オーストリッチとは?

Weblio 辞書 > 生活 > 皮革の種類 > オーストリッチの意味・解説 

オーストリッチ【ostrich】


オーストリッチ(駝鳥)とその仲間

天然素材中でも第一級のスペシャルレザーとして、デザイナー達の創作意欲かきたてるのがオーストリッチ(駝鳥)革です。高級化、個性化時代にあって、野性味中にエレガンスさを秘め風合いが好まれています。
数百前には、ダチョウ仲間は9種も生息していましたが、現在ではダチョウ目ダチョウ科1種のみです。亜種としては、マサイダチョウ、キタアフリカダチョウ、ソマリアダチョウ、ミナミアフリカダチョウ、アラビアダチョウなどがいます。
野生のものは、中央アフリカシリアアラビア等の乾燥地帯分布していますが、減少傾向にあるため、南アフリカのクライン・カルーと呼ばれる地域では、積極的なオーストリッチの飼育が行われ、皮革用として計画的生産と、理想的管理がなされています。

また、“走る”ともいわれる駝鳥には、走鳥類仲間として、オーストラリアヒクイドリ目エミュー科ニューギニアヒクイドリ目ヒクイドリ科1属3種ニュージーランドキーウィ目キーウィ科1属3種、さらに南米レア目レア科2属2種がいます。


ダチョウ(一般和名); オーストリッチ

商業名:Ostrich
学名Struthio camelus

飛べない鳥として、現生鳥類の中で最大級であり、アフリカ大陸固有の独自性をもって生息しています。平均体高は2.5メートル重さ120キロ達するジャンボサイズですが、走力が非常に優れています。
オーストリッチの皮は、羽毛を抜いた後の丸みのある突起した軸痕(Quill Markクイルマーク)が他の皮革にない、ユニークをもっています。強靱皮質重厚さもあり、立体的な革の特性を活かして、高級品向け素材として幅広く使用されています。
仕上げは、主にクラシックフィニッシュ(Classic Finishと言われるクイルマークと革を同じ色で染める半マットタイプの顔料仕上げと、サドルフィニッシュ(Saddle Finishと言われる染料染めの革の表面ブラッシングにより艶を与えて、革らしさとクイルマークを強調した仕上げ行います。
脚部の皮は、レッグと呼ばれ、爬虫類に似たウロコ状の模様特徴となっています。
鳥の羽根太古の昔から、貴重な装飾品として使用されてきましたが、オーストリッチの羽毛は、ステージ衣装インテリア等に利用されています。また、世界的健康志向から、オーストリッチの肉は、高タンパク、低脂肪のため、近年需要大きく増加してきました。このため最近ではヨーロッパ北米オーストラリア中国イスラエル等々で飼育農場増加しました。

オーストリッチ
Struthio camelus

ダチョウ
ダチョウ
サドルフィニッシュ

ダチョウ

(オーストリッチ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 01:14 UTC 版)

ダチョウ (Struthio camelus) は、鳥綱ダチョウ目ダチョウ科ダチョウ属に分類される鳥類。


  1. ^ アルジェリア、カメルーン、スーダン、セネガル、中央アフリカ共和国、チャド、ナイジェリア、ニジェール、ブルキナファソ、マリ共和国、モーリタニア、モロッコの個体群のみ
  1. ^ Appendices I, II and III (valid from 26 November 2019)<https://cites.org/eng> (downroad 06/06/2020)
  2. ^ a b UNEP (2020). Struthio camelus. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (downroad 06/06/2020)
  3. ^ a b c d e f BirdLife International. 2018. Struthio camelus. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T45020636A132189458. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T45020636A132189458.en. Downloaded on 06 June 2020.
  4. ^ a b c Ratites: Ostriches to Tinamous, Gill F, D Donsker & P Rasmussen (Eds). 2020. IOC World Bird List (v10.1). https://doi.org/10.14344/IOC.ML.10.1. (Downloaded 06 June 2020)
  5. ^ Brian C. R. Bertram 「ダチョウ」上田恵介訳『動物大百科 7 鳥I』黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編、平凡社、1986年、26-29頁。
  6. ^ 福田道雄 「飛ぶことをやめた鳥たち ダチョウ、ヒクイドリ、エミュー、レア」『動物たちの地球 鳥類I 1 ダチョウ・アホウドリほか』長谷川博編著、朝日新聞社1992年、8-12頁。
  7. ^ 必見!目がテン!ライブラリー
  8. ^ ダチョウの目の玉”. OSTRICH LAB (2017年6月27日). 2020年3月20日閲覧。
  9. ^ 【ぐるっと首都圏・食べる・つながる】栃木・小山 ダチョウ/100%赤身 食感は牛肉/鉄分豊富 美容効果も 『毎日新聞』朝刊2018年11月8日(首都圏面)2018年11月10日閲覧。
  10. ^ a b c 町に富をもたらしたダチョウの羽根 かつてはダイヤモンドや金よりも高価だった”. National Geographic. 2020年9月6日閲覧。
  11. ^ Basic Report: 05641, Ostrich, ground, raw Agricultural Research Service , United States Department of Agriculture , National Nutrient Database for Standard Reference , Release 26
  12. ^ 世界宗教用語辞典『駝鳥』
  13. ^ http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/2008/2008-09/page07.html
  14. ^ マスク出荷ピーク 西日本新聞 1面政治経済社会欄 2013年2月20日
  15. ^ 花粉症対策 カギは抗体 中日新聞 2012年3月25日
  16. ^ “ダチョウ卵でニキビを抑制 府立大グループ、化粧品販売も”. 京都新聞. (2013年6月4日). http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130604000066 2013年6月5日閲覧。 
  17. ^ 【阿比留瑠比の極言御免】民主党の社民党化がとまらない…国民を「ダチョウの平和」の道連れにするな産経ニュース(2016年2月11日)2018年11月10日閲覧。
  18. ^ “Natural History Notebooks. Canadian Museum of Nature.”, Nature, (2010年2月20日), https://nature.ca/notebooks/english/ostrich.htm 2019年9月4日閲覧。 
  19. ^ “Ostrich head in sand”, ABC, (2006年11月2日), http://www.abc.net.au/science/articles/2006/11/02/1777947.htm 2019年9月4日閲覧。 
  20. ^ “Do Ostriches Really Bury Their Heads in the Sand?”, Wonderopolis, https://www.wonderopolis.org/wonder/do-ostriches-really-bury-their-heads-in-the-sand/ 2019年9月4日閲覧。 
  21. ^ “Ostrich Struthio camelus”, National Geographic Society, (2009年), https://www.nationalgeographic.com/animals/birds/o/ostrich/ 2019年9月4日閲覧。 
  22. ^ “Do ostriches really bury their heads in the sand?”. Science World British Columbia. (2015年12月10日). https://www.scienceworld.ca/blog/do-ostriches-really-bury-their-heads-sand 2019年9月4日閲覧。 


「ダチョウ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーストリッチ」の関連用語

オーストリッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーストリッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2020 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダチョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS