曾禰荒助 曾禰荒助の概要

曾禰荒助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 15:38 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 過去の議論
  • 曾禰荒助
  • 曽祢荒助
曾禰 荒助
そね あらすけ
生年月日 1849年2月20日
嘉永2年1月28日
出生地 日本 長門国
(現:山口県
没年月日 (1910-09-13) 1910年9月13日(61歳没)
称号 正二位
勲一等旭日桐花大綬章
子爵
配偶者 曾禰テルコ
子女 芳川寛治(次男)

第2代 韓国統監
在任期間 1909年6月14日 - 1910年5月30日

在任期間 1907年9月21日 - 1909年6月14日

第10代 大蔵大臣
内閣 第1次桂内閣
在任期間 1901年6月2日 - 1906年1月7日

第13代 逓信大臣(兼任)
内閣 第1次桂内閣
在任期間 1903年7月17日 - 1903年9月22日

第16代 農商務大臣
内閣 第2次山縣内閣
在任期間 1898年11月8日 - 1900年10月19日

その他の職歴
第7代 司法大臣
(1898年1月12日 - 1898年6月30日
貴族院議員
(1900年9月26日 - 1906年5月17日)
衆議院議員
(1892年5月6日 - 1893年12月30日)
枢密顧問官
(1906年 - 1910年)
テンプレートを表示

略歴

長門国(現山口県萩藩家老宍戸氏の出身で、宍戸潤平の三男として生まれた。通称を寛三郎。曾禰詳蔵高尚の養子となり、曾禰姓を名乗るようになった。

17歳ながら家老格の家柄のおかげで長州藩兵の小隊長として戊辰戦争初期に従軍した。明治維新後、明治元年(1868年)、明治政府に出仕を命じられ、降兵取締に任じられた。明治5年(1872年)、フランス留学を命じられて5年後に帰国。明治12年(1879年)、陸軍省勤務。翌年から陸軍士官学校勤務を兼ねた。

明治14年(1881年)に太政官書記官に転じ、明治19年(1886年)4月に内閣記録局長、明治23年(1890年)に初代衆議院書記官長に任命された。この任を2期務めた後、第1次松方内閣解散に伴って衆議院選挙に出て、山口4区から初当選を果たした。会派は品川弥二郎が主宰した国民協会に属したが、明治26年(1893年)に駐フランス全権公使に任じられた。しかし日清戦争の後には駐ドイツ全権公使青木周蔵と共に三国干渉では列強にやり込められている。

明治31年(1898年)に第3次伊藤内閣が発足すると司法大臣に就任。以後、農商務大臣大蔵大臣外務大臣等を歴任。特に日露戦争時は、外債の不足に苦慮したが、大蔵大臣として大任を果たした。

明治40年(1907年)に初代統監府副統監として伊藤博文を補佐し、伊藤の退任後に韓国統監となった。曾禰は韓国併合反対論者で、併合論者の桂太郎首相に対して、「桂はよく話して聞かせれば判る」と息巻いていた。しかし結局、山縣・桂に押し切られる形で「適当ノ時機」に韓国併合を断行する閣議決定(7月6日)に同意した[2]。伊藤暗殺事件の直後から韓国併合を進めて、明治43年(1910年)、胃癌[3]により同職を辞したが、併合の完成を病床で聞き薨去享年62。

人物

外交・内政・財政さらには韓国問題まで幅広くこなした万能政治家であったものの、二流政客と称され、長州閥の実力者に肩を並べるには至らなかった。このことから「器用貧乏」ともあだ名された[4]

フランス公使時代は公使館の一室に籠って、交際も何もせず、朝から晩まで花牌を引いてばかりいたため「花牌公使」とあだ名された[5]

黒岩涙香によると、1898年時点で十代の愛人を2人抱えていた。一人は17歳の田中いねで小間使い兼妾として雇い、在官中はいねとともに官邸に宿泊し、日曜ごとに赤坂台町の自邸にいねを伴って帰るのが常で、その傍ら、三十軒堀の花三升の花香19歳のもとにも足しげく通っていた[6]

1911年江ノ島の龍野ヶ岡(最近は恋人の丘と呼ばれる)に、時の首相桂太郎篆額による「西湖曾禰君碑」[7]という巨大な顕彰碑が建てられた。これは、曾禰の別荘片瀬にあったためである。撰文は三島毅、書は高島九峰[8]。なお、この碑には、1923年9月1日関東大震災で破損し、翌年11月に修復したと刻まれている。




  1. ^ 西湖曾禰荒助、行書七絶
  2. ^ 小林道彦『桂太郎 予が生命は政治である』 p240-241
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)16頁
  4. ^ 曾禰 荒助
  5. ^ 花牌公使『明治六十大臣 : 逸事奇談』長田偶得 (大学館, 1901)
  6. ^ 『弊風一斑 蓄妾の実例 』黒岩涙香、現代教養文庫、1992年、p7
  7. ^ 栄典のタブに画像
  8. ^ 碑像マップ
  9. ^ 『官報』第1820号「叙任及辞令」1889年7月24日。
  10. ^ 『官報』第5174号、明治33年9月28日。
  11. ^ 『官報』第6863号、明治39年5月18日。
  12. ^ 『官報』第7272号、明治40年9月23日。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 曾禰荒助」 アジア歴史資料センター Ref.A06051169700 
  14. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  15. ^ 『官報』第2086号「叙任及辞令」1890年6月14日。
  16. ^ 『官報』第4084号「叙任及辞令」1897年2月16日。
  17. ^ 『官報』第4383号「叙任及辞令」1898年2月15日。
  18. ^ 『官報』第6239号「叙任及辞令」1904年4月21日。
  19. ^ a b 『官報』第8158号「叙任及辞令」1910年8月30日。
  20. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  21. ^ 『官報』第1952号「叙任及辞令」1889年12月28日。
  22. ^ 『官報』第2251号「叙任及辞令」1890年12月27日。
  23. ^ 『官報』第2313号「叙任及辞令」1891年3月19日。
  24. ^ 『官報』第3291号「叙任及辞令」1894年6月20日。
  25. ^ 『官報』第4427号「叙任及辞令」1898年4月7日。
  26. ^ 『官報』第5593号「叙任及辞令」1902年2月28日。
  27. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日。
  28. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  29. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  30. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  31. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  32. ^ 『官報』第7415号「叙任及辞令」1908年3月18日。
  33. ^ a b 『官報』第6239号「叙任及辞令」1904年4月21日。
  34. ^ 『官報』第8049号「叙任及辞令」1910年4月25日。


「曾禰荒助」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「曾禰荒助」の関連用語

曾禰荒助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



曾禰荒助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの曾禰荒助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS