喜とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > の意味・解説 

き【喜】

[音](呉)(漢) [訓]よろこぶ

学習漢字5年

よろこぶ。よろこび。「喜悦喜色喜怒哀楽歓喜狂喜驚喜欣喜(きんき)・随喜悲喜一喜一憂

よろこばしい。めでたい。「喜雨喜事

草書体」の分析から)七十七歳。「喜寿

名のり]たのし・のぶ・はる・ひさ・ゆき・よし


よろこばし【喜・悦】

〔形シク〕 ⇒よろこばしい(喜)


よろこぼし【喜】

〔形シク〕 (動詞「よろこぶ(喜)」の形容詞化で「よろこばし」の古形) =よろこばしい(喜)

続日本紀神護景雲三年769一一二八日・宣命「伊予国より白き祥(しるし)の鹿を献奉(たてまつ)りてあれば、うれし与呂許保志止奈毛(ヨロコボシとなも)見る」

*新拾遺(1364)雑下・一八八二「人を渡さん 構へをも たくみ出でけん ひだたくみ よろこほしくは おもへども〈花山院〉」


よろこばし・い【喜・悦】

〔形口〕 [文]よろこばし 〔形シク〕 (動詞「よろこぶ(喜)」の形容詞化よろこびたくなるような状態である。快く満足な気分である。うれしい。よろこぼし

書紀720清寧二年一一月(熱田本訓)「懿哉(よいかな)や、悦(ヨロコハシキ)や、天、博(おほひ)なる愛(みくしひ)を垂れて」

*虎寛本狂言三本柱室町末‐近世初)「某がふしんも大かた成就して、此様悦ばしい事は無いやい」

[補注]挙例の「書紀」は室町時代の訓であり、上代語での確例に「ヨロコバシ」はなく、ヨロコボシであった。時代が下るにつれて、ヨロコバシの例が増加し、ヨロコボシは中世以降ほとんど例を見ない。

形動

〔名〕


よろこば・す【喜・悦】

〔他サ五(四)〕 よろこぶようにさせる。うれしがらせる。

浮世草子好色一代男(1682)六「初心なる人には泪こぼさせてよろこばし


よろこび【喜・悦・歓・慶】

〔名〕 (動詞「よろこぶ(喜)」の連用形名詞化

快く思うこと。心にうれしさ感じること。

天理本金般若経集験記平安初期点(850頃)「精しき誠をもちて感(ヨロコヒ)を致すこと然(しか)ず」

源氏100114頃)桐壺「かく有りがたき人に対面したるよろこび

② よろこぶべきこと。慶賀すべきこと。慶事

源氏100114頃)若菜上「御賀の程、よろこびくはへんとおぼしめして、にはかになさせ給つ」

③ 特に、叙位任官昇任などの慶事

宇津保(970‐999頃)沖つ白浪中納言『おもはずに、かかるよろこび侍るをなん』おとど『そがいとうれしきこと』など申し給ふ

出産という慶事

日葡辞書(1603‐04)「ヨロコブ、〈略〉コヲ ヨロコブ、または、Yorocobiuo(ヨロコビヲ) スル

(5) 人の慶事対す祝賀また、その祝辞

古今(905‐914)雑上・八七〇・詞書「にはかにかうぶりたまはりければ、よろこびいひつかはすとて、よみてつかはしける

(6) 与えられた慶事好意などについてのお礼また、その謝辞

蜻蛉(974頃)中「かしこに物しととのへん、さうずくしてこよ、とていでられぬ。よろこびにありきなどすればいとあはれうれしき心ちす」

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「お常をはじめ人々へ、感謝(ヨロコビ)のしるしにとて遣はしつつ」


よろこ・ぶ【喜・悦・歓・慶】

奈良時代には上二段活用であったが、平安時代以後漢文訓読語として残ったほかは四段活用になった)

1⃣ 〔自バ上二〕

うれしく思う。快く思う。心に喜悦感じる。

続日本紀神護景雲元年767八月一六日宣命侍ふ諸人等も共に見て、怪び喜(よろこビ)つつ在る間に」

土井周易抄(1477)四「自得るのみにあらず、人にも慶びらるると正義の心ぞ」

慶事恩恵に対して感謝する。お礼のことばを述べる。

書紀720敏達一四年六月前田本訓)「三の尼を以て馬子宿禰(うまこのすくね)に還し付(さつ)く。馬子宿禰、受けて歓悦(ヨロコフ)」

2⃣ 〔他バ上二〕

慶事として祝福する。祝いのことばを述べる。

書紀720雄略九年七月前田本訓)「伯孫、女、児(をのこご)産(うまはり)せりと聞きて、往きて聟(むこ)の家を賀(ヨロコヒ)て、月(つく)夜に還りぬ」

快く受け入れる。

*成簣堂本論語抄(1475頃)雍也第六孔子の道をよろこひざるにはあらず」

3⃣ 〔自バ五(四)

(一)①に同じ。

書紀720仁徳即位前(前田本訓)「上、驩心(ヨロコフこころ)有り百姓(おほむたから)を使(つか)ふ。百姓欣然(ヨロコヒ)て天下安(やすらか)なり」

方丈記1212)「芸はこれつたなけれども、人の耳をよろこばしめむとにはあらず」

(一)②に同じ。

源氏100114頃)東屋手一つ弾き取れば、師を立ち居拝みよろこび、祿を取らすること、うづむばかりにて、もてさわぐ

4⃣ 〔他バ五(四)

(二)①に同じ。

源氏100114頃)若菜上「かひある御事を、見たてまつりよろこぶものから、かたつ方には、おぼつかなかなしきことの、うちそひて絶えぬを」

② (出産を喜ぶ意から転じて) 出産する。子を産む。〔日葡辞書(1603‐04)〕

俳諧炭俵(1694)下「算用浮世を経る京ずまひ〈芭蕉〉 又沙汰なしにむすめ産(ヨロコブ)〈野坡〉」

[補注]連用形終止形用例は、上二段活用四段活用区別が明らかでないため、平安時代以降は、便宜上四段活用として処理した。


よろこぼ・う よろこぼふ 【喜】

〔自ハ四〕 (動詞「よろこぶ(喜)」に、反復継続表わす接尾語「ふ」の付いて音の変化したもの) しきりによろこぶ。

伊勢物語(10C前)一四「栗原のあれはのの人ならば都のつとにいざといはましを、といへりければ、よろこぼひて、思ひけらしとぞいひ居りける」


隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

名字 読み方
よし
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
きさき
きの
よし

出典:『Wiktionary』 (2020/03/21 14:25 UTC 版)

発音

名詞


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「喜」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「喜」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

喜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



喜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS