脚注と出典とは? わかりやすく解説

脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/30 09:26 UTC 版)

タウンゼンド諸法」の記事における「脚注と出典」の解説

^ ディッカーソン (Navigation Acts, 19595) はタウンゼンド諸法含まれる法律を4とし、ニューヨーク制限法に触れなかったが、チャフィンはこれを「正式にタウンゼンド諸法一部である」としている ("Townshend Acts", 128)。タウンゼンド生前成立しなかった副海事裁判法含めない考え方もある (Encyclopædia Britannica 2011)。 ^ Chaffin, "Townshend Acts", 126. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 143. ^ Reid, Authority to Tax, 206. ^ Thomas, Townshend Duties, 10. ^ Knollenberg, Growth, 21–25. ^ Lillian Goldman Law Library (2008年). “The Townshend Act, November 20, 1767”. The Avalon Project. 2011年12月13日閲覧。 ^ 7 Geo. III ch. 46; Knollenberg, Growth, 47; Labaree, Tea Party, 270n12. タウンゼンド歳入法タウンゼンド関税法1767年タリフ法とも。 ^ Chaffin, "Townshend Acts", 143; Thomas, Duties Crisis, 9. ^ a b Reid, Authority to Tax, 33–39. ^ Thomas, Duties Crisis, 9; Labaree, Tea Party, 19–20. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 127. ^ Reid, Authority to Tax, 33. ^ a b Thomas, Duties Crisis, 31. ^ 7 Geo. III ch. 56; Labaree, Tea Party, 269n20. 1767年茶法ともいう; Jensen, Founding, 435. ^ Dickerson, Navigation Acts, 196. ^ Labaree, Tea Party, 21. ^ Thomas, Duties Crisis, 22–23. ^ Thomas, Duties Crisis, 23–25. ^ Thomas, Duties Crisis, 260. ^ Miller, Origins, 255. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 128; Thomas, Duties Crisis, 30. ^ Thomas, Duties Crisis, 30. ^ 7 Geo. III ch. 41; Knollenberg, Growth, 47. ^ Thomas, Duties Crisis, 33; Chaffin, "Townshend Acts", 129. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 130. ^ Dickerson, Navigation Acts, 199. ^ Reid, Rebellious Spirit, 29, 135n24. ^ 8 Geo. III ch. 22. 訳注:日本語訳では「植民地海事裁判法」とも。 ^ Thomas, Duties Crisis, 34–35. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 134. ^ 7 Geo. III ch. 59. ニューヨーク停止法とも。; Knollenberg, Growth, 296. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 128. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 134–35. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 131. ^ Knollenberg, Growth, 48; Thomas, Duties Crisis, 76. ^ Thomas, Duties Crisis, 36. ^ a b Chaffin, "Townshend Acts", 132. ^ Knollenberg, Growth, 50. ^ Knollenberg, Growth, 52–53. ^ Knollenberg, Growth, 54. ディキンソンオーティス宛てた手紙日付1767年12月5日である。 ^ Knollenberg, Growth, 54. ^ Thomas, Duties Crisis, 84; Knollenberg, Growth, 54–57. ^ Thomas, Duties Crisis, 85, 111–12. ^ Thomas, Duties Crisis, 112. ^ Thomas, Duties Crisis, 81; Knollenberg, Growth, 56. ^ Knollenberg, Growth, 57–58. ^ Knollenberg, Growth, 59. ^ Thomas, Duties Crisis, 157. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 138. ^ Knollenberg, Growth, 61–63. ^ Knollenberg, Growth, 63. ^ "Notorious Smuggler", 23646; Knollenberg, Growth, 63–65. ^ Thomas, Duties Crisis, 109. ^ Jensen, Founding, 296–97. ^ Knollenberg, Growth, 69. ^ Thomas, Duties Crisis, 82; Knollenberg, Growth, 75; Jensen, Founding, 290. ^ Reid, Rebellious Spirit, 125. ^ Thomas, Duties Crisis, 92. ^ Knollenberg, Growth, 76. ^ Knollenberg, Growth, 76–77. ^ Knollenberg, Growth, 77–78. ^ Knollenberg, Growth, 78–79. ^ Knollenberg, Growth, 81. ^ a b Knollenberg, Growth, 71. ^ 10 Geo. III c. 17; Labaree, Tea Party, 276n17. ^ Knollenberg, Growth, 72. ^ Chaffin, "Townshend Acts", 140.

※この「脚注と出典」の解説は、「タウンゼンド諸法」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「タウンゼンド諸法」の記事については、「タウンゼンド諸法」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 01:17 UTC 版)

トーゴ (夜間戦闘機指揮艦)」の記事における「脚注と出典」の解説

^ 幾つかの情報元(例えhttp://www.zweiter-weltkrieg-lexikon.de/forum/viewtopic.php?f=4&t=256 (blog contribution by 'Zerstörerfahrer') Retrieved 27 May 2010)で「トーゴ」について言及される5,042 BRTGross Register Tonnage同等のBrutto Register Tonnage船舶搭載可能な貨物重量を示す場合使用する排水量ではない。)という数値混同しないように注意。 ^ a b c d e f g h John Asmussen, Hilfskreuzer (Auxiliary Cruiser) Coronel Retrieved 28 May 2010 ^ 最初レーダー艦は1943年1月ドイツ海軍引き渡され戦闘機指揮艦改装されクレタ(NJL Kreta、元フランス船籍Ile de Beauté)であった改装作業1943年8月完了したが、同艦は9月21日ティレニア海カプラーイア島付近イギリス海軍U級潜水艦アンシーンによる雷撃を受け失われた1943年9月にプレミューダがレーダーピケット艦戦闘機指揮艦として運用されるために一時期フライヤレーダー搭載されたが、この任務使用されることなくTA 32として元の駆逐艦戻され1945年4月25日自沈するまでジェノヴァ拠点としてリグリア海活動した。 ^ 港湾警備艇(Hafenschutzboot)「トーゴ」(元ノルウェー船のOtra, NT05)や哨戒艇(Vorpostenboot)「コロネル」, V5909と混同しないように注意。 ^ TheShipsList: German East Africa Line / Woermann Line Archived 2010年4月4日, at the Wayback Machine. Retrieved 23 May 2010 ^ a b c d Plowman, Peter (2006): Australian Migrant Ships 1946—1977. Rosenberg Publishing Pty Ltd. ^ Chronik des Seekrieges 1939-1945: November 1939 Retrieved 24 May 2010 ^ a b c d e f http://warsailors.com/forum/read.php?1,2962,2968#msg-2968 (blog contribution by Theodor Dorgeist) Retrieved 26 May 2010. ^ Chronik des Seekrieges 1939-1945 April 1940 Retrieved 24 May 2010 ^ Führer der Sonderverbände und Führer der Minenschiffe In German. Retrieved 24 May 2010 ^ Chronik des Seekrieges 1939-1945: September 1940 Retrieved 24 May 2010 ^ http://www.zweiter-weltkrieg-lexikon.de/forum/viewtopic.php?f=4&t=256 (blog contribution by 'Zerstörerfahrer') Retrieved 27 May 2010 ^ a b http://www.wlb-stuttgart.de/seekrieg/43-02.htm February 1943 Retrieved 27 May 2010 ^ 開戦時よりティーネマンはドイツ仮装巡洋艦改装計画監督していた。戦争最後の年にはドイッチュラント級装甲艦アドミラル・シェーア艦長務め戦後ドイツ海軍少将となった ^ ティーネマンは1942年9月1日大佐昇進したhttp://forum.axishistory.com/viewtopic.php?f=5&t=162697 blog contribution by 'Twilight'. Retrieved 27 May 2010 ^ J,C.B. Dear (Ed., 1995): The Oxford Companion to the Second World War. Oxford University Press, Oxford. page 96. ^ Sperrbrecher Retrieved 24 May 2010 ^ Luftwaffe radar stations (Flugmeldemess Stellungen): Nachtjagdleitschiff Togo Retrieved 23 May 2010 ^ Dieter Jung / Berndt Wenzel / Arno Abendroth (1977 ): Schiffe und Boote der deutschen Seeflieger 1912-1976, Motor Buch Verlag Stuttgart. (Retrieved 26 May 2010.)Includes (pp 314-360): Nachtjagdleitschiffe in der Ostsee - Nachtjagdleitschiff Togo: Einsatz von 1939-1943 / Umbau und Ausrüstung 1943 / Die operativen Einsätze bis Ende 1944 / Kampfeinsatz Ostpreußen im Rahmen der Flüchtlingsrückführung (Januar—März 1945) ^ バルト海ドイツの港ザスニッツにあるFisherery and Harbour Museum Archived 2010年3月27日, at the Wayback Machine.で2003年にFlucht über die Ostsee 1944/45 Archived 2011年7月19日, at the Wayback Machine. (Flight across the Baltic 1944-45)という展示があり、ここでは1945年の「トーゴ」のリエパーヤからザスニッツへの避難について扱われた ^ Transport og forsyninger Troppetransportskipet KNM Svalbard In Norwegian. Retrieved 19 October 3010 ^ http://www.fifthfleet.net/pb/wp_6a2460ca/wp_6a2460ca.html Retrieved 20 May 2010

※この「脚注と出典」の解説は、「トーゴ (夜間戦闘機指揮艦)」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「トーゴ (夜間戦闘機指揮艦)」の記事については、「トーゴ (夜間戦闘機指揮艦)」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 07:41 UTC 版)

澄白キヨカ」の記事における「脚注と出典」の解説

18歳未満閲覧禁止サイト含みます) [脚注使い方] ^ 公式通販予約特典 ^ “LILITH-IZM07【俺のペット編】 LILITH”. リリス. 2011年7月23日閲覧。 ^ “影のセクハリスト~孕ませ王位継承騒動LILITH”. リリス. 2011年7月23日閲覧。 ^ “禁断病棟 CHARACTER”. KaGuYa TEAM HEARTBEAT. 2011年7月29日閲覧。 ^ “魔法少女イスカVol.01 邂逅PIXY”. ピクシー. 2011年8月14日閲覧

※この「脚注と出典」の解説は、「澄白キヨカ」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「澄白キヨカ」の記事については、「澄白キヨカ」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 10:04 UTC 版)

MIKU a.k.a Tomboy」の記事における「脚注と出典」の解説

[脚注使い方] ヤキ―ムWikipediaSARUnet.com interviewワーナーミュージックジャパン ヤキーム ^ YA-KYIM ^ http://sarunet.com/focus31.html ^ https://wmg.jp/artist/yakyim/ この項目は、音楽家演奏者作詞家・作曲家編曲家バンドなど)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJ:音楽)。

※この「脚注と出典」の解説は、「MIKU a.k.a Tomboy」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「MIKU a.k.a Tomboy」の記事については、「MIKU a.k.a Tomboy」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/29 06:02 UTC 版)

シャルル・ブロンダン」の記事における「脚注と出典」の解説

脚注 ^ a b Irish Times, Dublin, 25 May 1861 ^ The birthday is given as "the 24th of February" in: Blondin – His Life and Performances. Edited by George Linnaeus Banks. Published by Authority. London 1862. p. 20 books.google Archived 21 February 2018 at the Wayback Machine. ^ a b c d e この記述にはアメリカ合衆国内著作権消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Blondin" . Encyclopædia Britannica (英語). 4 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 77. ^ a b “The Blondin Memorial Trust - A Biography” (英語). www.blondinmemorialtrust.com. 2018年1月25日時点オリジナルよりアーカイブ2018年1月25日閲覧。 ^ Wilson, James Grant; Fiske, John, eds. (1900). "Blondin, Emile Gravelet" . Appletons' Cyclopædia of American Biography. New York: D. Appleton. ^ “Blondin broadsheet - Details”. 2011年12月4日時点オリジナルよりアーカイブ2019年1月23日閲覧。 ^ Abbott, Karen. “The Daredevil of Niagara Falls”. Smithsonian. 2019年1月23日閲覧。 ^ The Irish Times, 24 August 1860, page 3 ^ Eccentric Edinburgh, JK Gillon ^ Irish Times, 1861, 1862 ^ Birmingham Daily Post, Monday, 8 September 1873 "Blondin at the Reservoir" ^ Halifax, Justine (2015年10月19日). “Ever wondered what the Ladywood Middleway statue is?”. birminghammail. https://www.birminghammail.co.uk/news/nostalgia/mystery-ladywood-statue-revealed-commemorate-10257612 2018年4月7日閲覧。 ^ Register of Marriages for Brentford registration district, Oct-Dec 1895, volume 3a, p. 235: Gravelet, Jean Francois, & James, Katherine ^ a b Ken Wilson, Everybody's Heard of Blondin (Forward Press, 1990), p. 92 ^ Grave of Jean François Gravelet – Blondin nflibrary.ca Archived 2 October 2013 at the Wayback Machine., Obituary THE NEW YORK TIMES, 23 February 1897 Archived 2 October 2013 at the Wayback Machine. ^ Register of Deaths for Chelsea registration district, July-Sept 1901, volume 1a, p. 243: Blondin, Katherine G, 36 ^ Dunn, Mark (2011年). “L'Estrange, Henri”. Dictionary of Sydney. Dictionary of Sydney Trust. 2012年3月20日時点オリジナルよりアーカイブ2011年12月19日閲覧。 ^ “Dangerous Sports”. The Sydney Morning Herald (National Library of Australia): p. 8. (1880年2月19日). http://nla.gov.au/nla.news-article13446425 2011年12月19日閲覧。 ^ The Illustrated London News. “Thrilling Accident at Bolton 1869”. Flickr. 2014年3月28日時点オリジナルよりアーカイブ2011年4月9日閲覧。 ^ Ronalds, B.F. (2017). “Ronalds Nurserymen in Brentford and Beyond”. Garden History 45: 82–100. 出典 This Wikipedia article includes content copied from the essay "L'Estrange, Henri" in the Dictionary of Sydney written by Mark Dunn, 2011 and licensed under CC by-sa. Imported on 19 December 2011.

※この「脚注と出典」の解説は、「シャルル・ブロンダン」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「シャルル・ブロンダン」の記事については、「シャルル・ブロンダン」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/24 08:29 UTC 版)

方法論的個人主義」の記事における「脚注と出典」の解説

[ヘルプ] ^ 森岡清美塩原勉本間康平編『新社会辞典有斐閣1993、p.1341 ^ J. シュムペーター理論経済学本質主要内容』〈上・下岩波文庫1983(原著は1908)、第1部。 ^ フランス語版方法論的個人主義参照また、犬飼裕一方法論的個人主義行方 1 : マックス・ウェーバー敷いた路線行き着くところ」『北海学園大学学園論集』第136号、2008をも見よ。 ^ Kenneth J. Arrow and Gerard Debreu, 1954, Existence of an Equilibrium for a Competitive Economy, Econometrica, 22(3): 265-290. ジェラール・ドブリュー価値の理論経済均衡公理的分析丸山徹訳、東洋経済新報社, 1977年。 ^ Leibenstein,H. 1950 Bandwagon, Snob, and Veblen effects in th theory of consumers' demandQuarterly Journal of Economics64:183-207. ^ H.A.サイモン学者人生モデル岩波書店、1998. ^ John Ziman (Ed.) Technological Innovation as an Evolutionary Process, Cambridge University Press,2000, p.9

※この「脚注と出典」の解説は、「方法論的個人主義」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「方法論的個人主義」の記事については、「方法論的個人主義」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 03:20 UTC 版)

1000人のチェロ・コンサート」の記事における「脚注と出典」の解説

[脚注使い方] ^ 1996年定年退職するまで、41年ベルリンフィル在籍。(ヘルベルト・フォン・カラヤンとは35年間、クラウディオ・アバドとは5年共演) ^ The 12 Cellists of the Berlin Philharmonic ^ 「1000人のチェロ・コンサート 阪神淡路大震災犠牲者への鎮魂復興支援月刊ストリングス11月14ページ 1998年11月1日発行 ^ 1000人のチェロ・コンサート VHSビデオ 1999 フェリッシモ ISBN 4894321351 ^ 株式会社串乃家 松本巧その後2002年にドイツベルリン支店オープンさせている。 ^ 松本巧日本全国アマチュアオーケストラ案内出したり、ベルリンでのコンサート録音テープ2000本)を送りなどして、参加者確保努めた。 ^ 「ビヨンド・サ・サウンド 1000人のチェロコンサート」 『フェリッシモ出版ISBN 4894322560 ^ 「1000人のチェロが鳴る!」『NHK教育放送 芸術劇場 2005年6月19日(日)放送] ^ 天風チェロの力 『中国新聞2010年5月14日掲載] ^ 「1000チェロ平和奏でる地域ニュース中国新聞2010年5月17日掲載 ^ 平和の嵐を呼ぶ1000人の調べ中国新聞広島朝刊 2010年5月17日カラー写真と共に掲載 ^ 平和・震災復興祈る1000チェロ読売新聞読売オンライン 2010年5月17日 ^ 中里顕;「1000人のチェロ・コンサート:平和願い演奏」 『毎日新聞大阪朝刊 2010年5月17日 ^ 医師でもあり、広島市文化財常任顧問理事広島市現代美術館館長でもある。 ^ マーティン・スタンツェライト 公式WEB 98年夏より、広島交響楽団首席チェロ奏者日本語堪能で、ドイツにおいて「Neugierig auf Japan」(日本好奇心)を出版2007年4月よりNHKラジオドイツ語講座」のテキストエッセイ連載 ^ チェリスト823人が平和願い演奏毎日新聞2010年5月16日 ^ 『RCCニュース2010年5月19日午後6時30放送 ^ 2010年2月11日広島での第1回目の公式練習は、テレビ局RCCNHK夕方ニュース)と中国新聞2月12日掲載)によって報道された。 ^ 被災地描いた巨大画をバックコンサート NHKニュース 2015年 5月24日 2136分 ^ 「第4回1000人のチェロ・コンサート直前スペシャル チェリッシモ vol,15 2010年3月 ^ 1000人のチェロ 中越復興支援チャリティーコンサート小千谷編> 指揮者田久保裕一務めた田久保裕一自身も元チェリストである。 ^ 復興願い無料公演 神戸NPO讀賣新聞2012年8月19日朝刊3513

※この「脚注と出典」の解説は、「1000人のチェロ・コンサート」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「1000人のチェロ・コンサート」の記事については、「1000人のチェロ・コンサート」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:45 UTC 版)

テラ・パトリック」の記事における「脚注と出典」の解説

^ a b cTera Patrick Interview”. StripClubNews.com (2004年3月25日). 2007年7月7日閲覧。 ^ a b cTera Patrick... We'd Love to Get Lucky With Her”. AskMen.com. 2007年7月7日閲覧。 ^ Tera Patrick @ Pornstarz ^ Roger T. Pipe (2000年7月). “Tera Patrick Interview”. rogreviews.com. 2007年7月7日閲覧。 ^ David Salcido. “An Interview With Tera Patrick”. Blue Food. 2007年7月7日閲覧。 ^ Penthouse Back Issues 2000- , With Model Listings(英語) ^ AVN2001年度AVNアワード受賞者 (英語) ^ “Tera Patrick, Candid Interview 2007”. adultfilmdatabase.com (2007年2月20日). 2007年7月7日閲覧。 ^ “Tera Patrick’s new DVD Sets Sales Record at Hustler”. BusinessVoyeur.com (2005年6月6日). 2007年6月6日閲覧。 ^ “Tera Patrick, FHM Covergirl”. Fleshbot (2006年6月2日). 2007年7月7日閲覧。 ^ Long-Haired Offender (2007年5月31日). “Playing with Tera Patrick”. GamerHelp.com. 2007年7月7日閲覧。 ^ TeamXBox Staff (2004年10月7日). “Backyard Wrestling 2: Tera Patrick Interview”. TeamXBox.com. 2007年7月7日閲覧。 ^ “Porn Showdown”. New York Post (2007年4月28日). 2007年4月29日閲覧。 ^ “No Apologies: Tera Patrick and Evan Seinfeld on Lust, Love and Licentiousness”. SexHerald.com. 2007年7月7日閲覧。 ^ Tera Patrick To Host Exxxotica Miami ^ Preston, Bob (2009年9月30日). “Tera Patrick, Evan Seinfeld Split” (英語). XBIZ. 2010年3月27日閲覧。 ^ Peter Warren (2007年6月23日). “2007 F.A.M.E. Award Winners Announced” (英語). AVN. 2009年6月8日閲覧。 ^ Jared Rutter (2008年1月12日). “2008 AVN Awards Winners Announced” (英語). アダルト・ビデオ・ニュース. http://business.avn.com/articles/2759.html 2009年6月8日閲覧。 ^ David Sullivan (2008年6月7日). “2008 F.A.M.E. Winners Announced at Erotica LA” (英語). AVN. 2009年6月8日閲覧。 ^ David Sullivan (2009年1月11日). “2009 AVN Award-Winners Announced” (英語). アダルト・ビデオ・ニュース. http://business.avn.com/articles/34090.html 2009年6月8日閲覧。 ^ “F.A.M.E. Award Winners Announced” (英語). AVN (2009年9月13日). 2010年3月27日閲覧

※この「脚注と出典」の解説は、「テラ・パトリック」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「テラ・パトリック」の記事については、「テラ・パトリック」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 04:35 UTC 版)

SOUL'd OUT」の記事における「脚注と出典」の解説

^ a b メジャーデビュー曲の『ウェカピポ』のPVでは、DJ担当。 ^ a b “SOUL'd OUT解散” (日本語). BARKS. 2020年6月26日閲覧。 ^ a b “SOUL'd OUT 384時間のラストライブで遂に解散、「俺たちの青春ソングだぜ!」 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年6月26日閲覧。 ^ a b “SOUL'dOUT4月解散 11年歴史に幕”. ORICON NEWS. 2020年6月26日閲覧。 ^ a b “SOUL'd OUT解散発表「残念です」” (日本語). 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2020年6月26日閲覧。 ^ 。『ウェカピポ』や、HeartsdalesCANDY POP feat. SOUL'd OUT』といったコラボ曲などの一部除きターンテーブルは、使用しておらず、MVカメラから見てシンセイザーの左横に設置されており(ちなみに後者の『CANDY POP』のMVでは、ターンテーブルとシンセイザーの位置逆転している)、彼が、アップ映りスクラッチ音がなっているシーンでも、それに触れられていない ^ “SOUL'd OUT荒木飛呂彦との対談大興奮”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2007年3月6日). https://www.barks.jp/news/?id=1000030346 2021年6月6日閲覧

※この「脚注と出典」の解説は、「SOUL'd OUT」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「SOUL'd OUT」の記事については、「SOUL'd OUT」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 03:07 UTC 版)

ジェイムズ・オーティス」の記事における「脚注と出典」の解説

[脚注使い方] ^ ただしオーティスがこのフレーズがいつどこで使ったかは特定されていない。 ^ Tudor, Life of James Otis, p. 7. ^ Ridpath, Pre-revolutionist, p. 12. ^ Ridpath, Pre-revolutionist, pp. 13-14. ^ Ridpath, Pre-revolutionist, p. 14. ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 7-14. ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 19-21. ^ 原題: The Rudiments of Latin Prosody. ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 15-16. ^ Smith, Writs of Assistance Case, pp. 313-314. ^ Smith, Writs of Assistance Case, pp. 201-204. ^ Smith, Writs of Assistance Case, pp. 207-212. ^ MacDonald, Documentary Source Book, pp. 105-106. ^ MacDonald, Documentary Source Book, p. 106. ^ Tudor, Life of James Otis, p. 67. ^ Smith, Writs of assistance case, p. 315. ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 59-61. ^ Ridpath, Pre-revolutionist, p. 48. ^ Ridpath, Pre-revolutionist, p. 47. ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 61-62. ^ Adams, "Letter to Willam Tudor, 29 March, 1817." in Works. ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 90-93. ^ Wroth and Zobel, Legal Papers, p. cv. ^ 原題: A Vindication of the Conduct of the House of Representatives of the Province of Massachusetts Bay. ^ 原題: The Rights of the British Colonies Asserted and Proved, 訳題は大森 (『アメリカ革命ジョン・ロック26頁)による。 ^ 大森アメリカ革命ジョン・ロック26頁 ^ Wroth and Zobel, Legal Papers, p. cv. ^ Ridpath, Pre-revolutionist, pp. 61-65. ^ Tudor, Life of James Otis, p. 241. ^ Smith, Writs of Assistance Case, pp. 443-448 ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 288-291. ^ ジョン・アダムズは、この回状オーティスサミュエル・アダムズ共同して起草したものと考えていたが、サミュエル・アダムズ伝記作家ホズマは文章論法分析した結果サミュエル・アダムズ主体説を唱えた, Hosmer, Samuel Adams, p. 105. ^ MacDonald, Documentary Source Book, p. 147. ^ Hosmer, Samuel Adams, p. 108. ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 361-366. ^ Tudor, Life of James Otis, p. 475. ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 475-476. ^ a b Tylor, Literary History, vol. 1, p. 31. ^ Fiske, Appletons' Cyclopadia, vol.4, p. 607. ^ Smith, Writs of Assistance Case, p. 497. ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 481-482. ^ Tudor, Life of James Otis, p. 482, n481-482, サミュエル・アレン・オーティスの子、ハリソン・グレイ・オーティスの回想に基づく。 ^ Smith, Writs of Assistance Case, p. 497, n497, オーティスからハンコック宛てられ5月12日の手紙にもとづく。 ^ Tudor, Life of James Otis, pp. 485-486. ^ Ridpath, Pre-revolutionist, pp. 80-81. ^ Adams, "Letter to Willam Tudor, 25 February, 1818." in Works. ^ Tudor, Life of James Otis, p. xviii. ^ Tyler, Literary History, vol 1, p. 35. ^ Ridpath, Pre-revolutionist, pp. 47-48.

※この「脚注と出典」の解説は、「ジェイムズ・オーティス」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「ジェイムズ・オーティス」の記事については、「ジェイムズ・オーティス」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/03 14:23 UTC 版)

ジャック・ギヨーム・シモノー」の記事における「脚注と出典」の解説

^ 次の記述よる。Histoire civile, politique, militaire, religieuse, morale et physique de la ... 」 ジャン・ランベール・デレアン 512ページ ^ 「Histoire générale et impartiale des erreurs, des fautes et des crimes commis ... 」 ルイ・マリー・プリュドム 32ページ ^ 「Histoire parlementaire de la révolution française ou, Journal des assemblées ... 」 フィリップ・ジョゼフ・ベンジャミン・ビュシェ、プロスペール・シャルル・ルー 421ページ

※この「脚注と出典」の解説は、「ジャック・ギヨーム・シモノー」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「ジャック・ギヨーム・シモノー」の記事については、「ジャック・ギヨーム・シモノー」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/12 17:26 UTC 版)

クレイモア作戦」の記事における「脚注と出典」の解説

脚注 ^ ただし、ノルウェー人たちはエニグマ奪取知らされなかった。 ^ 1940年4月10独立中隊が二線級部隊である国防義勇軍からの志願兵編成された。彼らはドイツ占領下ノルウェーゲリラ作戦行った。これら10個中はいずれ21人の将校268人の兵下士官によって編成されていた。そしてゲリラ作戦完了とともに解散された。 出典 ^ a b c Haskew, pp. 4748 ^ Chappell, p.6. ^ Moreman, p.13 ^ Joslen, p.454. ^ Haskew, p.48. ^ a b c d Chappel, p. 12 ^ “The Royal Navy during the Second World War: A6801 (photograph)”. Imperial War Museum Collection Search. Imperial War Museum. 2010年7月5日閲覧。 ^ a b c d The London Gazette: (Supplement) no. 38331. p. 3687. 1948年6月22日2010年7月5日閲覧。 ^ a b c d e The London Gazette: (Supplement) no. 38331. p. 3688. 1948年6月22日2010年7月5日閲覧。 ^ a b c The London Gazette: (Supplement) no. 38331. p. 3689. 1948年6月22日2010年7月5日閲覧。 ^ Chappell, p.13 ^ Messenger, p.15 ^ Chappell, p.14 ^ Brayley & Chappell, p.17

※この「脚注と出典」の解説は、「クレイモア作戦」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「クレイモア作戦」の記事については、「クレイモア作戦」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 02:35 UTC 版)

ISO 80000-2」の記事における「脚注と出典」の解説

^ “規格詳細情報 - ISO 80000-2:2009”. 日本規格協会. 2016年2月3日閲覧。 ^ “規格詳細情報 - JIS Z 8201:1981”. 日本規格協会. 2016年2月6日閲覧。 ^ ISO 80000-2規格票では"∉"や"∌"の否定記号斜めになっている。フォントによっては否定記号垂直になっている場合もある。

※この「脚注と出典」の解説は、「ISO 80000-2」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「ISO 80000-2」の記事については、「ISO 80000-2」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 07:05 UTC 版)

エスケープ文字」の記事における「脚注と出典」の解説

^ 日本語表示環境多くでは、バックスラッシュ円記号(\)として表示される。 ^ “JavaScript character escape sequences ¡ Mathias Bynens”. Mathiasbynens.be. 2014年6月30日閲覧。 ^ “Special Characters (JavaScript)”. Msdn.microsoft.com (2014年6月20日). 2014年6月30日閲覧。 ^ Tim Hill (1998年). “The Windows NT Command Shell”. MacMillan Technical Publishing. 2010年1月13日閲覧

※この「脚注と出典」の解説は、「エスケープ文字」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「エスケープ文字」の記事については、「エスケープ文字」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/15 15:46 UTC 版)

コーヒーパーティー運動」の記事における「脚注と出典」の解説

[脚注使い方] ^ a b c "Gladnick, P.J. (2014年9月29日). “Despite Early MSM Hype, Coffee Party Remains Stuck in Insignificance”. NewsBusters. 2015年7月2日閲覧。" ^ a b “Nails on a Chalkboard: The Implosion of Coffee Party USA” (2014年7月12日). 2015年7月2日閲覧。 ^ a b Sesana, Laura (2010年6月27日). “Grassroots Takeover? What’s Brewing at The Coffee Party”. Arbiter News. 2015年7月2日閲覧。 ^ a b Zak, Dan (2010年2月26日). “Coffee Party activists say their civic brew's a tastier choice than Tea Party's”. Washington Post. 2010年9月23日閲覧。 ^ コーポラトクラシーは「corporationコーポレーションと「-cracy」クラシー(支配)で作られ単語。 ( Corporatocracy ) ^ "", Byler letter of resignation from Coffee Party Board of Directors ^ ^

※この「脚注と出典」の解説は、「コーヒーパーティー運動」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「コーヒーパーティー運動」の記事については、「コーヒーパーティー運動」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 03:44 UTC 版)

絵画石碑」の記事における「脚注と出典」の解説

^ a b c d e f g h i j k The article Bildstenar in Nationalencyklopedin (1990). ^ a b c d e f Hadenius, Stig; Nilsson, Torbjörn; Åselius, Gunnar (1996) Sveriges historia: vad varje svensk bör veta. Bonnier Alba, Borås. ISBN 91-34-51857-6 p. 28. ^ a b c d e A presentation at the County Museum of Gotland. ^ E.ニーレン、p.11 ^ E.ニーレン、p.13。 ^ E.ニーレン、p.24。 ^ E.ニーレン、p.44。 ^ E.ニーレン、p.167。 ^ E.ニーレン、p.78-79。 ^ E.ニーレン、p.76-77。 ^ An article on the site of the Swedish Museum of National Antiquities.

※この「脚注と出典」の解説は、「絵画石碑」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「絵画石碑」の記事については、「絵画石碑」の概要を参照ください。


脚注と出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 08:07 UTC 版)

クライド海軍基地」の記事における「脚注と出典」の解説

^ “Babcock Marine Holds a Unique Export Position”. Defpro (2009年9月2日). 2010年1月3日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2010年3月4日閲覧。 ^ “Marine Services Planning Agreement” (2002年12月10日). 2005年10月17日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2015年9月15日閲覧。 ^ “Maritime Journal: Serco Denholm Awarded MOD Contract”. 2009年1月9日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2009年2月20日閲覧。 ^ “Marine Services”. Serco. 2011年9月28日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2009年2月20日閲覧。 ^ Royal Naval Engineers Benevolent Society, Society Members' Bulletin: Special Edition: HMS Courageous, September 2013, p.5 ^ Gardiner, Robert Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995, pub Conway Maritime Press, 1995 ^ Jane's Fighting Ships, 2004-2005. Jane's Information Group Limited ^ “Astute Submarine Arrives at Faslane on the Clyde”. BBC News. (2009年11月20日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/scotland/glasgow_and_west/8369269.stm 2009年11月20日閲覧。 ^ “HMS Astute commissioned into navy”. Defence Management Journal. (27 August 2010). https://web.archive.org/web/20100903001738/http://www.defencemanagement.com/news_story.asp?id=13978 2011年1月23日閲覧。. ^ “Capability Boost for Faslane Patrol Boat Squadron” (2012年10月26日). 2015年6月6日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2012年12月8日閲覧。 ^ “HM Naval Base Clyde - Quarterly report for 1 July 2011 to 30 September 2011”. Bootle: Office for Nuclear Regulation, Health and Safety Executive. 2012年4月7日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2012年4月13日閲覧。 ^ “Radiation safety breaches up 50% in one year at Scotland's nuclear bomb bases”. Herald Scotland. (2015年3月1日). http://www.heraldscotland.com/news/home-news/radiation-safety-breaches-up-50-in-one-year-at-scotlands-nuclear-bomb-bases.119582725 2015年3月1日閲覧。 ^ a b “Faslane 365”. 2019年3月3日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2007年10月1日閲覧。 ^ Chalmers, Malcom. “The United Kingdom, Nuclear Weapons, and the Scottish Question (PDF)”. 2003年11月22日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2015年9月15日閲覧

※この「脚注と出典」の解説は、「クライド海軍基地」の解説の一部です。
「脚注と出典」を含む「クライド海軍基地」の記事については、「クライド海軍基地」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「脚注と出典」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「脚注と出典」の関連用語

脚注と出典のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



脚注と出典のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタウンゼンド諸法 (改訂履歴)、トーゴ (夜間戦闘機指揮艦) (改訂履歴)、澄白キヨカ (改訂履歴)、MIKU a.k.a Tomboy (改訂履歴)、シャルル・ブロンダン (改訂履歴)、方法論的個人主義 (改訂履歴)、1000人のチェロ・コンサート (改訂履歴)、テラ・パトリック (改訂履歴)、SOUL'd OUT (改訂履歴)、ジェイムズ・オーティス (改訂履歴)、ジャック・ギヨーム・シモノー (改訂履歴)、クレイモア作戦 (改訂履歴)、ISO 80000-2 (改訂履歴)、エスケープ文字 (改訂履歴)、コーヒーパーティー運動 (改訂履歴)、絵画石碑 (改訂履歴)、クライド海軍基地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS