便所 処理の方式

便所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/27 20:06 UTC 版)

処理の方式

汚水処理技術

世界にはし尿などの汚水を処理する施設や技術に多様な方式が存在する[10]。トイレの形式には湿式と乾式があり、注水式水洗トイレ(2〜3リットルの水を使用)や水流式水洗トイレは湿式、それ以外の方式は乾式に分類される[10]。また、汚水の処理方式には集合処理(オフサイト)と個別処理(オンサイト)がある[10]

以上から、汚水処理技術は乾式+個別処理(ピットラトリンなど)、乾式+集合処理(汲み取り式便所など)、湿式+個別処理(腐敗槽など)、湿式+集合処理(下水道処理)の4つに分けられる[10]。なお、発展途上国などで汚水処理技術が導入されていない地域では、宅地の斜面など地上に便器のみが設置されたハンギングラトリン(Hanging latrine)などの形式も残っている[5]

乾式の処理方式

  • 乾式+個別処理
    • 地下浸透式(ピットラトリン、地下浸透式便槽トイレ):アフリカなどの発展途上国などに残る方式[10]。ピットラトリンは地面を素掘りしてそのまま便槽とする方式である[10]。日本でいう汲み取り式便所とは異なり、ピット(槽)が満杯になったら閉鎖し、別のピットを使用する形式である[5][11]。2007年の日本トイレ協会「途上国のトイレ・環境改善支援事例集第2集」によると発展途上国26か国39事例で最も多い形式がピットラトリンだった[11]。構造上も閉鎖されたピットは1~2年土中に放置して疫学的に無害な土壌に戻すことを前提にした設計になっている[5]
    • 屎尿分離コンポストトイレ(欧州型):北欧諸国などで採用例があり、勾配のある単槽のコンポスト化槽を少しずつ移動して槽の最下部で堆肥になるようにしたコンポストトイレ[10]
    • 屎尿分離コンポストトイレ(ベトナム型):2つの槽を利用し、一方を利用しているうちに、もう一方の槽で堆肥化を行うコンポストトイレ[10]
    • バイオトイレ:バイオトイレと呼ばれる新たな仕組みの便所も注目されている。仕組みは単純で、便槽の中におがくずを詰め込んであり、攪拌することで排泄された糞尿をオガクズの中に住み込んでいる好気性のバクテリアが分解し、最終的には土と水のみが生成されるものである。
  • 乾式+集合処理
    • 汲み取り式:日本で使われてきた落下式便所の一つ。汲み取り式便所はピットラトリンとは異なり、し尿の処理は便所とは別の場所で行う[10]

湿式の処理方式(水洗式便所)

水洗式便所は水勢により汚物を洗浄して衛生的に処分するための機能を持っている。水洗式便器は、水道管を便器の給水口に接続して、流水により便器内の排泄物を洗浄する。トイレのうち注水式水洗トイレ(2〜3リットルの水を使用)や水流式水洗トイレは湿式、それ以外の方式は乾式に分類される[10]。なお、下水道等の整備が十分でない地域において、非水洗便所よりも衛生的であり、より水洗式便所に近い実用性が得られるため設置される便所に簡易水洗式便所がある。

  • 湿式+個別処理
    • 腐敗槽(セプティック・タンク):し尿を住宅やオフィスなどで個別処理する方式[12]。世界的に利用されている伝統的な個別処理方法である[12]。腐敗槽のBOD除去率は50%程度で日本で開発された浄化槽に比べると処理性能は低い[13]
    • 浄化槽:日本などで利用されている個別処理方式システムの一種[10]。し尿及び雑排水(生活に伴い発生する汚水:生活排水)を処理し、終末処理下水道以外に放流するための設備である。汚水の処理には、みなし浄化槽および小規模槽については、「沈殿」による固液分離機能と嫌気性好気性の微生物の浄化作用を利用している。中・大規模槽については、汚水中に含まれる固形分の「除渣」(じょさ)機能と「流量調整」機能、および好気性の微生物の浄化作用および「沈澱」による固液分離を利用している。また、一部の浄化槽では、「ろ過」及び「凝集」による物理的処理および「脱窒機能」を用いて処理水質の高度化を図っているものもある。
    • ABR(Anaerobic Baffled Reactor):南アフリカやブラジルで開発が進められている腐敗槽を改良した処理方式[10]
  • 湿式+集合処理
    • 下水道:下水道は、主に都市部の雨水および汚水を、地下水路などで集めたのち公共用水域へ排出するための施設・設備の集合体であり、多くは浄化などの水処理を行う。雨水としては、気象学における降水および、いったん降り積もった雪が気温の上昇などで融けた融雪水も含むが、いずれも路面など地表にあるものが対象で、河川水や地下水となったものは除く。汚水としては、水洗式便所からのし尿や、家庭における調理・洗濯で生じる生活排水と、商店やホテル・町工場から大工場にいたる事業場からの産業排水(耕作は除く)などがある。

このほか個別処理や小集落の集合処理で適用されている技術がいくつかある[10]

  • 酸化池(ラグーン):直列につなげた水深の異なる複数の池に水を流しながら曝気で浄化する処理方式[10]
  • ウエットランド(人工湿地):土壌接触や水生植物のアシやホテイアオイなどを利用してアシやホテイアオイなどを利用して汚濁物質を除去する処理方式[10]

注釈

  1. ^ 一例として、国立霞ヶ丘競技場陸上競技場のトラック地下に存在したものが『クイズ雑学王』(2007年9月27日放送分)等で紹介されている。
  2. ^ 高高度であるならば霧状になる。
  3. ^ 雪隠について、名称の由来は諸説あり。

出典

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典、大項目事典。「便所」
  2. ^ 直接の意味は「洗う場所」。語源はラテン語の動詞「lavare 洗う」から派生した「lavatorium 洗うための場所」。そのままの意味で中期英語にlavatoryとして導入され、そのまま文字通りの意味で使われていたのだが、19世紀になって便所を指すために用いられるようになった。21世期になっても継続して人類はトイレを使用している。[1]
  3. ^ a b 山海敏弘「建築物における節水化技術の効用」 (PDF) 環境省
  4. ^ 世界大百科事典 第二版
  5. ^ a b c d 高橋邦夫、酒井 彰、保坂公人、高村 哲「6.エコサン・トイレの便益評価への方向性 バングラデシュ農村地域におけるエコサン・トイレの導入効果と便益評価」 (PDF) JCA-NET
  6. ^ a b c 大浜 庄司『完全図解 空調・給排水衛生設備の基礎知識早わかり』2014年、98頁
  7. ^ a b c 大浜 庄司『完全図解 空調・給排水衛生設備の基礎知識早わかり』2014年、125頁
  8. ^ 大浜 庄司『完全図解 空調・給排水衛生設備の基礎知識早わかり』2014年、127頁
  9. ^ TOTOホームページ「TOTOきっず」 「女の人も立っておしっこ?男女兼用の小便器“サニスタンド”」
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 日本環境整備教育センター「浄化槽読本 変化する時代の生活排水処理の切り札」 (PDF) 日本環境整備教育センター
  11. ^ a b 日本トイレ協会「途上国のトイレ・環境改善支援事例集第2集」 (PDF) JICA-Net
  12. ^ a b 日本トイレ協会「途上国のトイレ・環境改善支援事例集第2集」 (PDF) JICA-Net
  13. ^ ベトナム国浄化槽維持・管理技術の導入による生活排水処理水準の向上に向けた案件化調査業務完了報告書 (PDF) 独立行政法人国際協力機構
  14. ^ 油脂の塊「ファットバーグ」がロンドンの下水管をつまらせる”. GIZMODE (2017年10月1日). 2021年5月2日閲覧。
  15. ^ ヨコタ村上孝之著『世界のしゃがみ方』平凡社新書、2015、ISBN 978-4582857887
  16. ^ 森山茜 (2017年8月31日). “スウェーデン、ストックホルム ── 男女共用を可能にする国民性” (日本語). LIXILビジネス情報. LIXIL. 2021年7月20日閲覧。
  17. ^ 女性に危険が迫る「インドのトイレ事情」「ハフィントンポスト」2021年10月12日閲覧
  18. ^ 「家から離せ」ヒンドゥーの教え トイレが遠いインド 朝日新聞(2017年11月27日)2017年12月3日閲覧
  19. ^ 【特派員発】インド・ガダワリ村 森浩/7%経済成長の裏 5億人が屋外排泄/トイレ設置進むも ヒンズー教壁高く『産経新聞』朝刊2018年7月6日(国際面)2018年9月26日閲覧。
  20. ^ トイレ先進国・日本 23億の“トイレ難民”救え!”. 読売新聞 (2018年10月31日). 2018年12月29日閲覧。
  21. ^ 途上国が抱えるトイレ不足・非衛生的トイレという問題~ハード面からの解決案~”. ATONE (2014年2月10日). 2018年12月29日閲覧。
  22. ^ 劣悪トイレ事情の改善に挑む ケニアで進めるリクシルの“水なしトイレ””. ダイヤモンドオンライン (2013年7月5日). 2018年12月29日閲覧。
  23. ^ 「京都交通 長距離路線バスのトイレ付車両を増備」『バスラマ・インターナショナル』No. 2、ぽると出版、1990年10月、 pp. 90、 ISBN 4-938677-02-4
  24. ^ 変わる高速バストイレ事情 「なし車」から「付き車」への動き 着替えられる広いトイレ”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ (2020年3月7日). 2022年4月9日閲覧。
  25. ^ 宇宙情報センター / SPACE INFORMATION CENTER :トイレ”. 宇宙情報センター / SPACE INFORMATION CENTER. JAXA. 2020年7月2日閲覧。
  26. ^ 宇宙ではどうやってお風呂やトイレに入るのですか?”. ファン!ファン!JAXA!. JAXA. 2020年7月2日閲覧。
  27. ^ 日本語大切に!便所→トイレの呼称変更に荒川区議会紛糾?(アーカイブ) - zakzak記事。2018年5月20日閲覧。
  28. ^ 神戸市:神戸市 : 震災資料室 災害時の便所機能の確保[リンク切れ]
  29. ^ 災害トイレ情報ネットワーク NPO法人日本トイレ研究所 Japan Toilet Labo.






便所と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「便所」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

便所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



便所のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの便所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS