環境アセスメントとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > アセスメント > 環境アセスメントの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


かん きょうアセスメント くわんきやう- [6] 【環境アセスメント】 〔environmental impact assessment〕

開発環境与え影響程度範囲またその対策について,事前に予測評価をすること。環境影響評価EIA

環境アセスメント(かんきょうあせすめんと)

環境影響評価

開発環境に及ぼす影響事前に査定する。国や地方自治体では、環境アセスメントに関する条例要綱定めている。大規模開発環境与え影響を、事前に査定する。開発によって「国民の健康で文化的な生活」が損なわれないようにする。環境への影響をできる限り回避し、あるいは低減することが目的だ。

この目的で、環境影響評価法がある。国が実施する事業などに対して、環境アセスメントを義務付けるものだ。

具体的には、一定規模上の第一事業については、環境アセスメントを必ず実施する。またそれ以下の規模事業については、実施必要性事業別に判断する。

(2000.09.14更新


環境アセスメント


環境影響評価(環境アセスメント)

開発行為環境与え影響程度範囲,その防止策代替案比較検討を含む総合的事前評価並びにその再評価をいいます。 
国では,すでに道路港湾公有水面埋立等の公共事業実施について,環境影響評価を行うことを定めています。県もこれに準じています。

環境アセスメント (かんきょう-)

 大規模事業計画政策などの人間行為環境に及ぼす影響をあらかじめ回避低減するための、事業者による自主的環境配慮促すための制度事業者環境配慮に関するアカウンタビリティを果たすための手続であり、日本語では環境影響評価ともいう。わが国では主として事業アセスメントに使われてきた。
 →環境影響評価

環境アセスメント (かんきょうあせすめんと)


環境アセスメント

【英】: Environmental Assessment
環境影響評価ともいう。

環境への大きな影響を及ぼす恐れのある事業実施ようとする者(事業者)が事業実施に当たり、あらかじめその事業自然環境に及ぼす影響について、調査予測および評価を行う。その結果基づいてその事業に関する環境保全のための措置検討し、この措置が講じられた場合における環境影響総合的評価することをいう。

環境アセスメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/03 02:09 UTC 版)

環境アセスメント(かんきょうアセスメント)とは、環境影響評価のことであり、主として大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行う手続きのことを指す場合が多い。略して「環境アセス」とも称する。




「環境アセスメント」の続きの解説一覧





環境アセスメントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「環境アセスメント」の関連用語

環境アセスメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アメリカ朝顔

下阿蘇ビーチ

1MビットDRAM

BK27

動物が飛び出すおそれあり

モニカ テンプル

タウン

グランドチェロキー SRT8





環境アセスメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2017 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2017 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの環境アセスメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS