わかめとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 海藻 > わかめの意味・解説 

わか‐め【若芽】


わか‐め【若布/和布/稚海藻】

コンブ科褐藻外海の浅い所に生える。長さ約1メートルになり、暗褐色外見根・茎分かれ羽状切れ込む成熟すると両側にひだ状の胞子葉ができ、めかぶ・みみとよばれる古くから食用とし、養殖もされる。にぎめ。めのは。《 春》「みちのく淋代(さぶしろ)の浜—寄す/青邨」

若布/和布/稚海藻の画像

わかめ

テープ縁がわかめ状に伸び縮みしている状態。 

わかめ(わかめ)

わかめ コンブ科海産褐藻ラーメンの具として使われ、旨み加えてくれる。
※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。

わかめ

  1. 袴。〔第二類 人物風俗
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

若命

読み方
若命わかめ

ワカメ

(わかめ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 05:14 UTC 版)

ワカメ若布和布稚海藻[3]学名: Undaria pinnatifida)は、褐藻綱コンブ目チガイソ科の海藻である。


  1. ^ 吉田忠生・吉永一男『日本産海藻目録』(2010年改訂版), 藻類 Jpn.J.Phycol. (Sorui) 58:69-122, 2010[https://web.archive.org/web/20140416234712/http://www.sourui-koza.com/kisai_bunrui/mokuroku2010_2.html Archived 2014年4月16日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b c d Guiry, M.D. & Guiry, G.M. (2013年). “Undaria pinnatifida (Harvey) Suringar”. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. 2013年8月14日閲覧。
  3. ^ 大辞林』にある「裙蔕菜(裙蒂菜)」はワカメの漢名であるが、貝原益軒の『大和本草』などごく一部書物を除いて、日本で実際に使われることは極めて稀である。
  4. ^ a b c d 【はじまりを歩く】養殖ワカメ(岩手県大船渡市)動じない信念 三陸を豊かに『朝日新聞』土曜朝刊別刷り「be」2021年4月24日(6-7面)2021年4月29日閲覧
  5. ^ Epstein, Graham; Smale, Dan A. (2017-09-22). Undaria pinnatifida: A case study to highlight challenges in marine invasion ecology and management”. Ecol Evol. 7 (20): 8624–8642.. doi:10.1002/ece3.3430. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5648660/ 2018年2月20日閲覧。. 
  6. ^ 震災漂流物と漂着外来生物 笹川平和財団海洋政策研究所【Ocean Newsletter】第312号(2013年8月5日発行)2019年2月10日閲覧
  7. ^ Uwai, Shinya; Arai, Shogo; Morita, Teruwo; Kawai, Hiroshi (2007-11-15). “Genetic distinctness and phylogenetic relationships among Undaria species (Laminariales, Phaeophyceae) based on mitochondrial cox3 gene sequences”. Phycological Research 55 (4): 263-271. doi:10.1111/j.1440-1835.2007.00469.x. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1440-1835.2007.00469.x 2020年9月13日閲覧。. 
  8. ^ 日本ひじき協議会わかめ健々学々
  9. ^ 「め」は、元々ワカメを指していたが、やがて海藻一般を指すようになったとする説もある。小島憲之 他校注・訳『新編日本古典文学全集7 萬葉集(2)』(小学館, 1995年)225頁。
  10. ^ 日本国語大辞典』第2版(小学館, 2000-2002年)
  11. ^ 二野瓶徳夫「和布」/『国史大辞典』(吉川弘文館, 1979-1997年)
  12. ^ http://ndb.nal.usda.gov/
  13. ^ 吉江由美子「海藻の食物繊維に関する食品栄養学的研究」『日本水産学会誌』Vol.67 (2001) No.4 P619-622
  14. ^ 【こぐれひでこの食悦画帳】新ワカメ タラとしゃぶしゃぶ『読売新聞』夕刊2019年1月26日(2面)
  15. ^ 原点 - わかめスープ 理研ビタミン株式会社HP
  16. ^ 末綱邦男、前川敬世、陳俊栄「わかめペプチドによる高血圧自然発症ラットの血圧降下作用」 (PDF) 『水産大学校研究報告』第51巻 第4号(2003年3月発行)pp.141-146
  17. ^ 金沢和樹 「フコキサンチン」『日本食品科学工学会誌』55号(2008年)194頁
  18. ^ 宮下和夫・細川雅史「海藻中に含まれる多機能性カロテノイド:フコキサンチン」 『日本水産学会誌』Vol.74 (2008) No.2 P261-262


「ワカメ」の続きの解説一覧

わかめ

出典:『Wiktionary』 (2019/10/19 00:01 UTC 版)

名詞:藻類

わかめ若布和布稚海藻、裙、裙蒂

  1. コンブチガイソワカメ属に属す海藻一種学名:Undaria pinnatifida

発音

わ↘かめ、わ↗か↘め

名詞:植物

わかめ若芽

  1. 生え間もない草木新芽

発音

わ↗か↘め、わ↗かめ



わかめと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「わかめ」の関連用語

わかめのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



わかめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2021 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワカメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのわかめ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS