越後長岡藩 越後長岡藩家臣団の概要

越後長岡藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 03:25 UTC 版)

越後長岡藩家臣団の概要

上州大胡在城期(天正18年(1590年) - 元和4年(1618年))の牧野家は2万石(士分人数は200名前後)であったが、その当時、上州(群馬県)には、戦国期の関東支配者であった小田原城主後北条氏の滅亡で、地侍化した有力な牢人(浪人)が溢れていた。藩主・牧野家が、大胡から長岡に領地3倍増で栄転にあたって、家臣団を急増させる必要に迫られたため、これらを新規召し抱えたので、牧野家中には、牛久保以来の家柄の家臣、上州浪人の出自を持つ家臣、越後の旧領主上杉家の元家臣・陪臣を含む地元出身者、およびその他とに大別されることになった。廃藩のときの越後長岡藩士の戸数は、士分格式(小組以上)607戸、卒分格式1122戸があった。個々の上級家臣、詳細については、越後長岡藩の家臣団を参照されたい。

藩士の階層と区分

越後長岡藩士の家格による分類は、14階層とも、12階層とも云われる。また藩士の区分は大きく分けて、騎士である大組および徒士である小組(以上が士分)と足軽組・中間組等(以上卒分)があり、これと並行して士分には寄会組(家老・先法・特別な功労者)と小姓組があった。

大組

他藩の馬廻にあたり、大組は五家老家がそれぞれ支配する5組の番方(軍事)組織で、先法家を除く大組に所属の士分は家老の統率を受けた。幕府と異なり、概ね知行30石以上であるが、知行20石や5人扶持で大組所属の藩士もあった[注釈 5][注釈 6]。『長岡市史』では別名を扈従組とする[注釈 7]

小姓組

小姓の概要は諸藩とおおむね同じのため、小姓の項を参照されたい。長岡藩は小姓と中小姓の区別があり各小姓組に所属した。子供を小姓に出す家の当主は、必ずしも大禄ではなく、知行が百石未満の大組の士から召し出されることもあった(小姓・中小姓の役高は30石)。もともと大組所属の藩士の子弟であるためこれらは軍制上は小禄・微禄でも大組の扱いであった。小姓組の長は御小姓組頭と呼ばれ、大組の士のうち御用番(用人)を兼帯するなど比較的高位の者が充てられた。

また小姓組の所属である御刀番[注釈 8]は大奥以外で藩主の身辺の細かい世話をするが、これも本来は藩主の刀を預かる番方の役職であるが、実質は役方の役職に近く変化した。御小姓や御刀番は、藩主などに近侍しているため、藩主の日常生活に必要な用達・用務が充分にできないので、その手先となるのが小納戸方である。長岡藩の御刀番・小納戸方には大組の士も小組の士もいた。

なお、『長岡市史』では先述のとおり、家格を寄合組、大組、小組と分けており、小姓組と刀番は家格扱いではない。また、小姓頭を定員2名で奉行兼務、小納戸を定員4名でうち1名目付格、刀番4名としている。

小組

他藩の徒士にあたる。平時は大組から選任された徒士頭(『長岡市史』では定員3人、1名は奉行、2人は用人兼務)に統率される徒士組(実際には稲垣善右衛門組のように徒士頭の名で表す)に所属の番士と、普段は役方の各職に勤務してその責任者(諸職の奉行等)の下に所属し、非常時の動員や儀式等の勢揃いの際には徒士頭の統率に入る者(御料理方や勘定方・代官・米見、鷹匠などの役人)に分かれた。なお家格が大組内で下位にある者で、当主が長く病身などで役目に就けず、隠居もできない場合は、一時的に小組に格下げとなることもあった。

なお、『長岡市史』では逆に有能な小組が大組に昇格を命ずることもあるとする。

藩士の特別な格式

上記の寄会組・大組・小組・足軽・中間組の区分とは別に格式(しばしば筋目と表現される[注釈 9]による区分があった。

五家老家(老職五家)

長岡藩政時代には世襲の家老家が5家あった。

家老首座連綿の稲垣家(稲垣平助家・初め2400石)と、次座の山本家が上席家老であった。その下に家老職を連綿する家柄として、稲垣平助家の分家となる稲垣家(稲垣太郎左衛門家)牧野家(山本家)牧野家(松井家)の3家、合わせて5家があった[注釈 10]

なお、河井継之助の石高大改正では2000石以上→500石、1300石〜1100石→400石、700石→300石と改正されているので、五家老家は軒並み減石となる。

先法家

長岡藩には藩主牧野家の客分扱いとされ、特に先法家と名付けられた3家がある。この藩の伝承などを収録した文書「温古之栞」によれば、先法3家の先祖は初代藩主牧野忠成の父である康成と、水魚の如く交誼親密であったと云う。それは真木氏(槙氏)(大胡藩時代の家禄3000石)の槇内蔵助家野瀬氏(能勢氏)(大胡藩時代の家禄不詳)の能勢三郎右衛門家疋田氏(大胡藩時代の家禄不詳)の疋田水右衛門家の3家がこれにあたる。

これらの3家は家老の支配を受けない特別な家柄とされ、特権的な扱いを受けていた。先法家の詳細については、越後長岡藩の家臣団に説明がある。

着座家

着座家は越後長岡藩では大組で中老職・年寄役就任者を輩出した家を呼ぶ。

着座家には、九里家安田家稲垣家(稲垣林四郎家)倉沢家根岸家今泉家武家保地家三間家などがあった。また竹垣家のように、着座家となったが、後にその家格を剥奪された例もある。

御持筒組

番方の足軽鉄砲隊の足軽(卒分、兵士のこと)には御持筒組と呼ばれ、藩主の親衛隊を意味する鉄砲隊があった。欠員補充の場合、通常の足軽鉄砲隊の足軽から器量(技量)・勤務が優秀とされたものが抜擢・登用された。初期には親から子へ世襲されたが、後には人数過多で就任期間20年以上勤を標準とし、原則一代限りと改められた。また、隊長にあたる物頭(足軽頭)にも御持筒頭の称号が与えられ名誉とされた。

三組衆(譜代足軽組)

三河牛久保以来、藩主牧野家に随従したとされる足軽の各家は三組衆(御身附組とも)と呼ばれる譜代足軽組を編成し、譜代の格式を誇った。この3組に所属する譜代足軽の家は81家あった。服装・兵装に通常の足軽組(並組)とは区別があり、待遇も若干優遇された。

この譜代足軽組では、牛久保以来の血統を重んじて、譜代の家柄以外とは、通婚関係をほとんど持たなかったと云われている。家老・先法などトップクラスの譜代の家系が、関東(大胡藩)以降の新興家臣と縁組を持ったのに対して、対照的である。

士分の知行

入部してから当初、越後長岡藩では分散地方知行制(相給)が行われたが、旱損や水害が多い長岡藩において、分散地方知行制では打撃が大きく、村方にとっても迷惑が多いということで寛永11年(1643年)以降から、蔵米知行化が進んだ[16]

これにより長岡藩のほとんどの藩士は表向き「知行取り」でも実質的には蔵米知行に変更された[注釈 11]。また、長岡藩の年貢率=「免」は原則三ツ五分(35%)であった。藩士に給付する蔵米については、いわば最低保障が付けられた微禄の藩士を除き、知行100石に対して当初は米48石だった

さらに享保13年(1728年)には20石給付にまで落ち込み、以降長く20石代から抜け出せずにいた[17]。なお『新潟県史・通史3・近世一』によると享保13年には三蔵火事の影響による藩士からの半知借り上げがあり、これが知行100石に対する20石給付の直接の原因になった。


注釈

  1. ^ この時の2千石の増分は、この朱印状の表示高7万4千石と添付の知行目録の合計村高(7万2千石余)の差額で、将来の新墾田の開発分2千石を見込んだものである[1]
  2. ^ 元和6年の加増分・栃尾郷1万石は、前年の元和5年の大名福島正則の改易にともない、牧野忠成が改易申し渡しの使者を務め、また安芸国広島城受け取りにも参加して無事任務を終えたので、その恩賞または福島正則正室が徳川家康養女(実は牧野忠成の実妹)であったため忠成がこれを引き取った際の扶養料とされる[2]
  3. ^ 『参州牛窪之壁書』は同藩の藩士・高野餘慶の記した『御邑古風談』に書き留められているもの。また『侍の恥辱十七箇条』は『河井継之助の生涯』などの著者の安藤英男によれば、初代藩主・忠成が長岡城に初めて入った時に諸士出仕の大広間に掲示したものだという[5]
  4. ^ 藩校での修学者の士分限定は柳河藩などでも見られるが、士分以外でも修学できる藩も存在した。
  5. ^ 長岡藩の「安政分限帳」(『長岡藩政史料集(6)長岡藩の家臣団』所収)によれば、50石未満の低位の知行である藩士が大組に119名確認され、最小俸給者は知行高20石または5人扶持の藩士である。
  6. ^ 『長岡市史』では100石以上に馬1〜4匹の保持を認めており、50石未満の低位の知行である藩士が馬一頭を飼う事は常識的には不可能であり、あくまで格式にすぎない。諸藩・幕臣にあっても、その家臣に馬上を許しながら、実際に馬を飼っていなかったということはよくあった。ただし、長岡藩には藩が馬を持たない武士に馬を貸与する制度があったと『長岡市史』にある。
  7. ^ なお、『大武鑑』掲載の江戸武鑑では元文から延享まで、江戸幕府の小姓組を「扈従組」と表記している。
  8. ^ 長岡藩の刀番は小姓組所属は知行100石未満では役高50石、ただし大組所属で100石以上の場合は役高70石の扱いである[14]
  9. ^ 長岡藩士における「筋目」とは藩士個々の家の戦功その他の由緒によるものされ、知行高や役職地位そのものではない。藩士・高野餘慶は『由旧録』で「士に家格あり、役格あり、知行格あり。此中家格ハ、先祖の由緒によりて代々其筋目を重んする事なれハ、秩禄の高下によらさる也」と説明している[15]
  10. ^ 越後長岡藩では一代家老に抜擢されたのは、江戸時代を通じて、三間監物・雨宮修堅・倉沢又左衛門・河井継之助のわずか4名である。家老の家柄でなく、家老職に就任して、執務実績をともなった者は、三間監物と、幕末の河井継之助だけと言える状況であり、この2人も共に有終の美を飾れなかった。他の2名は、家老職に就任しても実権が伴わなかったり、まもなく失脚・お役ご免などに追い込まれた。ほかに明治維新後に就任した大参事(=家老相当)として、小林虎三郎・三島億二郎がある。幕末の薩摩藩、長州藩に見られるような下級藩士からの重臣登用は、長岡藩においては見られなかった。また江戸時代初期の稲垣権右衛門や真木庄左衛門は、家老並の大身であるが、家老職に就任したとする藩政史料は存在しない。
  11. ^ 「蔵米取り」の禄高は俵数で表すが、「知行取り」は石高で表示する。「知行取り」の体裁を保ちながらも実際の支給が蔵米による
  12. ^ 下記、今泉鐸次郎・今泉省三他『越佐叢書 巻8』(1971年、野島出版) 所収、「由旧録 巻之下」で高野餘慶は「代々家老」と題して、「元来、御家老ハ、皆才覚器用よりも古法相伝を専要とする事にて候。……諸役人の申事を聞て、古法の曲尺にはつれぬ事なれハ、其通りに申付候」と長岡藩の家老について説明している。
  13. ^ 諸藩にあっては、寄組を老職クラスを除く上級家臣の総称または、所属としている例があるが、これとは異なる。また上級家臣の精勤者を遇する大寄会と、同じく中堅家臣を遇する寄会とを分けて持つ藩もあるが、越後長岡藩の場合は、特に功績のあった中堅家臣の隠居を遇するポストはなく、大寄会とも云うべき寄会組だけがあった。ただし江戸時代後期から幕末にかけては、特に功績のあった用人・奉行なども寄会組に加えられるようになった。
  14. ^ なお、番頭が用人の下座に置かれるのは他藩では越智松平家家中でも見られる。

出典

  1. ^ 『シリーズ藩物語 長岡藩』
  2. ^ 『長岡の歴史 第1巻』野島出版、1968年
  3. ^ 『長岡の歴史 第1巻』野島出版、1968年
  4. ^ 『長岡市史(通史編・上巻)』長岡市、1996年
  5. ^ 『定本 河井継之助』白川書院、pp19-20
  6. ^ 新潟県立図書館「越後佐渡デジタルライブラリー」『越後国上杉景勝家督争合戦』
  7. ^ 『長岡市史』
  8. ^ 『北越秘話』
  9. ^ 「越後長岡藩文書の備前守殿勝手向賄入用相成候由」『日本歴史地名大系15・新潟県の地名』平凡社
  10. ^ 『長岡市史』
  11. ^ 『長岡の歴史 第1巻』
  12. ^ 『新潟県史・通史3・近世1』
  13. ^ 『長岡市史』
  14. ^ 『長岡の歴史 1』pp270 - 271
  15. ^ 『越佐叢書』所収「由旧録(巻之下)」pp69-70
  16. ^ 『新潟県史・通史3・近世一』
  17. ^ 『長岡の歴史 第1巻』pp224 - 225
  18. ^ 『長岡市史』p134。なお、長岡藩では時代により「用人」を「御用番」とも称している例があるので注意が必要である。
  19. ^ 『長岡市史』137p
  20. ^ 柏書房の『編年江戸武鑑』および『大武鑑』。少なくとも文化年間以降の武鑑では附と奉行または用人の中の一人が常に同姓同名。
  21. ^ 『改訂増補 大武鑑 中巻』
  22. ^ 今泉省三『長岡の歴史 第1巻』(1968年、野島出版)p269
  23. ^ 『編年改訂 大武鑑 中巻』(名著刊行会)






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

越後長岡藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



越後長岡藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの越後長岡藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS