公爵 ドイツの公爵

公爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 06:03 UTC 版)

ドイツの公爵

ドイツの称号で「公爵」と訳されるのはヘルツォーク(Herzog)である。これは初期の10世紀頃には君主に相当する最高位の貴族部族大公(Stammesherzog)のことだった。この時期のヘルツォークは「大公」と訳されるのが一般的である[98]。次のものがある。

13世紀に現れた選帝侯7人の中で公の称号を持つのはザクセン公のみだった[99]三十年戦争後にはバイエルン公もプファルツの選帝侯位が与えられる形で選帝侯に加わった[100]

ナポレオン戦争後、陪臣化などで諸侯の数が減らされ、ナポレオン失脚後のウィーン体制下でもその状態が維持され、ドイツ連邦には公爵が治める公国が以下の10個あった[101]

ナッサウ公国とホルシュタイン公国は普墺戦争後プロイセンに併合されて消滅し、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公はエルネスティン諸公国再編の中で消滅し、アンハルト諸国はアンハルト公国として統合されたのでドイツ帝国加盟国として残った公国の公爵位はブラウンシュヴァイク公、ザクセン=アルテンブルク公、ザクセン=コーブルク=ゴータ公、ザクセン=マイニンゲン公、アンハルト公の5個だった[102]。これ以外に統治領域がなくなっていた公爵としてロイヒテンベルク公シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公ラチブシュ公ウラッハ公などがある。

ドイツ革命後、ヴァイマル共和政になると貴族は法的根拠を失ったが、爵位を姓名の一部として私的に用いることは認められた[88]


  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)942頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)849頁参照。
  2. ^ 小田部雄次 2006, p. 13-18.
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 21.
  4. ^ 浅見雅男 1994, p. 71-76.
  5. ^ 小田部雄次 2006, p. 26.
  6. ^ 小田部雄次 2006, p. 30.
  7. ^ 居相正広 1925, p. 21.
  8. ^ a b 百瀬孝 1990, p. 242.
  9. ^ 小田部雄次 2006, p. 56.
  10. ^ 小田部雄次 2006, p. 57.
  11. ^ 小田部雄次 2006, p. 18.
  12. ^ 酒井美意子 1982, p. 47.
  13. ^ 小田部雄次 2006, p. 49.
  14. ^ 小田部雄次 2006, p. 65.
  15. ^ 浅見雅男 1994, p. 34.
  16. ^ 浅見雅男 1994, p. 116-117.
  17. ^ 百瀬孝 1990, p. 37.
  18. ^ a b c 内藤一成 2008, p. 15.
  19. ^ a b 百瀬孝, 1990 & p37-38.
  20. ^ a b c d 小田部雄次 2006, p. 45.
  21. ^ 百瀬孝, 1990 & p38.
  22. ^ 小田部雄次 2006, p. 89-90.
  23. ^ 内藤一成 2008, p. 42.
  24. ^ 原口大輔 2018, p. 206.
  25. ^ 原口大輔 2018, p. 206-207.
  26. ^ a b c 小田部雄次 2006, p. 29.
  27. ^ a b c d 浅見雅男 1994, p. 92.
  28. ^ 浅見雅男 1994, p. 97.
  29. ^ 小田部雄次 2006, p. 58.
  30. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 10.
  31. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 16.
  32. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 11.
  33. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 23.
  34. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 13.
  35. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 4.
  36. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 6.
  37. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 14.
  38. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 22.
  39. ^ 毛利博物館(毛利邸)の歴史”. 毛利博物館. 2021年9月12日閲覧。
  40. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 15.
  41. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 24.
  42. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 18.
  43. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 17.
  44. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 21.
  45. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 20.
  46. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 3.
  47. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 7.
  48. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 2-3.
  49. ^ a b 石黒ひさ子 2006, p. 3.
  50. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 5.
  51. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 4.
  52. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 6.
  53. ^ a b 袴田郁一 2014, p. 86-87.
  54. ^ a b 袴田郁一 2014, p. 95.
  55. ^ 袴田郁一 2014, p. 93.
  56. ^ a b 今堀誠二, p. 422-423.
  57. ^ 袴田郁一 2014, p. 100.
  58. ^ 袴田郁一 2014, p. 98.
  59. ^ 袴田郁一 2014, p. 103.
  60. ^ a b 袴田郁一 2014, p. 102-103.
  61. ^ 袴田郁一 2014, p. 106.
  62. ^ 袴田郁一 2014, p. 107.
  63. ^ 袴田郁一 2014, p. 110.
  64. ^ 袴田郁一 2014, p. 112.
  65. ^ 袴田郁一 2014, p. 114.
  66. ^ 袴田郁一 2014, p. 113.
  67. ^ 袴田郁一 2014, p. 115.
  68. ^ 小林(1991) p.16-17
  69. ^ 森(1987) p.5
  70. ^ 森(1987) p.6
  71. ^ 小林(1991) p.18
  72. ^ 森(1987) p.7-8
  73. ^ 森(1987) p.9
  74. ^ 森(1987) p.11-12
  75. ^ a b 森(1987) p.15
  76. ^ 前田英昭 1976, p. 46-58.
  77. ^ 田中嘉彦 2009, p. 279/290.
  78. ^ 成瀬治, 山田欣吾 & 木村靖二 1997, p. 60.
  79. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 290.
  80. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 272.
  81. ^ 中野隆生 & 加藤玄 2020, p. 38-39/122.
  82. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 187.
  83. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 189.
  84. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 205.
  85. ^ 中野隆生 & 加藤玄 2020, p. 124.
  86. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1996, pp. 128–129.
  87. ^ 中野隆生 & 加藤玄 2020, p. 166.
  88. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ). “爵位”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年3月28日閲覧。
  89. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1996, p. 156.
  90. ^ 上垣豊 1995, p. 129(617).
  91. ^ a b 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1996, p. 419.
  92. ^ a b 上垣豊 1995, p. 130(618).
  93. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1996, p. 458.
  94. ^ 山本浩三 1959, p. 46/49.
  95. ^ Éric Mension-Rigau Enquête sur la noblesse. La permanence aristocratique, éditions Perrin, 2019, page 69.
  96. ^ Marc Guillaume, Directeur des affaires civiles et du Sceau, 2006.
  97. ^ Marc Guillaume, Maître des requêtes au Conseil d’Etat, Directeur des affaires civiles et du Sceau, Le Sceau de France, titre nobiliaire et changement de nom Académie des Sciences Morales et Politiques séance du lundi 3 juillet 2006.
  98. ^ 成瀬治, 山田欣吾 & 木村靖二 1997, p. 141.
  99. ^ 森井裕一 2016, p. 92-93.
  100. ^ 森井裕一 2016, p. 96.
  101. ^ 成瀬治, 山田欣吾 & 木村靖二 1996, p. 222/230.
  102. ^ 成瀬治, 山田欣吾 & 木村靖二 1996, p. 396.
  103. ^ a b 坂東省次 2013, p. 68.
  104. ^ a b c d e f g h i j Noble Titles in Spain and Spanish Grandees
  105. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 332.
  106. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 346.
  107. ^ 坂東省次 2013, p. 69.
  108. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 419.
  109. ^ 坂東省次 2013, p. 669/71.
  110. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 315.
  111. ^ a b 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 370.
  112. ^ https://www.boe.es/datos/pdfs/BOE//1931/153/A01122-01123.pdf
  113. ^ https://www.boe.es/buscar/act.php?id=BOE-A-1948-3512
  114. ^ a b c 坂内知子 2012, p. 164.
  115. ^ 世界大百科事典. “官等表”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年3月23日閲覧。
  116. ^ 秦郁彦編 2001, p. 426.
  117. ^ a b c d 川端香男里、佐藤経明 2004, p. 172.
  118. ^ 坂内知子 2012, p. 165.






公爵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

公爵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



公爵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公爵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS