精勤とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 精勤の意味・解説 

せい‐きん【精勤】

[名](スル)仕事学業などにまじめに励むこと。「業務に精勤する」「精勤手当


しょう‐ごん シャウ‥ 【精勤】

〔名〕 (「しょう」「ごん」はそれぞれ「精」「勤」の呉音仏語勤行(ごんぎょう)にはげむこと。仏道修行いそしむこと。

*妙一本仮名書き法華経鎌倉中)四「精勤(シャウコン)(〈注〉ネンコロニツトメ)して、わが法を護持助宣し」


せい‐きん【精勤】

〔名〕 (形動

① 休んだり、怠けたりしないで、仕事学業によく励むこと。まじめに勤務して努力すること。また、そのさま。精励

経国集(827)二〇・大日奉首名対策文「運日連蜺之士、精勤新日」

葉隠(1716頃)一「何某事、数年の精勤にて、我人一廉御褒美仰付と存居候処」〔魏志‐辛毗伝〕

② ⇒しょうごん(精勤)




精勤と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「精勤」の関連用語

精勤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



精勤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS