マルクス主義 批評・批判

マルクス主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/13 06:18 UTC 版)

批評・批判

マルクス主義に対する批評や批判は、政治的な右派からだけではなく、左派からも行われてきている。民主社会主義者や社会民主主義者は、社会主義階級闘争プロレタリア独裁によってのみ成し遂げられるという概念に反対してきている。多くのアナキストも、プロレタリア独裁が必要と言う主張に反対してきている。いくつかの思想家は、唯物史観労働価値説などのマルクス主義者の理論の基盤に反対してきている。

社会主義や拡張されたマルクス主義への主要な批判には、経済計算論争[10][11]、科学技術の発展の遅延[12]、動機の減少[13][14][15]、資産の減少[16][17]、実現可能性[10][11][12]、その社会的および政治的な影響[18][19][20][21][22][23]、などがある。

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

関連項目




  1. ^ フリードリヒ・エンゲルス 『空想から科学へ』『反デューリング論』
  2. ^ ソ連共産党は、「科学的共産主義」と呼んでいた。
  3. ^ マルクス、エンゲルス 『共産党宣言 共産主義の原理』 大月書店〈国民文庫〉、1952年、46、47、56頁。
  4. ^ マルクス、エンゲルス 『共産党宣言 共産主義の原理』、56頁。
  5. ^ 面白いほどよくわかる現代思想のすべて30頁~33頁
  6. ^ Zeev Sternhell: The Birth of Fascist Ideology: From Cultural Rebellion, 2001, pp.92
  7. ^ 大杉栄『ベルグソンとソレル』
  8. ^ Enrico Leone, La revisione del marxismo , Roma, Biblioteca del Divenire sociale, 1909
  9. ^ Marco Piraino e Stefano Fiorito "L'identità fascista" (Lulu, 2008); Domenico Settembrini "Fascismo controrivoluzione imperfetta" (SEAM, 2001), Ernst Nolte, "Il giovane Mussolini. Marx e Nietzsche in Mussolini socialista", Sugarco 1997.
  10. ^ a b Von Mises, Ludwig (1990) (pdf). Economic calculation in the Socialist Commonwealth. Ludwig von Mises Institute. http://mises.org/pdf/econcalc.pdf 2008年9月8日閲覧。 
  11. ^ a b F. A. Hayek, (1935), "The Nature and History of the Problem" and "The Present State of the Debate," om in F. A. Hayek, ed. Collectivist Economic Planning, pp. 1-40, 201-43.
  12. ^ a b Milton Friedman. We have Socialism Q.E.D., Op-Ed in New York Times December 31, 1989 [1]
  13. ^ Zoltan J. Acs & Bernard Young. Small and Medium-Sized Enterprises in the Global Economy. University of Michigan Press, page 47, 1999.
  14. ^ Mill, John Stuart. The Principles of Political Economy, Book IV, Chapter 7.
  15. ^ John Kenneth Galbraith, The Good Society: The Humane Agenda, (Boston, MA: Houghton Mifflin Co., 1996), 59-60."
  16. ^ Hans-Hermann Hoppe. A Theory of Socialism and Capitalism [2].
  17. ^ en:Ludwig von Mises, Socialism: An Economic and Sociological Analysis, Indianapolis, IN: Liberty Fund, Inc.. 1981, trans. J. Kahane, IV.30.21
  18. ^ F.A. Hayek. The Intellectuals and Socialism. (1949).
  19. ^ Alan O. Ebenstein. Friedrich Hayek: A Biography. (2003). University of Chicago Press. ISBN 0226181502 p.137
  20. ^ Friedrich Hayek (1944). The Road to Serfdom. University Of Chicago Press. ISBN 0-226-32061-8 
  21. ^ Bellamy, Richard (2003). The Cambridge History of Twentieth-Century Political Thought. Cambridge University Press. pp. 60. ISBN 0-521-56354-2 
  22. ^ Self, Peter. Socialism. A Companion to Contemporary Political Philosophy, editors Goodin, Robert E. and Pettit, Philip. Blackwell Publishing, 1995, p.339 "Extreme equality overlooks the diversity of individual talents, tastes and needs, and save in a utopian society of unselfish individuals would entail strong coercion; but even short of this goal, there is the problem of giving reasonable recognition to different individual needs, tastes (for work or leisure) and talents. It is true therefore that beyond some point the pursuit of equality runs into controversial or contradictory criteria of need or merit."
  23. ^ Socialism





マルクス主義と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マルクス主義」の関連用語

マルクス主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マルクス主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマルクス主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS