Honda - ワンポイントアドバイス ハザードランプの合図の意味
  10. ^ SAE Standards 890688 The Interaction of Tun,Hazard and Stop Signals
  11. ^ 朝日新聞、1993年10月10日、朝刊第5面。
  12. ^ ヤマト運輸株式会社、CSR報告書2005 (PDF) 、12頁、2007年9月25日参照。
  13. ^ 道路交通法施行令第26条の3 第2項
  14. ^ 後方から追い抜く場合だけでなく、反対車線で停車しているスクールバスとすれ違う場合も含まれる
  15. ^ 自動二輪車原動機付自転車小型特殊自動車は対象外
  16. ^ 道路交通法施行令第18条 第2項
  17. ^ ただし、一般道路において視距50メートルが確保される程度に非常に明るい照明がある場合や、夜間用停止表示器材を後方に置いている場合はこの限りではない。
  18. ^ 交通の教則[2]等。またこのうちの一部が法令により義務づけられているが、詳細は該当法令を参照のこと
  19. ^ トラブルCh(損保ジャパン) - 濃霧時の対処方法







方向指示器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「方向指示器」の用例一覧


辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「方向指示器」の関連用語

方向指示器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

胸椎

イソヒヨドリ

ラッシュ

66系

寒冷前線

8000系

ジェルトン

ツガ





方向指示器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの方向指示器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS