渋澤敬三とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 日本銀行歴代総裁一覧 > 渋澤敬三の意味・解説 

しぶさわけいぞう しぶさはけいざう 【渋沢敬三】 ○

1896~1963実業家民俗学研究家東京生まれ渋沢栄一の孫。日本銀行総裁大蔵大臣。アチック-ミューゼアム(のち常民文化研究所)を主宰民族学民俗学などの学会活動野外調査多大援助与えた。

渋澤 敬三 (しぶさわ けいぞう)

渋澤 敬三

氏 名
就 任
退 任
出身県:
渋澤 敬三 (しぶさわ けいぞう
昭和19. 3.18
昭和20.10. 9
東京都

 16代目日本銀行総裁である渋澤敬三は、明治昭和期にかけてわが国民間経済界リードした渋澤栄一嫡孫として明治29年東京生まれました。幼い頃から渋澤家の次代当主と目された敬三は、ひそかに抱いていた生物学への志を断念し、祖父栄一事業を嗣ぐため、東京帝国大学経済学部学び実業界進みました。

 昭和17年第一銀行頭取より日本銀行副総裁に就き19年3月総裁就任しましたが、戦時体制の中で、軍部から強い圧力を受け、赤字国債引き受け軍需産業所要資金日本銀行貸出による供給余儀なくされたことから、激しインフレ発生しました。一方戦後大蔵大臣として、預金封鎖新円切り換え財産税導入等を実施し、混乱した経済収拾尽力しました。

 こうした傍ら、渋澤敬三は、若き日柳田國男との出会いから民俗学傾倒し、自宅屋根裏収集した民具郷土玩具等の標本は後に大阪万国博覧会跡地創設された国立民族学博物館母体となったとされています。また、自らも全国を歩いて資料集め論文執筆するほか、数多く自然・社会人文科学者支援したとされ、昭和38年亡くなるまでこうした活動続けました。

出典広報誌にちぎんクオータリー1999年春季号)』)

渋沢敬三

読み方しぶさわ けいぞう

実業家東京生。渋沢栄一の孫。東大経済学部卒。第一銀行頭取日銀総裁経て幣原内閣蔵相となり、財政の処理にあたった。一方アチック・ミューゼアム(のちの日本常民文化研究所)を主宰。自らも日本民族協会日本人学会会長をつとめ、財界人かつ文化人として幅広い生涯を送った。著書に『日本名集覧』等。昭和38年1963)歿、67才。

渋沢敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/18 19:27 UTC 版)

渋沢 敬三(しぶさわ けいぞう、正字体:澁澤 敬三、1896年明治29年)8月25日 - 1963年昭和38年)10月25日)は、日本財界人民俗学者、第16代日本銀行総裁大蔵大臣幣原内閣)。祖父渋沢栄一子爵位を継いだ。




注釈

  1. ^ 著者は幼年時に住み込み師事。写真約130点を収録。
  2. ^ 戦争半ば過ぎた頃に、アチックなる西洋人が住んでいるのかと度々尋問されたので、世間的に常民文化研究所と改められた[3]
  3. ^ 横浜市歴史博物館・神奈川大学日本常民文化研究所編での図録[4]に詳しい。
  4. ^ 三田の旧邸宅跡地には、全省庁共用の三田共用会議所がある。東京・北区にある渋沢史料館でも敬三の事績が紹介されている。

出典

  1. ^ 椎名雄『祭魚洞渋沢敬三 5315日の記録』(遊人工房、2013年)に詳しい[注釈 1]
  2. ^ 『図説大正昭和くらしの博物誌 民族学の父・渋沢敬三とアチック・ミューゼアム』(近藤雅樹編、<ふくろうの本>河出書房新社、2001年)に詳しく紹介されている。
  3. ^ 『祭魚洞襍考』(岡書院、1954年)、「自序」より。
  4. ^ 『屋根裏の博物館 実業家渋沢敬三が育てた民の学問』(横浜市歴史博物館、2002年)
  5. ^ 上巻(アチックミューゼアム彙報第20)中巻1(アチックミューゼアム彙報第24)中巻2(アチックミューゼアム彙報第33)下巻(アチックミューゼアム彙報第42)
  6. ^ (渋沢史料館 1988, p. 7)
  7. ^ 岡茂雄 『本屋風情』、平凡社、1974年/中公文庫 1984年、復刊2008年
  8. ^ 渋沢敬三年譜渋沢敬三アーカイブ 2018年7月18日閲覧。
  9. ^ a b 澁澤雅英オーラルヒストリー 澁澤栄一記念財団理事長 政策研究大学院大学


「渋沢敬三」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「渋澤敬三」の関連用語

渋澤敬三のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



渋澤敬三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本銀行日本銀行
Copyright 1996-2018 Bank of Japan All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渋沢敬三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS