やすすとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > やすすの意味・解説 

やすす

秋元康通称自称でもある。

秋元康

(やすす から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 00:36 UTC 版)

秋元 康(あきもと やすし、1958年5月2日 - )は、日本音楽プロデューサー作詞家映画監督放送作家東京都渋谷区在住[注 1]。妻は元アイドルの高井麻巳子。株式会社秋元康事務所所属[注 2]


注釈

  1. ^ 2013年10月時点[1]
  2. ^ 秋元康自身が取締役を務め、妻の高井麻巳子(元タレント、現姓秋元)が監査役を務める事務所[要出典]
  3. ^ 秋元は「AKB48のサプライズでいちばん驚くのは、『秋元康、今日をもってAKBを卒業します!』かなと(笑)。ほんと、僕は卒業すると思いますよ」「僕がAKB48の創業者か初代校長かもしれないけど、たぶん、ある程度の形ができたところで僕が交代して、『秋元はスパルタでやったけど、今度のAKBはこう変えたいんだ』という人が出てこないと、逆に続かないと思いますね。これはAKBの宿命です。AKBを守ろうとすれば、それはAKBの進化を止めることでしょう。そのときAKB48は終わるんです」と述べている[14]
  4. ^ 高校生か大学生の頃の身体検査では168.6cmだった[15]
  5. ^ 情熱大陸』(2007年9月30日、MBS)より[要出典]
  6. ^ サンデー毎日』の連載[要出典]
  7. ^ バナナ輸入組合キャンペーンガールとして結成された沖縄出身3人組のアイドルユニット[34]
  8. ^ 第10 - 15話(最終話)まで[要出典]
  9. ^ 当初は2020年4月3日公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公開延期となった[48]
  10. ^ もともとはリチャード・ギャリオットの作品であるが、秋元康が作詞を担当した日高のり子の歌「瞳のナイフ」「ハートの磁石」が劇中に流れるほか、日高のり子と戦えたり、「あきもとやすしは いんぜいなりきんだ」というセリフが登場するなど、単なる移植に留まらない改変を施している。音楽については後藤次利が担当している(こちらを参照)。
  11. ^ 女性アイドルグループ・CoCoとは無関係の男性フォークデュオ[要出典]
  12. ^ 選抜経験がない18歳以上のメンバー(じゃんけん選抜は除く)で構成されるユニット[要出典]
  13. ^ 発表直後に発売中止となり、音源化に至らず[54]

出典

  1. ^ “首相動静—10月12日”. 朝日新聞デジタル. (2013年10月12日). オリジナルの2013年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131012234007/http://www.asahi.com/politics/update/1012/TKY201310120193.html 2013年10月12日閲覧。 
  2. ^ 会員名鑑”. 日本映画監督協会 -. 協同組合日本映画監督協会. 2016年3月1日閲覧。
  3. ^ “秋元康氏「感心した」と絶賛 『第35回 創作テレビドラマ大賞』贈賞式”. ORICON STYLE (oricon ME). (2010年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/82552/full/ 2016年11月30日閲覧。 
  4. ^ 評議員会を開催 組織委員会新理事を選任”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2014年3月17日). 2014年3月17日閲覧。
  5. ^ 代々木アニメーション学院にAKB48の生みの親である秋元康氏が名誉学院長-兼-総合プロデューサーとして就任.pdf”. 代々木アニメーション学院・ニュースリリース (2016年3月28日). 2016年4月22日閲覧。
  6. ^ a b c d 秋元康 (2010年5月13日). 第86回 秋元 康 氏. インタビュアー:屋代卓也・山浦正彦. Musicman-NET.. http://www.musicman-net.com/relay/86.html 2013年9月22日閲覧。 
  7. ^ a b 秋元康 (2010年5月13日). 第86回 秋元 康 氏 2. ひょんなきっかけから高校生で作家デビュー. インタビュアー:屋代卓也・山浦正彦. Musicman-NET.. https://www.musicman-net.com/relay/86-2.html 2013年9月22日閲覧。 
  8. ^ “秋元康さん(1/2) - インタビュー”. [どらく] (朝日新聞社). (2006年8月23日). オリジナルの2007年1月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070121041629/http://doraku.asahi.com/hito/interview/html/060823.html 2007年1月21日閲覧。 
  9. ^ a b c 秋元康 (2010年5月13日). 第86回 秋元 康 氏 3. 移住したニューヨークで書き上げた「川の流れのように」. インタビュアー:屋代卓也・山浦正彦. Musicman-NET.. https://www.musicman-net.com/relay/86-3.html 2013年9月22日閲覧。 
  10. ^ 秋元康「『夕やけニャンニャン』と放送外収入」『テレビ作家たちの50年』日本放送作家協会、NHK出版、2009年8月25日、172頁。ISBN 978-4-14-081387-4
  11. ^ “国生さゆりのニャンたま事件簿 (11)”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2012年5月16日) 
  12. ^ ヒャダイン (2016年10月31日). “第10回「あれ? 信長の顔っていつから変わったんだ?」”. ヒャダインの「あの時俺は若かった」. Aetas. 2012年10月31日閲覧。
  13. ^ AKB48公式10年史”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2016年11月30日閲覧。
  14. ^ 秋元康、田原総一朗『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』アスコム、2013年1月25日、215頁。ISBN 978-4-7762-0762-7
  15. ^ 秋元康『贅沢な遺言-僕が書き遺したい日々のこと』主婦と生活社、2004年7月2日。ISBN 4-391-12974-4
  16. ^ “1面”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2012年8月19日) 
  17. ^ 秋元康 (2010年9月19日). AKB48は無名の「高校野球部」 応援団のファンと喜びを分かち合う 総合プロデューサー秋元康さんに聞く/創刊4周年記念インタビュー最終回. (インタビュー). J-CASTニュース.. http://www.j-cast.com/2010/09/19076069.html?p=all 2017年2月10日閲覧。 
  18. ^ ホラー映画主演に決まったAKB48島崎遥香に“予定調和”との声も”. リアルライブ. フェイツ (2014年8月1日). 2017年1月21日閲覧。
  19. ^ スタッフインタビュー つなげ欅の心 秋元康(総合プロデューサー)運命を引き寄せるのは、彼女たちの持っているスター性」『クイック・ジャパン』vol.129、吉田大助、太田出版、2016年12月21日、73-76頁。ISBN 978-4-7783-1554-2
  20. ^ 山田井ユウキ (2014年9月23日). “ジブリ鈴木Pと秋元康氏が対談「マーケティングは何も生まない」「アニメの次の才能は日本からは出にくい」 (1) 『風の谷のナウシカ』後にアニメーターに戻ることを望んでいた宮崎駿監督”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/23/suzukiakimoto/ 2014年9月23日閲覧。 
  21. ^ 山田井ユウキ (2014年9月23日). “ジブリ鈴木Pと秋元康氏が対談「マーケティングは何も生まない」「アニメの次の才能は日本からは出にくい」 (2) 鈴木氏「アニメ業界の宮崎&高畑時代は終わる、次の才能は日本からは出にくい」”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/23/suzukiakimoto/001.html 2014年9月23日閲覧。 
  22. ^ 秋元康; 小山薫堂 (2015年10月8日). 秋元 康氏×小山 薫堂氏対談:AKB48、くまモンを生んだヒット企画発想法. (インタビュー). ビジネス+IT.. http://www.sbbit.jp/article/cont1/30261 2017年1月28日閲覧。 
  23. ^ 秋元康氏が語る、作詞論とテレビ論 - 香具師の箱と「ヘビは飛ぶよ」, マイナビ、2015年4月15日。
  24. ^ スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2014年4月26日) 
  25. ^ a b 向原康太 (2016年1月29日). “秋元康と亀田誠治が“ダンス偏重のJ-POP”について語りあう 「『流行歌』であり『歌』なんだということを叫び続けたい」”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2016/01/post-6135.html 2017年1月29日閲覧。 
  26. ^ “【オリコン】秋元康氏、作詞家売上日本一に 総売上6859.1万枚で阿久悠さん上回る”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年2月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2022134/full/ 2013年2月28日閲覧。 
  27. ^ AKB48のランキング
  28. ^ “日本レコード大賞:AKB48涙の初栄冠「フライングゲット」 前田敦子号泣、秋元康も祝福”. まんたんウェブ (MANTAN). (2011年12月30日). https://mantan-web.jp/article/20111230dog00m200048000c.html 2020年2月5日閲覧。 
  29. ^ “【レコ大】AKB48、史上6組目の2連覇達成 まゆゆ重圧明かし号泣”. ORICON NEWS (オリコン). (2012年12月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2020150/full/ 2020年2月5日閲覧。 
  30. ^ “秋元康氏がレコ大作詞賞初受賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年12月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20121230-1066317.html 2020年2月5日閲覧。 
  31. ^ 2013年JASRAC賞 「ヘビーローテーション」が2年連続金賞を受賞”. 一般社団法人日本音楽著作権協会. JASRAC (2013年). 2016年3月1日閲覧。
  32. ^ “アニー賞は「シュガー・ラッシュ」が5冠 秋元康も連名で音楽賞”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2013年2月5日). http://eiga.com/news/20130205/6/ 2013年2月5日閲覧。 
  33. ^ “小室哲哉、秋元康とタッグで“関西の視聴率王”の新曲制作”. ナタリー (ナターシャ). (2010年11月9日). https://natalie.mu/music/news/40264 2010年11月9日閲覧。 
  34. ^ BANANA(ばなな)ディスコグラフィ
  35. ^ 12月15日(日曜日) 御取材のお願い - 文部科学省。
  36. ^ これが日本だ!下村大臣も踊る「恋チュン」「トビタテ!フォーチュンクッキー」に賛否 2014年2月18日 ライブドアニュース。
  37. ^ 首相動静watcher 2013/06/21, 首相動静watcher 2013/10/12
  38. ^ “秋元康氏プロデュースのデジタルアイドル 絵柄第1弾発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年10月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2080376/full/ 2018年8月22日閲覧。 
  39. ^ 秋元康氏「劇団4ドル50セント」、劇団名は歌手ジャニスの実話から”. サンケイスポーツ (2017年8月24日). 2018年8月12日閲覧。
  40. ^ “秋元康によるガールズバンド“ザ・コインロッカーズ”お披露目、1年後にZepp Tokyoワンマン”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年12月23日). https://natalie.mu/music/news/313512 2018年12月23日閲覧。 
  41. ^ “佐久間P手がける夕方生放送の帯番組、秋元康が“ゴール見えない番組”をムチャぶり”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2018年3月7日). https://natalie.mu/owarai/news/272408 2018年3月14日閲覧。 
  42. ^ “<TOKYO FM新番組>秋元康が届ける、2名の「噂の人物」による深夜のガチ生トーク番組が誕生!『TOKYO SPEAKEASY』毎週月~木曜深夜25:00~26:00 4月6日(月)スタート”. PR TIMES (PR TIMES). (2020年3月24日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001956.000004829.html 2020年5月12日閲覧。 
  43. ^ “HKT48『BINGO!』シリーズ初参戦でお笑いにガチ挑戦 宮脇咲良「ボケがやりたい!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2113930/full/ 2018年6月20日閲覧。 
  44. ^ “けやき坂「ひらがな推し」日曜坂道「冠番組」3連発”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年3月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803190000116.html 2018年3月21日閲覧。 
  45. ^ “日向坂46、4月から『HINABINGO!』スタート 改名後シリーズ初登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2132375/full/ 2019年3月28日閲覧。 
  46. ^ “TVアニメ『22/7』第2弾PVが公開!1月11日(土)23時より放送開始!”. M-ON! Press (M-ON! Entertainment). (2019年12月29日). http://www.m-on.press/lisani/0000235953?show_more=1 2019年12月31日閲覧。 
  47. ^ “「キミモテ」の企画原作は「あな番」秋元康だった”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年10月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201910270000819.html 2019年10月28日閲覧。 
  48. ^ “欅坂46初ドキュメンタリー映画「僕たちの嘘と真実」新型コロナの影響で公開延期”. ナタリー (ナターシャ). (2020年3月12日). https://natalie.mu/music/news/370916 2020年3月29日閲覧。 
  49. ^ “海老蔵、勸玄くん出演直訴に「うれしい」 秋元康氏脚本・演出「雪蛍恋乃滝」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/07/kiji/20191207s00041000088000c.html 2019年12月10日閲覧。 
  50. ^ “『キミだけにモテたいんだ。』秋元康完全描き下ろし歌詞による主題歌「ハイスクールプリンセス」MV解禁!「小田原城星高校モテメン部」として斉藤壮馬、内山昂輝、富園力也、松岡禎丞、梅原裕一郎の5人が夢の共演!”. M-ON! Press (M-ON! Entertainment). (2019年10月21日). http://www.m-on.press/lisani/0000224273?show_more=1 2019年10月24日閲覧。 
  51. ^ “「キミだけにモテたいんだ。」斉藤壮馬、内山昂輝らキャスト5人が歌う主題歌も聴ける! 予告映像公開”. アニメ!アニメ! (イード). (2019年10月1日). https://animeanime.jp/article/2019/10/01/48694.html 2019年10月24日閲覧。 
  52. ^ “SHOW-YAの30周年アルバムに安室奈美恵、秋元康ら参加”. ナタリー (ナターシャ). (2015年8月28日). http://natalie.mu/music/news/158363 2015年8月28日閲覧。 
  53. ^ “白石麻衣、鈴木雅之とデュエット 秋元康氏書き下ろし大人のラブソング「本当に光栄です」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2019年12月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/04/kiji/20191204s00041000321000c.html 2019年12月5日閲覧。 
  54. ^ “BTSの楽曲制作中止で韓国進出戦略が狂い始めた秋元康氏”. リアルライブ (内外タイムス). (2018年9月24日). https://npn.co.jp/article/detail/61560626/ 2018年10月19日閲覧。 
  55. ^ “ケータイ・ジャーナリスト・コンテスト、グランプリに「女の履歴書」”. シブヤ経済新聞 (シブヤ経済新聞). (2007年3月21日). https://www.shibukei.com/headline/4160/ 2020年2月2日閲覧。 
  56. ^ 週刊・ヤング情報<新>”. NHKクロニクル. 日本放送協会. 2020年2月2日閲覧。
  57. ^ 秋元康(作詞家): 情熱大陸”. 【MBS】毎日放送. 毎日放送 (2007年9月30日). 2020年2月2日閲覧。
  58. ^ 理由ある太郎〔1〕”. 放送ライブラリ公式ページ. 放送番組センター. 2020年2月2日閲覧。
  59. ^ “ゴルフ談義、経営論、人生観…欲張りすぎてすべて中途半端”. J-CASTテレビウォッチ (J-CAST). (2010年9月18日). https://www.j-cast.com/tv/2010/09/18076242.html 2020年2月6日閲覧。 
  60. ^ 「ドラマスペシャル TRICK新作スペシャル2」 2010年5月15日(土)放送内容”. 価格.com. ワイヤーアクション (2010年). 2020年2月6日閲覧。
  61. ^ “『R-1ぐらんぷり2011』 佐久間一行が悲願の初優勝! 「諦めないでよかった・・・」”. オリコン転職. (2011年2月11日). https://career.oricon.co.jp/news/84731/ 
  62. ^ ザ・ヒットソンングス 〜歌謡史の秘密を大公開〜”. テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式). テレビ東京 (2011年). 2020年2月2日閲覧。
  63. ^ “「MANZAI」審査員なんであんな顔ぶれ!? 選評もなく説得力ゼロ”. J-CASTテレビウォッチ (J-CAST). (2011年12月20日). https://www.j-cast.com/tv/2011/12/20116950.html 2020年2月2日閲覧。 
  64. ^ “アジカン後藤×秋元康「僕らの音楽」対談でメディア論交換”. ナタリー (ナターシャ). (2011年12月29日). https://natalie.mu/music/news/62032 2020年2月2日閲覧。 
  65. ^ NHKのど自慢 2012/03/17(土)19:30 の放送内容”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2012年). 2020年2月2日閲覧。
  66. ^ “設楽MC特番でアジア若者がガチバトル、オリラジも応援”. ナタリー (ナターシャ). (2012年3月21日). https://natalie.mu/owarai/news/66475 2020年2月2日閲覧。 
  67. ^ “【エンタがビタミン♪】ドラマ『ミエリーノ柏木』に秋元康がサプライズ出演。柏木由紀に恋愛語る。”. Techinsight (テックインサイト). (2013年1月13日). https://japan.techinsight.jp/2013/01/mierinokasiwagi-starat-yasusu20130111.html 2020年2月2日閲覧。 
  68. ^ 「広告大賞」 2013年5月3日(金)放送内容”. 価格.com. ワイヤーアクション (2013年). 2020年2月2日閲覧。
  69. ^ 08月18日(日)のゲストは、秋元康さん×SKE48の皆さん”. フジテレビ. フジテレビ (2013年). 2020年2月2日閲覧。
  70. ^ いしぴぃ (2016年3月12日). “#106 AKB48新曲「君はメロディー」フルサイズ! たかみな説教部屋に秋元康さんが登場!!!”. NHKオンライン. 日本放送協会. 2020年2月2日閲覧。
  71. ^ “秋元康、スター・ディレクターを目指し、熾烈な番組製作競争する『EXD44』結成「総選挙、握手会も視野に”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2016年3月27日). https://music-book.jp/video/news/news/116695 2020年2月2日閲覧。 
  72. ^ “NHKで「秋元康の10時間ラジオ」テレビ放送、小室哲哉らゆかりのゲストが次々と”. ナタリー (ナターシャ). (2017年6月1日). http://natalie.mu/music/news/235021 2017年7月19日閲覧。 
  73. ^ 福山雅治「ウタフクヤマ」で秋元康、ヒャダイン、リリー、広瀬姉妹らと即興曲作り”. ナターシャ (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  74. ^ “天海祐希&石田ゆり子「スナックあけぼの橋」×福山雅治「ウタフクヤマ」合体新年会SP 1・5放送”. TVLIFE (Gakken Plus). (2018年1月4日). http://www.tvlife.jp/entame/153460 2018年1月17日閲覧。 
  75. ^ 100年インタビュー 秋元康”. NHKクロニクル. 日本放送協会 (2017年). 2020年2月2日閲覧。
  76. ^ 100年インタビュースペシャル 「秋元康 海外戦略を語る〜乃木坂46初のアジア公演も紹介〜」”. NHKクロニクル. 日本放送協会 (2018年). 2020年2月2日閲覧。
  77. ^ “「ラストアイドル」セカンドシーズン決定 秋元康・小室哲哉・織田哲郎・つんく♂・指原莉乃交えて激突<本人コメント>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年12月24日). https://mdpr.jp/news/detail/1736346 2018年1月17日閲覧。 
  78. ^ のど自慢スタッフ (2018年2月16日). “NHKのど自慢チャンピオン大会のお知らせ”. NHKのど自慢ブログ. 日本放送協会. 2020年2月2日閲覧。
  79. ^ 向原康太 (2017年6月4日). “秋元康、指原莉乃の“アイドルとしての存在感”を語る「小泉今日子に続くアイドルの革命」”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2017/06/post-80262.html 2020年2月2日閲覧。 
  80. ^ 秋元康の超プレミアム対談”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年8月12日). 2020年3月14日閲覧。
  81. ^ “AIでよみがえった美空ひばりが新曲披露コンサート、その舞台裏をNHKでオンエア”. ナタリー (ナターシャ). (2019年9月27日). https://natalie.mu/music/news/349338 2019年9月30日閲覧。 
  82. ^ “フット後藤MC「広告大賞」岩尾が選んだ「グリコ名作アイドルCM」特集も”. ナタリー (ナターシャ). (2020年4月18日). https://natalie.mu/owarai/news/375747 2020年4月20日閲覧。 
  83. ^ 渡辺彰浩 (2018年9月4日). “いま明かされる『ラストアイドル in AbemaTV』最終決戦の舞台裏 LaLuce、シューロケ独占インタビュー”. Real Sound. blueprint. 2018年9月4日閲覧。
  84. ^ 本田美奈子『1986年のマリリン』大胆な衣装と踊りで話題になったアイドル時代の最大ヒット曲”. ミドルエッジ. ディー・オー・エム (2017年7月24日). 2020年2月2日閲覧。
  85. ^ “黒船ジェロ、デビュー曲作詞の秋元康と初対面”. ORICON NEWS (oricon ME). (2008年4月17日). https://www.oricon.co.jp/news/53557/full/ 2020年2月2日閲覧。 
  86. ^ 今日は一日“秋元康ソング”三昧 前半”. NHKオンライン. 日本放送協会 (2017年). 2020年2月2日閲覧。
  87. ^ 今日は一日“秋元康ソング”三昧2018”. NHKオンライン. 日本放送協会 (2018年). 2020年2月1日閲覧。
  88. ^ “ハウス食品、「カリーシェフ」CMに秋本康氏起用”. 日本食糧新聞電子版 (日本食糧新聞社). (1995年6月23日). https://news.nissyoku.co.jp/news/nss-7885-0067 2020年2月2日閲覧。 
  89. ^ “【TV-CM】 『眠眠打破』と、『秋元康』氏 がコラボレーション! 「作詞家 秋元康」氏の知られざる仕事風景が明らかに!?” (プレスリリース), ソーシャルワイヤー, (2014年4月11日), https://www.atpress.ne.jp/news/45237 2014年4月11日閲覧。 
  90. ^ 『別冊カドカワ』No.374、角川マーケティング〈カドカワムック〉、2011年。ISBN 978-4-04-895420-4}
  91. ^ 秋元康、田原総一朗『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』アスコム、2013年1月25日。ISBN 978-4776207627}
  92. ^ 秋元康『35m/mの原稿用紙。』集英社、1988年1月20日、1-207頁。ISBN 978-4-08-780099-9}
  93. ^ 秋元康『みーんな、わがまま』マガジンハウス、1988年1月、1-227頁。ISBN 978-4-89578-004-9
  94. ^ 秋元康『みーんな、わがまま』角川書店、1991年7月、1-244頁。ISBN 978-4-04-174502-1
  95. ^ 秋元康『バスルームのキリンたち 秋元康詩集』マガジンハウス、1988年3月、1-85頁。ISBN 978-4-8387-0018-9
  96. ^ 秋元康『さらば、メルセデス』マガジンハウス、1988年10月、1-237頁。ISBN 978-4-8387-0039-4
  97. ^ 秋元康『さらば、メルセデス』角川書店、1991年10月、1-214頁。ISBN 978-4-04-174503-8
  98. ^ 秋元康『さらば、メルセデス』ポプラ社、2010年4月、1-263頁。ISBN 978-4-591-11750-7
  99. ^ 秋元康『101人のクズたち』マガジンハウス、1988年11月、1-141頁。ISBN 978-4-8387-0029-5
  100. ^ 秋元康『恋について僕が話そう』大和書房、1991年4月、1-189頁。ISBN 978-4-479-68035-2
  101. ^ 秋元康『恋について僕が話そう』角川書店、1994年10月、1-194頁。ISBN 978-4-04-174507-6
  102. ^ 秋元康『Rooms』フジテレビ出版、1994年11月、1-141頁。ISBN 978-4-594-01574-9
  103. ^ 秋元康『僕がいない日には Rooms 2』フジテレビ出版、1995年3月、1-137頁。ISBN 978-4-594-01693-7
  104. ^ 秋元康『〈もしもし〉の捨て場所 Rooms編』フジテレビ出版、1995年3月、1-299頁。ISBN 978-4-594-01692-0
  105. ^ 青島幸男、秋元康『明日があるさ』勁文社、2001年6月、1-127頁。ISBN 978-4-7669-3838-8
  106. ^ 秋元康『なるほどね、そーゆーことか』青春出版社、2003年8月、1-173頁。ISBN 978-4-413-00646-0
  107. ^ 秋元康『着信アリ』角川書店、2003年11月、1-246頁。ISBN 978-4-04-174514-4
  108. ^ 秋元康『着信アリ 2』角川書店、2004年12月、1-209頁。ISBN 978-4-04-174516-8
  109. ^ 秋元康『着信アリ Final』角川書店、2006年5月、1-216頁。ISBN 978-4-04-174520-5
  110. ^ 秋元康『着信アリ テレビドラマ版』大石哲也・高山直也・蒔田陽平、角川書店、2005年12月、1-302頁。ISBN 978-4-04-174519-9
  111. ^ 秋元康『贅沢な遺言』主婦と生活社、2004年7月、1-239頁。ISBN 978-4-391-12974-8
  112. ^ 秋元康『象の背中』産経新聞出版、2006年4月、1-364頁。ISBN 978-4-594-05056-6
  113. ^ 秋元康『象の背中 絵本版 続』光文社、2008年12月。ISBN 978-4-334-90157-8
  114. ^ 秋元康『象の背中 旅立つ日 絵本版』光文社、2013年7月、新装版。ISBN 978-4-334-90194-3
  115. ^ 秋元康『アドレナリンの夜 珠玉のホラーストーリーズ』竹書房、2009年8月、1-243頁。ISBN 978-4-8124-3919-7
  116. ^ 秋元康『アドレナリンの夜』竹書房、2015年11月、1-231頁。ISBN 978-4-8019-0548-1
  117. ^ 秋元康、雨宮淳司、加藤一、須藤安寿『アドレナリンの夜 悪夢ノ檻』竹書房、2016年2月、1-375頁。ISBN 978-4-8019-0615-0
  118. ^ 秋元康、川邊優子、北川陽子、長谷川圭一『アドレナリンの夜 霊界ノ呪』竹書房、2016年2月、1-214頁。ISBN 978-4-8019-0635-8
  119. ^ 秋元康、岡本貴也、川邊優子、長谷川圭一『アドレナリンの夜 猟奇ノ血』竹書房、2016年2月、1-205頁。ISBN 978-4-8019-0636-5
  120. ^ 秋元康『恋工場 珠玉のラブストーリーズ』竹書房、2009年8月、1-297頁。ISBN 978-4-8124-3914-2
  121. ^ “原田知世と田中圭が新婚夫婦演じるドラマ「あなたの番です」2クール連続で放送決定”. ナタリー (ナターシャ). (2019年1月28日). https://natalie.mu/eiga/news/317657 2019年1月28日閲覧。 
  122. ^ “リモート会話中に事件発生「リモートで殺される」に前田敦子、齋藤飛鳥ら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年7月5日). https://natalie.mu/music/news/386289 2020年7月5日閲覧。 
  123. ^ “AKB48小栗有以主演ドラマ『マジムリ学園』 城戸康裕、把瑠都らとバトル”. CINRA.NET (CINRA). (2018年6月1日). https://www.cinra.net/news/20180601-majimurigakuen 2018年6月1日閲覧。 
  124. ^ イントロダクション”. 土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」. テレビ東京 (2016年). 2016年7月17日閲覧。
  125. ^ “日向坂46、1月期連ドラに総出演 学園青春群像劇に挑戦&連動ライブも【配役&コメント】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年12月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2151269/full/ 2019年12月25日閲覧。 


「秋元康」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「やすす」の関連用語

やすすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



やすすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋元康 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS