バラスト水とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > バラスト水の意味・解説 

バラスト水

読み方:バラストすい
英語:Ballast Water

貨物船が船を安定させる目的で、重しとして積み込む。「バラスト」は「底荷」の意味。海水積載され、目的貨物積み込む際に海中放出される。

バラスト水は船が貨物を降ろした港で詰まれ、再度貨物を積む港で捨てられる。これによって、本来その付近海域には生息ていない外来種持ち込まれ、海洋生態系影響を及ぼすことにつながると懸念されている。

東京湾増殖している北米原産貝類ホンビノスガイは、バラスト水によって運ばれたと考えられている。

国際海事機関IMO)ではバラスト水の適切な処理について規定した「バラスト水管理条約」(BWM条約)を2004年採択したが、批准する国が条約発効要件達しておらず、2010年現在も未発効の状態にある。

バラストすい [0]バラスト水

バラスト使用される通常荷物が積みおろしされる寄港地補塡排出されるが、混入している生物が、本来の生息地とは異な地域排出されることになるため、生態系影響与える。

バラスト水

バラスト水 「バラスト水」による海洋環境への影響懸念されています。バラスト水とは無積載船舶重心安定させるために積み込む海水のことです。船舶は荷を積んでいない状態ではバランス走行性が悪くなるなどの問題があるため、船底に「重し」としてバラスト水を積み込み、荷の代わりにするのです。バラスト水の中には地域固有の微生物細菌も含まれます。そのバラスト水を世界各地排水すれば、外来生物などの影響現地生態系崩れてしまう恐れがあるのです。世界では年間100トン上のバラスト水が移動しています。日本にも年間1700トンのバラスト水が外から持ち込まれ、約3億トン世界各国船舶とともに出て行きます。
 このバラスト水の排水規制ようとする国際的動きあります国際海事機関IMO)はバラスト水の規制を09年建造新造船から段階的に適用する方向調整を進めており、いずれはすべての外航船にバラスト水の処理装置搭載することが義務けられるかもしれません。IMOはすでにバラスト水の排水基準定めており、バラスト水1立方メートル中に50マイクロメートル上の生物10以内50マイクロメートル未満10マイクロメートル上の生物は1ミリリットル当たり10個まで、さらにバクテリアの数なども細かく決めています。
 船舶の「重し」となるバラスト水は海水なので積み込むのも楽で、荷を積載する港でも簡単に排水できます船舶バランスを取るための「重し」を海水以外の他の物質代替することはコスト面からも利便性からも考えづらく、規制に対応するには積み込んだバラスト水に含まれる微生物細菌除去することが必要になります
 このIMO定め排水基準沿って処理装置開発を進めるメーカー世界中で相次いでいます。日本造船メーカー装置メーカー動きにも注目集まります。日本世界有数造船大国であり、将来的には国内で造られる船舶に処理装置搭載なければならなくなるからです。現在では日立プラントテクノロジー三菱重工三井造船などが実用化に向けた実証試験などを始めています。また実際に国内船主からバラスト水処理装置受注しているメーカーありますスウェーデンのアルファ・ラバルABの子会社、アルファ・ラバル(東京都港区)はバラスト水処理装置「ピュアバラスト」を世界48納入受注した実績持ちそのうち4台は日本船主からだといいます。

(掲載日:2009/03/30)

バラスト水

船舶空荷運航する場合等に、船体が不安定になるのを抑える等安全を確保するために、「おもし」として積載する海水目的地到着後、貨物等を積込む時に排出されるため、バラスト水に混入した生物世界中拡散し、本来の生息地ではない場所で大繁殖することにより生態系破壊経済活動への被害、人の健康被害等を発生させることがあるそのため国際海事機関IMO)では、船舶がバラスト水を排出する前に浄化理することを求める「バラスト水管理条約仮称)」を2004年2月採択したが、世界的見ても処理装置開発進んでおらず、条約発効障害となっている。条約早期発効させるために、バラスト水処理装置開発喫緊の課題となっている。

バラスト水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 06:41 UTC 版)

バラスト水英語: Ballast Water)とは、船舶バラスト(ballast:脚荷[1]、底荷、船底に積む重し)として用いられる水のこと。 貨物船が空荷で出港するとき、海水が積み込まれ、貨物を積載する港で船外へ排出される。


  1. ^ a b 池田勝, 古今(こきん)用語撰」『らん:纜』 1998年 42巻 p.33-38, doi:10.14856/ran.42.0_33、2020年6月19日閲覧。
  2. ^ 船舶バラスト水の問題に対する取り組み 生物多様性センター
  3. ^ 生物分布の拡散―バラスト水問題 笹川平和財団海洋政策研究所
  4. ^ バラスト水問題について 日本船主協会
  5. ^ バラスト水管理条約についての情報 日本海事協会
  6. ^ 下水処理水の海外輸出可能性(バラスト水)検討活動 下水道グローバルセンター


「バラスト水」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バラスト水」の関連用語

バラスト水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バラスト水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2020 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
内閣官房総合海洋政策本部内閣官房総合海洋政策本部
Copyright© Cabinet Secretariat, Cabinet Public Relations Office. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバラスト水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS