公爵 イギリスの公爵

公爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 04:45 UTC 版)

イギリスの公爵

イギリスの公爵の紋章上の冠

イングランドに確固たる貴族制度を最初に築いた王は征服王ウィリアム1世在位:1066年-1087年)である。彼はもともとフランスのノルマンディー公であったが、エドワード懺悔王在位:1042年-1066年)の崩御後、イングランド王位継承権を主張して1066年にイングランドを征服し、イングランド王位に就いた(ノルマン・コンクエスト)。重用した臣下もフランスから連れて来たノルマン人だったため、大陸にあった貴族の爵位制度がイングランドにも持ち込まれることになった[68]

イングランドの公爵(Duke)は、伯爵(Earl)と男爵(Baron)に続いて創設された爵位だった。1337年エドワード3世在位:1327年-1377年)が皇太子エドワード黒太子コーンウォール公爵(Duke of Cornwall)位を与えたのが公爵の最初である。続いて1351年に同じくエドワード3世がヘンリー3世在位:1216年-1272年)の曾孫であるヘンリーランカスター公爵(Duke of Lancaster)位を与えたことで公爵位が貴族の最上位で王位に次ぐ称号であることが明確化した[69]

臣民に公爵位が与えられた最初の事例は、1483年リチャード3世在位:1483年-1485年)よりノーフォーク公爵(Duke of Norfolk)を与えられたジョン・ハワードである(もっとも彼も先祖を遡れば王族にたどり着く)[70][71]

その後、臣民の公爵位はステュアート朝期(特に王政復古後の最初の国王チャールズ2世時代)に急増した。ハノーファー朝期にも公爵位の授与が行われ、最も多い時期には40家の公爵家が存在した。しかし家系の断絶でその数は減少していった[72]。2021年現在臣民の公爵家は24家にまで減っている。

またジャコバイト王位請求者たちが創設したジャコバイト貴族英語版の爵位にも17の公爵位がある。

イングランド王国スコットランド王国アイルランド王国それぞれに貴族制度が存在し、それぞれをイングランド貴族スコットランド貴族アイルランド貴族という。イングランド王国とスコットランド王国がグレートブリテン王国として統合された後は新設爵位はグレートブリテン貴族として創設されるようになり、イングランド貴族・スコットランド貴族の爵位は新設されなくなった。さらにグレートブリテン王国とアイルランド王国がグレートブリテンおよびアイルランド連合王国として統合された後には新設爵位は連合王国貴族として創設されるようになり、グレートブリテン貴族とアイルランド貴族の爵位は新設されなくなった。イングランド貴族、スコットランド貴族、グレートブリテン貴族、アイルランド貴族、連合王国貴族いずれにおいても公爵位は第1位として存在する。

公爵内の序列はまず王族公爵が別格で先頭である。その下におかれる臣民公爵たちはイングランド貴族公爵、スコットランド貴族公爵、グレートブリテン貴族公爵、アイルランド貴族公爵、連合王国貴族公爵の順番で序列付けられる[73]。宮中席次における臣民公爵の序列は、国王(女王)、王妃(王配)、皇太子、王子、カンタベリー大主教大法官ヨーク大主教英語版首相枢密院議長庶民院議長、国璽尚書、英連邦高等弁務官及び外国大使に次ぐ13番目である[74]

侯爵から男爵までの貴族が「卿(My Lord)」と呼び掛けられるのに対し、公爵のみは「閣下(Your Grace)」と呼び掛けられる[75]。また公爵・侯爵・伯爵は従属爵位を持っているのが一般的であり、その嫡男は父の持つ爵位のうち二番目の爵位を儀礼称号として称する[75](父と混同されないよう主たる爵位と同じ名前や等級の爵位は避ける)。公爵と侯爵の息子は全員がLord(、ロード)を、娘はLady(レディ)が敬称として付けられる。

英国貴族の爵位は終身であり、原則として生前に爵位を譲ることはできない。爵位保有者が死亡した時にその爵位に定められた継承方法に従って爵位継承が行われ、爵位保有者が自分で継承者を決めることはできない。かつては爵位継承を拒否することもできなかったが、1963年貴族法制定以降は爵位継承から1年以内(未成年の貴族は成人後1年以内)であれば自分一代に限り爵位を放棄して平民になることが可能となった[76]

現在の公爵位はランカスター公爵(英国王が保持)とコーンウォール公爵(皇太子が保持)以外は領地が付随するわけでもなく、貴族称号を保持することの唯一の具体的な効果は貴族院議員になりえることである。かつては原則として全世襲貴族が貴族院議員になったが(ただし女性世襲貴族は1963年貴族法制定まで貴族院議員にならなかった。また1963年までスコットランド貴族アイルランド貴族貴族代表議員に選ばれた者以外議席を有さなかった。アイルランド貴族の貴族代表議員制度は1922年のアイルランド独立の際に終わり、スコットランド貴族は1963年貴族法によって全員が貴族院議員に列した)、1999年以降は世襲貴族枠の貴族院議員数は92議席に限定されている。なお公爵のうちノーフォーク公爵家の当主は軍務伯を世襲で務める関係上必ず貴族院議員になる。公爵だからと貴族院で特別に重んじられるような制度はなく、貴族院の活動において爵位の等級に重要性はない[77]

現存する公爵位

王族公爵位

紋章 爵位名
(爵位の創設年と分類)
現公爵の肖像 現公爵の名前 備考
コーンウォール公爵
1337年創設イングランド貴族
プリンス・オブ・ウェールズ
ウィリアム
(1982 - )
チャールズ3世国王の長男、皇太子
ロスシー公爵
1398年創設スコットランド貴族
ケンブリッジ公爵
2011年創設連合王国貴族
グロスター公爵
1928年創設連合王国貴族
第2代グロスター公爵
リチャード
(1944 - )
エリザベス2世女王の従弟
ケント公爵
1934年創設連合王国貴族
第2代ケント公爵
エドワード
(1935 - )
エリザベス2世女王の従弟
ヨーク公爵
1986年創設連合王国貴族
初代ヨーク公爵
アンドルー
(1960 - )
エリザベス2世女王の次男
サセックス公爵
2018年創設連合王国貴族
初代サセックス公爵
ヘンリー
(1984 - )
チャールズ3世国王の次男

臣民公爵位

紋章 爵位名
(爵位の創設年と分類)
家名
現公爵の肖像 現公爵の名前
ノーフォーク公爵
1483年創設イングランド貴族
フィッツアラン=ハワード家
第18代ノーフォーク公爵
エドワード・フィッツアラン=ハワード
(1956 - )
サマセット公爵
1547年創設イングランド貴族
シーモア家
第19代サマセット公爵
ジョン・シーモア英語版
(1952 - )
リッチモンド公爵
1675年創設イングランド貴族
ゴードン=レノックス家
第11代リッチモンド公爵
第11代レノックス公爵
第6代ゴードン公爵
チャールズ・ゴードン=レノックス英語版
(1955 - )
レノックス公爵
1675年創設スコットランド貴族
ゴードン=レノックス家
ゴードン公爵
1876年創設連合王国貴族
ゴードン=レノックス家
グラフトン公爵
1675年創設イングランド貴族
フィッツロイ家
第12代グラフトン公爵
ヘンリー・フィッツロイ英語版
(1978 - )
ボーフォート公爵
1682年創設イングランド貴族
サマセット家
第12代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット英語版
(1952 - )
セント・オールバンズ公爵
1684年創設イングランド貴族
ボークラーク家
第14代セント・オールバンズ公爵
マレー・ボークラーク英語版
(1939 - )
ベッドフォード公爵
1694年創設イングランド貴族
ラッセル家
第15代ベッドフォード公爵
アンドリュー・ラッセル英語版
(1962 - )
デヴォンシャー公爵
1694年創設イングランド貴族
キャヴェンディッシュ家
第12代デヴォンシャー公爵
ストカー・キャヴェンディッシュ英語版
(1944 - )
マールバラ公爵
1702年創設イングランド貴族
スペンサー=チャーチル家
第12代マールバラ公爵
ジェイミー・スペンサー=チャーチル
(1955 - )
ラトランド公爵
1703年創設イングランド貴族
マナーズ家
第11代ラトランド公爵
デイヴィッド・マナーズ英語版
(1959 - )
ハミルトン公爵
1643年創設スコットランド貴族
ダグラス=ハミルトン家
第16代ハミルトン公爵
第13代ブランドン公爵
アレクサンダー・ダグラス=ハミルトン英語版
(1978 - )
ブランドン公爵
1711年創設グレートブリテン貴族
ダグラス=ハミルトン家
バクルー公爵
1663年創設スコットランド貴族
ダグラス=スコット家英語版
第10代バクルー公爵
第12代クイーンズベリー公爵
リチャード・ダグラス=スコット英語版
(1954 - )
クイーンズベリー公爵
1684年創設スコットランド貴族
ダグラス=スコット家
アーガイル公爵
1701年創設スコットランド貴族
キャンベル家
第13代アーガイル公爵
第6代アーガイル公爵
トーキル・キャンベル英語版
(1968 - )
アーガイル公爵
1892年創設連合王国貴族
キャンベル家
アソル公爵
1703年創設スコットランド貴族
マレー家英語版
第12代アソル公爵
ブルース・マレー英語版
(1960 - )
モントローズ公爵
1707年創設スコットランド貴族
グラハム家英語版
第8代モントローズ公爵
ジェイムズ・グラハム英語版
(1935 - )
ロクスバラ公爵
1707年創設スコットランド貴族
イニス=カー家
第11代ロクスバラ公爵
チャールズ・イニス=カー
(1981 - )
マンチェスター公爵
1719年創設グレートブリテン貴族
モンタギュー家
第13代マンチェスター公爵
アレクサンダー・モンタギュー英語版
(1962 - )
ノーサンバーランド公爵
1766年創設グレートブリテン貴族
パーシー家
第12代ノーサンバーランド公爵
レイフ・パーシー英語版
(1956 - )
リンスター公爵
1766年創設アイルランド貴族
フィッツジェラルド家英語版
第9代リンスター公爵
モーリス・フィッツジェラルド英語版
(1948 - )
アバコーン公爵
1868年創設アイルランド貴族
ハミルトン家
第5代アバコーン公爵
ジェイムズ・ハミルトン
(1934 - )
ウェリントン公爵
1814年創設連合王国貴族
ウェルズリー家
第9代ウェリントン公爵
チャールズ・ウェルズリー
(1945 - )
サザーランド公爵
1833年創設連合王国貴族
エジャートン家
第7代サザーランド公爵
フランシス・エジャートン英語版
(1940 - )
ウェストミンスター公爵
1874年創設連合王国貴族
グローヴナー家
第7代ウェストミンスター公爵
ヒュー・グローヴナー
(1991 - )
ファイフ公爵
1900年創設連合王国貴族
カーネギー家
第4代ファイフ公爵
デイヴィッド・カーネギー
(1961 - )

かつて存在した公爵位


  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)942頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)849頁参照。
  2. ^ 小田部雄次 2006, p. 13-18.
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 21.
  4. ^ 浅見雅男 1994, p. 71-76.
  5. ^ 小田部雄次 2006, p. 26.
  6. ^ 小田部雄次 2006, p. 30.
  7. ^ 居相正広 1925, p. 21.
  8. ^ a b 百瀬孝 1990, p. 242.
  9. ^ 小田部雄次 2006, p. 56.
  10. ^ 小田部雄次 2006, p. 57.
  11. ^ 小田部雄次 2006, p. 18.
  12. ^ 酒井美意子 1982, p. 47.
  13. ^ 小田部雄次 2006, p. 49.
  14. ^ 小田部雄次 2006, p. 65.
  15. ^ 浅見雅男 1994, p. 34.
  16. ^ 浅見雅男 1994, p. 116-117.
  17. ^ 百瀬孝 1990, p. 37.
  18. ^ a b c 内藤一成 2008, p. 15.
  19. ^ a b 百瀬孝, 1990 & p37-38.
  20. ^ a b c d 小田部雄次 2006, p. 45.
  21. ^ 百瀬孝, 1990 & p38.
  22. ^ 小田部雄次 2006, p. 89-90.
  23. ^ 内藤一成 2008, p. 42.
  24. ^ 原口大輔 2018, p. 206.
  25. ^ 原口大輔 2018, p. 206-207.
  26. ^ a b c 小田部雄次 2006, p. 29.
  27. ^ a b c d 浅見雅男 1994, p. 92.
  28. ^ 浅見雅男 1994, p. 97.
  29. ^ 小田部雄次 2006, p. 58.
  30. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 10.
  31. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 16.
  32. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 11.
  33. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 23.
  34. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 13.
  35. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 4.
  36. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 6.
  37. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 14.
  38. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 22.
  39. ^ 毛利博物館(毛利邸)の歴史”. 毛利博物館. 2021年9月12日閲覧。
  40. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 15.
  41. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 24.
  42. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 18.
  43. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 17.
  44. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 21.
  45. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 20.
  46. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 3.
  47. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 7.
  48. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 2-3.
  49. ^ a b 石黒ひさ子 2006, p. 3.
  50. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 5.
  51. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 4.
  52. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 6.
  53. ^ a b 袴田郁一 2014, p. 86-87.
  54. ^ a b 袴田郁一 2014, p. 95.
  55. ^ 袴田郁一 2014, p. 93.
  56. ^ a b 今堀誠二, p. 422-423.
  57. ^ 袴田郁一 2014, p. 100.
  58. ^ 袴田郁一 2014, p. 98.
  59. ^ 袴田郁一 2014, p. 103.
  60. ^ a b 袴田郁一 2014, p. 102-103.
  61. ^ 袴田郁一 2014, p. 106.
  62. ^ 袴田郁一 2014, p. 107.
  63. ^ 袴田郁一 2014, p. 110.
  64. ^ 袴田郁一 2014, p. 112.
  65. ^ 袴田郁一 2014, p. 114.
  66. ^ 袴田郁一 2014, p. 113.
  67. ^ 袴田郁一 2014, p. 115.
  68. ^ 小林(1991) p.16-17
  69. ^ 森(1987) p.5
  70. ^ 森(1987) p.6
  71. ^ 小林(1991) p.18
  72. ^ 森(1987) p.7-8
  73. ^ 森(1987) p.9
  74. ^ 森(1987) p.11-12
  75. ^ a b 森(1987) p.15
  76. ^ 前田英昭 1976, p. 46-58.
  77. ^ 田中嘉彦 2009, p. 279/290.
  78. ^ 成瀬治, 山田欣吾 & 木村靖二 1997, p. 60.
  79. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 290.
  80. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 272.
  81. ^ 中野隆生 & 加藤玄 2020, p. 38-39/122.
  82. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 187.
  83. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 189.
  84. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1995, p. 205.
  85. ^ 中野隆生 & 加藤玄 2020, p. 124.
  86. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1996, pp. 128–129.
  87. ^ 中野隆生 & 加藤玄 2020, p. 166.
  88. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ). “爵位”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年3月28日閲覧。
  89. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1996, p. 156.
  90. ^ 上垣豊 1995, p. 129(617).
  91. ^ a b 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1996, p. 419.
  92. ^ a b 上垣豊 1995, p. 130(618).
  93. ^ 柴田三千雄, 樺山紘一 & 福井憲彦 1996, p. 458.
  94. ^ 山本浩三 1959, p. 46/49.
  95. ^ Éric Mension-Rigau Enquête sur la noblesse. La permanence aristocratique, éditions Perrin, 2019, page 69.
  96. ^ Marc Guillaume, Directeur des affaires civiles et du Sceau, 2006.
  97. ^ Marc Guillaume, Maître des requêtes au Conseil d’Etat, Directeur des affaires civiles et du Sceau, Le Sceau de France, titre nobiliaire et changement de nom Académie des Sciences Morales et Politiques séance du lundi 3 juillet 2006.
  98. ^ 成瀬治, 山田欣吾 & 木村靖二 1997, p. 141.
  99. ^ 森井裕一 2016, p. 92-93.
  100. ^ 森井裕一 2016, p. 96.
  101. ^ 成瀬治, 山田欣吾 & 木村靖二 1996, p. 222/230.
  102. ^ 成瀬治, 山田欣吾 & 木村靖二 1996, p. 396.
  103. ^ a b 坂東省次 2013, p. 68.
  104. ^ a b c d e f g h i j Noble Titles in Spain and Spanish Grandees
  105. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 332.
  106. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 346.
  107. ^ 坂東省次 2013, p. 69.
  108. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 419.
  109. ^ 坂東省次 2013, p. 669/71.
  110. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 315.
  111. ^ a b 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 370.
  112. ^ https://www.boe.es/datos/pdfs/BOE//1931/153/A01122-01123.pdf
  113. ^ https://www.boe.es/buscar/act.php?id=BOE-A-1948-3512
  114. ^ a b c 坂内知子 2012, p. 164.
  115. ^ 世界大百科事典. “官等表”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年3月23日閲覧。
  116. ^ 秦郁彦編 2001, p. 426.
  117. ^ a b c d 川端香男里、佐藤経明 2004, p. 172.
  118. ^ 坂内知子 2012, p. 165.






公爵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

公爵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



公爵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公爵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS