きんとは? わかりやすく解説

きん【今】

読み方:きん

⇒こん


きん【僅】

読み方:きん

常用漢字] [音]キン(漢) [訓]わずか

ほんの少し。わずか。やっと。「僅僅僅差僅少


きん【勤】

読み方:きん

[音]キン(漢) ゴン(呉) [訓]つとめる つとまる いそしむ

学習漢字6年

[一]キン

力を尽くしてつとめはげむ。「勤勉勤労精勤忠勤

勤め先仕事をする勤め。「勤続勤務皆勤外勤欠勤在勤出勤常勤退勤通勤転勤夜勤

(「覲(きん)」の代用字天子主君お目にかかる。「参勤

[二]ゴン〉つとめはげむ。特に、仏のためのお勤め。「勤行(ごんぎょう)/恪勤(かくごん)」

名のりいそ・いそし・つとむ・とし・のり


きん【×听】

読み方:きん

大判西洋紙一連500としたときの重さを表す単位。現在は使われないポンド


きん【均】

読み方:きん

[音]キン(呉)(漢) [訓]ひとしい ならす

学習漢字5年

全体一様にならす。凹凸がなく等しい。「均一均衡均質均整均霑(きんてん)・均等均分平均

名のり]お・ただ・なお・なり・ひとし・ひら・まさ


きん【巾】

読み方:きん

常用漢字] [音]キン(漢) [訓]きれ

布きれ。「巾着手巾雑巾(ぞうきん)・茶巾布巾三角巾

布製かぶりもの。「巾幗(きんかく)/頭巾(ずきん)」

[補説] 「幅(はば)」「羃(べき)」の代用字とすることがあるが、もと別字

難読脛巾(はばき)・領巾(ひれ)・肩巾(ひれ)


きん【巾】

読み方:きん

切れ。切れ地。布。

ふきん。手ぬぐい

箏(そう)の13本目の弦。奏者から見ていちばん手前の弦。

頭や襟をおおう布。頭巾(ずきん)。

「頭(かしら)に紺染(あをぞ)めの―を被(かづ)き」〈読・雨月青頭巾


きん【×擒】

読み方:きん

[音]キン(漢)

とらえる。いけどりにする。とりこ。「擒捉擒縛(きんばく)」


きん【斤】

読み方:きん

常用漢字] [音]キン(漢) [訓]おの

おの。「斧斤(ふきん)」

重さの単位。約六〇〇グラム。「斤目(きんめ)・斤量英斤

名のり]のり


きん【斤】

読み方:きん

尺貫法質量の単位。1斤はふつう160匁(もんめ)で、約600グラム商品包装単位には、慣用的100匁・120匁・180匁などを1斤とする場合がある

英斤(えいきん)

食パン単位。1斤は350400グラムをいう。


きん【×欣】

読み方:きん

人名用漢字] [音]キン(漢) ゴン(慣) [訓]よろこぶ

よろこぶ。「欣快欣然欣喜雀躍

名のり]やすし・よし

難読欣求(ごんぐ)


きん【×欽】

読み方:きん

人名用漢字] [音]キン(漢) [訓]つつしむ

つつしみ敬う。「欽仰欽羨(きんせん)・欽慕

天子に関する物事に付けて敬意を示す語。「欽定欽命

名のり]うや・こく・ただ・ひとし・まこと・よし


きん【琴】

読み方:きん

常用漢字] [音]キン(漢) ゴン(呉) [訓]こと

[一]キン

弦楽器の一。古代中国で、七弦のこと。「琴瑟(きんしつ)・琴線弾琴

弦楽器また、鍵盤楽器の類。「月琴提琴風琴木琴洋琴

[二]〈こと(ごと)〉「琴歌琴爪(ことづめ)/竪琴(たてごと)・大正琴

難読琴柱(ことじ)・和琴(わごん)


きん【琴】

読み方:きん

中国古代弦楽器長さ120センチで、弦は7本。琴柱(ことじ)は用いず左手で弦を押さえ右手で弾く。上代日本渡来したとされる。現在は衰滅


きん【×瑾】

読み方:きん

[音]キン(漢)

固くて美しい玉。「瑾瑜(きんゆ)/瑕瑾(かきん)」


きん【×矜】

読み方:きん

⇒きょう


きん【×磬】

読み方:きん

唐音読経際に打ち鳴らす銅製鉄製鉢形をした仏具禅宗用い始めたもの。磬(けい)とは異なる。銅鉢


きん【禁】

読み方:きん

[音]キン(漢) [訓]いさめる

学習漢字5年

ある行為をはめて差し止める。「禁煙禁止禁酒禁制禁断禁欲厳禁

かってな行為差し止めるための一定の。おきて。「解禁国禁大禁

一定の所に閉じこめる。「禁錮監禁拘禁軟禁

特別な人以外は出入り許されない場所。宮中。「禁苑禁門禁裏

忌み避ける。「禁忌禁句


きん【禁】

読み方:きん

禁じられていること。また、その事柄。「―を解く」「―を犯す


きん【×禽】

読み方:きん

人名用漢字] [音]キン(漢) [訓]とり

とり。鳥類。「禽獣家禽小禽水禽鳴禽猛禽野禽

(「擒(きん)」と通用とりこにするいけどり。「生禽


きん【筋】

読み方:きん

[音]キン(漢) [訓]すじ

学習漢字6年

[一]キン

細長い筋線維の束でできた肉。「筋骨筋肉筋力心筋腹筋

細長い線状のもの。「鉄筋

[二]〈すじ〉「筋道青筋粗筋(あらすじ)・大筋川筋首筋毛筋背筋血筋手筋鼻筋腹筋本筋道筋

難読筋斗返(とんぼがえ)り・翻筋斗(もんどり)


きん【筋】

読み方:きん

筋肉。「―が収縮する」「平目(ひらめ)―」


きん【経/軽】

読み方:きん

〈経〉⇒けい

〈軽〉⇒けい


きん【緊】

読み方:きん

常用漢字] [音]キン(呉)(漢)

固く引きしまる。引きしめる。「緊縮緊張緊縛緊密

物事差し迫っている。「緊急・緊迫緊要喫緊


きん【×芹】

読み方:きん

人名用漢字] [音]キン(漢) [訓]せり

植物の名セリ。「芹菜


きん【菌】

読み方:きん

常用漢字] [音]キン(漢) [訓]きのこ

キノコ。「菌糸菌類

カビバクテリアなどの微生物。「桿菌(かんきん)・細菌殺菌雑菌真菌黴菌(ばいきん)・無菌滅菌病原菌保菌者


きん【菌】

読み方:きん

菌類。カビ・キノコなど。「―の培養

細菌。「赤痢―」


きん【×衿】

読み方:きん

人名用漢字] [音]キン(漢) [訓]えり

衣服のえり。「開衿・青衿

[補説] 「襟」と通用する


きん【襟】

読み方:きん

常用漢字] [音]キン(漢) [訓]えり

[一]キン

えり。「開襟

胸のうち。心。「襟懐襟度(きんど)/胸襟宸襟(しんきん)」

要害の地。「襟帯

[二]〈えり〉「襟足襟首裏襟丸襟


きん【襟】

読み方:きん

衣服のえり。

胸のうち心のうち胸襟(きょうきん)。


きん【訓】

読み方:きん

⇒くん


きん【謹】

読み方:きん

常用漢字] [音]キン(漢) [訓]つつしむ

言動注意してかしこまる細かく気を配る。「謹厳謹厚謹慎謹聴

相手に対して恭敬の意を表す語。つつしんで。「謹賀謹啓・謹言謹呈

名のり]すすむ・ちか・なり・のり・もり


きん【近】

読み方:きん

[音]キン(漢) コン(慣) [訓]ちかい

学習漢字2年

[一]キン

ある場所にちかい。ちかづく。ちかい所。「近郊近所近接近隣遠近至近接近側近卑近付近遠交近攻

現在にちかいちかごろ。「近況近近近時近日近代近年最近輓近(ばんきん)」

人間関係などがちかい。「近縁近親昵近(じっきん)・親近

その物似ている。「近似

[二]コン〉ちかい。「近衛府(こんえふ)/右近

[三]〈ちか(ぢか)〉「近近近道手近間近・身近」

名のり]ちか・とも・もと

難読近江(おうみ)・遠近(おちこち)・近衛(このえ)


きん【×釁】

読み方:きん

物事のすきま。すき。また、仲たがい

互に一方の―を撃(うち)て双方真面目を顕(あらわ)し得ざることあり」〈福沢文明論之概略


きん【金】

読み方:きん

[音]キン(漢) コン(呉) [訓]かね かな こがね

学習漢字1年

[一]キン

金属の総称。「金石金文合金鋳金彫金板金冶金(やきん)」

金属元素の一。きん。こがね。「金貨金塊金銀金鉱金箔(きんぱく)・金粉砂金純金鍍金(ときん)・白金

お金貨幣。「金員金額金子(きんす)・金銭金融金利金満家換金給金献金現金残金資金借金賞金税金千金送金大金代金貯金罰金募金料金義捐金(ぎえんきん)」

こがね色。「金波金髪

美しい、りっぱな、かたいものなどを形容する語。「金言金科玉条金枝玉葉金城鉄壁

[二]コン[一]12および45に同じ。「金剛金色(こんじき)・金泥金銅金堂黄金(おうごん)」

[三]〈かね(がね)〉「金目板金裏金帯金小金地金筋金針金

[四]〈かな〉「金網金具金棒金輪

名のり]か

難読金雀児(エニシダ)・金糸雀(カナリア)・金海鼠(きんこ)・金団(きんとん)・鍍金(めっき)・滅金(めっき)


きん【金】

読み方:きん

【一】[名]

銅族元素の一。単体黄金色光沢がある金属中最も展延性富み厚さ0.1マイクロメートルの箔(はく)にすることが可能。化学的に安定で、酸化されにくく錆(さ)びず、また、王水には溶けるが、普通の酸やアルカリにはおかされない。自然金形で主に石英鉱脈中から産出し母岩風化したあと川に沈積し砂金としても得られる貴金属として貨幣装飾品歯科医療材料などに使用比重19.3。記号Au 原子番号79原子量197.0。こがね。黄金(おうごん)。

値打ちのあるもののたとえ。「―の卵」「沈黙は―」

金貨また、金銭。「―一封」「手切れ―」

金額を記すときに、上に付けて用いる語。「―五万円」

きんいろこがねいろ。「―ラメスカーフ

将棋の駒で、金将

金メダル。「日本選手が―・銀・独占する

睾丸(こうがん)のこと。きんたま

金曜日

五行第四位。方位では西、季節では秋、五星では金星十干では庚(かのえ)・辛(かのと)に配する

【二】接尾を示すに付いて、金の純度を表すのに用いる。24金純金カラット。「18―のペン先


きん【金】

読み方:きん

女真(じょしん)族完顔部の首長阿骨打(アクダ)が1115年建てた国。遼(りょう)を滅ぼし、宋を南方追って中国東北地区蒙古(もうこ)・華北征服。都は会寧後に燕京、汴京(べんけい)。1234年モンゴル滅ぼされた。


きん【錦】

読み方:きん

常用漢字] [音]キン(漢) [訓]にしき

金色の糸で美し模様織りなした絹織物。にしき。「錦衣錦旗錦繍(きんしゅう)」

にしきのような美しい。「錦鶏錦秋錦地(きんち)・錦心繍口

名のり]かね


きん 【金】

光沢ある黄色金属日本では黄金とか「こがね」と呼ぶ。酸に侵されないが、王水には溶ける王水濃塩酸濃硝酸との混合液で、金や白金溶かすので王水と呼ぶ。だが何といっても金は貴金属随一とされ、宗教世界でもこれを最高の存在なぞらえる仏教では仏の体を金山といい、仏の言説金口という。古代ギリシア詩人ピンダロスは「金はゼウス神の子染みも錆も金を滅すことはない」とうたった。英語goldサンスクリットの〈輝く〉という意味の語に由来するとされる。金はまた権力や富の象徴ともされ古代エジプトツタンカーメン王黄金や、古代中国錬金術師たちの存在が、これを物語っている。→ 銀

きん

きんの画像 きんの画像
芸名きん
芸名フリガナきん
性別男性
生年月日1991/4/27
星座おうし座
干支未年
血液型A
出身地香川県
身長175 cm
体重112 kg
URLhttps://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=5997
プロフィール1991年0427日生まれ香川県出身お笑い芸人お笑いコンビビスケットブラザーズ」として活動。趣味・特技は、野球お尻硬くすることが出来る今後の活躍が期待される
職種お笑い
好きなスポーツ野球
趣味・特技野球/お尻硬くすることが出来る

» タレントデータバンクはこちら

きん

  1. ①「きんちゃ」ともいいお客さんのことをいう。巾著の意味からきたもの。②芸能界では与太者愚か者のことをいう。

分類 芸能界


きん

  1. きんちや(※「きんちゃ」)の条を見よ。〔役者語〕
  2. きんちゃともいい、お客さんのこと、もちろん入場客のこと。巾着の意味からきたものである。〔芸能俳優)〕

分類 俳優役者


きん


キン

読み方:きん

  1. 役人行届キ過キタルコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・石川県

分類 石川県


読み方:きん

  1. 陶器の通り符牒にして四といふ数量を表す。通り符牒の条を参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒
  2. 四。〔陶器商

分類 符牒陶器商

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
きん

読み方
きん

金武

読み方
金武きん

読み方
きん

読み方
きん

読み方
きん

読み方
きん

読み方
きん

キン

(きん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 22:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

キンきん

人名以外

人名・民族

  • - 中国夏朝の皇帝のひとり。
  • キン族 - ベトナムの民族のひとつ。
  • KIN(キン) - 日本のヒップホップミュージシャン。

関連項目

  • 先頭一致ページ名一覧 : 「キン」、「きん」。
  • 語句含むページ名一覧 : 「キン」、「きん」。
  • Wikipedia:索引 きん#きん


きん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 07:06 UTC 版)

ながされて藍蘭島の登場人物」の記事における「きん」の解説

政宗の母でみちるの祖母オババ直系の子孫外見は非常に若くみちるの母親ぐらいにしか見えない優秀な医者薬師であり、村人には“きん様”と慕われているが、みちるは“小ババ様”と呼んでオババ次いで苦手としている。

※この「きん」の解説は、「ながされて藍蘭島の登場人物」の解説の一部です。
「きん」を含む「ながされて藍蘭島の登場人物」の記事については、「ながされて藍蘭島の登場人物」の概要を参照ください。


きん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 16:44 UTC 版)

金 (曖昧さ回避)」の記事における「きん」の解説

金属の一種ゴールド。⇒ 金元鉱物としての「金」については自然金を参照のこと。 金(金属)の純度単位カラット (karat) の訳語以下のものの略。金曜日曜日一つ金色 - 色の一種金将将棋の駒一つ金メダル近代オリンピックメダル一つ小判砂金判金など中世から近世における日本の金貨金一両などと表示

※この「きん」の解説は、「金 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「きん」を含む「金 (曖昧さ回避)」の記事については、「金 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「きん」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

きん

出典:『Wiktionary』 (2021/05/25 15:29 UTC 版)

名詞

きん

  1. (俗語, 卑語,) きんたまの略。睾丸。(当て字で「」とも表記

助詞

きん

  1. 接続助詞 香川西部徳島北西部愛媛東部の方言理由を表す。~から

関連語

  • きに
  • けえ
  • けれ
  • けん

「きん」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



きんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「きん」に関係したコラム

  • FXの口座明細の証拠金や維持率とは

    FX(外国為替証拠金取引)の口座明細には、証拠金や維持率のような専門用語が使われています。ここでは、それらの用語の意味や計算方法について解説します。建玉可能金額(たてぎょくかのうきんがく)新規に建玉(...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きん」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

きんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



きんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのながされて藍蘭島の登場人物 (改訂履歴)、金 (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのきん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS