竹内結子 竹内結子の概要

竹内結子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 03:53 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
たけうち ゆうこ
竹内 結子
生年月日 (1980-04-01) 1980年4月1日
没年月日 (2020-09-27) 2020年9月27日(40歳没)
出生地 日本 埼玉県浦和市(現さいたま市南区[1]
死没地 日本 東京都渋谷区[2][3][4]
身長 164 cm[5]
血液型 A型[5]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1996年 - 2020年
配偶者 中村獅童(2005年 - 2008年)[1]
中林大樹(2019年 - 2020年死去まで)[6]
事務所 スターダストプロモーション(最終所属)
公式サイト 竹内結子 オフィシャル・ウェブサイト
主な作品

映画
星に願いを。』/『黄泉がえり
いま、会いにゆきます
天国の本屋〜恋火
春の雪』/『サイドカーに犬[1]
ショコラの見た世界
クローズド・ノート
ミッドナイト・イーグル
チーム・バチスタの栄光』シリーズ
なくもんか』/『ゴールデンスランバー
僕と妻の1778の物語』/『ステキな金縛り
ストロベリーナイト
ふしぎな岬の物語』/『殿、利息でござる!
コンフィデンスマンJP』シリーズ


テレビドラマ
あすか[1]/『白い影』/『ムコ殿
ガッコの先生』/『ランチの女王[1]
笑顔の法則』/『プライド
不機嫌なジーン』/『薔薇のない花屋
ストロベリーナイト』/『真田丸
ミス・シャーロック/Miss Sherlock
スキャンダル専門弁護士 QUEEN
声の出演
インサイド・ヘッド
テンプレートを表示

経歴・人物

中学校を卒業してすぐの春休み、原宿でスカウトされ現事務所に所属する[1][8]

1995年(平成7年)、大蔵省(現財務省)のCMでデビュー[9]

1996年(平成8年)、堂本光一主演のテレビドラマ 『新・木曜の怪談 Cyborg』(フジテレビ)での快活なヒロイン役女子高生としての全話出演で女優デビューした[9]

その後は数々のドラマや映画などに出演、1999年(平成11年)に放送されたNHK連続テレビ小説あすか』、2001年(平成13年)に放送されたテレビドラマ 『白い影』(TBS)ではそれぞれヒロイン役を務め、広く知られるようになった[1]。その翌年に放送されたテレビドラマ 『ランチの女王』では、フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ(月9)に初主演した[10]

トレンディドラマの時代が終わると、女優不遇の時代が続く中、数少ない実力派として目されるようになった[1]

2003年(平成15年)に公開された映画 『黄泉がえり』に出演した頃には、「泣きたい夜には、竹内結子」というキャッチフレーズ入りポスターが東宝によって作成された。

2005年(平成17年)6月、映画『いま、会いにゆきます』で共演した中村獅童と結婚。妊娠していることも公表し、同年11月に第1子となる男児を出産(2008年2月に離婚。親権は竹内)[11]

2007年(平成19年)に公開された主演映画『サイドカーに犬』での演技は高く評価され、キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞、日本映画批評家大賞主演女優賞など、多くの受賞した[10]

2008年(平成20年)、月9ドラマ『薔薇のない花屋』にヒロイン役で出演し、3年ぶりにドラマ復帰した[10]。翌2009年(平成21年)には、アメリカABC制作のテレビドラマ『フラッシュフォワード』に出演した[12]

2010年(平成22年)、スペシャルドラマ『ストロベリーナイト』で主演を務め、初の刑事役に挑戦した[10]

2014年(平成26年)、三谷幸喜作・演出の舞台『君となら』で主演を務め、舞台に初挑戦[13]

2015年(平成27年)、主演作品『残穢 -住んではいけない部屋-』が、第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品される[14]

2018年(平成30年)、HuluHBOアジアの初の国際共同製作ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』で女性版シャーロック・ホームズを演じ、Huluにて配信されHBOでも世界19か国で放送された[15]

2019年(平成31年)2月27日、所属事務所の後輩の中林大樹と再婚、連名で報告した[16]

2019年(令和元年)8月28日、第二子を妊娠していることがわかった[17]。翌年1月末に男児を出産[18]

2020年(令和2年)9月27日2時ごろ、自宅でぐったりしているところを夫により発見され、搬送先で死亡が確認された。40歳没。現場の状況から自殺とみられるが、遺書は見つかっていない[2][3][4]時事通信読売新聞などによると発見時は首をつった状態であり[2][3]、場所は寝室[2](クローゼットの中[3])であったと報じられた。

交友関係




  1. ^ a b c d e f g h i j 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.124.
  2. ^ a b c d e 俳優竹内結子さん自殺か 東京都内の自宅で死亡”. 時事通信社 (2020年9月27日). 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e 竹内結子さん死去…所属事務所「驚きと悲しみで呆然」”. 読売新聞 (2020年9月27日). 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月6日閲覧。
  4. ^ a b c 女優・竹内結子さん死去 自宅でぐったりと...”. フジニュースネットワーク (2020年9月27日). 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月6日閲覧。
  5. ^ a b c 竹内結子 オフィシャル・ウェブサイト -Yuko Takeuchi Official Web Site - プロフィール”. 2020年9月27日閲覧。
  6. ^ a b “竹内結子が結婚 事務所の後輩4歳年下俳優の中林大樹と 長男後押し「守るべき家族できた」”. スポニチ. (2019年2月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/28/kiji/20190227s00041000442000c.html 2019年2月28日閲覧。 
  7. ^ お知らせ”. スターダストプロモーション (2020年9月27日). 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
  8. ^ Yahoo! Internet Guide:表紙の人 Yahoo! Internet Guide 2001年4月号
  9. ^ a b “竹内結子さん 95年大蔵省のCMでデビュー/略歴”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年9月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202009270000120.html 2020年9月27日閲覧。 
  10. ^ a b c d 急死の竹内結子さん 人気ドラマや映画に多数出演 「あすか」「白い影」「プライド」「ストロベリーナイト」ほか”. スポーツ報知 (2020年9月27日). 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
  11. ^ “中村獅童と竹内結子が離婚成立! 親権は竹内側に”. ORICON NEWS. (2008年2月29日). https://www.oricon.co.jp/news/52460/full/ 2019年8月14日閲覧。 
  12. ^ 竹内結子、米TVドラマ「フラッシュフォワード」に出演!”. 映画.com (2009年11月11日). 2020年9月27日閲覧。
  13. ^ 「君となら」 竹内結子が舞台初挑戦 「積み上げるものづくり感が好き」”. 産経ニュース (2014年8月16日). 2018年9月18日閲覧。
  14. ^ 日本映画3本!東京国際映画祭コンペティション部門16作品決定”. SANSPO.COM (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  15. ^ “竹内結子主演「ミス・シャーロック」の配信日決定、滝藤賢一ら新キャスト6名解禁”. 映画ナタリー. (2018年2月20日). https://natalie.mu/eiga/news/270183 2018年9月19日閲覧。 
  16. ^ “竹内結子が結婚 事務所の後輩4歳年下俳優の中林大樹と 長男後押し「守るべき家族できた」”. スポニチ. (2019年2月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/28/kiji/20190227s00041000442000c.html 2019年2月28日閲覧。 
  17. ^ 竹内結子が第2子妊娠!中林大樹との子、来年2月出産へ”. sanspo.com (2019年8月29日). 2019年8月29日閲覧。
  18. ^ “竹内結子が第2子男児出産、母子とも健康すでに退院”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年2月1日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202001310000662_m.html?mode=all 2020年2月1日閲覧。 
  19. ^ 11月かぁ。早いなぁ。|貫地谷しほり オフィシャルブログ『しほりのおしゃべり工房』 powered by アメブロ”. 株式会社サイバーエージェント (2010年11月2日). 2015年10月26日閲覧。
  20. ^ 竹内結子が唯一フォローしている相手はイモト なぜこんなに仲が良い?”. 2020年9月27日閲覧。
  21. ^ 竹内結子を探せ!「ポテチ」にエキストラ出演”. サンケイスポーツ. 2012年6月29日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ “竹内結子、映画『ポテチ』にエキストラ出演 すっぴん&自前衣装でオーラ封印”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2012年5月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2011485/full/ 2015年10月26日閲覧。 
  23. ^ 竹内結子“怖すぎるホラー”で橋本愛と初共演!中村義洋監督とは5度目のタッグ”. 映画.com (2015年6月20日). 2015年6月20日閲覧。
  24. ^ “竹内結子、初時代劇でござる!阿部サダヲ&松田龍平ら豪華共演陣も”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年11月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151110/geo15111005040001-n1.html 2015年11月10日閲覧。 
  25. ^ (ヒロイン)西島秀俊、黒沢清監督と10年ぶり4度目のタッグ!傑作ミステリー実写化で犯罪心理学者に”. シネマトゥデイ (2015年7月29日). 2015年7月30日閲覧。
  26. ^ “濱田岳、妻夫木聡、竹内結子、石原さとみ!「決算!忠臣蔵」に超豪華キャスト続々”. 映画.com. (2019年3月6日). https://eiga.com/news/20190306/5/ 2019年4月3日閲覧。 
  27. ^ “阿部サダヲ、竹内結子ら「世にも奇妙な物語」25周年豪華コラボ :”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年10月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151020-OHT1T50168.html 2015年10月21日閲覧。 
  28. ^ 竹内結子、秀吉の側室・茶々役で大河初出演「光栄」”. オリコン (2015年9月24日). 2015年9月24日閲覧。
  29. ^ “竹内結子が女性死刑囚役! 妻夫木聡と16年ぶりの連ドラ共演”. ザ・テレビジョン. (2018年1月25日). https://thetv.jp/news/detail/135142/ 2018年1月30日閲覧。 
  30. ^ “竹内結子がスキャンダル専門弁護士に、主演ドラマがフジテレビ系で1月スタート”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年11月8日). https://natalie.mu/eiga/news/307052 2018年11月8日閲覧。 
  31. ^ “竹内結子が史上初“女性版”ホームズに!Hulu×HBO共同製作ドラマで世界進出”. Cinema Cafe. (2017年12月1日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/12/01/54208.html 2017年12月3日閲覧。 
  32. ^ 大竹しのぶは「カナシミ」“初共演”竹内結子に「感動した」”. スポニチ (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。
  33. ^ “竹内結子、『所さんの目がテン!』でナレーション挑戦「得した気分」”. ORICON STYLE. (2016年9月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2077829/full/ 2016年9月3日閲覧。 
  34. ^ “竹内結子さん出演の「PARM(パルム)」新CM「PARM(パルム)の唄」篇 3月25日(土)より全国で放映” (プレスリリース), 森永乳業, (2017年3月26日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000021580.html 2017年4月28日閲覧。 
  35. ^ EOS Kiss BRAND SITE”. キャノン. 2018年4月26日閲覧。
  36. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。


「竹内結子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竹内結子」の関連用語

竹内結子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



竹内結子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹内結子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS